naitoukonan さん プロフィール

  •  
naitoukonanさん: アヴァンギャルド精神世界
ハンドル名naitoukonan さん
ブログタイトルアヴァンギャルド精神世界
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/naitoukonan
サイト紹介文冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。
自由文本当のなつかしさ、本当のやさしさ、そういったしみじみとしたものだけが好みです。

気になるもの
錬金術、冥想、瞑想、オカルト、坐禅、気功、ヨーガ、オーパーツ、超能力、霊能力、前世記憶、PTSD、トラウマ、修験道、アトランティス、レムリア、ケルト、クンダリーニ,チャクラ、洗脳、情報操作、テレビっ子、個人主義、疎外、おひとり様、悟り世代、アセンション、無私、敬虔、清貧
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/11/11 20:42

naitoukonan さんのブログ記事

  • 神を斎(いつ)かぬくにの行くすゑ
  • ◎出口王仁三郎の「五十音歌」から出口王仁三郎の歌集東の光の「五十音歌」から『琉球の嶋にわたりて思ふかな 神を斎(いつ)かぬくにの行くすゑを類例もなき救世(よすくひ)の神教(みをしへ)を邪教とけなすは外教のみなる蓮華台しもふる夜半に只一人天地に祈る霊婦かしこし老若のけじめ無き代とつつしみて天地に祈れ若き人たち稚比売(わかひめ)の神の命(みこと)は地に降り貴(うづ)の御教(みのり)を宣(の)らせたまへ [続きを読む]
  • 冥想の方法の体系−1
  • ◎ダンテス・ダイジの冥想観ダンテス・ダイジの遺作アメジスト・タブレット・プロローグのタントラ・ヨーガ・スケッチに彼の冥想方法体系の眼目が置かれている。『マントラ禅・丹田禅は心身一元観の上に心身一体を経過して心身一如にいたるクンダリーニ・ヨーガは不二一元観にその立場を持ち霊肉二元を経過して絶対実在にいたる只管打坐は霊身心一如から生死一如にいたる色即是空は空即是色となり色是色・空是空として永遠の未完結 [続きを読む]
  • 冥想の方法の体系−1
  • ◎ダンテス・ダイジの冥想観ダンテス・ダイジの遺作アメジスト・タブレット・プロローグのタントラ・ヨーガ・スケッチに彼の冥想方法体系の眼目が置かれている。『マントラ禅・丹田禅は心身一元観の上に心身一体を経過して心身一如にいたるクンダリーニ・ヨーガは不二一元観にその立場を持ち霊肉二元を経過して絶対実在にいたる只管打坐は霊身心一如から生死一如にいたる色即是空は空即是色となり色是色・空是空として永遠の未完結 [続きを読む]
  • エルの臨死体験
  • ◎プラトンの国家の臨死体験プラトンの国家の最終章にエルという兵士の臨死体験が出てくる。臨死体験は、体験の質に非常にばらつきがあり、究極の体験に近いものはとても稀であるが、エルは特別扱いされてあの世の姿のフルコースを見せてもらったようだ。人間がバルドから、再生してくる人生を選ぶときに、まず神は、様々な生涯の見本を見せ、それよりも多い籤を与えて、死者にその籤により人生を選ばせる。神は籤を選ぶ人間に対し [続きを読む]
  • 出口王仁三郎の究極
  • ◎天(あめ)もなく また地(つち)もなく われもなく有漏路無漏路(うろぢむろぢ)を超越して居り出口王仁三郎の高熊山修行時の歌集『霧の海』の続き。出口王仁三郎は、高級神霊に出会い、ついに究極に到達する。『七乙女 木の花姫はあとさきに吾をかばひてうたひつつゆく恍惚と珍(うづ)の天地のすがしさにわが精魂はとけいりにけり天(あめ)もなく また地(つち)もなく われもなく有漏路無漏路(うろぢむろぢ)を超越して居 [続きを読む]
