JH1LHV さん プロフィール

  •  
JH1LHVさん: JH1LHVの雑記帳
ハンドル名JH1LHV さん
ブログタイトルJH1LHVの雑記帳
ブログURLhttp://jh1lhv.hatenablog.jp/
サイト紹介文和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/11/08 21:42

JH1LHV さんのブログ記事

  • Maker Faire Tokyo 2017 ~東8ホール~
  • Maker Faire Tokyo 2017 の2日目は、東8ホールを中心に回りました。東8ホールロボット、モビリティ、ミュージック&サウンドを愛する maker たちのゾーンです。写真、ピンボケが多くてごめんなさい。■ 日本工業大学・滝田研ロボットカーを操作してミニドッヂビーゲームで遊ぼうロボットカーに射出装置を搭載してラジコン操作でフリスビーを飛ばし点数を競うというもの。■ 株式会社知能機械研究所EXOS ロボット with Ra [続きを読む]
  • Maker Faire Tokyo 2017 ~東7ホール~
  • 今年も Maker Faire Tokyo 2017 に行ってきました。昨年は時間不足で全て回ることができず涙を呑んだので、今年は2日連続で足を運びました。会場は東京ビックサイト。東7・8の2ホールと格上げ(?)になったお陰で会場も広くなって、混雑も軽減されたので、昨年よりはゆったり楽しめました。ただ、東7・8って、ビックサイトの中でも東の一番端っこで、一番遠い会場なので・・・移動するだけで疲れちゃいました。。。昨 [続きを読む]
  • Weekend Project UHF radio station を作る
  • ウェブを巡回していて偶然見つけたスロベニアの週末プロジェクト。UHF トランシーバのキットです。430MHz 帯の FM トランシーバがケース付きで1万円以下で入手できるとあって完全にノリと勢いだけで4月に入手しておりました。キットは VHF と UHF の2種類あって、わたしは UHF の方を選択です。組み立ては先週の週末に終わっていて・・・今日はその時に撮影した写真を中心にアップしていきます。Weekend Project UHF ra [続きを読む]
  • RS-918SSB HF SDR Transceiver(mcHF)で遊ぶ 〜その7〜
  • 今宵は、送信出力の較正です。DF8OE OM の Wiki によれば、mcHF の TRX 調整はスキップせずに必ずやっておくように、ということなので。遅ればせながら・・・ちゃんとパワー調整をやりました。Hi(確かに無調整の状態だと、5W や Full に比べて 2W の方がパワーは大きかった。)調整手順は、ここに掲載されているとおり。調整すべき項目としてパワー以外にも IQ 信号のバランス調整などもありますが、今回やったのはパ [続きを読む]
  • Radio-Kits の RK-SWR を作る
  • 今日もキット製作ネタです。今回作ったのはイギリスにあるRadio-Kits の Digital SWR meter (RK-SWR)で、1W以下の QRP から 100W までの送信パワーと SWR をデジタルで表示するもの。http://www.radio-kits.co.uk/swr_meter/index.htmFox Delta の SWM3-0915 + HFB3 では QRP なパワーは検出できないので、何か小パワーが測定できる安価なキットを探しておりました。<特長>● 1.8 〜 30MHz● SWR、進行波 [続きを読む]
  • DSO 15001K (中華オシロ)を作る
  • 中華オシロ製作の第2弾です。jh1lhv.hatenablog.jp随分前に中華オシロの DSO138 を組み立てましたが、今回組み立てたのも同じ中華から販売されているポケットタイプのオシロ。キットそのものは中華から半年前に購入してましたが、まともなオシロを持ってたりすると・・・なんか作るのが面倒で、そのまま放置しておりました。で、今回何を思ったのか、やっつけハンダで組み立てることにしました。。。ということで、何時 [続きを読む]
  • RS-918SSB HF SDR Transceiver(mcHF)で遊ぶ 〜その6〜
  • 前に RS-918SSB で SDR 受信を試して上手くいきませんでしたが、今日は HDSDR で再チャレンジしてパソコンで SDR ができるようになったので、その備忘録です。DF8OE OM の Wiki を参考にしました。github.comまず、無線機本体のモードを DIQ (USB IQ) に設定します。① CW 以外のモードにする。② M3 ボタンを押下して DIQ を選択する。(前回はこの設定をやらなかった。)次に、HDSDR を設定します。① Sampling Rate [続きを読む]
