YUMI さん プロフィール

  •  
YUMIさん: メルボルン生活日記
ハンドル名YUMI さん
ブログタイトルメルボルン生活日記
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/yumi_hk_diary
サイト紹介文約1年間の香港生活の後、2014年10月に豪・メルボルンへ移住。マイペースで暮らしを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/11/13 11:20

YUMI さんのブログ記事

  • 抹茶クッキー
  • 参考配合は、なかやましほさんレシピのスマイルクッキー。粉に抹茶パウダーを置き換え使用。型抜きが出来るクッキー生地になるはずが、まとまらずボロボロ。油を少なめにしてしまうから、いつも失敗するのだ。油の分量はレシピに従う、という部分をどうしても学ぼうとしない私である。急遽プランBに変更(とか言っているが、プランBなど最初から考えていない...)大さじスプーンに無理矢理ギューと押し込み固めてはずす。「抹茶の [続きを読む]
  • Nuts & Seeds Tart 2017
  • 1) タルトベース:レシピ本「かんたんお菓子」のざくざくタルト生地2) フィリング1:同上のアーモンドクリーム初日は1)+2) を約30分で焼き上げ冷凍庫へ後日工程3)から作業開始3) フィリング2:以前つくったナッツタルトのレシピナッツはくるみとひまわりの種、かぼちゃの種などのMixed Seeds計100g3)を2)の上に載せ約45分で焼成。ナッツのフィリングレシピは、バターをホイップしながら卵やシロップやレモン絞り汁などの液体を [続きを読む]
  • 西瓜の味わい方
  • メルボルンの夏は、猛暑日と寒い日が交互に訪れる。その温度差は20度以上と激しい。そんな過酷な季節の対処法、3シーズン目を迎えて板についてきた(ような気がしている)。暑い日は火を使わない料理、とかパン生地の発酵に適しているからパンを焼く、とかその日の気温に合う楽しみ方で暑さをやり過ごしている。我が家の習慣になった、暑い日の楽しみ方をもうひとつ。西瓜思い返せば日本では夏にスイカを買って食べる、という習慣 [続きを読む]
  • (サイドストーリー)メルボルン日本夏祭り
  • 今年は2月26日に(明日)、メルボルンで開催される夏祭り。Melbourne Japan Summer Festival とは、毎年数万人規模の集客がある日本関係の大きなイベントで、ここ数年はCBDのフェデレーション・スクエアで行われている。年に1度のこのイベントを毎年楽しみにしている人も多いのではなかろうか。夏祭りの詳細はHPなどでチェックできるのでそれはさておき、ここでは日本のバラエティ番組でたしか、海外在住者が「自分の住む街のここが [続きを読む]
  • もち粉50スコーン
  • もち粉が家にある時は大抵、大根餅をつくる目的で買ったもの。目的を果たした後は、余ってしまうので、パンや焼き菓子をつくる時に小麦粉代わりに少しずつ混ぜながら使い切る、という大変消極的なもち粉消費者なのであるが今回もメインの目的を果たし、余ったもち粉を消費すべく粉の50%をもち粉に置き換えて焼いた、デーツのスコーン。膨張剤は重曹を使用。スコーンにもち粉を使うなんて、びよーんとのびるイメージの、もち粉らし [続きを読む]
  • ラブラドール・レトリーバー
  • オラ、アミーゴス! の、チワ子です。あんただれという方はこちらをどうぞ。今月のお仲間はこちら。ラブラドール・レトリーバー。生みの親はコーギー、ブルテリアと同じ作者さん。久しぶりにチワ子と2ショットを撮ってもらいましたっラブだけど、チワワのしかも推定月齢3ヶ月のチワ子と同じ背丈というミニチュアぶりですね。「二頭身だけでなく、強烈な黄色い体毛が現実離れしてる...」(奥さんコメント)↓「ビビッドイエローが [続きを読む]
  • あんぱんと塩パン
  • 強力粉の代わりにパスタ用粉を使用。リュスティックのように、バターなし、水分は水だけのシンプルパンは作業工程も単純で気軽につくれてしまうのだが、ミルクやバターを加え、かつ成型やフィリングを施すパンには多大な労力と時間がかかる。しかも水分配合を間違えると悲惨だ。ヒトハワスレルヒトハクリカエス(五味太郎絵本より)の見本のような私はまたやってしまった。加水率をついつい上げすぎてしまうのがいけない。今回も気 [続きを読む]
  • ライ麦粉17リュスティック
