うぴょぴょん さん プロフィール

  •  
うぴょぴょんさん: ウクレレ日記
ハンドル名うぴょぴょん さん
ブログタイトルウクレレ日記
ブログURLhttp://kaze3742.blog.fc2.com/
サイト紹介文自作したウクレレなどの紹介です
自由文ウクレレ大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/11/23 14:04

うぴょぴょん さんのブログ記事

  • トラスロッドカバー
  • 今回はエフェクター搭載 エレキウクレレです。透明のトップ材を使用して、基板も見せるためトラスロッドカバーも電子っぽい感じにすることにしました。電子っぽいものを探したら古くなったマザーボードを発見しました。部品取りで残しておいたものです。ICチップやSMDパーツなどが所狭しと並んでいて、かなり電子っぽい感じがでています。で、これをカットしました。糸鋸でサックりと切れました。裏面に型紙を接着します。糸 [続きを読む]
  • エスカッション
  • エスカッションを作ります。4mm厚の端材をカットします。内側のコーナー部分に2φの穴を開けました。この穴を繋ぐようにカットします。ヤスリで穴と穴の間をまっすぐに仕上げます。アウトラインを整えて固定ネジの穴を開けました。ハムバッカー取り付け穴を開けて完成です。【日立工機】 卓上糸のこ盤 FCW40SA 卓上糸鋸盤 [続きを読む]
  • ネック接続部
  • 接続部をルーターで仕上げます。まず、指板の飛び出している部分をルーターでカットします。目地払いビットを使います。ストレートビットの先端にベアリングが付いているものです。綺麗にできました。次にバディの接続部をルーターで仕上げます。こちらはベアリングがストレートビットの根元に付いているものを使っています。こんな感じに仕上がりました。合わせてみます。ピッタリ合いました。大日商 トリマー用 コーナービット [続きを読む]
  • 接続部の加工
  • ネックとボディの接続部を加工します。中心を合わせて位置決めします。油性マジックでけがいておきます。ボール盤を使って座繰ります。線に合わせてブロックをセットします。これがルーラーのガイドになります。【送料無料】藤原産業 SK11 卓上ボール盤 300W SDP-300V1台4役!ハンドスケール水準器(水平器)レーザーポインター メジャーテープ 3方向水準器 スケール 定規 ものさし [続きを読む]
  • ナットの作成
  • ネックに指板を貼る前にナットを作ります。ナットを貝から取るために、厚さが分からないからです。黒蝶貝をカットしました。中心に近いところは、結構厚みがあるのですが、カーブしているため、直線で取るとどうしても薄くなってしまいます。ネックに合わせて必要な長さにカットします。この時に、どのように取るかを考えます。ヤスリで平らにしていきます。さらに面に対して取り付け面を直角にします。概略の形ができました。厚み [続きを読む]
  • ヘッドの加工
  • ヘッドを加工します。指板を貼ってしまう前の方が作業が楽です。まず、ヘッドの形を整えます。ボール盤にストレートの研磨ビットを取り付けて、ビットにサンドペーパーを貼り付けたのもを使っています。アウトラインができました。これに2mm厚の板を接着します。板にはトラスロッド調整の穴があけてあります。形を整えました。型紙を貼り付けて、これに合わせて形を削っていきます。こんな感じになります。藤原産業 卓上ボール [続きを読む]
  • LEDの窓
  • ボディにLEDの窓をつけます。LEDが入る位置に合わせてボディの内蓋に穴を開けます。開けた穴にアクリルの棒をカットして埋め込みました。ボディにLEDを組み込みます。2つのLEDの間にパーテーションをいれます。ボディに蓋を合わせて点灯してみます。いいようです。藤原産業 卓上ボール盤 (SDP-300V) [続きを読む]
  • ネックの加工
  • ネックを少し加工します。ネックとボディと接続するために、ボディに溝を掘る必要があります。このため、ネックの形を決めておきます。ルーターでネックを削りました。今回は、いつもより若干細くしてみました。見た目の問題なのですが、弦が落ちることなく、強度も保てるギリギリの幅です。幅を狭くすると、少し演奏しにくくなるのですが、この方がカッコいいのです。ついでにヘッドに耳をつけました。型紙をつけて概略カットしま [続きを読む]