  • 年齢と霊能
  • ◎気のエネルギーの転換出口王仁三郎は、死ぬまで霊能者であり続けたし、空海などもそうだったと思われる。天海などは、霊能者でありながら百歳超まで長寿であったのは、何か思うところがあったのだろうと思う。本山博は、『生まれつきの霊能者は、年をとると身体の中の気のエネルギーが少なくなってくるので、チャクラで気のエネルギーを霊的なものに転換することができなくなってきます。』(スピリチュアリティの真実 本山 博/ [続きを読む]
  • 無我の声聞く
  • ◎無我の聲 こゑなき聲をききながら われ神国(かみくに)の花に息すも出口王仁三郎の高熊山修行時の歌集『霧の海』の続き。出口王仁三郎は、高熊山でアストラル・トリップにて神界を旅行する。『神界の旅うつらうつら松風の音(ね)にさそはれてわが精霊は霊界にかよふ目路の限り百花千花(ももばなちばな)咲き匂ふ野辺を楽しくわれ一人ゆく花匂ひ小鳥はうたひ蝶は舞ふ広野に立ちて神の息(いき)吸う山も野も生気にみちたる天地 [続きを読む]
  • 生きている人も中有にいる
  • ◎生ける人もみまかりし人も八衢(やちまた)の辻に迷へるさまを怪しみぬ出口王仁三郎の高熊山修行時の歌集『霧の海』から。高熊山には、かつて四十八宝座というのがあったが、大本教事件で壊されて今はほとんど残っていないという。『如月のさむき夕べにひきかへて夜あたたかき高熊の山しんしんと夜は更けわたり幽斎の修業はますます深まりにけり青葉わたる風の囁(ささや)き しみじみときく高熊の夜はしづけし四十八宝座のうえ [続きを読む]
  • 誰も書かなかった高橋信次 巨星の実像/菅原秀
  • ◎まったくわかっていなかった頃誰も書かなかった高橋信次 巨星の実像/菅原秀/成甲書房を懐かしく読んだ。高橋信次の娘の高橋佳子の真創世記シリーズがベストセラーになったこともあり、高校生大学生の頃は、GLA本はむさぼるように読み、伝統的仏教でないこんな仏教もあるのだと胸ときめいたものだ。そんなことは言っても、当時は伝統的仏教がどんなものであって、いわんや神道が国家神道の時代や出口王仁三郎を経て現状どうな [続きを読む]
  • 入蒙記 霊界物語特別編
  • ◎白音太拉(パインタラ)の遭難出口ナオの役割は水の洗礼、出口王仁三郎の役割は火の洗礼。保釈中の身ながら入蒙を敢行した動機については以下である。『東魚来つて西海を呑む。日西天に没すること三百七十余日、西鳥来りて東魚を喰む。 右の言葉は、聖徳太子の当初百王治天の安危を鑒考されて我が日本一州の未来記を書きおかれたのだと称せられ、我国古来聖哲が千古の疑問として此解決に苦みて居たのである。日出雄は右の言葉に [続きを読む]
  • 出口王仁三郎の真の評価へ
  • ◎国会図書館の出口王仁三郎関連文献などこのブログでも、ネットでかつ無料で国立国会図書館デジタルコレクションからダウンロードできる文献があることを紹介している。出口王仁三郎文献は、わりと充実しており、アマゾンでも売っていない貴重書が結構あり、大本教関連団体から戦後出版されていない内容の文書もいくつかある。ところが霊界物語を含めてこれだけの分量があると、ダウンロードするだけでも一苦労。そこで親切なこと [続きを読む]
  • 防暑法
  • ◎シエスタから保水スカーフまで35度を超える暑さが1週間続くと、さすがに身にこたえる。午後3時頃電車に乗ると、野球だかサッカーだかの小学生チームがコーチと一緒に結構乗っているが、『激しい運動をしないようにしましょう』などという生命の危険防止よりも行事予定の消化が大事なんだと空恐ろしく思った。夏季の気温上昇がここまで来ると、スペインか南米みたいにシエスタ(昼寝)でもって猛暑時間は外出しないとか、中東の、防 [続きを読む]
