ポー さん プロフィール

  •  
ポーさん: ベンチプレス150kg男の弱虫日記
ハンドル名ポー さん
ブログタイトルベンチプレス150kg男の弱虫日記
ブログURLhttp://yowamushinikki.seesaa.net/
サイト紹介文書評を書いたり、キレイごとを言ってみたり、映画評を書いたり、弱音を吐いてみたり・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/11/12 14:54

ポー さんのブログ記事

  • 『裏切りの日日』(逢坂剛著)を読んだ感想・レビュー
  • あの大ヒット作品「百舌シリーズ」の第0弾ともいうべき小説です。 アマゾンの内容紹介では以下のようなカンジ。 人質を楯に、身代金を奪った犯人は、厳重な包囲の中で、ビルの9階からエレベーターに乗り込んだが、1階についた時には消えていた!その頃、近くのマンションで、右翼の大物が何者かに射殺された。“2つの事件は関連するものなのか?”居合わせた警視庁公安刑事・桂田の暗い瞳が光った。彼は、2年前に妻子に逃げられ、 [続きを読む]
  • 『ざ・だぶる』(安達瑶著)を読んだ感想・レビュー
  • すげーエロくて、なかなか強烈でした。 知人の超マジメな大学教授から、「また新たに面白い作家を見つけたよ!」と紹介されたので読んでみました。 なるほどなるほど、これは色んな意味でおもしろい。 アマゾンの内容紹介では以下のようなカンジ。 一本の映画フィルムの修正依頼。仕事を受けた浅倉大介は、生の主演女優・夏山零奈を見た瞬間にその虜になった。『映画を地でいく魔性の女』と呼ばれている零奈。やがて、大介の部 [続きを読む]
  • 『闇の子供たち』(梁石日著)を読んだ感想・レビュー
  • 容赦なく残酷に、リアルな欲望を描いた小説でした。 タイを舞台にして、幼児売春や臓器売買の実態を描き切った一冊。 とにかく容赦ありません。救いもありません。人間の欲望は無尽蔵です。即効性のある解決策もないでしょう。それでも、このようなことが地球上で起こっているのはおそらく事実です。 もちろん、この小説はフィクションですが、人間の想像の及ぶ範囲の出来事は実際にあるのだろうな、と思わされました。 読んで [続きを読む]
  • 『永遠の旅行者』(橘玲著)を読んだ感想・レビュー
  • 上下巻ある長編。しっかりと面白かったですよ。山本周五郎賞候補になったのも納得。同著者のデビュー作である『マネーロンダリング』と似たようなテイストの、法律の裏側をすり抜けながら世界を股にかけて展開される危険な金融エンターテイメントでした。(参考記事→『マネーロンダリング』(橘玲著)を読んだ感想・レビュー)ストーリーとしては、世界を旅しながら納税義務を回避している三十代前半の元弁護士に、「二十億の資産 [続きを読む]
  • 『天皇家の忍者(しのび)』(南原幹雄著)を読んだ感想・レビュー
  • 幕府と朝廷の暗闘、忍者集落同士の争いの話。朝廷の隠密をやっていたなどとも言われる「八瀬童子」の物語を期待して読んだのですが、どちらかと言うとこの小説では八瀬童子は敵役的なカンジでした。八瀬童子のライバルとして、「静原冠者」なる集団が登場して活躍します。代々、天皇家の駕輿丁を務め、免税特権を持っていたという八瀬の歴史になぜか興味が湧いて色々と調べたことがあり、その際にこの小説を知りました。この本を読 [続きを読む]
  • 『チッチと子』(石田衣良著)を読んだ感想・レビュー
  • 読みやすくてけっこうおもしろかった。大きな事件とかは起こらないけど、そこそこ感情移入できたかな。Amazonの内容紹介によると・・息子のカケルと二人暮らしの”チッチ”こと青田耕平は、デビュー以来10年「次にくる小説家」と言われてきた。だが、作品は売れず、次第にスランプに陥ってしまう。進まない執筆、妻の死の謎、複数の女性との恋愛……。ひとつの文学賞を巡る転機が、やがてカケルや恋人達との関係を劇的に変化させて [続きを読む]
  • 映画『レジェンド 狂気の美学』をみた感想・レビュー
  • 実在した伝説の双子ギャングの映画。R15。なるほど、カッコよくてイカれてて、なかなか面白かった。1960年代のイギリス・ロンドンで暴力によって圧倒的な権勢を誇ったワルの物語。有名な双子のギャング。兄のレジナルド・クレイはイケメンのキレ者。弟のロナルド・クレイはゴツくて頭のイカれた危険人物……この二人を中心に繰り広げられる物語から目が離せませんでした。ただ、ギャング映画って、やっぱり最後には破滅するのが切 [続きを読む]
  • 『夜を撃つ』(花村萬月著)を読んだ感想・レビュー
  • 性と暴力、性と暴力、まさに性と暴力の小説でした。息を吸うように冷酷なことをするかと思えば、子供のように幼く素直一面も見せる17歳の少年・峰岸情が疾走する物語。窃盗・暴行・殺人、なんでもアリです。自分が逃げるために友達を殺した峰岸情を追跡することになった2人の元警察官がどんどん壊れていくさまもけっこう読みごたえがあります。峰岸情と一緒に逃避行を続ける女子高生・藍子の進化というか変化も興味深った。まあ完 [続きを読む]
  • 『鬼麿斬人剣』(隆慶一郎著)を読んだ感想・レビュー
  • 大人気漫画『花の慶次』の原作者としても有名な隆慶一郎氏の痛快歴史小説です。主人公の鬼麿は197cm・120kg。性力絶倫で、無敵の強さ。・・トンガ人のラグビー選手とかが思い浮かんでしまいますな。江戸時代にそんな日本人いたんかいっ!?とツッコミたくなりますが、やっぱ主人公は強烈なキャラがいいですよね。しかも山の民・山窩だったというのも個人的にはかなり好みの設定です。amazonの内容紹介だと次のようになっています。 [続きを読む]
  • 『カディスの赤い星』(逢坂剛著)を読んだ感想・レビュー
  • 直木賞と日本推理作家協会賞をダブル受賞した作品ですね。フリーのPRマンが、得意先の関係者から「サントス」なる日本人ギタリストを探すよう依頼される。調査を開始すると、あれよあれよと謎が深まっていき、やがて大きな事件に巻き込まれていく、ってな話です。日本とスペインで展開されるハラハラ・ドキドキの物語、どんでん返しの連発、セクシーなヒロイン……と冒険ミステリーエンタメ小説の王道でした。個人的にはスペインに [続きを読む]