あめ さん プロフィール

  •  
あめさん: 雨遊景
ハンドル名あめ さん
ブログタイトル雨遊景
ブログURLhttp://ameyoukei.com
サイト紹介文日常の出来事を写真と一緒に掲載しているブログです。
自由文「特にアテもなく行ってみたかった」そんな場所の写真を載せてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/11/23 10:12

あめ さんのブログ記事

  • 足元に咲く - フォトログat雨遊景
  • おもえば上を目指して歩いて行くことやどれだけ早く戻ってこられるかばかりを考えて登っていたことばかりでした。気が付くと季節の景色や咲く花足元にある植物のことはあまり気にも留めず。行きたいところと登りたいところばかり天気と条件を調べて。でも季節を選んでその時季にこそ登るべき場所があることを改めて認識しました。最近。 [続きを読む]
  • 仲間 - フォトログat雨遊景
  • たいていの場合はひとりで、心細い気持ちを持ちながら始め、それすらも忘れるくらいに息苦しくなって、目の前が開けたときに開放的な気持ちになる。だけどひとりでいることには変わりはなくて、誰とも話さず気持ちも共有せずにいるときに、目の前に見えた例のアレ。ネット上の至るところで目にする石の像は、言葉を掛ければ表情で何かを返してくれるようで、少し前に佇んでみる。 [続きを読む]
  • 風の跡 - フォトログat雨遊景
  • こういう景色が広がる場所も久しぶりな気がする。頭上に広がる青い空と、足の下には真っ白な雪。横からは冷たい風が吹いて鼻が取れるのではないかと思うほど。降り積もったはずの雪は飛ばされて、風の通り道だけが模様のように残っている。とても辛い場所なのに、そんな景色を見るのが楽しくて、目も開けられないほど眩しい中でカメラを構える。 [続きを読む]
  • 一面に咲くレンゲ - フォトログat雨遊景
  • 一面に咲くピンクの花をみつけ、思わず近づいて見る。端に立ってジュウタンのように広がる様子を見、顔を近づけて花弁のひとつひとつを見る。広く咲いているところはどの花も同じようで、近づいて見たときに色や形の違いに気が付き、それぞれに特徴があることを知る。自分好みの花はどこにあるのかといっぱいのレンゲの中を歩き回り、中からやっと好みの花を見つけて佇む。 [続きを読む]
  • アクアマリン - フォトログat雨遊景
  • アクアマリンの青緑色を覚えてから海の色には似ても似つかないと思っていました知っていた海はあんなに透き通って輝いて空を映すような青い色には見えなくてアクアマリンとは遠い昔に名付けられたものだから今の景色や感覚とは違うのだと寄せては帰っていく波打ち際で弾ける海を見ていると透き通る光りが珠のようできっとアクアマリンはこういう海だったのだろうと思いました [続きを読む]
  • 細い道 - フォトログat雨遊景
  • 先のことは分からなくて、そこへ行こうとか行ってみようとか、いつのことか具体的に思わなくても、まさかそこに立つ日がやってくるとは思いもよらず。遠く離れていると思っても、近づいて見ると実は近くて、そこに至るのは意外と簡単で。細く険しく見えている場所でも、そこに立ってみると自分の足よりも遥かに広く大きな地面があって。思うことがなければ叶うこともないこと。 [続きを読む]
  • 見上げていたもの - フォトログat雨遊景
  • 一番奥に見えるあの白く尖ったもの。あれが何なのか気が付いてしまってから、ずっと気になっていて。あれが黒く変わった季節に尖端に立つことはできたけれど、あの白い姿のときに尖端に立つことはできないのだろうかと思うようになった。存在感があるのは黒い姿よりも白く輝いている季節。手前の景色がどんなに青く黒くなっても、あの後ろにある尖端だけはいつまでも白く、緑が濃く黒くなるまで白さを残している。白く輝く様子が無 [続きを読む]
  • 遠くの山か近くの花か - フォトログat雨遊景
  • 遠くにある山か近くの花か。どっちを見たくてここにいるのだろうか。本当は花を見にきたのは分かっているけれど、ここに来てみたら思いがけず遠くに見える山が気になり。本当はこの時季しか花を見たいのに、いつでも見られる山ばかりに目がいく。あの花の先に見えるトンガリへ、どうやったら辿り着けるのだろかと。 [続きを読む]
  • ひとりの場所 - フォトログat雨遊景
  • 誰もいない場所に立って周りを見渡す。風の吹く音と雪が流れる音。歩いている時間はたいていひとり。鬱陶しいとも思われたくなくて。いまここにいることを誰にも伝えず。ひとりでいることに寂しさと不安を覚えながら。このままでいても戻ってもその思いは残りそうだから、決めたところまでは行ってみようと歩いていく。 [続きを読む]
  • 水面に映る桜 - フォトログat雨遊景
  • 不思議なくらいにこの花が咲くのを待っている。どういうわけか分からないけれど、似たような花は他にもあるのに。桜という名前の付く花は誰もが咲くのを待っている。そして水面に映る様子を、その水面がどんな色であってもありがたく眺めている。見上げればきれいな花が咲いているのに。濁った水に映る花を見て。 [続きを読む]
  • 桜が咲く - フォトログat雨遊景
  • 夕陽が透ける花弁。桜を見るには近づいた方が良いのか、遠くから見た方が良いのか。どんな時間が良いのか。桜の前に立つまでは、そんなことを考えていたけれど。実際、桜の前に来たらどんな場所でも、どんな時間でも楽しめるのだと思いました。 [続きを読む]
  • 靄に煙る - フォトログat雨遊景
  • 雨の降る道は、すこしずつ不安を掻き立てるようで。難なく進むことのできる道も、一度不安を持ってしまうと、歩くほどに心細さが増していくよう。白く見える視界は晴れるのだろうか。どこかで思いもよらないことが起こることはないだろうか。考えなくても良いことを思い、心細さは募るばかり。 [続きを読む]
  • アレに乗りたい - フォトログat雨遊景
  • お金を払えばあの赤い乗り物に乗れるのに。いつもはそうしているのに。今回に限って財布はもっていなくて。出発するときは「あれくらい乗らなくても」と思っていたのに、来てみれば思いがけず急な雪の道。頭上を越えていく乗り物を見上げながら、「アレより早く着くつもりだった」と、「乗っても良かったんじゃないか」と。今さら戻れない場所。 [続きを読む]