馬なり男爵 さん プロフィール

  •  
馬なり男爵さん: 馬バカ日誌
ハンドル名馬なり男爵 さん
ブログタイトル馬バカ日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/keibaworld-onemantalk_blog/
サイト紹介文予想やPOG、その他諸々の経験を糧に、この度一口馬主としてデビューしました。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/11/12 12:45

馬なり男爵 さんのブログ記事

  • 3歳世代の今後
  • 今週も出馬投票するも除外の憂き目に遭ってしまったマッキーイマジン[牝3・佐藤吉厩舎]。ここに来てようやく体質がしっかりしてきただけに残念。以前より時計が出る馬場に整備されたとはいえ、この中間も坂路で53〜54秒台をマークし、活発に動き回っているとのこと。春先は飛節に緩さがあって平坦コースでしか調教することができませんでした。ラストチャンスとなる来週のスーパー未勝利への出走が叶わなかった場合は、園田 [続きを読む]
  • ピュアブリーゼの16
  • 2017年度キャロットクラブ1歳馬・第1次募集の結果が発表されました。本年も1世代1頭入魂の精神を貫き、最優先希望枠にピュアブリーゼの16と入力。前年のノヴェレッテに続き、これで牝馬に出資するのは2頭目となります。体高が150?に満たないのにも関わらず、体重が421?。正面から馬体を観察してみると、意外と幅があることに気が付きました。骨格のラインが綺麗で、体の動きに無駄がなさそうなタイプです。母ピ [続きを読む]
  • ロンドンタウン、逃げ切ってコリアカップ優勝!
  • 武豊騎手がグレイスフルリープとのコンビで韓国競馬初騎乗初勝利を収め、歓声が巻き起こるソウル競馬場内。まだコリアスプリント(9月10日、ソウル・ダ千二?)の余韻が残る中、ロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]がパドックに姿を現しました。発表された馬体重は515?(前走比+5?)。原則として、現地ではKRAが手配した飼料、栄養補助食品等を使用する為、匂いに敏感な馬や牝馬はカイ食いが落ちたりしないか少し気に [続きを読む]
  • 緊張しきりだった初の海外渡航
  • 先週末はロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]がコリアカップ(9月10日、ソウル・ダ千八?)に出走するので韓国へ渡航。初めての海外でしたが、もし行くなら競馬関係でと思っていただけに、このような形で実現して感無量です。滞在1日目は緊張しきりでした。まず部屋番号とID(宿泊者の苗字)の入力によって利用できるホテルの無料Wi-Fiがなかなか接続できず、電話の受話器を取ってインスタントサービスに問い合わせてみたと [続きを読む]
  • 引き続き、体調は抜群
  • 韓国G1コリアカップ(9月10日、ソウル・ダ千八?)に向けて、現地で調整中のロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]。09/04(月) 15−15(馬体重526?を計測)09/05(火) スクーリング(レース当日と同じ流れの予行練習)09/06(水) ゲート練習木曜日はソウル競馬場のダートコースにて最終追い切りが行われ、日本馬3頭併せで50秒6−36秒0−10秒7(馬なり)をマークしました。時計から受けた印象通り、ちょっ [続きを読む]
  • 手に汗握った小倉最終週
  • 昨日、小倉5Rの新馬戦(芝千八?)でリバプールタウン[牡2・石橋守厩舎]が無事にデビューを果たしました。まだ良化途上の段階でしたが、何と単勝11番人気の低評価を覆して3着と大健闘!入念に調教して頂いた賜物です。「体に余裕がありましたし、レース前はもう少し締まって欲しいなぁと思っていました。いやぁ、走りますね。これは先々が楽しみです。夏場も休まず乗り込んできたので、一旦放牧に出そうかと考えていたので [続きを読む]
  • 一口愛馬の近況(2017/08/31時点)
  • ◆ストライクイーグル[牡4・杉山晴厩舎]29日の火曜日に栗東TCへ帰厩。馬体重は508?。早速坂路で追い切り、55秒3−40秒9−26秒2−13秒1をマークしました。ノーザンFしがらきで入念に乗り込まれていた分、調教後の息の入りが良く、久々の割に体もスッと動いたそうです。前2走、内田博幸騎手やMデムーロ騎手にビシビシ追われても反抗せず伸びてきましたし、競馬を使いながら少しずつ馬がしっかりしてきてい [続きを読む]
  • 昇級初戦とは思えない差し切り勝ち
