穂竜愛好会京滋グループ さん プロフィール

  •  
穂竜愛好会京滋グループさん: 穂竜 大好き!
ハンドル名穂竜愛好会京滋グループ さん
ブログタイトル穂竜 大好き!
ブログURLhttp://horyuk.blog.fc2.com/
サイト紹介文兵庫県赤穂市うまれの,穂竜(ほりゅう)という新作金魚を育てる穂竜愛好会。京滋グループのブログです。
自由文兵庫県赤穂市で作出された,金と銀の体色をもつ金魚「穂竜」
竜眼,コブ,パール鱗と特徴がいっぱいです。また変わり竜の中でも人気の黒青竜,五花竜などもご紹介いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2013/11/18 16:17

穂竜愛好会京滋グループ さんのブログ記事

  • うっかり三歳
  • 3歳穂竜のプラ舟は、産まないのかぁ!と思って毎日見ているのですが産まないようです。モシャモシャしたものを入れていて、網の隙間からモシャモシャを取り出しては卵がついていないかチェックしているのですがたいていはフンと餌の残りかすなどがくっついているだけです。最近日光浴している魚がいるなぁと思っていたのですが、良く見れば尾の先端が腐っていました。おお!やばいよ。ということで急いで水替え。他の魚全匹元気で [続きを読む]
  • 蛙田捕太郎
  • ホームセンターの片隅にのんびりしたカエル人形がいたので思わず手に取りました。「コバエ捕獲課 主任 蛙田捕太郎(かえるだとったろう)」横には、課長よけ太郎もいたのですが捕太郎ののんびりがかわいいのでこちらを購入。上部フィルターに発生するコバエを捕るつもりです。蛙田シリーズ紹介物語の4コママンガも脱力系ですのでカエル好きな方ぜひサイトを覗いてみてください。気になるのは薬品ですよね。魚毒になってはいけな [続きを読む]
  • スーパーにペットショップが!
  • 今日久しぶりに近くの中型スーパーに買物に行ったら、ひごペットが新たにテナントに入っていてテンションがあがりました!目に入ったのが、流木・水草コーナーからですので、「おお!アクアがあるよ!」と思わず小走りに。熱帯魚、コーナー。小さなネオンテトラやグッピーなどもいましたが、フラワーホーンや大きくなるようなアロワナの幼体もいました。そして、メダカ。そして金魚へ。ああ、金魚が数種類いる。うれしい。別に欲し [続きを読む]
  • 稚魚いっぱい
  • 弐歳会レポートを書いている間にも、あれこれと産卵があり、現在サイズの違う稚魚が何種類かおります。本日も、2歳魚の水替えをしていたら、水替え中に避難させていた洗面器に卵。今回は狙っていない魚でしたので、何もしませんでした。今年はinabouさんのHPどおりにヒーター入れて餌をやっていたら穂竜が産卵しましたので、穂竜からスタート。途中変わり竜がなかなか産卵せずあせったものの、何とか両方産んでくれて現在変わり竜 [続きを読む]
  • 2017年穂竜愛好会春季品評大会 その7(レポ最終回) 
  • 2017年5月14日(日)に穂竜愛好会 春季品評会(弐歳会)は終わりました。次は7月2日(日)第1回研究会があります。ひっぱりました弐歳会も、1週間続きました。かけ足で終わりたいと思います。私も審査に関わらせていただいた変わり竜。弐歳魚はかわいらしさもありつつ大人ですね。1位の変わり竜2位の変わり竜3位の変わり竜4位の変わり竜5位の変わり竜審査が終わって魚評を聞く皆さん。いつもinabouさんが書いてくれる「美人受付」。 [続きを読む]
  • 2017年穂竜愛好会春季品評大会 その6
  • 2017年5月14日(日)に穂竜愛好会 春季品評会(弐歳会)は終わりました。次は7月2日(日)第1回研究会があります。弐歳会はシンプルです。昨年生まれの穂竜と変わり竜が47位まで並びます。inabouさんの写真が設定ミスは痛いですねぇ。というのも私の写真は魚の記録というより、オフショット写真なのです。魚ってまっすぐにならないでしょ。コンパクトデジカメのスナップ写真ですので、魚の全身が綺麗に写っていないんです。曲がって [続きを読む]
  • 2017年穂竜愛好会春季品評大会 その5
  • 2017年5月14日(日)に穂竜愛好会 春季品評会(弐歳会)は終わりました。次は7月2日(日)第1回研究会があります。分譲魚は飼育スペースがないから買わないでおこう!なーんて決意して会場に行っても気がつけば洗面器を持っていたということはよくあることです。今回会場まで一緒にいった若手T君も「今年は授業や他にも用事が忙しいので買いません。」と行きの車であんなに宣言していたのに、会場で派手なじゃんけんをしているではあ [続きを読む]
  • 2017年穂竜愛好会春季品評大会 その4