  • ライ麦粉17%配合のパン。なあんて17%にこだわりをもってそうな書き出しであるが、ライ麦粉の在庫を使い切ったら結果的に割合がそうなったわけで。とはいえ、ライ麦粉が入ると焼き色や味わいに深みが出て、格上感を醸し出せるような気がする。そんな気がするだけかもしれないが。かといって大量に配合しても重いパンになるのでよろしくない。少量過ぎては存在感が薄れる。17%程度が多過ぎず少な過ぎずの丁度良い配合かもしれない [続きを読む]
  • 自宅でアフタヌーンティー 2017 NewYear
  • **Food**夫担当サラダランチ**Dessert**- Bread Pudding with Soy Yogurt Mango sauce- Banana Kuglof Cake- Mango Pudding-
    Rasberry Cheese Tart- Date Scone- Cranberry & White Choco Chip SconeANDSparkling WineCoffeeこうして並べてみるとどのデ
    ザートにもフルーツを使っている。生、ドライ、缶詰と用途に合わせて使えてとても便利。フル
    ーツは素晴らしい。パンプディング市販の白い丸パンを一口大に切って卵液に漬け込 [続きを読む]
  • 元旦の献立 2017
  • 2016年の大晦日ディナーは夫がつくると言い出した。大晦日メニューOyster Mornay (牡蠣にホワイトソースとチーズをのせたオーブン焼料理)サラダ・パンスパークリングワイン写真がないのが残念だが牡蠣が巨大。オーブン加熱後も縮まずプリプリ。1ダースしかないのかとさり気なく不満を表明していたが、間違いでした。すみません。ディナー後は眠気に逆らわず早めに就寝(笑)11:55pmに起こされ窓から恒例の花火を鑑賞。花火、小さ [続きを読む]
  • 今年の焼き納め、ラズベリーチーズタルト
  • タルト生地だけはバターを使う。これで夫は文句を言わない。甘味のない製法(ショートクラストペストリー)を選択。フィリングには低脂肪クリームチーズと、豆乳ヨーグルトを1対1で配合。冷凍庫に眠っていた、いつかの残りのラズベリーを混ぜ込む。解凍されてふにゃふにゃになったラズベリーから、混ぜるうちにほどよくピンク色が出る。下焼きしておいたタルト生地に流し入れ、オーブンで約40分。焼き上がり直後、表面にやや亀裂が [続きを読む]
  • ミニクグロフ型でデーツのノンオイルケーキ
  • 先日、ファームの仕事をした時に毎日カリフラワーばっかり刈っていて、宿ではカリフラワー食べ放題でカリフラワーばかり食べていた、日本ではカリフラワーを食べたことがなかったが、各国ワーキングホリデーメーカーからカリフラワーの美味しい食べ方をたくさん教わった、という話を聞いた。カリフラワーを日本で食べたことがなかったというのは少し驚きだったけれど、日本の野菜売り場におけるカリフラワーの存在感は薄い気がする [続きを読む]
  • セキセイインコ2
  • オラ、アミーゴス! の、チワ子です。あんただれという方はこちらをどうぞ。奥さんてば、最近はビーズワークにあまり入れ込んでいないご様子。どうしたの?「ぐすっ、手元が見えにくくなってきた。日増しに老眼度が上がってる気がする...」しょっぱなから悲しいコメントが。それから?「ここはオーストラリアで南半球で季節は日本の逆で今は夏、のはずなのにどうゆうこと!?」どうゆうことってどうゆうこと? 「私、確信しまし [続きを読む]
  • ミニクグロフ型でバナナケーキ
  • 日本では、こんなに可愛くて便利なケーキ型が驚くほどお手頃な価格で手に入る。今年帰国時に富澤商店でほぼ一目ぼれ購入して持ち帰ったミニクグロフ型を使い、作ったケーキは相変わらず最近の参照頻度高い「かんたんお菓子」からバナナケーキ。豆腐の代わりに豆乳ヨーグルト、オレンジジュースの代わりにパイナップルジュース杏ジャムの代わりにラズベリージャム在庫の関係でずいぶんと食材をアレンジしてしまったこれを言っちゃあ [続きを読む]
  • くるみあんぱんとテーブルロール
  • 日本のベーカリーの定番「くるみパン」をイメージして、ミニあんぱんとテーブルロール。胡桃入り生地に小豆餡を包み込み、太鼓のように両面を平らにして焼き上げる「くるみ太鼓」というパンにやみつきだった時期があったな。表面がカリッとして、胡桃がふんだんに入っていて、小豆餡も端から端までたっぷり広がっていて、高カロリーだったろうなーだが美味しくていつもこれと、甘納豆の豆パンばかり選んでいたものだ。作ったのはく [続きを読む]
  • 自宅でアフタヌーンティー 2016 Nov
  • **Food**夫担当サラダランチ**Dessert**- Soy Yogurt Tiramisu- Three Berries Tart- Fruits & Walnut Cake- Apple Banana Rh