  • 本日、別府特別(小倉・芝千二?)に出走したワンアフター[牡4・西村真厩舎]が優勝しました!500万下→1000万下と連勝し、これで準オープンに昇格です。大外枠を引きましたが、道中は無理せず先行集団を見る形で中団外めにつけ、勝負所からジワジワと進出を開始。直線では温存していた末脚を駆使し、昇級初戦とは思えない豪快な差し切り勝ちを決めてくれました。前走より2?軽い斤量。前半3F33秒0−後半3F34秒 [続きを読む]
  • 頭角を現し始めたオルフェーヴル産駒
  • 結果的に6、7月は鳴りを潜めていたということになる新種牡馬オルフェーヴル。8月に入ってから産駒3頭が新馬勝ちを決め、ここに来て一気に存在感が増してきました。ロックディスタウン、レゲンダアウレア、ラッキーライラック。いずれもサンデーレーシングの所属馬です。緩い馬が多くを占める、この時期の2歳馬同士の競馬とはいえ、搭載されているエンジン性能や身体能力の高さで押し切っている印象を受けました。父から非凡な [続きを読む]
  • 一発逆転を狙う兄と基礎体力の強化に励む弟
  • 昨日、アキラ[牡3・吉村圭厩舎]が札幌競馬場に入厩しました。前走後は吉澤ステーブルWESTでのリフレッシュ放牧を挟み、お盆明けに坂東牧場へ移動。黒い毛色ですが、幸い、暑さによるダメージもなく、涼しい環境での滞在でコンディションがアップしてくるのではないでしょうか。右回りで掲示板を2回確保している通り、左手前の方が伸びるので、前傾ラップの展開になって終いを活かすことができれば…と思います。残された時 [続きを読む]
  • 電光掲示板に表示されたレコードの赤文字
  • G3エルムS(札幌・ダ千七?)にロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]が出走しました。前日から雨が降り注ぎ、馬場状態は『重』の発表。スピードも求められるだけに、斤量57?がどう出るか…。そんな心配をよそに、何と1分40秒9の日本レコードを樹立して見事に優勝!今は亡きカネヒキリに捧げる中央重賞初勝利を成し遂げました。土曜に小倉でワンアフターが勝ち、マッカートニーも2着と善戦。世界陸上ではありませんが、ま [続きを読む]
  • 札幌遠征で巻き返しを期すロンドンタウン
  • いよいよG3エルムS(札幌・ダ千七?)が近づいて参りました。吉澤ステーブルWESTでの放牧を挟み、3か月の休養明け。暑い栗東TCでの調整期間を無事に乗り越え、先月30日に函館入りしています。間隔は空きましたが、ここに向けて追い切りは十分こなしており、涼しい環境に移って更に体調が上向いているとのことですから、強行軍だった前走時よりも力を発揮できるのではないかと思います。ロンドンタウン[牡4・牧田和厩 [続きを読む]
  • 悩ましい年頃
  • 越後S(新潟・ダ千二?)に出走したハニードント[牝6・梅田智厩舎]は9着でした。最終追い切りでマークした坂路の時計は51秒8−37秒6−25秒1−13秒1。長期ブランク明けを2度叩き、斤量51?とハンデに恵まれましたので、展開によっては掲示板を狙えるのではないかと内心期待しておりましたが、やはり準OPの層は厚いです。それでも、直線は左手前のまま頑張って抵抗してくれていましたし、このクラスで連対実績 [続きを読む]
  • 2歳世代のトップバッター!?
  • 無事にゲート試験をパスした後も在厩して調整中のリバプールタウン[牡2・石橋守厩舎]。今朝は坂路で併せ馬を消化しました。8月2日(水) 栗東坂路 55秒7−40秒7−26秒6−13秒3入厩してからこれだけ速い時計を出すのは今回が初めてでしたが、やはりまだ息遣いが荒く、体ももう少し締まって欲しいとのことで、あと2〜3本しっかり攻めて、デビューに備える形となりそうです。まずは芝の中距離でどんな走りを見せ [続きを読む]
  • 一口愛馬の近況(2017/07/28時点)
  • ◆ストライクイーグル[牡4・杉山晴厩舎]ノーザンFしがらきに滞在中。現在の馬体重は524?。前走後は疲れが出たようですが、リフレッシュを図りながら、周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っているとのこと。ここまで1着2回2着4回3着1回と堅実に走ってくれていますし、レースぶりも少しずつメリハリが出てきているように思いますので、秋の始動が楽しみです。回収率指標203?、2013年産キ [続きを読む]
  • スポットライト
  • 大盛況に終わった今夏のHBAセレクションセール。10年前は50?にも満たなかった売却率が、今や80?を超える市場にまで成長。目星をつけていた上場馬が軒並み想定額を上回った為、マッキー軍団は新たにメンバーを加えることができませんでした。いやぁ、高かったです。種牡馬別にみると、ハービンジャーとロードカナロアの人気が特に印象に残りました。ハービンジャーは種牡馬として来日した折から、「これは欧州馬=重いと [続きを読む]