  • 開会式の後の集合写真photo:尾園暁氏開会式の写真は、いつもならinabouさんなのですが今回はカメラの設定ミスだそうです。orz ガーンとなっておられました。inabouさんショックで少し痩せたはず。今回ラッキーにも、あの「カエル」カレンダーシリーズで有名な、あのハンディ図鑑シリーズで有名な、山と渓谷社さんから「ときめく図鑑」シリーズとして「ときめく金魚図鑑」(アマゾンでは7月21日発刊予定)が発刊されるそうです。 [続きを読む]
  • 2017年穂竜愛好会春季品評大会 その3
  • 2017年5月14日(日)に穂竜愛好会 春季品評会(弐歳会)は終わりました。次は7月2日(日)第1回研究会があります。さて、弐歳会は魚を同じ洗面器で泳がせます。すべての魚を写真に撮り、後で自分のだと主張できるようにしておかないといけません。あああ。同じ舟に入れちゃったらもうぱっとみ分かりませんねぇ。魚係の人が魚を確認してくださるのですが、後から魚が迷子になったりします。今回私、魚が迷子でした。写真がものすごく [続きを読む]
  • 2017年穂竜愛好会春季品評大会 その2
  • 2017年5月14日(日)に穂竜愛好会 春季品評会(弐歳会)は終わりました。次は7月2日(日)第1回研究会があります。さて、その弐歳会の分譲の準備を始める新常任理事の○○親方。その姿勢、腰に悪いですぜ!そうなんです。水を張った洗面器を持とうとするも腰をやられて一休みしていたり...しゃがんで説明をしようとすると、呼吸困難に陥るため老眼なのにたったまま飼育の説明をしていたり3,4人集まれば、「あそこの病院がいい」だ [続きを読む]
  • 2017年穂竜愛好会春季品評大会
  • 2017年5月14日(日)は、穂竜愛好会 2017年春季品評大会でした。弐歳会とも呼ばれます。昨年生まれの若い魚(こ)達が一冬越えて成長した姿を見せ合う会です。当日は朝4時15分ごろに我が家を出発して、若手T君を拾って途中霧深い山陽道を一路赤穂へ。毎度おなじみ本部での荷物積み出しのために6時40分ごろに到着したときには積み出しが始まっていました。7時からなのですが、はやめスタートはお約束ですねぇ。いつもトラックを快く [続きを読む]
  • 高価な酸素
  • 今日は、赤穂城址で穂竜愛好会春季品評大会が開催されました。このレポは明日からひっぱるとして、とりあえず前日の準備編から。13日には仕事の合間に梱包をしたのですが...私の仕事は早番&遅番とあり4月5月は可能な限り遅番出勤12-21で出勤しています。もちろん産卵があるからです。さて、13日の朝から先日写真をとった2歳魚を集めて確認そして水替え。夕方に夕食を作りに1時間帰るのですが、そのとき袋にエアを詰めればよい [続きを読む]
  • 日曜日は晴れるようです
  • 5月14日(日)は赤穂城址、武家屋敷公園で穂竜愛好会の弐歳会が開催されます。明日土曜日は雨がきつそうなのですが、日曜日は晴れそうですね。最近の天気予報は良く当たるので、みなさん日傘や日焼け止めなど持ってきてくださいね。名誉会長の2歳魚の分譲もあるらしいですし、かわいい当歳魚の分譲もありますよ。もう粒餌や赤虫を食べるぐらいらしいので飼育も楽ですね。そのさいには丈夫な手提げ袋や車輪がついているようなショッピ [続きを読む]
  • 本来弐歳会はオスを持って行くとよいらしいのですが
  • 先日写真を撮ったときにまとめておいた2歳水槽。本日朝、ちびっこのオスが追いかけてのんびりしたメスが卵をこぼしていました。あれ!産卵じゃん。水換えなきゃ。夜を空を見上げたら満月、大潮ですからね。昔、弐歳会の洗面器で卵をこぼしている魚がいて、さらに溜りでおいかけっこがあり「弐歳会にはこんなことがおきやすいからオスを持ってくるのがスマートなんだよ。」と教えていただきました。メスは車などで運送されていると [続きを読む]
  • 2歳の魚の写真を撮りました
  • 週末の弐歳会に備えて写真を撮りました。上からの写真と横の模様が分かりやすいように、2枚か3枚とっています。これをノートに貼っていきます。横の模様上見写真を撮るついでにあまり見ないキズをチェックします。現在重点的に気をつけて育てている魚は産卵用です。産卵に今回使った魚はえらがまくれていても気にしていません。しかし弐歳会には持っていけませんよねぇ。「あ、この子達キズがあって弐歳会に使えない子だった。」変 [続きを読む]
  • 弐歳会に備えて
  • 2017年になってはじめての穂竜愛好会のイベント、弐歳会。いよいよ今週末に迫ってまいりました。いつ金魚が好きになるかは分かりませんよね。私が、昔金魚を好きになったのは真冬でした。会えないときほど盛り上がる。遠距離恋愛みたいなもんですねぇ。穂竜の会に初めて来るという方に向けて。分譲魚を買うかもしれませんよね。会では酸素をつめたパッキングはするのですが、お店みたいなビニール袋は用意しておりません。ですので [続きを読む]
  • 水を替えよう