  • オウムの薬物乱用と記憶抹消
  • ◎従順な仔羊信者たちの悲劇最近オウム関連本を何冊か読んだ。1.未解決事件オウム真理教秘録 NHKスペシャル取材班/編著 文藝春秋2.オウム事件17年目の告白/上祐史浩/扶桑社3.検証・オウム真理教事件/瀬口晴義/社会批評社オウム関連本をまとめて読む人はそう多くはないだろう。というのは一冊一冊が刺激が強すぎて、一冊読めば他のことも想像できるみたいな気分にさせられるからである。特に気になったことは2点あり、その一つは [続きを読む]
  • 社会的地位獲得から恐怖へ−3
  • ◎只管打坐へクリシュナムルティの文脈の続き。さて思考は恐怖を生み出す。思考とは記憶に対する反応であるがゆえに、思考とは常に古いものである。だから恐怖もまた古い。古いものであるので、人は自分で恐怖を見つめることができる。こうしてクリシュナムルティは、社会的地位獲得への原動力が恐怖であり、恐怖の原因が思考と記憶という古く過ぎ去ったものであることに行き着いた。恐怖をモチベーションとする行動はヒステリック [続きを読む]
  • ヴァーチャル・リアリティは下層霊界である−2
  • ◎カルトとヴァーチャル・リアリティの共通性このようにヴァーチャル・リアリティと下層霊界の特徴を列挙すると共通点ばかりであって、共通でない点は、主役が生きている人間か死人かと、魔力の有無くらいのものだと気がつく。この結果、ヴァーチャル・リアリティと下層霊界の間で次のようなおぞましいことが日常的に起きている。それぞれの世界の住人は現実と非現実の区別がつかないので、下層霊界の霊が、ゲームにはまったような [続きを読む]
  • ヴァーチャル・リアリティは下層霊界である−1
  • ◎自分のイメージで形成した閉鎖空間にあって、利己的、攻撃的現代は、地獄が現実化した社会になっているなどと言っても反応しない人でも、科学の粋であるヴァーチャル・リアリティは下層霊界であり、カルトも同質であると言えば、少しはキャッチーな話になるだろうか。ヴァーチャルリアリティと下層霊界の共通点は、想念と感情と欲望で作り上げられた閉鎖的な洞窟のような空間に生きているという点であり、カルトは組織的にそうい [続きを読む]
  • 本山キヌエ予言
  • ◎今に日本が赤くなって、白いご飯は食べられなくなる本山博の母親の本山キヌエ氏の予言や奇跡的事件など。1.昭和15年小豆島に夏の静養に来ていた時、エビと鯛と金魚の気持ちの悪い夢を見る。※エビはABで米英、金魚は中国で、米英と中国に追われて日本である鯛の戦況は身動きができなくなるという予言。2.昭和19年信徒の森園氏宅で、釜のご飯が日の丸の様に赤く染まる。神示:(チャネリング)。今に日本が赤くなって、白いご飯 [続きを読む]
  • 人の世のあらゆる艱苦をなめつくし
  • ◎神の大道(おおじ)出口王仁三郎が、戦後、大弾圧の影響で、教義教学の確認をしたくとも著作は信者の手元にはなく、その上紙不足で印刷もままならぬ時期に、信者から献呈された愛善の道。出獄後の出口王仁三郎は、これを繰り返し読んだという。そこから十首。人の世のあらゆる艱苦をなめつくし はじめて悟る神の大道惟神(かんながら) まことの道は大衆のこころにかよう真道(まみち)なりけり天国に昇るは易し地の底に落つるは [続きを読む]
  • 社会的地位獲得から恐怖へ−2