  • それぞれの目標に向かって
  • 2歳戦がスタートして早1か月が経過しました。まだマッキー軍団の中でデビューを果たした馬は1頭もいないのですが、それぞれ慎重に調整されており、8月にはミルクアンドハニー[牝2・武市康厩舎]が初陣を迎えられるのではないかと思います。検疫を確保でき次第、美浦TCに入厩する予定。美浦近郊のサクライステーブルでゲートの基礎を教えているイマジンピース[牡2・和田雄厩舎]は、もう少し乗り込みが必要とのことで、お [続きを読む]
  • 勝ち味の遅さ以上に地力強化中
  • 先週、3歳上500万下(中京・ダ千九?)で2着に惜敗した一口愛馬ストライクイーグル[牡4・杉山晴厩舎]が、ノーザンファームしがらきへ放牧に出されました。黒くて大きな体をしていますし、体質的に夏男というタイプではなさそうなので、秋に備えて充電して欲しいと思います。とにかく蒸し暑かったレース当日。15時前後から灰色の雲が覆い始め、風が吹くようになってからは多少マシにはなりましたが、午前中の競馬と午後か [続きを読む]
  • 暑さに負けないで
  • 長年連れ添ってきたPCがとうとう起動しなくなってしまいました…。急遽、家電量販店に出向いて新たな相棒を探すことに。タワー型も検討しましたが、使う目的が限られている為、設置スペースを重視して候補から脱落。最近はBTOが主流になってきているようで、乃木坂ファンとしては迷わずマウスコンピューターを購入すべきところ、相性が良いという理由でNECを選択。以前、使用していたPCが長持ちした経験が決定打になった [続きを読む]
  • 長欠明けを無事に走り終えたハニードント
  • 第3回阪神競馬8日目。ハニードント[牝6・梅田智厩舎]が花のみちS(準OP・ダ千二?)に出走しました。約8か月ぶりの実戦。昨秋の貴船Sで5着に好走した際、砂が入った影響で右目が白く濁ってしまい、休養を余儀なくされていました。入院馬房での食事制限等もあり、体重は大幅に減少。あばら骨が浮き上がるほどガレていた昨年末の姿を思い出します。今回、右目に透明なカップを装着していたのはその保護の為です。濁りは薄 [続きを読む]
  • 満を持しての函館遠征
  • 先週の日曜日は、シャーロックが5番人気、マッカートニーが1番人気、ワンアフターが3番人気に支持され、これは1日3勝の固め打ちもあるかもしれない、と鼻息を荒くしていました。ふんがー、ふんがー。大きく揺れる函館空港行きの飛行機。惜しくも勝つことはできませんでしたが、3頭揃って掲示板を確保してくれましたし、現級では力上位なので、あとは勝利の女神が爆笑するのを待つのみです。しかし、せめて今回ポール・マッカ [続きを読む]
  • 次走こそ『アキラ120%』の走りを!
  • 第3回阪神競馬5日目。4Rの3歳未勝利(ダ千八?)に出走したアキラ[牡3・吉村圭厩舎]は5着でした。単勝14番人気という下位評価を覆しての好走。これまでは上がり3F40秒台が限界でしたが、今回は自己ベストとなる38秒7をマーク。それだけ最後まで頑張ってアキラめずに走ってくれたのだと思います。中間はCWで入念に乗り込まれ、飼い葉もよく食べているとのことで、キャリアを積みながら少しずつ馬がしっかりして [続きを読む]
  • 忍び寄るタイムリミット
  • 今週から函館競馬が開幕し、阪神・東京との三場開催になります。いよいよ夏競馬のシーズンがやって参りました。函館と言えば食べ物の宝庫。B級グルメ部門では、全国ご当地バーガーで日本一になったという『ラッキーピエロ』さんへの想いが募るばかりです。函館市で全17店舗を展開していて、店舗によってテーマが異なる、遊び心満点のバーガーショップ。とりあえず峠下総本店にある“財運の赤い椅子”には座っておいた方が良いか [続きを読む]
  • 暑さが本格化する前に続々と本州入り
  • 近日中にリバプールタウン[牡2・石橋守厩舎]が本州入りすることになりました。「暑くなる前に移動させて、デビューを目指していこうと思います。まだトモが甘いのですが、この時期の2歳馬は総じて成長途上ですし、これから乗り込みを続けていけば、徐々にしっかりしてくるでしょう」(石橋調教師)。移動先は夏でも涼しい岐阜県の山岡トレーニングセンター。今のところ、秋頃のデビューを目標に調整していく方針です。「ドッシ [続きを読む]
  • 例年以上に豪華な新種牡馬ラインアップ、注目は…
  • 新馬戦のスタートが近づくにつれて、毎年好奇心を駆られるのがファーストクロップ・サイアー。国内初産駒が今年デビューする新米パパ達です。今週から早速、東西でエイシンフラッシュ、ストロングリターン、トーセンロレンス、ノヴェリスト、ヘニーヒューズ、モンテロッソ、ローズキングダム、ロードカナロアがスタンバイしています。すでにヘニーヒューズは持ち込み馬アジアエクスプレス(G1朝日杯FS)やモーニン(G1フェブ [続きを読む]