穂竜愛好会京滋グループ さん プロフィール

  •  
穂竜愛好会京滋グループさん: 穂竜 大好き!
ハンドル名穂竜愛好会京滋グループ さん
ブログタイトル穂竜 大好き!
ブログURLhttp://horyuk.blog.fc2.com/
サイト紹介文兵庫県赤穂市うまれの,穂竜(ほりゅう)という新作金魚を育てる穂竜愛好会。京滋グループのブログです。
自由文兵庫県赤穂市で作出された,金と銀の体色をもつ金魚「穂竜」
竜眼,コブ,パール鱗と特徴がいっぱいです。また変わり竜の中でも人気の黒青竜,五花竜などもご紹介いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2013/11/18 16:17

穂竜愛好会京滋グループ さんのブログ記事

  • 形は好きな魚なのですが
  • 高校生になった次男が近くのクワガタ捕りに行ってノコギリクワガタをゲットしてきました。昔から、捕まえるのは好きな子なのですが育てるのが苦手ですべて母がお世話をしていました。時代的にムシキングブーム世代でしたからね。カブトムシやクワガタにはじまり色々えさをやりました。母「しばらくえさをやって愉しんだら逃がしといたら?」次「もう、昔の俺とちゃうし育てるかもしれない。」と言っていますが...良い所は家の裏 [続きを読む]
  • 魚にはすだれを
  • 我が家は谷すじの家なので、日光が朝8時ぐらいから14時ぐらいまでしかあたらないのですが、それでも7月の日光は刺さるように暑いです。プレスチックの舟にあたる直射日光が水を暑くしそうですので、すだれをかけています。水量が少ないとやはり水温の変化も激しそう。上の部分だけでなく、側面のすだれも大切だと思います。魚の数も減らしています。山と渓谷社より「ときめく金魚図鑑」本日7月22日に出版されました!!!5月14日(日) [続きを読む]
  • アクアポニックス
  • インターネットで金魚の餌の検索をしていたら、パソコンの端っこに関連商品が広告で並びますよね。「あなた、金魚関係の賞品を検索してましたね。こんなんどうですか!」見たいな感じで。餌を検索しただけなのに、水替えグッズや水槽なども広告にあがってくるのですが、そこで「魚を水槽で飼って、上で野菜を育てる。」みたいな広告があがってきました。上にはLEDとかあって。「無理でしょ?」とあなたも思ったでしょう?確かみた [続きを読む]
  • とくめく○○図鑑
  • 山と渓谷社。ときめく図鑑。仕事から帰ってきたら本が家にありました。家族が買ったみたい。「ときめくコケ図鑑」こちらのほうは、2014年から発売されたようです。ときめく金魚図鑑も多くの読者に愛されて重版を重ねられるような本になったら良いですね。山と渓谷社より「ときめく金魚図鑑」7月22日に出版されることが決まりました!!!7月2日(日)に開催された穂竜愛好会 弐歳会の模様も載っているそうです。可愛い穂竜と変わり竜の [続きを読む]
  • 鼻上げのようにしてたら数を減らして
  • 稚魚を育てているとあっという間に大きくなります。というか、大きくなってほしい。早めに数を減らしていたら大きくなるのも早いのですが、少しずつだと大きさにばらつきもでます。(ちなみに現在私は45cmや60cmサイズの7つの水槽で稚魚を育てていますので、「あれ?先日見たより小さくなっている。」とか「昨日病気と言っていたのに、元気そう」とか思っておられるかもしれません。親が産んだ日が違うということもありますし、数 [続きを読む]
  • 他の人の魚サイズが気になって
  • 生後○○日ぐらいの穂竜。他の人はどれぐらいのサイズなの?気になる方も多いのでは?我が家もinabouさんのHPを見たりして、「ええっもうこのサイズなの!」と驚いています。今回早くに産卵させているので3月に孵化した魚が大きめになるのは当たり前なのですが、5月のあたまぐらいに生まれた生後70日ぐらいの穂竜と変わり竜、ちびっこです。(計算間違っていました。夜中の更新はいけませんねぇ)途中病気をさせたのでかなり水か [続きを読む]
  • 黒琉金ではなく変わり琉金
  • 昨晩は、祇園祭りのときに街中のガレージをお借りして開催の6年3組の小学校の同窓会がありました。年に数回ある、しこたまビールを飲む会なので、昨晩はベロベロ。朝は軽く二日酔いで水替えは午後からしました。なんとバツ1とバツ2で同窓生がカップルになっていました。小学校のときに仲良しだったH君。当時はひょうきんで家が近くてよく遊んでいましたが、その後スポーツがうまくて背がぐんぐん伸びてモテモテキャラになって遠 [続きを読む]
  • 「ときめく金魚図鑑」出版されます!
