萩中ユウ さん プロフィール

  •  
萩中ユウさん: 無条件で愛されるわたしになる方法♡
ハンドル名萩中ユウ さん
ブログタイトル無条件で愛されるわたしになる方法♡
ブログURLhttp://ameblo.jp/youu-code/
サイト紹介文独自のルールで「ワガママで欲張りに愛されるマインド」を日々お届けしています。
自由文《彼をわたしのファンにさせる》
彼氏が欲しい!結婚したい!愛されたい!
ぜーんぶワガママに欲張りに、叶えましょう♡
20代・30代女性のための婚活ファッションアドバイス♡
愛される女性をつくる♡スタイリスト
萩中ユウ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/11/09 12:01

萩中ユウ さんのブログ記事

  • 伝えることがこわい理由とその対策
  • 「素直に伝えることがこわい」という理由は、「迷惑だと思われそう」「嫌われちゃうんじゃないかな」という不安があるから。私が「素直になんでも伝えること」を勧めているのは「なんでも言うことを聞いてもらうこと」ではなくてまずはこちらの意思表示をしっかり伝えるため、です。その先には、相手の受け取り方と返し方があって当然で「言ったんだから全部聞いてね」というのではもちろんありません!例えば、「連絡がもっと欲 [続きを読む]
  • 恋愛は、上手じゃなくていい
  • 今、受講生たちのグループトークを見ていたら4ヶ月後の目標に「恋愛上手になる」と書いてあって。思わず、『恋愛上手って具体的にどういうことだろう?』と返しちゃった。恋愛は上手にならなくていい。きっと何度繰り返したって上達するものでもないと思うから。大切なのはかっこ悪い恋愛をしないことではなくかっこつける恋愛をしないことだから。みんなにお願いしたいのは彼氏をつくるとか結婚することではなく「恋って楽しい [続きを読む]
  • 笑顔の見つけ方
  • さっき、公式LINE@に「どうしたら、笑顔になれますか?」とメッセージが届いた。私、昔は母によく「ゲラ子」って呼ばれていて(なんでもすぐゲラゲラ笑うからという理由で 笑)今でも変わらず本当に笑い上戸なのだけどでも、反対に、よく怒るし(これは夫限定)よく泣くし(悲しかったり・感動したり)喜怒哀楽が子供の頃のままなのです。よく「マイナスの感情」って言葉を聞くけれどマイナスの感情ってなんだ・・・??感情に [続きを読む]
  • その過去、本当に真実ですか?
  • 継続講座9期生がスタートしました@名古屋初回講座では全員に自分の言葉で自分について話してもらうのだけど涙ながらに一生懸命伝えてくれる姿を見たら、過去の出来事にとても苦しんでいるのが伝わってきた。だけどね、その過去、本当に真実かな?「妹ばかり甘やかされてきた」あなたも妹も、ずっと同じだった。同じように教育やしつけを受けてきた中で、妹が「お母さんの言う事を聞かなかった」だけ。お母さんが妹に甘かったの [続きを読む]
  • 自信が持てないのは、自分に期待してるから。
  • 自分に自信が持てないときって何も成果を出していないときではなくて何に対しても頑張れていないときなのです。たとえば、「太っている自分が嫌い」と言いながら痩せるための工夫を何一つしていない状態。人はこういう状態の時に、「自信がない」「自分が嫌い」と言います。見た目が痩せた・目標体重まで減ったといった結果が出なくても・いつもよりたくさん歩く・お水をたくさん飲む・よく噛んで食べる・ダイエット情報を調べる [続きを読む]
  • 「優しさ」は「強さ」
  • 人に対して優しくいるためには圧倒的な強さが必要なんだ。自分のことを客観的に見る目常に一定の余裕を持つ心あらゆる角度から物事を見る柔軟さ深く広い許容範囲ときには情熱よりも冷静さが必要だったりアドバイスよりもそっと寄り添う時間だったり人に優しさを差し出す方法って様々だけどすべてに共通するものは「強さ」。自分の心を強くしておくと自分だけでなく、大切な人も守れるの。優しい人は例外なく強い。だから私も人の [続きを読む]
  • 「私を好きになってくれる人」を探してない?