    ubarb Crumble- Kinako & Apricot Scone- Chocolate SconeANDCoffeeベリーのタルトをつくったタイミングに合わせ
    て開催。ランチは(何度も言っちゃうけど)またいつものサラダ(笑)豆乳ヨーグルトティラミ
    スこれ、成功!豆乳ヨーグルトは2代目自家製ヨーグルトであるが、いわゆる「TGGヨーグルト」 [続きを読む]
  • JRパスの「特例」が廃止になるということ
  • 「特例」とは訪日する短期滞在外国人旅行客向けジャパン・レールパスの利用資格を、日本国籍をもって日本国外に居住し、下記条件を満たす人にも与えること1) 居住国に永住権をもっている場合2) 日本国外に居住する外国人と結婚している場合 であるこの特例を廃止するとJR東日本が11月11日のプレスリリースで発表している。「特例」が廃止になるということはそもそも「特例」が定められた当初、その意義や目的があって当時の理由が [続きを読む]
  • ジャパン・レールパス(JRパス)を使い続けたい在外邦人へ
  • 2016年11月11日にJR東日本がプレスリリースで発表したそうだ。ジャパン・レールパスについて、これまで一定の条件を満たす場合に限り特例として取り扱ってきた海外在住の日本人つまり日本国籍をもって日本国外に居住し、下記条件を満たす人1) 居住国に永住権をもっている場合2) 日本国外に居住する外国人と結婚している場合 への発売が、2017年3月31日の引換証発売(日本国内での引換は2017年6月30日まで)をもって終了するのだそ [続きを読む]
  • ベリーのタルト
  • バターを使わないお菓子が続いていたが、久しぶりにタルト。しかもこれほど工程の多いケーキ制作は初めてに近い。今月は夫の誕生日月なので、特別に手間をかけた。特別な日に作ってみたいケーキのひとつで、こういう時のためにとっておいたのだ。工程1:タルトベースバターを使うトラディショナルレシピのリッチショートクラストペストリーこの甘くないベースか、パートシュクレ(甘いタイプ)にするか迷ったが、ケーキ全体の砂糖 [続きを読む]
  • You look happy
  • 歩いていたら、歩道脇で同僚2人と立ち話をしていた男性から "You Look Happy!"と声をかけられた。その言葉が私に向かって言われたのだと気付くのに間があいてしまった。立ち話の会話かと思ってたからえっ私のことかー?顔を向けると私の方を見てニコニコしている。隣の女性にやめなさいよ〜と叩かれている。楽しそうに歩いてたかしら と戸惑いつつそういう時に気の利いたコメントひとつも返せず歩みを止めずに通り過ぎてしまった [続きを読む]
  • セキセイインコ
  • オラ、アミーゴス! の、チワ子です。あんただれという方はこちらをどうぞ。人づかいの荒い奥さんにひさびさに駆り出されましたよ。「昔とったキネヅカをまた発揮してよ」だそうでキネヅカってなに?昔っていってもチワ子、万年推定3ヶ月なんだけど...ま、つべこべ言わずに仕事しますよ、ふん!新メンバーの紹介ですーセキセイインコのマルコさんです。最近、新しい仲間を迎えても「思いつかない!」という怠惰な理由で命名放棄し [続きを読む]
  • シンプルてごねパン
  • ひさしぶりに、パン粉と水と塩と砂糖とイーストだけの、てごねパン使った粉:パスタ用小麦粉加水率:約65%この国では、安い小麦粉はとことん安いのだがパン用小麦粉や薄力粉となると、格安商品がぐっと減ると思うのは気のせいだろうかといってもめちゃめちゃ高いわけではないのだが小売店価格競争の激化で、いろんな商品がとっかえひっかえ割引対象品となるセールが頻繁に開催されるのも、この国の日常茶飯事であり、その割引率はけ [続きを読む]
  • ウェルシュコーギー
  • ブルテリアと同じレシピ本から、とっても二頭身なコーギー犬が仲間入り。全レシピが犬、という理由で入手したこの動物モチーフ本、いろんな犬種のレシピが揃っていて、犬好きのビーズ愛好者には興味をそそられる内容となっている。しかし。頭部に比べ、胴体が小さすぎるのが少ーし残念かな。人さまのレシピにケチをつけているわけではありません。自分でつくれないのにめっそうもない。愛くるしく可愛らしい、そのうえ、細部に技が [続きを読む]
  • 初めて買った生ビーツの行方(3)
  • 初めて買った生ビーツ6個と格闘しながら、最後の1個に到達。6個目 ビーツとチョコレートのマフィン初めて聞いた時は「何それ」と思った「ビーツ入りチョコレートケーキ」。もともと、そういうレシピは存在しているらしい。以前、カフェで見かけて食べてみたら、焼き菓子なのにしっとりして蒸しパンのような食感だった。野菜ケーキの代名詞的なキャロットケーキと同じ系統で生まれたレシピであろうか。野菜嫌いの子どもに食べさせ [続きを読む]