YUMI さん プロフィール

  •  
YUMIさん: メルボルン生活日記
ハンドル名YUMI さん
ブログタイトルメルボルン生活日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yumi_hk_diary
サイト紹介文約1年間の香港生活の後、2014年10月に豪・メルボルンへ移住。マイペースで暮らしを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/11/13 11:20

YUMI さんのブログ記事

  • あんこシュトゥルーデル
  • フィロペストリー生地でつくるシュトゥルーデルの応用作品。フィロペストリーの表面に油をうすくぬって4枚重ね、フィリングに、キウイフルーツ2個を縦半分にカットして小豆餡で挟み巻いてみた。酸味のあるフルーツと餡の組み合わせは合う。焼いてすぐ食べるとおいしい。冷凍したり時間が経つとペストリーがしなびてカットしにくいのが難点であった。♪フルーツ大福の洋菓子バージョン?♪https://lifestyle.blogmura.com/futarilif [続きを読む]
  • パン・デル・ペスカトーレの覚書
  • はじめてつくったレシピがかためだったので、2回目につくったレシピの覚書き。いつも参考にするスコーンレシピの分量に近づけたもの。【分量】(6個分)(A) 小麦粉 120g米粉 30gBP 小1重曹 小1/2弱塩 少々砂糖 小2〜3(B) キャノーラオイル 大3豆乳ヨーグルト 85g(C) ドライフルーツ 50g(水大1でふやかす)アーモンド&パインナッツ 50g【手法】(B) を乳化させて(A) に混ぜ入れ(C) も入れてさっと6個にまとめるつ [続きを読む]
  • 自宅でアフタヌーンティー 2017 July
  • **Food**夫担当サラダランチ**Dessert**- Macedonia- Ricotta Cheese Tart with Strawberry Sauce- Strudel- Simplified &quo
    t;Fondant Chocolate"- Pane Del Pescatore- Pear MuffinANDCoffee今回は当然の如く、イタリアスペシャルマチェ
    ドニア − イタリアンフルーツサラダをこう呼ぶらしい。フィレンツェのB&Bの朝食に毎回出て
    きたフルーツサラダ。たくさんのフルーツを小さくカットして、シロップに漬けて、よく冷やし
    てあっ [続きを読む]
  • Strudel
  • 「アプフェルシュトゥルーデル」はオーストリア菓子だと思っていたが、イタリアでもよく出てきた。イタリアで泊まったもうひとつのB&B。ベローナの旧市街にある、観光名所の橋のたもとに建つ(B&Bご主人によると)11世紀頃から存在するという、建物の内部を改装したホテル。統一感ある家具を揃えて、きれいに整えられていた。こちらの朝食も、フィレンツェのB&B同様、ご主人の奥さんの手作りケーキがいくつも用意されていた。しか [続きを読む]
  • リコッタチーズタルト
  • フィレンツェの宿泊先B&Bの朝食が素晴らしかった。クロワッサン、ペストリーなどの甘いパン、トースト用スライス、コールドミート、フルーツに加え、ホスト夫婦の奥さんの焼く日替わりケーキやパイ、お代わり自由のセルフサービスエスプレッソマシンなどなど超充実。前日から朝食が待ち遠しくなるほど、2人揃って腹をすかせて眠りについたものだ。奥さんのケーキがどれも美味しく「やっぱりホームメイドはいいよね」と意見が一致。 [続きを読む]
  • Pane Del Pescatore
  • イタリア入り後、初めて口に入れた食べ物は駅中のカフェのクロワッサン。イタリアのクロワッサンは、ブリオッシュ生地に近いものをクロワッサン状に成型してある、と解釈。店でもクロワッサンの形状のパンは「ブリオッシュ」と名前が付いていた。ブリオッシュのクロワッサン、少し紛らわしいな。その日の食事のパスタとピザが「あれなんか塩分きついな」翌日のランチのバケットサンドも「あれパンがちょっとしょっぱいような...」 [続きを読む]
  • 回想のデザート: 洋梨のケーキ
  • 食事系では失敗メニューによく出会ってしまったがデザートに関してはほぼ「当たり」の旅だった。美味しかったデザートのベスト3は、旅の前半に訪れたトリノですべて体験してしまった。トリノといえばチョコレートらしいから、トリノではデザートはチョコ系を選択することに決めていた。唯一、チョコレートケーキが甘過ぎないか、を気にしていたが、それは全くの杞憂だった!「チョコレートと洋梨のタルト」、フレッシュチェリーの [続きを読む]
  • 旅の余韻が続いてる
