うぴょぴょん さん プロフィール

  •  
うぴょぴょんさん: ウクレレ日記
ハンドル名うぴょぴょん さん
ブログタイトルウクレレ日記
ブログURLhttp://kaze3742.blog.fc2.com/
サイト紹介文自作したウクレレなどの紹介です
自由文ウクレレ大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/11/23 14:04

うぴょぴょん さんのブログ記事

  • ピックガードのセット
  • 配線が終わったピックガードをボディにセットします。まず、ジャックからの配線を繋げます。ボディにかぶせます。丁寧にネジ止めします。ネジをあまり強く締めすぎると、ピックガードが割れることがあるので注意します。指板にオイルを塗って仕上げます。いつもはオリーブオイルをぬっているのですが、きらしていたので、キッチンにあったグレープシードオイルを塗ってみました。まあ、普通にレモンオイルを塗ればいいのですが、柑 [続きを読む]
  • ブリッジの調整
  • 取り付けたブリッジの機構部分を調整します。まず、アースをとります。ブリッジからきたラインを差し込んだピンに半田付けします。ブリッジのブロック裏側にバネをセットします。このバネは高さが調整できるようになっています。さらにブロックにバネ受けパネルを取り付けました。これで弦を張るとトレモロユニットが機能します。あと、エンドピンも取り付けておきましょう。ギブソンタイプのものが、大きさ的にちょうどいいです。 [続きを読む]
  • ジャック、ブリッジの取り付け
  • ジャックを取り付けました。少し長めに配線してあります。次にブリッジを取り付けます。まず、ブリッジからのアースを繋ぐピンをキャビティ内にさしこみます。ピンの横の穴からアース線が出てきます。ピンには導電塗料を塗ってキャビティ内につなげておきます。ブリッジ固定用のネジを取り付けています。実際はもっと緩めた状態でないと、ブリッジが入りません。こんな感じにブリッジがはまります。Freedom CGR Noise Hell SP-D-01 [続きを読む]
  • ペグの取り付け
  • 次はペグを取り付けます。ヘッドが薄く作ってあるので、ペグの表側につくキャップを削らないといけません。このキャップの高さを半分くらいにします。合板に穴を開けて裏からキャップをはめ込んだところです。この飛び出した部分を削ります。ヤスリでガリガリと削っていきます。こんな感じです。ペグをヘッドにセットします。穴の中心に印をつけてボール盤で穴を開けます。この時、貫通しないように十分に気を付けます。ネジ止めし [続きを読む]
  • 配線
  • スイッチ、PUを配線します。まず、PUから線をとっていきます。できるだけ線が上側にくるようにします。少しでもボディとPUの間に隙間ができるようにしたいのです。配線図を見ながら正確に配線します。可能な限り線の数を少なく、短くします。POTにコンデンサを取り付けました。コンデンサも凝ると大変なことになってしまいますが、今回は古くなったオーディオから取り外したフィルムコンデンサをつかっています。ちょっと [続きを読む]
  • スイッチ類の取り付け
  • ピックガードにスイッチなどを取り付けます。スイッチの高さを合わせるために、スペーサーを作ります。スイッチのネジが入る内径のプラパイプをカットしました。こんな風にカットしたパイプをはめます。ピックガードに取り付けました。こんな感じにナットがピッタリと収まるようにします。他のスイッチなども同様に取り付けました。この段階で、一度ボディに取り付けてみてハマり具合を確認しておきます。GROBET 糸鋸フレーム 自在 [続きを読む]
  • ピックアップの取り付け
  • ピックガードにPUを取り付けます。M2の長いネジをセットしてバネを入れます。ネジもバネも専門店で注文しています。これに内径2mmのプラスチックパイプをカットしたものをはめます。これにPUをセットします。こんな感じになります。こちらはエスカッションにハムバッカーをセットしたものです。バネはこちらにお世話になっています。ネジはこちら [続きを読む]
  • 仕上げ磨き
  • コンパウンドで仕上げていきます。このコンパウンドセットを使います。最初は細目から磨いていきます。少し光ってきました。中細です。光沢が良くなってきました。極細です。写真では分かりにくいですが、けっこうピカピカになっています。最後に液体コンパウンドで仕上げます。ここまでいくと、景色が映りこんできます。光が反射してしまうので、撮影が難しいのですが、ガラスのようになっています。ソフト99 B-192 コンパウン [続きを読む]