  • 山と渓谷社より「ときめく金魚図鑑」7月22日に出版されることが決まりました!!!7月2日(日)に開催された穂竜愛好会第1回研究会(正)弐歳会の模様も載っているそうです。可愛い穂竜と変わり竜のほか、様々な金魚がきれいな写真で載っています。今回著者の尾園さんに特別に愛好会用に限定でサインを入れていただけることになりました!ご予約いただいた方は優先で第2回研究会でお渡しいたしますのでぜひ会員のみなさん研究会で限定本を [続きを読む]
  • 金魚プレゼント
  • 職場の近くのなじみの定食屋の60cm水槽で飼われていた金魚がいなくなりました。らんちゅうのちびっこいハネがたくさんはいっていました。「おじさん、らんちゅう死んだの?」「病気になって、あれよあれよと死んだのよ。薬入れたんやけどね。」「ほんじゃあ、今度金魚持ってくるわ。大きいのと小さいのとどっちがええ?」「大きいのかな」定食屋のおじさんとは仲良しで、たまにおじさんが自家栽培の豆やナスなど持ってきてください [続きを読む]
  • ヤゴの羽化とガガブタ
  • メダカ容器のガガブタが咲いていました。その近くのオモダカの葉に気がつけば、ヤゴの抜け殻が。近くの柱にもくっついていました。羽化したようです。ということはメダカ食われていたのでしょうねぇ。小型のヤゴのようですので、それほどの数ではなかったかも知れませんが。裏の物干し付近にはよく羽黒トンボがフラフラしているのですが、もうちょっとヤゴはふっくらしているので違う種類のようでした。穂竜愛好会の第1回研究会は7 [続きを読む]
  • 手ですくうサイズ
  • 今日は休みでしたのでまとめて稚魚の水槽の水を替えました。一番最初に生まれた稚魚はそれなりのサイズになってきました。いわゆる稚魚から若魚サイズです。3,4cmでコロコロしてきました。そろそろ網をやめて手で扱ったほうが魚にキズがつかない気がします。私は、泳ぎが早く捕まえられない長い魚以外は手で魚を移動させています。(または、洗面器などで水ごとすくって移動。)穂竜系と琉金系です。ついでにちょっと腹回りを触る [続きを読む]
  • 滋賀に蓮を見に行きました
  • 蓮の群生が消えたと話題の滋賀県琵琶湖の烏丸(からすま)半島にある「草津市立水生植物公園みずの森」に蓮を見に行きました。スイレンと蓮は好きな植物です。ちょうど曇っており雨に降られる前に観光することができました。自宅でも小型の蓮茶碗バスを育てておりますが、やはり大きな蓮鉢で日光を存分に浴びることができた蓮は、葉っぱもすばらしく大きく花も背が高く大輪です。ええねぇ。またスイレンは水面に直径3m以上にわたり [続きを読む]
  • 名誉会長ブログ
  • 研究会のレポートも終わったところですが、みなさん名誉会長ブログ(掲示板)見ておられますよね。ファンサイト「穂竜を愉しむ!金と銀と!」ではありませんよ。こちらは愛好会会員のinabouさんが書いておられるファンサイトです。名誉会長掲示板は、元をたどれば金魚に絡むのですが農業ネタにまたあるときはテレビの健康ネタに、ふらつきながらも名誉会長の日々の穂竜&変わり竜の成長記録がわかる「穂竜(黒青竜)愛好会 掲示板」 [続きを読む]
  • 穂竜愛好会 2017年第1回研究会 後片付けを中心に
  • 魚が並んだあとは、会長や審査員をはじめ飼育歴が長い人、アドバイザーとして頼られている理事の人に話を聞いておられる場面がありました。実際の魚の様子や泳ぎを見ないと分からないですよねぇ。「こんな風な魚は将来よくなると思うよ」というアドバイスをされているところ、私も始めのころはよく分からなくて不安でしたから、そう言ってもらえたらホッとする気持ちよく分かります。さあて、閉会の挨拶の写真がなくて。「暑いし、 [続きを読む]
  • 穂竜愛好会 2017年第1回研究会 魚写真が一番多いのは今日のブログ
  • 7月2日にあった穂竜愛好会第1回研究会で、上位の魚をご紹介します。穂竜は100匹以上いたので、大まかに大の部、小の部と分けています。大と小、どちらがよいというわけでもありません。またこの段階で「私の魚はこんな感じです」と見せあいます。フンがついています。運のある1匹。小の部「へえ、何をしているの?」と通りかかる方にも、穂竜の紹介をしています。たいていの方は「珍しい金魚だねぇ。」とか「まあ大きい」とか驚い [続きを読む]
  • 穂竜愛好会 2017年第1回研究会 出血大サービスだよ
  • 「今日は暑い中大勢の方々にお集まりいただきありがとうございました。また多くの会員の方々が、設営を手伝ってくださって本当に有難うございます。今日は研究会ということで、今年生まれの魚を...(途中省略)熱中症に気をつけて、家に帰るまで気をつけてください。」という風な挨拶だったと思うのですが...集合写真は、早速アップされている穂竜愛好会ファンサイト「穂竜を愉しむ!金と銀と!」でご覧くださいね。私が受付 [続きを読む]
  • 穂竜愛好会 2017年第1回研究会 人気があるよ金魚すくい