  • メルボルンの自宅に戻り、いつもの生活がはじまり早くも2週間経つが食生活に旅の余韻が続いている。先週末から2週連続で我が家は勝手にイタリア祭り。先週はLYGON ST(イタリアンレストランの多い地域)でパスタランチ。イタリアで体験した「美味しかったボロネーズの味再現」という訳にはいかなかったが私は満足。「近所のローカルベーカリーのラザニアのミートソースの方が安いし、美味しい」と夫はトマト多めのミートソースに手 [続きを読む]
  • 旅行中の困ったジンクス
  • 私のよく経験する、旅行中の困ったジンクスその1あてもなく歩いている時にはよく見かける、とってもナイスなカフェやケーキショップ。なのに、食べたいタイミングで見つかることがめったにない。美味しそうな店に行き当たるタイミングがいつも悪いのだ。妥協して入った店で食事した直後だったり朝食後、歩き出してすぐのケーキショップだったりなぜだろうその2通りがかりに素敵なベーカリーやケーキショップを見つけ、今日のデザ [続きを読む]
  • 自宅でアフタヌーンティー 2017 May
  • **Food**夫担当サラダランチ**Dessert**- Chocolate Mousse- Invisible Cake - Apple & Sweet Potato- Pear Chocolate Flan Ta
    rt- Three Flavoured Macarons- Coconuts and Lime Scone- Apricot and White Choco Chip Scone- Pannacotta with Flozen GrapesANDCof
    feeもう寒いのに冷たいデザートを二種つくってしまった。どちらもつくり方が簡単で、しかも当
    日準備できるので、ネタ切れ時期は重宝するであろうデザートなので [続きを読む]
  • マカロンのつもり
  • 卵白一個分が余っていたので、表面ごつごつのココナッツマコロン(Macaroon)ではなく、いわゆるパリ風マカロンを焼いてみようとつくりはじめたが絞り袋の口金が細すぎたみたい生地の状態も不十分だったみたいしぼり出してもスムーズに広がらず焼成前にレシピにあるように1時間くらい乾燥させたが表面はでこぼこしたままでこれは明らかにマカロンといえないものができるなとはっきり自覚していましたまあ、材料が適当だったアーモン [続きを読む]
  • 三色あんぱん
  • 粉250gで6個1個あたりがふだんつくる、ミニあんぱん2個分相当の大きさであるバタービーンズ缶でつくった「かんたん白餡」とそれに抹茶パウダーを混ぜた抹茶餡とこれだけははずせない、の小豆餡で焼き上がり図を見ると3個の独立したあんパンがうっかりくっついちゃった!ように見えベーカリーで見かける3色パンのように一体化していなくてなぜかなと思ったら、3食パン専用の型というものがあるらしいまあそのような型を買うことはな [続きを読む]
  • りんごとスイートポテトのインビジブルケーキ
  • 図書館で立ち読みした雑誌オレンジページに、2016−2017年はインビジブルケーキが日本で流行っているとあった。りんごなどのフィリングを薄くスライスしたのを重ねて焼いたパウンドケーキで、カットした断面がバームクーヘンのように層になって美しい写真が掲載されていた。素敵...と写真に惹かれてつくってみたけれどあれーなんか違うのよねー断面が...どう見てもこれは、ポテトと人参の重ねオムレツ?おそらく原因は、スライスの [続きを読む]
  • Apricot & White Choco Chip Scone
  • 2回続けてスコーンの水分量を間違えているそして気付くのがいつもおそい粉100gに対して豆乳も油も大さじ2ずつのレシピを愛用していたのだがなぜか豆乳を50g近く入れてしまい混ぜた後の生地がべたべたになってようやく勘違いに気付くという遅さでも前回のデーツスコーンがココナッツミルクだったからか?デーツが多めで甘さが適度だったからか?これまでになく美味しかったので、結果オーライで、失敗を完全に忘れてしまっていた。 [続きを読む]
  • ワンタン皮の覚書
  • 【分量:ワンタン皮18枚】パスタ用小麦粉 90g水 45−50g工程:1) 粉を箸で軽くかき混ぜながら水を足す2) 全体にまとめて軽くもみ押しを数回くりかえし    生地の固さの目安は耳たぶ位というが、よくわからない!3) ひとつにまとめてビニール袋などに入れ冷蔵  朝仕込んでおき、夕食準備時に取り出して4) 打ち粉をして、生地を半分に切り麺棒で薄く正方形に伸ばし9つに切る  切った後はくっつかないよう打ち粉を使い [続きを読む]
  • ココナッツミルクでスコーン二種
  • ひとつめココナッツとライムのスコーン小麦粉80gにココナッツファイン40gココナッツミルク大さじ3にライムの絞り汁を加え膨張剤は重曹で少し水分が多すぎた...生地がべとつく次回は大さじ2程度で調整すべしライム絞り汁の残りにシロップ少々加えて、焼き上がり後すぐ表面に塗り吸収させる。ライムの存在感を出したかったのだが...効果薄かったみたい。ココナッツファインの配合率が高いだけサクサク食感があって良し。ふたつめデ [続きを読む]