  • 鏡面仕上げ
  • 塗装が完全に乾きました。いろいろとやることがあって、結局2週間位放置していました。完全に固くなっています。このままでもかなりピカピカしているのですが、若干のデコボコがあるので、磨いて鏡面仕上げします。このような、精密な研磨ができるサンドペーパーを使います。磨きます。1500番から始めました。目が細かいので、必ず水をつけて作業します。200番です。ここから3000番、4000番まであげていきます。光 [続きを読む]
  • キャビティの蓋を合わせる
  • 導電塗料が乾燥したらキャビティの蓋と本体を合わせます。本体には肉厚のウレタンで塗装をしてあるので、蓋がはまる溝が塗料で狭くなっているのです。この部分をヤスリで削って調整します。力を入れすぎると滑ってボディに傷がつくので注意です。確認しながら少しずつ削ります。ぴったりとはまればOKです。ツボサン 精密ヤスリ(セット)ST00556T セット 1セット(5本) [続きを読む]
  • ノイズ対策
  • 各パーツにノイズの対策をします。まず、ピックガードとキャビティカバーです。裏面は何も塗装していません。ここに導電塗料を塗ります。たっぷりと丁寧に塗ります。できました。次にトレモロユニットです。アースのラインをとります。小さな穴を開けて、そこにケーブルを差し込み、瞬間接着剤で固定しました。この時接着剤は先端だけにつけて、ケーブルの芯が完全にコーティングされないようにします。穴の隙間に導電塗料を流し込 [続きを読む]
  • スイッチ類の軸
  • スイッチの配線が終わったところで忘れていたことに気が付きました。軸を切っていなかったのです。これが今回使うスイッチなどですが、緑色の可変抵抗以外は軸が長すぎて、ツマミが浮いてしまします。なので、緑色のに合わせて軸をカットします。万力で固定して糸鋸でカットします。軸がアルミでできているので、サクサク切れます。ヤスリでカット面を綺麗に整えます。エッジも面取りしておきます。できました。工具は若干値が張っ [続きを読む]
  • スイッチの配線
  • エレキウクレレ本体の塗装が乾燥するまで、しばらく時間がかかるのでスイッチの配線をします。4回路6接点のロータリースイッチです。アルプス社のもので、もう生産はされていないようです。なかなか手に入らないのですが、電気屋さんで見かけたときに買っておくようにしています。このような小さいサイズの4回路6接点スイッチはあまり無いのでエレキウクレレを作るにはとても貴重です。まず、横にたくさん飛び出している端子を [続きを読む]
  • 塗装
  • 塗装します。毎回書いているような気もしますが、塗装が一番難しいです。ここで失敗すると、これまでの苦労が水の泡です。塗装前に下塗りにサンドペーパーをかけて平らにしておきます。ヘッドにエンブレムをいれました。これはゴールドのインスタントレタリングを発注して作ってあります。ピックガードも一緒に塗装するので各POTなどの穴を開けておきます。塗装は風の無い乾燥した日を選びます。今日は晴れて塗装には良い日でし [続きを読む]
  • カバーの仕上げ
  • カバーのメイプルの部分を着色します。小さいパーツを着色するときは綿棒を使うと綺麗にできます。コアの部分はプライマーが吹いてあるので染料はつきません。ついても拭き取れば簡単に拭えます。染料が乾いたら全体にプライマーを吹いて均しておきます。ネジ穴を開けてメンテナンスホールの加工をします。両脇に穴を開けて糸鋸でカットしたところです。カット面をヤスリで削ってまっすぐにします。この部分は無理に糸鋸で処理をせ [続きを読む]
  • キャビティのカバー
  • トレモロユニットキャビティの蓋を作ります。溝に合わせて型紙を作ります。溝を彫るときに、何となく形を決めてので、正確な型を取るのが大変でした。こちら側も型紙を端材に貼り付けます。ピックガードと同じく、コアとキルテッドメイプルの端材です。カットしました。エッジはサンドペーパーで磨いています。これに合わせてコア材もカットします。ピッタリ合うようにヤスリで調整します。コア材だけにプライマーを吹いて接着しま [続きを読む]
  • ボディの着色
  • ボディの着色です。まず、マスキングテープを剥がします。剥がしたら、汚れなどのチェックをします。汚れや油などがついていると、染料がしみこみません。黒を混ぜたグリーンで着色しました。染料を塗ったらすぐに乾いた布等でふき取って、模様をはっきり出します。乾いたらグリーンを塗ります。素早く塗って拭き取る作業を繰り返します。こうすると、むらなく均等に着色できます。い感じになりました。家庭用染料 ダイロン プレ [続きを読む]