  • PUカバー 着色
  • ピックアップカバーを着色します。これもラップ塗装で仕上げます。サーフェーサーをスプレーしたカバーにマルーンを吹きました。下地の色は黒ではなく、仕上がりのカラーの濃い色がいいです。今回は赤い仕上がりになるので、マルーンにしました。ラップで銀色をスタンプしたり、こすったりして模様をつけます。かなり適当でいいです。クリヤーレッドをスプレーします。PUに被せてみました。良い感じにできました。タミヤスプレー [続きを読む]
  • ピックアップ カバー
  • ピックアップのカバーを作ります。PUに合わせてプラバンで枠を作ります。これはハムバッカー用です。ポールピースの位置に合わせてプラバンに穴を開けます。これを枠に被せて接着します。こちらはシングルコイル用です。枠に合わせて、蓋のプラバンをハサミで概略カットしてあります。パテやサンドペーパーで形を整えて、サーフェーサーをスプレーしました。A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fjism%2Fcabinet% [続きを読む]
  • ハムバッカーの台
  • ハムバッカーの台を作ります。ユニバーサル基板をカットします。何かと便利なので、最近はユニバーサル基板をよく使います。ピックアップをはめ込んでみました。ピッタリです。ヤスリで綺麗に整えます。アウトラインをカットしました。外側もヤスリで綺麗にしておきます。補強用のパーツを接着します。パテで必要ない穴を埋めて、ネジ穴を切ります。着色していきます。サーフェイサーをスプレーしました。ラップ塗装して完成です。 [続きを読む]
  • シングルコイルを巻く
  • 続いてシングルコイルを巻きます。まず、ボビンを組み立てました。ポールピースは2種類の長さの磁石を使って高さを調整しています。つなぎ目は強力磁石でくっついていますが、テープで巻けば引っ張っても外れなくなります。ボビンの上板は着色していませんが、PUカバーが被さるので大丈夫です。2つのシングルコイルを巻きました。この2つはポールピースの極性と巻き方を逆にしてあります。こうすることで、ピックアップの複雑 [続きを読む]
  • コイル巻き
  • ピックアップを巻きます。今回使用するのは、0.05mmの銅線です。これをグルグルと巻いていきます。約10000回巻きました。けっこう大変です。細い銅線を使うと、小さいボビンでもかなりの回数が巻けます。測定すると6.5KΩ位です。続いてハムバッカーの相棒です。ポールピースがボルトなので、線を巻いた状態で高さが調整できるように紙を巻きます。クッキングペーパーが使いやすいです。こちらは巻き方を逆にします。ポ [続きを読む]
  • シングルコイル ボビン 組み立て
  • 今回のエレキウクレレはトップ材が透明なので、通常は見えない部分も綺麗に仕上げなければなりません。ボビンを着色します。まあ、着色するといっても、底板の部分だけです。赤のラップ塗装です。基板と同じです。パーツは全体的に色調を合わせることにしました。穴を加工します。ネジ穴を切っているところです。これで底板が完成です。これに磁石の軸を取り付けてボビンは完成です。タミヤスプレー No.74 TS-74 クリヤーレッド 85 [続きを読む]
  • 夏の庭
  • 暑いです。夏がやってきました。風鈴を出しました。庭のトマトです。大きくなりました。たくさん実がなっています。こちらは赤くなってきました。楽しみです。ミニトマトです。キャロルセブンという品種です。味が濃くておいしいです。ゴーヤはいくつか収穫しました。楽しいですね♪【送料無料】和歌山産ミニトマト キャロルセブン 2kg [続きを読む]
  • シングルコイル PU
  • シングルコイルのボビンを作ります。上はハムバッカーと同じものを使います。下のアウトラインを描きました。カットしました。ネジ穴を開ける部分に補強材を接着しました。軸の入る穴も開けてあります。ノーブランド品 小型ユニバーサル基板 【MK88】 [続きを読む]
  • ピックアップ 組み立て