  • 2017年7月2日(日) 赤穂城址にて、穂竜愛好会第1回研究会がありました。第1回研究会では、いつも大好評穂竜も入った金魚すくいがあります。というか、この舟、オール穂竜じゃん!小さめ穂竜はすくいやすいよ!こっちは変わり竜も入っているぞ!さらに、リュウキンやオランダも入ったいわゆる高級金魚すくいが!準備をしているのですが、その間にも続々と穂竜を金魚をすくいにきた親子が舟のまわりに集まり、いまかいまかと開催を待 [続きを読む]
  • 穂竜愛好会 2017年第1回研究会 これから盛り上がる1日が始まる
  • 2017年7月2日(日)は、穂竜愛好会2017年第1回研究会でした。しばらくはその研究会の様子をブログに書きます。前日早めに床についたものの変なテンションで眠れず、ずーっと起きたままの気持ちで朝3:40の目覚ましがなりました。朝ごはんを食べて、車に魚を積み途中霧が深い中を赤穂に向かって走ります。めずらしく1人で車に載っていたので、早くつきました。名誉会長のお宅では、まだ会員の方は1人だけ。すいかについてのトークです [続きを読む]
  • 明日は第1回研究会です。赤穂城址でお待ちしてます
  • 明日は、赤穂城址で穂竜愛好会の第1回研究会があります。もし時間ありましたら8時ごろより会場にて準備設営をしていますのでお手伝いください。よろしくお願いいたします。さて、見学も大歓迎です。穂竜も入った子ども限定金魚すくいあります。高校生までポイ2枚無料とさせていただきます。ドンドンすくって、赤穂の子ども達!穂竜を育ててね。当日入会も大歓迎しております。分譲もあります。名誉会長の分譲も数が少ないですがあ [続きを読む]
  • ミジンコウキクサ 食用なり!
  • 7月2日(日) 穂竜愛好会の第1回研究会があります。見学大歓迎。無料金魚すくい&穂竜すくい(高校生以下 ポイ2枚)あります。丈夫な手提げ袋と暑さ対策をして遊びにきてください。10時ごろから始まります。詳しくは、名誉会長掲示板をチェック!京都の二条城のお堀が、現在回りの生垣などを刈り込みすっきりさせたところ、堀の中でキンギョモとウキクサ(アオとアカ)が繁殖しているらしいです。http://www.kyoto-np.co.jp/enviro [続きを読む]
  • ブラインが終わりました
  • 今回購入したブライン缶を数缶すべて使い切りましたので、今年のブラインシュリンプは終了させました。残りまだブラインを喜ぶサイズの魚はおりますが、それは別に小さくてもいいような親が地金の子ども達なので、粉えさで何とかします。穂竜や変わり竜は粉餌や赤虫が食べられるサイズになっています。これで、稚魚水槽にエアレーションを足してやることができるので飼育が少し楽になります。梅雨の時期に水が蒸れて、鼻上げしてい [続きを読む]
  • 研究会用に魚を選びました。(注意、コウガイビルの不快画像あります)
  • 今週末、穂竜愛好会の第1回研究会があります。赤穂城址公園です。穂竜すくいもあります、お子様に限り無料、大人はできませんのでぜひお子様連れで遊びにきてください。会員の皆さま、今回は写真も必要ありませんよ。今年生まれの穂竜と変わり竜を各5匹まで持ってくることができます。今、我が家の穂竜はこんな感じでしたので、選んでおきました。1mmでも大きく、ボディを丸くするため餌を集中的にあげるつもりです。変わり竜は一 [続きを読む]
  • じきんの稚魚を選別してみました
  • 我が家の現段階で最後の稚魚、親が「じきん」の稚魚。ちょっぴりだけですので小さな水槽で育てていますが、尾が見えるようになったので、選別してがっつり減らしました。もうブラインが少なくなってきたので、最後のブラインを効率よくこの子たちに与えて、ブラインシュリンプから卒業したく思っています。じきんの卵をとったことがないので、どの尾を選ぶのが正解かわからないのですが、穂竜と同じ基準で選びました。尾が開いてい [続きを読む]
  • 放置していた水槽にシリコンを塗りました
  • 水漏れするので、コーキングしようと数ヶ月前に空っぽにしていた60cmの古い水槽にやっと今日シリコンを塗りました。あまり長い間水を張らずに空のまま放置してはいけないのは知っているのに、つい放置。さらに、一度洗って乾かしてからまた外のゴミや外気に晒されて、汚れたので再度洗って1ヶ月。そろそろやっておかねばと!と思い立ち今日仕事前に塗りました。さて、マスキングテープを貼ってと思うのですが探している最中はたい [続きを読む]
  • 上部フィルターのマットのミジンコウキクサ
  • 稚魚飼育中ですが半数ぐらいの魚を上部フィルターにしています。私は上部フィルター大好き♪もみあらいだけでなんとかできるから。フィルターの中は、下の部分より粗めマット、洗濯ネットやみかんや玉ねぎなどのネットに入った、穴が開いてそうな軽石やリング状のものまたは炭。そして一番上はウールマットです。誰かが正解といったわけではないのですが、この適当な組み合わせで何年も上部フィルターを使っています。粗めマットや [続きを読む]