  • Fusion PCB 〜製造のためのプリント基板設計ガイド〜
  • 今のところ、基板の外注といえば seeed の Fusion PCB を使ってますが、その seeed から以下のようなメールが届きました。何やら、基板設計時に役立つ情報が満載されたガイドブックが、無料でダウンロードできるとのこと。www.fusionpcb.jp早速、メールの内容に誘導されるまま・・・上記のリンクからダウンロードしてみました。ガイドブックは誰でもダウンロードできるみたいで、ログインしなきゃダメとか、注文したこと [続きを読む]
  • 41dB Step RF Attenuator を作る
  • 先日は 20dB と 50dB のカプラーを作った話しを書きましたが、1dB から 41dB で減衰量が可変できる「ステップ・アッテネータ」を作ったので、今日はその経過を撮影した写真を中心にアップしていきます。jh1lhv.hatenablog.jp今回の製作では、Pacific Antenna に掲載されている回路をそのまま使っています。減衰量を決めている抵抗値についてもオリジナルのままの値、何も変更していません。www.qrpkits.comhttp://www.qrpk [続きを読む]
  • 電子工作の便利グッツ 〜 Micro IC clamp 〜
  • 電子工作していて、「これ、持ってて良かった!」って、きっと思ってもらえる、そんなツールの紹介です。今日紹介するのは、IC の動作をチェックする時に使う「IC クリップ」なのですが、こんな普通のタイプじゃなくて、IC の足に引っ掛ける先端のフックが超細い(直径0.15mm)という「マイクロ IC クリップ」です。IC のパッケージなら、TSOP / MSOP / SSOP / TSSOP / SOIC / SOP 等の表面実装パーツの足にフックを引っ掛け [続きを読む]
  • 和文電信で聞く「雨ニモマケズ」
  • 休日の朝はは7メガの和文を聞く。これ、ハムを再開してからの、わたしのルーティーンなんですが・・・最近になって、少々崩れ気味。。。わたしの中では、お空のコンディションが悪いせいにしてるけど、・・・気を取り直しての和文電信です。ということで、今日アップするのは、宮澤賢治の「雨ニモマケズ」です。速度は 20wpm と遅く設定し、一行のスペースも十分に長くとってあります。誰でも知ってるフレーズなので、き [続きを読む]
  • 20dB と 50dB の方向性結合器(カプラー)を作る
  • 貧乏暇なし。。。ということで。今日は撮りためていた写真の中から、方向性結合器(カプラー)の写真をアップします。まずは、20dB カプラーを作る。至極一般的な 20dB カプラーです。フェライトコアの FT-50-43 に 0.5mm のポリウレタン銅線を 10回巻いて、3D-2D の同軸ケーブルを通して、おしまいです。特性です。測定機の入力を 1mW とすると、100W の送信機なら 50dB(1/1000000)減衰させる必要があります。20d [続きを読む]
  • 工作グッズ、フラックスペン
  • 最近忙しくて、何かやってもブログを書くところまで辿り着けません。。。ということもありまして、今日は、これまで撮りためていた写真の中から蔵出しアップです。フラックスを塗布する時に使う、フラックスペンフラックスってハケを使うと塗り過ぎちゃうんだよね。。。こんな時に便利なのが、ペンタイプで。狙ったところにピンポイントで、しかも必要最小な量のフラックスが塗布できる・・・なかなか便利な優れものです。 [続きを読む]
  • トラ技6月号「トラ技デジマル」を作る
  • 今月、2017年6月号の「トラ技」に・・・付録で基板が付いてきました。。。特集は「私のハイパー実験室」ということで、3つの測定器を3つの実験室(Room)に分かれて作っていくというものです。付録の基板は一つ目の実験室で製作する「ハイパー・マルチメータ」。高機能なマルチメータということで、電圧、電流、抵抗、容量、周波数 などが同時に測定できるというものです。ハイパー測定器の製作Raspberry Pi か W [続きを読む]
  • TenaTesta を作る
  • 表題のとおりで、TenaTesta のキットを入手して組み立ててみました。TenaTesta は、ニュージーランドの ZL1CVDChris Day 氏によって開発された、100KHz〜150MHz までのアンテナの SWR スイープと、RF 信号(高調波は 1GHz 超え)を発生させることができる、とっても小さな測定ツールです。操作は3つのボタンで行います。こんなに小さい。〇アンテナアナライザスイープ開始と停止の周波数を設定します。FWD、REV、SWR を [続きを読む]