  • スーパーでは最後まで注意を怠るべからず 2
  • 香港で経験してしっかり習慣付けしていたはずなのに(→過去ブログ)オーストラリアでも、うっかりひっかかってしまった。スーパーマーケットで買い物をする時は知らないうちにお金を払いすぎている可能性があるため買い物終了後に必ずレシートのアイテムチェックをすると以前の記事に書いたが、ここにオーストラリア編を追加しようその4 セルフレジにおいて量り売り品を買う時は、正しく種類を選択すべしこちらのスーパーマーケ [続きを読む]
  • 洋梨とココアのクラフティタルト
  • 「ざくざくタルト生地」ベースでクラフティの卵液にはもち粉(glutenous rice flour)を使用生クリーム+豆乳 100g卵1個に対し粉を45g以上(ココアパウダー20g、残りはもち粉多め+小麦粉)入れたかなメモする前に忘れてしまった...いつものクラフティより粉の配分が高いが、柔らかくなめらかな焼き上がりになった。もち粉だったからだろうか。ココアパウダーだけなのでチョコレートテイストには物足りなかったのが残念ポイント。 [続きを読む]
  • バタービーンズあんぱん
  • ひよこ豆缶を探していたら在庫切れだったから隣に並んでいたバタービーンズ缶を代わりに買って来て夕飯の洋風煮込みに使ったら、味付けと調理時間に問題があったか豆に煮込み味が吸収されず、淡白なお味になってしまいバタービーンズ、いまいちだなーと評価が下がる料理に使った残りの豆の使いみちにとレシピ検索したらでてきたバタービーンズで白あんができるぞ!で、さっそく作って焼きました、いつものやつバタービーンズのミニ [続きを読む]
  • 自宅でアフタヌーンティー 2017 March
  • **Food**夫担当サラダランチ**Dessert**- Chocolate Mousse- Unbaked Tofu, Soy Yogurt & Sour Cream Tart- Nuts & SeedsTart-
    100% Watermelon Sorbet- Date Scone- Polenta Scone- Maccha cookieANDCoffee今回は特別にタルト2品。ざくざくタル
    トベースby「かんたんお菓子」ビーガンではないが動物性脂肪を使わないレシピに肩入れ中。ナ
    ッツ&シードタルトのアーモンドクリームには豆腐レアチーズタルトもどきのフィリング [続きを読む]
  • 抹茶クッキー
  • 参考配合は、なかやましほさんレシピのスマイルクッキー。粉に抹茶パウダーを置き換え使用。型抜きが出来るクッキー生地になるはずが、まとまらずボロボロ。油を少なめにしてしまうから、いつも失敗するのだ。油の分量はレシピに従う、という部分をどうしても学ぼうとしない私である。急遽プランBに変更(とか言っているが、プランBなど最初から考えていない...)大さじスプーンに無理矢理ギューと押し込み固めてはずす。「抹茶の [続きを読む]
  • 抹茶クッキー
  • 参考配合は、なかやましほさんレシピのスマイルクッキー。粉に抹茶パウダーを置き換え使用。型抜きが出来るクッキー生地になるはずが、まとまらずボロボロ。油を少なめにしてしまうから、いつも失敗するのだ。油の分量はレシピに従う、という部分をどうしても学ぼうとしない私である。急遽プランBに変更(とか言っているが、プランBなど最初から考えていない...)大さじスプーンに無理矢理ギューと押し込み固めてはずす。「抹茶の [続きを読む]
  • Nuts & Seeds Tart 2017
  • 1) タルトベース:レシピ本「かんたんお菓子」のざくざくタルト生地2) フィリング1:同上のアーモンドクリーム初日は1)+2) を約30分で焼き上げ冷凍庫へ後日工程3)から作業開始3) フィリング2:以前つくったナッツタルトのレシピナッツはくるみとひまわりの種、かぼちゃの種などのMixed Seeds計100g3)を2)の上に載せ約45分で焼成。ナッツのフィリングレシピは、バターをホイップしながら卵やシロップやレモン絞り汁などの液体を [続きを読む]
  • Nuts & Seeds Tart 2017
  • 1) タルトベース:レシピ本「かんたんお菓子」のざくざくタルト生地2) フィリング1:同上のアーモンドクリーム初日は1)+2) を約30分で焼き上げ冷凍庫へ後日工程3)から作業開始3) フィリング2:以前つくったナッツタルトのレシピナッツはくるみとひまわりの種、かぼちゃの種などのMixed Seeds計100g3)を2)の上に載せ約45分で焼成。ナッツのフィリングレシピは、バターをホイップしながら卵やシロップやレモン絞り汁などの液体を [続きを読む]