  • 変わり竜の稚魚の調子が悪いです。密だったのが悪影響の元か、数を減らして水を替えたのですが、上のほうにかたまったり底に沈んでいたり。調子のよい中層でのばらついた泳ぎがありません。塩をブラインが生きている程度より少し多めに0.3%ぐらい入れて、薬を入れておきました。さらにそれに気を取られてみていませんでした。そろそろ1回目の選別かと思っていた稚魚が、良く見れば結構な数が死んでいました。昨日は生きていた。い [続きを読む]
  • 肉瘤のカビを取りイソジンを塗ってみました
  • 昨日の肉瘤にカビが生えていた穂竜のキズ部分をとりイソジンを塗りました。まず、イソジンをたっぷりしみこませためん棒でキズのカビを取ろうとしたら、瘤部分の一部がゴソッと取れました。(ひゃー、こわー)血がにじむ瘤にイソジンをたらします。(目のほうに垂れて痛そー)いったん水に戻し、今度は目のほうに垂れない角度で魚を持ちもう一度イソジン。そう空中に長い間置けないので、イソジン入りの水でしばらく泳いでもらいタ [続きを読む]
  • 3歳瘤にキズがあり
  • 3歳の穂竜その中の1匹が頭に怪我をしていました。なんかぶつけたのかへこんでいて傷。そこよりカビ。本来ならば消毒してやったほうがいいのですが、今日は急いでいたので写真も撮らず放置。明日、キズ部分のカビをとり、瘤に消毒薬のアクリノールかイソジンを塗っておきます。瘤がへこむなぁ。まあええけど。穂竜愛好会弐歳会は2017年5月14日、10時より赤穂城址で開催します。お気軽にお越しください。見学大歓迎。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 親用餌を何にしよう...?
  • 稚魚の餌をあれこれ買いそろえていたのですが、うっかり親用餌をそろえていませんでした。気がつけば1種類しかありませんでした。稚魚の餌は、キョーリンのひかりプランクトン、らんちゅうディスク&らんちゅうディスク増体、そのほか細粒をそろえていますが、気がつけば親はなぜか鯉用の咲ひかり育成用Sサイズ浮上用しか残っていませんでした。今まで沈む餌しかやっていませんが、とりあえずこれしかないので浮上の餌を投入。ぼ [続きを読む]
  • 金色が薄く見えるような気も
  • 金色がほとんど見えないという穂竜稚魚。まだ写真をアップしていないのでどの程度かみなさん想像の域をこえないでしょうが。もし金色(黄色)がまったく見えないのであれば、捨てようと思って先日洗面器に入れてみました。はじめ銀色(灰色)にしか見えないと思いましたが、良く見れば薄く金色が見える気もします。じっと見つめると、金色が載っているような気もしました。後から捨てることもできるので、銀色ばかりとおもうような魚 [続きを読む]
  • 琉金を寄せる
  • 穂竜の稚魚を育てるために、魚をあちこちに移動させています。といっても、育てられそうな水が入る入れ物はすべて金魚が入っていますので、普段はしないサイズの違う魚を一緒に入れたり、違う種類の魚を一緒に入れたりしました。とういことで、大きな琉金と大きなキャリコ琉金とキャリコの子ども達である変わり柄の子ども達をひとつのの舟に大集合。親は普通のキャリコなのですが、あえてかなり地味な子ども達ばかりを残したので、 [続きを読む]
  • 金色なしなのか
  • タイ旅行中にブラインシュリンプだけで乗り切った穂竜の稚魚ですが、数が少なかったのですくすくと大きくなってきました。我が家の2月末に生まれた1番目の子どもとサイズが変わりません。色が薄く繊細な印象ですが大きくなるにつれて問題が。洗面器で選別しても色がついていないのです。ほぼ銀色です。横から見て黄色っぽい色が余りにも少ないです。上から見てももちろん同じような薄い色合い。せっかく育てたのに、ちょっとがっか [続きを読む]
  • まあまあとまったくの受精率
  • 先日、2歳の穂竜を捕まえて卵を産ませたのですが、まったく同じやり方で採卵したにもかかわらず一方の網と洗面器にはまあまあの受精卵、もう一方は全カビと見事に違う結果になりました。親が違うだけで同じ水槽で置いているのでヒーターやエアの条件は一緒です。受精しているほうのときに黒っぽい網戸の網をつかい、もう1匹のメスも卵をこぼしたのでグレーの網に取り替えて採卵しました。3枚ずつ受精させ、見事に3枚すべてが同じ結 [続きを読む]
  • 背びれ欠損稚魚
  • 穂竜の稚魚の中には、水槽で横から見ると背びれが短いものがいます。帆柱という棒が立っているようなものはあまりいないのですが、背びれが半分ぐらい前半分だけ残しているものが多いです。見つけたら捨てていますが、まだ残っています。その中でめずらしく前半分以上がなくなっていて、お尻のほうに少しだけ背びれがのこっている魚がいました。背なりもその部分ががたがたとへこみ本来なら捨てますがその部分の鱗ってどうなるのか [続きを読む]