うぴょぴょん さん プロフィール

  •  
うぴょぴょんさん: ウクレレ日記
ハンドル名うぴょぴょん さん
ブログタイトルウクレレ日記
ブログURLhttp://kaze3742.blog.fc2.com/
サイト紹介文自作したウクレレなどの紹介です
自由文ウクレレ大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/11/23 14:04

うぴょぴょん さんのブログ記事

  • 指板
  • ネックの指板を作成します。ローズウッドをカットしました。エレキウクレレは指板にアールをつけているので、少し厚めの板を使っています。これは6mm厚の板です。基準の辺を直線になるようにサンドペーパーで均し、フレットの位置に印をつけて、けがきます。基準辺に直角にフレットの線をひいていきます。こんな感じになります。これがフレットの計算表です。実測長を入力すると、自動で計算してくれます。 [続きを読む]
  • ハーモニカアンプ 組み立て
  • ハーモニカアンプを組み立てます。ハーモニカアンプとはいっても、ケースをつかっているだけです。基板にジャックを取り付けます。けっこう配線がややこしいです。バッテリースナップを付けます。ケースに穴を開ます。組み立てました。かなりピッタリな感じです。半固定抵抗を調節して、ドライブを設定します。完成です。定形外等送料無料 精密ドライバーセット 45in1トルクスドライバーセット 精密工具セット 差替式 ゲーム・おも [続きを読む]
  • オーバードライブ
  • さらに寄り道は続きます。歪系のアンプを作ります。ホーナーのカラーハーモニカです。ハーモニカでなく、ケースを使います。今回はオーバードライブ搭載のモノラルアンプを作ります。部品は余ったものを集めました。ユニバーサル基板はケースにピッタリと収まるようにカットしてあります。部品を組み立てていきます。基板が完成しました。右側がオーバードライブで、左側がアンプです。アンプはHT82V739を使います。左下の [続きを読む]
  • クロレッツ アンプ
  • 電池ボックス付き基盤を組み立てました。とりあえず、瞬間接着剤で固定してあります。このままだと、電池を入れると分解してしまうことがあるので、四隅を鋼線で固定します。上手くはいりそうです。缶の底に穴を開けました。基板にジャックとLEDを取り付けます。これを缶にセットすれば完成です。けっこうカッコいいです。クロレッツ ミントタブ ピンクグレープフルーツミント(50粒入)【クロレッツ】 [続きを読む]
  • トラスロッド 埋め込み
  • トラスロッドを埋め込みます。溝にトラスロッドをハメ込みます。溝を埋める蓋です。ロッドの深さに合わせて弓状に作ってあります。これをタイとボンドで貼り付けます。クランプで、しっかりと固定します。ボンドが完全に乾いたら、飛び出した部分をカンナで削ります。サンドペーパーで仕上げて完成です。フランクリン タイトボンド1/4ガロン(1040g) 訳あり ※送料無料(本州限定) ※あす楽対応【オススメ】【SALE】 [続きを読む]
  • HT82V739アンプ
  • HT82V739というICでヘッドフォンアンプを作ります。クロレッツの空き缶です。ただ、何となくこの中にアンプが入るのではないかと思っただけです。とりあえず、電池を入れてみたら単4電池が3つ入ります。いけそうです。まず、電池ボックスを作ります。ユニバーサル基盤をカットしました。これで電池ボックスを組み立てるのですが、ここにアンプも載せてしまいます。こんな感じで電池の接点を作ります。これはプラス用で [続きを読む]
  • トラスロッドの溝
  • ネックにトラスロッドの溝を彫ります。弓状に曲げて埋め込むために、中心側が深くなります。深さに合わせて印をつけておきます。ルーターで溝をほりました。ヘッドに調整レンチ用の穴を開けておきます。更に板ナットがハマる溝をノミで彫ります。ロッドを入れてみました。いいようです。リョービ トリマ (TRE-60V) リョービ RYOBI  トリマー 電気トリマ [続きを読む]
  • トラスロッド
  • トラスロッドを作ります。まあ、いつもの要領です。3φの真鍮パイプと2φの真鍮棒です。カットしたパイプに小型のボルトをはめ込みます。パイプの中にカットした半田を入れて、ライターで炙るとしっかりと固定されます。ボルトの反対側に真鍮棒を入れて固定します。パイプの中に真鍮棒を差し込んでネジ溝を彫ります。パイプをしっかりと固定しないとダイスと一緒にパイプがまわってしまします。組み立てて完成です。【送料無料】 [続きを読む]