  • RS-918SSB HF SDR Transceiver(mcHF)で遊ぶ 〜その3〜
  • RS-918SSB にダミーロードを付けて TUNE してみたところ・・・全く送信せず。TUNE で TX の LED が点灯するも、パワーメータが全く振れず。FT-950 でモニタしてもやっぱりダメ。送信禁止の設定があって有効にでもなっているのかと調べてみるも、デフォルトで送信するみたいだし。ということで、送信系の障害です。受信は全く問題なしだったので・・・まさか送信系が壊れてるなんて・・・先日の連休まで全く気が付きませんで [続きを読む]
  • Fox Delta のキットを作る 〜 HFB3 編 〜
  • 連休中に組み立てたSWM3-0915 の続きで、今回は、HF 帯 100W リターンロスブリッジ HFB3 の製作記録になります。http://www.foxdelta.com/products/hfb3.htm大きさは 10.5cm × 8.5cm × 3.0cm になります。パーツの種別ごとに小分けされているのでハンダ付け作業もスムーズ。作業が捗りますね。以前紹介した、基板を固定する冶具「ESF-120ESD」を再度紹介します。jh1lhv.hatenablog.jp表側のパーツを押さえること [続きを読む]
  • seeed Fusion PCB 日本語対応
  • 自作基板の発注でお世話になっている Fusion PCB ですが、日本語に対応してたんですね。しばらく振りにサイト覗いて気付きました。安い、早いの Fusion PCB ですが、これでなお一層、日本のユーザは増えるのではないでしょうか。www.seeedstudio.comKiCad でサクッと回路図を描いて、サクッと発注できる。便利ですね。------------ 2017/05/06 23:10 追記 ------------「fusionpcb.jpが登場」の件名で、以下の内 [続きを読む]
  • Fox Delta のキットを作る 〜 SWM3-0915 編 〜
  • 連休でやっと、のんびりです。単身赴任中に作ろうと買い込んでいた海外製のキットですが。手を付けてないものが、幾つかあったりします。最近、忙しいけど、少しずつ作っていこうかと。で、今回は Fox Delta のキットを作ってみました。www.foxdelta.com今回作ったキットは、2チャンネルの Power / SWR 計の SWM3-0915 と、HF 帯の 100W リターンロスブリッジの HFB3 になります。作ったのはこの2つで、上が SWR 計 [続きを読む]
  • 電子工作の便利グッツ 〜DC変換プラグ 38種〜
  • 電子工作に何かと便利なグッツの紹介です。いつもの大陸さんの安物ですが。。。まぁワンセット持っていれば・・・イザ(?)という時に役立ってくれるはずです。www.aliexpress.com配送料込みで 1,000円 って・・・この中華の同じもの、アキバあたりでちょっと高めで売ってるんじゃないかな。。。(ネットで する方が安く買えるし、超便利なんだけどね。)プラグの種類がこれだけあれば、もう一般的なノート PC な [続きを読む]
  • Stripboard を使って Antenna Analyzer を作る 〜その7〜
  • 1年ぶりの Antenna Analyzer ネタです。DG7EAO さんのスケッチのままだとアマチュアバンドごとの設定ができないので。。。マルチバンドのアンテナ使いには何かと不便です。今日はこの不便さを解消すべく、バンド選択が可能なスケッチを Arduino に書き込んでみたので、その備忘録です。4バンド用ってことは分かるけど・・・バンドの詳細が調査できないとなると。。。右側のボタン押下で最小の SWR を中心に数メガ幅で再表 [続きを読む]
  • RS-918SSB HF SDR Transceiver(mcHF)で遊ぶ 〜その2〜
  • RS-918SSB とパソコンを接続して、SDRuno で CW を受信してみました。中身が SDR なので ミニ USB ケーブルを1本接続するだけです。USB オーディオインターフェースとして認識するので、オーディオケーブルをパソコンのマイク端子に接続するといった煩わしさはありません。RS-918SSB とパソコンを USB ケーブルで接続すると勝手にドライバが入り、サウンドの録音タブに「USB Interface mcHF」が追加されます。とりあえず [続きを読む]