  • 1度や2度のアクションで諦めてしまいがちな恋愛逃げ腰女子。「彼女になれそうな人」「結婚できそうな人」を、無意識に探してない?彼を好きになったと錯覚を起こしているけど、それ、私のことを好きになってくれそうな人を選んでいるだけかも。LINE@で「ユウさんはどうやって熱量を維持しているのですか?」とご相談をいただいたのだけど答えは簡単。「彼に、恋をしているから」です。恋って燃料で、エネルギーで、それがあれば [続きを読む]
  • みんなもっと、好きなことをしたらいいんだ。
  • 今日は雨だったので、自宅に籠ってデスクワークを進めた日。去年からずっと考えてきたことが少しずつ形になってきて、慌ただしいながらも楽しい毎日。1つの企画を進めるにしても、スタッフはもちろんデザイナーさんまで協力していただくから、やっぱりアイデアを仕事にするってすごく責任重大だ。。私、もともとは仕事が好きじゃない方だったと思う。会社員の頃は「はやく5時になれ〜」って時計を呪うように見ていたし 爆だけ [続きを読む]
  • その感情、自分で選んでます。
  • 悲しい出来事、嬉しい出来事、腹が立った出来事、ショックな出来事、現実で起こる出来事とは不可抗力でそればかりはどうしようもできないものだけどでも、その出来事の中での感じ方はすべて自分で選んでいます。説明すると、「〜されたから腹がたつ」というのは〜された、という出来事に対して自ら「怒る」という感情を選んでいる。「〜されて悲しい」というのは〜された、という出来事に対して自ら「悲しむ」という感情を選んで [続きを読む]
  • みんな本当はもっと、恋に頑張りたいんだ。
  • 前回の《こちら》の記事、たくさんの方がSNS上でシェアしてくださったおかげで、多くのご感想をいただきました。ありがとうございます!(翌日のアクセスもすごかった・・・!)それで思ったのだけど。「みんな本当はもっと、恋に頑張りたいんだ。」って。好きな人に好きって言いたいしできるなら毎日連絡取りたいし自分の本音で話したいし彼の本音を聞きたいし友達の前で思いっきりノロけたい。だって、本当にたくさんの共感の声 [続きを読む]
  • みんな、魅力で勝負しすぎ!!
  • やっぱり何度も何度もここに行き着くので改めて(自分のブログをリブログしながら)伝えようと思います。先日、ある女性から「思い切って意中の彼をデートに誘ったところ、返事がもらえないんです・・・」という相談を受けました。「もう、無理ですよね・・・」と嘆くその女性に対して私が「Aさんは、どうしたいの?」と聞くと、「もう少し頑張りたい気持ちもあるけど、どう頑張ったらいいのかわかりません。これ以上連絡するのも [続きを読む]
  • 幸せの差って、視線の高さかも。
  • 昨日は靖国神社で満開の桜が見られて今日は近所の桜を見たくてゆっくりお散歩してきました。そのときの様子を、インスタに動画であげています。>>わたしのインスタはこちら(そういえばブログでインスタをご紹介するの、初めてかもしれない 笑)(すでに見つけてくださっている読者さん、ありがとうございます!)ポカポカの陽気の下で一生懸命咲く花に、多くの人が立ち止まって見惚れていました。こんな風に日常の中で自然を [続きを読む]
  • 人に自慢するための恋愛をしない
  • 彼に対しての許せない部分って実は周りからの評価を落とすことだったりする。「それ、大切にされてるの?」「その彼で本当にいいの?」「あなたは、幸せなの?」こんな言葉を周りから言われないために焦ったり、怒ったり、恨んだり・・・。他者の目を気にした恋愛は結果的に自分で終わらせてしまう。周りの人に認められる恋を必死に探し続けるのです。だけどね恋の正しさは自分で決めていい。判断基準は「心が動くかどうか」だけ [続きを読む]
  • 「いつ帰ってくるの?」がない生活
  • 主人とする仕事は本当に楽しい。リラックスしながらのブレストはアイディアが溢れてくるしとってもワクワクするし効率的。一緒にいて一番気が休まる相手と一番頑張りたいことを共にするこれ、私の最大で最高の発見かも。刺激的な経験も悔しかった日も夢が叶った瞬間も素敵な出会いも丸ごと一緒に味わえる。「いつ帰ってくるの?」と言わない家庭をつくりたかったから。この選択が寂しがりやの私をちょっとだけ強くしてくれた。 [続きを読む]
  • 彼にモヤモヤしたときは
  • 彼の一言で傷ついたなら、彼からの言葉で癒してもらおう。彼の態度で不安になったら、安心できる態度で示してもらえばいい。彼が約束を守ってくれなかったときは、『次会ったとき、○○してね』『○○に連れてってね』とちょっとした条件をつけてみて。彼には、きちんとかっこよく挽回させてあげるのです。また、あなたが彼の手によって笑顔になれるように。恨むのは簡単だけど、その度にまた何度も愛することが二人の絆を強くす [続きを読む]
  • 恋愛スイッチをオンにして、出会いで忙しくする方法