  • ネックの組み立て
  • カットしたパーツを型に当ててルーターで削ります。ピッタリに仕上がります。こんな感じです。更にヘッドの表側をカットします。これを接着して固定します。一日乾燥させました。形ができました。エレキウクレレ製作には、ルーターは必需品です。リョービ トリマ TRE-40 [続きを読む]
  • ネックの作成
  • ネックを作ります。今回は端材を組み合わせて作ることにしました。端材といってもけっこう大きいです。木材をスライスしたときに出た、中途半端な厚みの板です。これを組み合わせます。カットしました。さらに糸のこ盤でカットします。こんな形になりました。これを、この後ルーターで形を整えて貼り合わせます。SK11 卓上糸鋸盤400mm (SSC-400PE) [続きを読む]
  • トレモロユニット 組み立て
  • トレモロユニットを組み立てます。まず、ブロックの底にバネ受けをつけます。真鍮版に穴を開けてカットします。穴は面取りしておきます。バネ受けを取り付けました。穴の位置をうまく合わせるのがポイントです。サドルにイモネジを入れます。組み立てました。透明でカッコいいです。定形外等送料無料 精密ドライバーセット 45in1トルクスドライバーセット 精密工具セット 差替式 ゲーム・おもちゃ修理 iPhone6 PS3 PS4分解 M39M【R [続きを読む]
  • くらげ
  • 水族館に行きました。クラゲのコーナーが大好きです。漂うクラゲを見ていると、時間を忘れてしまします。漂っています。何考えているのかな?こちらはミズクラゲです。こいつは可愛くてけっこう好きです。小さいやつです。縁が光っています。ロボみたいだな。こんな写真もとりました。 [続きを読む]
  • 押しボタンスイッチの穴
  • ボディに押しボタンスイッチを取り付けます。押しボタンには、モーメンタリーとオルタネイトといった2種類のものがあります。モーメンタリーは押したボタンを離すとスイッチが飛び出して元に戻りますが、オルタネイトは押されたままになり、もう一度押すと元に戻る仕組みです。用途によって使い分けます。ボディのサイドに穴を開けます。穴の角度が取り付け箇所に対して直角になるように固定して作業します。外側は面取りしておき [続きを読む]
  • トレモロユニット ブロックの取り付け
  • トレモロユニットのブロックを作成します。5mm厚の黒檀材を貼り付けて形成しました。黒檀は狂いが少ないのですが、2枚合わせることで反りなどを軽減させることができます。普通はブロックはボディに隠れて見えなくなるので、あまり見た目は気にしませんが、今回はトップ材が透明なので、ブロックも綺麗に仕上げる必要があります。導管をしっかりと埋めておきます。サーフェイサーで表面を平らに仕上げます。弦を通す穴を開けて [続きを読む]
  • エフェクターのツマミ
  • エフェクターのPOTにツマミをつけます大きいツマミはつけませんが、この軸むき出し状態では見た目が悪いです。ちょうど軸にピッタリとはまる径のアルミパイプをカットしました。樹脂のパイプでもOKです。小型のパイプカッターを使うと綺麗で正確にカットできます。パイプの内径のポンチでプラバンをくり抜きます。できた丸いパーツをパイプに打ち込みます。これを着色します。基板と同じカラーでラップ塗装しました。取り付け [続きを読む]
  • 基板 リレーの取り付け
  • 基板にリレーを取り付けました。右にある白い小さな箱のようなパーツです。2つあるスイッチ付ボリュームの下にあるの部品でリレー用の5V電源を作っています。これはスイッチ付ボリュームで作動を制御します。スイッチを入れるとそれぞれのエフェクターに電源と信号が行くようになります。スイッチを切れば信号ラインはINからOUTに直結され、電源はOFFになります。POTはスイッチが入った瞬間にエフェクトが最大になる [続きを読む]
  • エレキウクレレ 基盤の組みたて
  • エフェクター部の基盤を組み立てていきます最初にソケット類を取り付けます。ソケットや大きい部品を最初の方に組み立てます。通常は背の低い部品から取り付けていくのが基本のようですが、パーツの位置を間違えないようにするためと、狭い場所にたくさんの部品を取り付けるため、小さい部品を後からつけた方が微調整がつきやすいのです。リバーブの部分から組み立てました。抵抗はPrecision Resistive Products, Inc(PRP) PR93 [続きを読む]