  • ジャクカバー
  • ジャックのカバーを作ります。ボディに合わせることも考えて、着色前に作っておいた方がいいです。真鍮板に穴をあけます。ドリルで穴をあけるときに位置がズレたりすることもあるので、最初に穴をあけてしまうのがいいです。穴に合わせて型紙を貼ります。スティック糊を使いました。糸鋸でカットしました。淵をヤスリで整えます。ネジの穴を開けました。金属棒をあてて、叩いてカーブをつけます。適当な金属棒がなかったので、ハン [続きを読む]
  • ボディ着色準備
  • ボディの着色の準備をします。ネック接続のためにマスキングを剥がした部分に再度マスキングします。指板もマスキングし直します。指板の表面だけをマスクしました。サンドペーパーで蓋の部分の段差をなくします。再度プライマーをスプレーしました。これで着色前の処理は大体OKです。[R] アサヒペン 木部用プライマー [300ml] アサヒペン 木工品、工作品、ドア、ガーデンファニチャーなど屋内外の木部の下塗り用 [続きを読む]
  • ジョイント部の蓋
  • ボディとネックをネジ止めしたジョイント部に蓋をします。この部分を塞ぎます。白蝶貝を使うことにしました。全体を覆うサイズの貝をあてて確認します。けがきました。カットします。サンドペーパーで表面を均します。この時に、溝の深さと厚みを揃えておきます。エポキシ接着剤で貼り付けました。飛び出した部分をサンドペーパーで削ります。できました。糸鋸刃 糸のこ刃 替え刃 替刃 ドイツ製 ゴールデンアイ<刃の荒さ#4>1ダー [続きを読む]
  • ネックのインレイ
  • ネックにインレイをいれます。その前に、ネックをボディにネジ止めします。この部分には後で貝の蓋をします。ネック中心の隙間に貝を入れていきます。写真では見にくいですが、この辺りはパーフリング材を入れてモザイクのようにしています。インレイがはいりました。サンドペーパーで均します。ついでに、ネックの形も再度整えます。できました。Knaggs Guitars / Chesapeake Series Severn Tier3 Trembuck Burgundy Choptank Nec [続きを読む]
  • ツマミの仕上げ
  • 型から外したツマミを磨きます。ボール盤に固定して回転させながら水研ぎしていきます。最後はコンパウンドで磨いてピカピカにします。面倒だったら、形が整ったところでクリアをスプレーしてもいいです。軸の根元をカットします。これを粗目のサンドペーパーで削って底を平らにします。ここでは水ヤスリを使わないと熱で欠けてしまったりします。高さも合わせておきます。このままでもいいのですが、そこにクリアグリーンを塗りま [続きを読む]
  • ツマミ組み立て
  • ツマミの軸にフェイクストーンを接着します。この後レジンで固めるので、軽くとまってればいいです。乾くと透明になる木工用ボンドでつけました。これを型に入れてレジンを流し込みます。いつも使っている型です。中心をしっかりと合わせます。いろいろな方向から光をあてて、正確に軸を中心にもっていきます。少しのズレがあると、取り出したときにけっこう気になります。型から取り出しました。表面のデコボコを均すために、上か [続きを読む]
  • フェイクストーン
  • 軸の上につけるフェイクストーンを作ります。シリコンの粘土で型を作りました。型取りシリコンパテ ブルーミックスを平らに伸ばしてドリルで穴をあけたものです。これに着色したエポキシを流し込みました。流し込んだエポキシに金色のアクリル塗料を楊枝につけて軽く混ぜると模様が入ります。固まったものを型からはずします。ジャスパーっぽいものができました。できたフェイクストーンをサンドペーパーで平らにして、厚みを揃え [続きを読む]
  • ツマミの作成
  • ボリュームツマミを作ります。最初に軸になる部分を作成しましょう。アルミパイプをカットしました。作業しやすいように台に固定してあります。ガンメタルで着色しました。銀色でラップ塗装します。クリアグリーンを塗ります。軸の完成です。【あす楽対象】 タミヤ タミヤカラー アクリルミニ X-25 クリヤーグリーン 簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー 1ポイント=1円で貯まったポイントは 現金や電子 [続きを読む]