  • 著書が発売して2ヶ月が経ちました。ふらっと寄った書店さんで自分の本を目にするという、なんとも不思議な感覚にいまだ慣れず・・・ですが、毎日届く読者さんからのご感想の数々に本当に励まされています。皆さん、ありがとうございます!!書店では4パターンのパネルとPOPが置かれています。(ぜひ見つけてみてください?)出版社さんが企画してくださった書店キャンペーンの締切が近づいてきましたので改めてご案内いたします [続きを読む]
  • どこかにある"自信"を探している人へ
  • 今はないけどきっとどこかにあるはずの" 自信 "を外に探してしまっている人へ。探しているそれは今の地点から目を配れる範囲内で見つかるのかな?もしかしたらもう一歩だけ、進んでみた先にあるのかもしれない。だから何も考えずに体を動かしてみて。すべての結果は、アクションの後だから。・・・探しているそれは自分よりも劣っている人と比較して見つけられるのかな?一時的に得る安心は脆くて長期的にある自信は強い。長期的 [続きを読む]
  • リアルを生きる
  • この季節は毎日の気温差が激しくてそれが原因で"精神的な風邪"をひきやすいんだって。だから3月の私はオフモード。来月から始まる講座まで、人前に立つお仕事がこの1ヶ月丸々なかったのです。夫婦でパリ旅行をし、私の実家の家族とたくさん会い、主人の実家にも帰省し、今月は珍しく2回も映画館で映画を観たりいろんな人を我が家に招待したり本は、5〜6冊読んだかな。お仕事はスタッフさんとミーティングしたり資料を作った [続きを読む]
  • " 思い込み " に負けない
  • 『恋って難しいよね』って思っていれば些細なこともややこしくしてしまうし『いい男ってそういないよね』って思っていれば粗探しの達人になる。・・・私自身は引き寄せとかエネルギーとか全く詳しくないけれど、そんなに難しく考えずただただシンプルに、周りの人を愛せる自分になることです。そうすればその愛情はちゃんと自分に返ってくる。そうして周りから愛された自分に自信がつき、自然と自分を好きになる。これだけ沢山の [続きを読む]
  • 年始の目標を逆算すると、今はどこにいる?
  • 気付けばもう、3月が終わります。今年の頭に書いた、この記事↓『今年こそ!!!』と掲げた目標、今はどこまで叶っていますか?人生には"なんとなく"の時間が多すぎる。その無意識をどれだけ省いて意識的に過ごすかで1年も、1ヶ月も、1日だって濃さはまるで変わります。継続講座のお申し込みアンケートには「今年こそ幸せになりたい」「誕生日までに結婚したい」という声も多くてそれを叶えるためにはまず、逆算すること。大 [続きを読む]
  • わがままにある本当のメリット
  • わがままに生きることが悪だとは、私は思わない。それはこのブログでも、著書でも、セミナーや講座でも何度も繰り返し主張しているけれど、毎日のように届くメールを見ると「わがままに生きるのは悪いこと」だと捉えている人がまだまだ少なくないのだと痛感するのです。「こう思うのですが、それはわがままでしょうか?」「これを言ったら、重いと思われてしまいそうです」「ずっと自分の中で我慢をするのが癖になってしまいまし [続きを読む]
  • 自分に余裕がないときの彼への接し方
  • 疲れていたりイライラしたり・・・自分に余裕がないときの大切な人への接し方。それは、" 欲しい言葉を明確にしてから話すこと "一番わかってほしい相手に「なんでイライラしてるの?」「何が言いたいの?」「俺にどうして欲しいの?」なんて言われたら、きっともっと悲しいから。「そんな風に言われたいんじゃないのに・・・」と、落ち込まなくて済むように欲しい言葉を、もらいましょう。『今落ち込んでいるから、何も言わずに [続きを読む]
  • 恋愛ってロマンチックでなければいけないの?
  • 「彼がなかなか振り向いてくれなくて」「結婚や出産を考えると時間がなくて」「彼はいい人だけれど、あまりドキドキしなくて」お相手は理想通りの男性でタイミングがぴったり合ってお互いに意識していて・・・多くの女性が"ロマンチックな恋"を求めているけれどそんなにロマンチックにそんなにスムーズに進展しなければいけないものかなあ?人が一生のうちに恋する異性の数はほんのわずかな人数で数少ないデータだけでは「タイプ [続きを読む]
  • 頼ることと甘えることの違い
  • ”頼ることと甘えることの違いって何ですか?”と質問をいただきました。その差は『依存しているかどうか』じゃないかなぁ。自分でもできるけど、お願いすること(頼り)自分ではできないから、お願いすること(甘え)これって全然違うのです。自分の中に彼の持ち場を用意してあげることは大切だけど、自分の人生を彼に預けてはいけないよ。"わたしの彼は甘えられるのはイヤだと言い張ります。女性を武器にしているのを嫌うし、お [続きを読む]
  • 夫婦会議
  • 2日間、夫の実家に帰省してきました。二人で今後のことについてじっくり考える時間。夫婦としては、今年で4年目に入ります。結婚したとき「とりあえず3年は試行錯誤で」と約束し、お互いの目を見て歩幅を合わせて歩いてきました。「とりあえず3年」が終わろうとする今、お互いの目と、その先にある未来と、今いる足元、この3点をバランスよく見ながら引き続き歩いていこうと再確認。私たちは本当にのんきな夫婦なので、頑張 [続きを読む]