  • 電子部品の着色
  • 今回のエレキウクレレは、エフェクター搭載で中の基盤が見えます。なので基板や電子部品の美しさが重要になります。まあ、電子部品はそのままの状態でも十分カッコいいのですが、ちょっと化粧をしておきます。まず、リバーブのユニットです。何となく黒くて、今回のイメージには合いません。これを着色してこんな感じにしました。ちょっとやり過ぎか。。タミヤの偏光カラー(ピンク/ゴールド)を塗ってあります。角度によって色が [続きを読む]
  • トレモロユニット作成
  • トレモロユニットを作っておきます。今回はトップ材が透明なので、ブロックの部分も見えてしまいます。このため、ちょっと見た目重視で作ります。レジンで本体フレームとサドルを作りました。いつもの型です。今回は透明です。本体の底面部分になる真鍮板に穴を開けます。両面から面取りしておきます。穴に合わせて真鍮板をカットしてフレームを取り付けました。この状態だとバリかあったりして、汚く見えます。ヤスリなどで形を整 [続きを読む]
  • トップ アクリル板を削る
  • ボディに合わせてトップ材を削ります。まず、穴埋めしたボディを綺麗に均します。レジンは完全に固まっています。これをサンドペーパーで均します。特にサイド面は丁寧に仕上げます。アクリル板を固定しました。ボディから飛び出した部分をルーターで削りました。ルターのビットは目地払いビットを使います。下のボディに合わせて上のアクリルをカットできます。大日商 トリマー用 コーナービット 目地払 ロング25 ロング刃長 [続きを読む]
  • トップ材の接続
  • ボディにトップ材を取り付けます。通常はトップ材はボトムの材に直接接着するのですが、今回は中に機械が入るため、メンテナンスも考えて蓋にします。また、トップ材をアクリル樹脂のものにするので、接着剤を使うと綺麗に透き通って見えなくなってしまうのです。トップ材に使用する1mm厚のアクリル板です。整形の方法で、キャストと押し出しというのがありますが、キャストの方が緻密で熱などに強いため、機械での加工をする場 [続きを読む]
  • ボディのカット
  • ちょっと順番が変わってしまいましたが、ボディの外側(アウトライン)をカットします。これはレジンでの穴埋めを実施する前にやっています。糸鋸版で少し大きめに切ります。こんな感じです。材が柔らかいので、けっこうサックりとカットできました。型を重ねてルーターで綺麗に削ります。良い感じにできました。ルーターを使うと、綺麗に仕上がります。エレキウクレレを作るときは、これはけっこう必需品です。【代引不可】 トリ [続きを読む]
  • ボディの穴埋め
  • 今回使用しているボディ材は杢入のスポルテッド材です。このような材は虫食い穴があることが非常に多いです。この穴は邪魔と言ったら、そのような場合もあるのですが、これは自然が作り出した芸術でもあるわけです。この穴を活かすように、穴に石を詰めて美しく仕上げているギターもあります。ということで、石を詰めようと思いましたが、穴は穴で残しておこうと思い、レジンを詰めることにしました。まあ、石を埋めるよりはずっと [続きを読む]
  • 基板の着色
  • 基板を着色します。当初は付き板を貼ろうと思っていたのですが、デザイン的な観点からラップ塗装することにしました。個人的にラップ塗装が好きなだけということもありそうですが。。。。まず、サーフェイサーを全体に吹きます。ここで傷などを修正します。次に濃いカラーを吹き付けます。マルーンで着色しました。何だか光の反射で写真が上手く撮れません。丸めたラップにシルバーの塗料を塗って、基板にスタンプしていきます。基 [続きを読む]
  • 基板の形成
  • ボディに合わせて基盤をカットします。サイドの飛び出した部分をカットしました。さらにジャックが収まる部分もカットします。位置合わせのために図面を貼ってあります。エッジはサンドペーパーで綺麗にしておきます。電子部品を取り付ける穴をあけます。慎重に位置合わせしないと、恰好が悪くなります。ロータリースイッチにつなぐコードのあなです。トレモロユニットとピックアップが入る穴を開けました。これで基板の加工は大体 [続きを読む]