  • ピックアップのボビンを組み立てます。カットした基板に穴を開けます。2枚は穴を開けません。穴を開けたところに磁石を打ち込みます。こんな感じになります。穴を開けなかった2枚は、重ねてタップでネジ穴を加工します。M2のボルトで組み立てました。これでハムバッカー用の2つがそろいました。エスコ [M3-M12] タップダイス細目並目セットEA829VK-1 1個 [続きを読む]
  • PU
  • ピックアップの作成を進めていきます。カットしたユニバーサル基板を、サンドペーパーできれいにします。けっこう、この作業が面倒です。正確に形を決めないといけないことと、数が多いのです。これがボビンの上下になります。軸は棒状の磁石を使います。3φのネオジム磁石です。小さいので、パワーを出すためには、これがいいです。高さにあわせて、組み合わせて使います。 [続きを読む]
  • ピックアップ
  • ピックアップを作ります。図面です。高さは実際に測って決めます。ユニバーサル基板を使います。無駄が出ないように配置を決めます。糸鋸でカットします。柔らかいので、サクサク切れました。ゆ ユニバーサル基板 60x40mm 10枚 ガラエポ スルーホール ゆうパケット送料無料 [続きを読む]
  • LED 配線
  • 指板の穴の加工が終わりました。まあ、加工といっても3mmのLEDがハマるように裏面を少し削っただけですが。。穴の内側をパールホワイトで着色します。これだけで、明るさが大分変ります。LEDをはめこみ、ホットブンドで固定します。ここは、後から配線が外れたりしないように、しっかりとコーティングします。盛り上がった、余分な部分をカットします。穴にエポキシレジンを充填します。この時、いっぱいまで入れず、LE [続きを読む]
  • 指板 LED取り付け
  • 指板にLEDを取り付けます。チップLEDです。黒いのはチップ抵抗です。これをつなげて配線しました。穴にあてて試してみました。少し暗いです。もう少し明るさがほしいので3mmのLEDに変えてみました。こちらなら大丈夫そうです。しかし、埋め込むために、少し指板を掘らないといけません。これから掘削作業にはいります。。チップLED2012 (0805)白色 Chip SMD (120°2000mcd)50個■087 [続きを読む]
  • 指板 配線
  • 今回は、プラグをさしたら、ネックのインレイの一部が光るようにします。このため、LEDを取り付けます。まず、光らせる部分に穴を開けます。いつものインレイの月の部分です。この穴に合ったサイズで薄貝をカットします。割れないように、両面にセロハンテープを貼り付けてポンチで抜き取りました。光が透けます。指板の裏面に、穴の部分から溝を貼ります。かなり雑な感じですが、埋めてしまうので問題ありません。ここにコード [続きを読む]
  • フレット溝
  • 指板にフレットの溝を切ります。自作のフレット用マイターボックスに指板をセットします。8寸目のノコギリでカットしていきます。19Fを広くカットして、シルバーマイカを混ぜたエポキシ接着剤を充填します。サンドペーパーで均しました。再度正確な位置に溝を彫りました。ゼット販売 ゼットソー III 8寸目 (250MM 15271) [続きを読む]
  • 指板
  • ネックの指板を作成します。ローズウッドをカットしました。エレキウクレレは指板にアールをつけているので、少し厚めの板を使っています。これは6mm厚の板です。基準の辺を直線になるようにサンドペーパーで均し、フレットの位置に印をつけて、けがきます。基準辺に直角にフレットの線をひいていきます。こんな感じになります。これがフレットの計算表です。実測長を入力すると、自動で計算してくれます。 [続きを読む]
  • ハーモニカアンプ 組み立て
  • ハーモニカアンプを組み立てます。ハーモニカアンプとはいっても、ケースをつかっているだけです。基板にジャックを取り付けます。けっこう配線がややこしいです。バッテリースナップを付けます。ケースに穴を開ます。組み立てました。かなりピッタリな感じです。半固定抵抗を調節して、ドライブを設定します。完成です。定形外等送料無料 精密ドライバーセット 45in1トルクスドライバーセット 精密工具セット 差替式 ゲーム・おも [続きを読む]