  • ◎自分の恐怖を見るのを恐れるクリシュナムルティの語る恐怖の文脈は以下のようなものである。恐怖には、肉体的恐怖と心理学的恐怖がある。心理学的恐怖を理解できれば肉体的恐怖をも理解できる。人はみな何かについて恐れを抱いているが抽象化されたものに恐れはなく、常に具体的な何かに恐怖が存在している。職を失う恐怖、食物や金が十分にないという恐怖。家族を失う恐怖など。人はその恐怖から逃げ出したり、恐怖を隠すために [続きを読む]
  • カラーナ体
  • ◎違いを隠したままに本山博は、アストラル以上のボディについてカラーナ体しかないと言い切っている。これでは七つの身体論の定番であるメンタル体、コーザル体の2区分はしていない。また本山博はカラーナ体に原因体という漢字を当てる。彼のカラーナ体の説明は、1.形はあるが、色、臭い、味、触はない。2.形は白く輝いた透明な形3.男女の性別はない。4.アストラル体の魂の働きは、感情、想念が主であり、カラーナ体は、真理つま [続きを読む]
  • 北叟笑む
  • ◎何時となく北の叟(おきな)のごとくせば唐代の北叟の話。北叟は、人事が常ならぬことをわきまえ、主君に仕えて名利を貪る気持ちもなく、私欲により財宝を蓄える心もなく、都の北に柴の庵を結んで、麻の衣を着て寒さをしのぎ、草を摘み、木の実を拾って日々を送っていた。喜ぶべきことを聞いては、ちょっと笑み、憂うべきことを聞いても、ちょっと笑むことから人は、これを北叟笑み(ほくそえみ)と呼んだ。後鳥羽法皇は、隠岐ご [続きを読む]
  • 縮身
  • ◎宗教のお国ぶりかのチベット密教で呪殺を繰り返したドルジェタク。彼は午年の4月10日の太陽が昇ったときに、身体が縮み、天界に上ったという。正木晃氏はボン教屈指の学問寺院であるツァンのユンドゥルリン寺に調査のため滞在していた時に、ボン教ゾクチェンの権威として高名なシェーラブ・テンジン師が真顔で、縮身は、大の大人が赤ん坊くらいの大きさに縮むものであって、実際に起こる、と語るのを聞いたそうだ。臨終時の屍解 [続きを読む]
  • 社会的地位獲得から恐怖へ−1
  • ◎社会での他者侵略これは、クリシュナムルティの著作中の白眉『自己変革の方法』から。クリシュナムルティの講演集は聴衆のレベルのせいか冗長なことが多く、核心を性急に求める冥想修行者には食い足りないことがままあるが、この本は珍しく濃厚である。『大抵の人間は社会的地位を確保することによって満足を得ようと願っている。それは、彼らがつまらない無名の人間で終りたくないと思っているからだ。社会というものは、立派な [続きを読む]
  • 姜甑山の遺言
  • ◎仁義相生、神化一心(神人合一)朝鮮の神人姜甑山の遺言。『甑山教の創始者姜一淳(1871-1909年、号は甑山)は、自分を天子弥勒と称した。彼は、臨終の際に、「私は弥勒だから、私に会いたかったら、金山寺の弥勒仏を見ろ」と語ったことで有名である。その遺言に従い、弟子金亨烈らは、全羅北道金堤にある金山寺の弥勒殿の前で深い祈りを捧げ、日本の警察に逮捕され服役に処せられた。姜一淳は、迫りくる弥勤の世を次のように描 [続きを読む]
  • なぜ戦争は起きるのか-クリシュナムルティ
  • ◎われわれはみな、われわれ以外の人間であることを知る世界は、ロシア人、アメリカ人、イギリス人、フランス人、ドイツ人、日本人、中国人など民族と文化、イデオロギーによって分割されている。宗教もヒンドゥー教、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教、仏教などに分割されている。クリシュナムルティの見るところ、あらゆる民族には、同一の国語、同一の迷信、同一の政治的宗教的体系を持って共生しているという感覚がある。その [続きを読む]