あめ さん プロフィール

  •  
あめさん: 雨遊景
ハンドル名あめ さん
ブログタイトル雨遊景
ブログURLhttp://ameyoukei.com
サイト紹介文日常の出来事を写真と一緒に掲載しているブログです。
自由文「特にアテもなく行ってみたかった」そんな場所の写真を載せてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/11/23 10:12

あめ さんのブログ記事

  • 花の名前 - フォトログat雨遊景
  • いつものように覚えられない。この花の名前。前に教えてもらったような気がする。たしかそのときは「ヒメサユリ」と教えてもらった気もする。ただこれが本当にヒメサユリなのか確かな自信が持てない。本当にそうなのか。。。名前が分からない。聞いてもきっと覚えられないのだろう。そう思うと聞く気も無くなる。 [続きを読む]
  • 諦めの道 - フォトログat雨遊景
  • あと何度かと最後まで足掻き続けたけれど、もう良いんじゃないかと思い始めたころ。辛い時間は考えごとをして過ごしてきたけれど、今回はなにも思わないし何も語りかけるようなこともない。無言のままの時間が続く。もうそろそろ終わりにしておこうと思うのを待たれているような道のり。まだ余裕のある中で、なんとかギリギリまでと思う気持ちを黙って聞かれているような。返答の無いまま、暑い陽射しと急な坂道が続く。 [続きを読む]
  • 思いがけない景色 - フォトログat雨遊景
  • ここまで来れば平らな景色が広がると知っていた。急な坂道を苦労しながら。時間を掛けて濡れた土の上を歩いてきた。一度に広がった視界の中には、想像していなかったいろいろな花。平らな笹の原が広がっているのは分かっていた。そこに花が咲いているなんて思ってもいなくて。まさかの花の多さに驚きながら景色の中を歩いていく。 [続きを読む]
  • 予想外のふわふわ - フォトログat雨遊景
  • ここにこんなものがあるとは知らなかった。もっと早くに来なければならなかったのかと。すでに盛りを過ぎて、ふわふわとした綿は落ちて硬くなってしまっているよう。やっぱりもっと早く来なければ。そういえばどこかで目にしていたようにも思う場所。気が付くのが遅かった。 [続きを読む]
  • 小さな森 - フォトログat雨遊景
  • 一面の緑の中で足元に目を向ける小さいけれど木のような形をした緑が隙間なくいっぱいに広がる。右も左も上にも木はあちこちに枝を広げて、太い幹には緑の森ができている。小さいけれど間違いなくここも森。森の中にいるけれど、実は森を見下ろしているのかもしれない。不思議な世界がこの中にある。 [続きを読む]
  • 厚くて濃い - フォトログat雨遊景
  • あんなに厚くて濃い雲ってあるのか?少し散歩をしようと思って1時間。気が付いたら2時間近く。もう少し行こうかなもしかしたらあの辺まで行けるのかなそう思って見た先には、ありえないと感じるほどの白い景色。あの中に行ってみたいけれど、あそこまであと1時間だろうか2時間だろうか。 [続きを読む]
  • 車窓から - フォトログat雨遊景
  • 久しぶりに通りかかった景色は数年振り。突然の雨だったのか予報通りだったのか。帰ることもできずに思いがけず回り道をしていく。本当に到着できるのかと不安に思いながら、想定外の遠回りを楽しむ。どこかこういうこともあるのかもしれないと思っていた。慌てることもなく回り道の手配をして、車窓からは景色を楽しむ。 [続きを読む]
  • 透き通った白 - フォトログat雨遊景
  • 重なった透き通った白。道路の横に並ぶ。触れれば崩れてしまうのを知っていて立ち止まってそれを眺めて。たくさんの白い塊に触れ、散っていくところを見ては簡単に壊れてしまう何かに似ているような気にもなり。自然なまま散らさなかったことに少し罪悪感が残り。視界の先にはたくさんの白が並ぶ。 [続きを読む]
  • 続く先へ - フォトログat雨遊景
  • いつからか衰えていく自分との比較になり、あのときに歩くことのできた速度、歩くことのできた距離。花を見ながら、空を見ながらでもそれが気になるようになった。あのときに掛かった時間。あのときに休まなくてはいられなかった場所。過去と比べた自分が、いまどこにあるのか。それが確かめられたとき、もう少し先へ行ってみたいと思う。無理だと思っていたことが、もしかしたらできるんじゃないかと。 [続きを読む]