PSP-PAGF さん プロフィール

  •  
PSP-PAGFさん: パーキンソン症候群 闘病記
ハンドル名PSP-PAGF さん
ブログタイトルパーキンソン症候群 闘病記
ブログURLhttp://psp-pagf.hatenablog.jp/
サイト紹介文パーキンソン症候群の内の進行性核上性麻痺の非典型例である純粋無動症です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/11/24 23:06

PSP-PAGF さんのブログ記事

  • overGriveとの決別
  • で、Google DriveのRaspberry PI3用のクライエントである「overGrive」使って、クラウドストレージを構築していた。 しかし、エラーが頻発する様になってしまった。 例えば同じ名前のフォルダーがいくつも作られたり、もっと深い場所にあるハズのフォルダーがマイドライブの直下に来たり・・まぁ、それだけでは無かった。 それは、試用期間の終了である。 2週間の試用期間が終わると、$4.99 を支払って「アクティベーショ [続きを読む]
  • リハビリ364―延長決定!
  • 3月下旬の今日はお彼岸中ではあるが、リハビリの予約日だ。 勿論、お彼岸と病院運営とは、中日が祝日である事を除いて無関係ではあるが、リハビリも含めて外来患者が少ない様な印象すらある。事実、一般外来もリハビリ外来も待っている人が少なく、後者に至っては私だけだった。さて、車を駐車場に入れ、再来受付機で出力される受診案内票を携えた妻を待って、いつものM医師を受診した。 受診後に、患者用の待合椅子で待っ [続きを読む]
  • Raspberry Pi3で、Google Driveを使うには?
  • さて、異なるOS間でデータ交換をするためには、Google Driveを使うと便利である旨は、紹介した。 Raspberry Pi3でWifi接続とBluetooth接続が出来、日本語表示と入力が出来るようになったら、次にチャレンジする事はGoogle Driveに接続する事である。と言っても、Linuxの構文が分かる訳でも無いので、インターネット頼りである。 早速調べると、下記の記事に当たった。   http://mmays.hatenablog.com/entry/2015/12/06/ [続きを読む]
  • 診察201703―2
  • さて、残りの話題は3つのみとなった。(4) 高血圧について 前回も、アムロジピン(5mg×1錠/日)の処方を戴いた。 この間、起床時に140-90mmHgを超える時もあった。 就寝時は、ほぼ正常域だった。引き続き、アムロジピンの処方をお願い申し上げます。(5) 便秘について 前回、センノサイド12mg×2錠を就寝前に服用する様、処方を戴いた。 実際の服薬は、以下の通り。1月○○日の夜、服薬。 翌日に2回の排便あり [続きを読む]
  • 診察201703―1
  • さて、今日はリハビリ後に診察のある日だ。 そこで妻と私は、脳神経内科の待合室に行った。 リハビリ直後だったので疲労もあり、妻が車椅子の使用を提案したので、お願いした。待つ事10分、番号がパネルに表示されたので、私は先程のリハビリで練習した歩き方を、早速実践して診察室に入った。 先ずは、早速のメモの提出である。(1)  前回受診(2017年1月○○日)以降のイベントについて 2月〇日、○○駅前の○○ [続きを読む]
  • リハビリ363―N嬢との出会い
  • さて今日は、診察日である。 ・・と言う事は、リハビリの担当はI士でなく、W嬢! と思いきや、彼女は今日は「お休み」ですって!?! オイオイ、I士と同じ日に休みを取ると、疑われるゼ! じゃあなくてぇ〜・・ 誰が担当するのだろう? と思っていると、見た事のない女性が、   「○○さーん・・ 初めまして! 本日担当させて頂く、Nと申します」と言いながら、マスクを取り、自分の名札を示した。 え? 彼女の [続きを読む]
  • RemixOSの捲土重来
  • さて、BitLocker地獄に遇い意気消沈してしまったが、気を取り直してチャレンジする事にした。再掲になるが、RemixOSとはWindows(やMacOS、Linux)上にAndroidと同等な環境を構築するソフトウェアである。 例えば、私が持っているSurface Pro3はWindowsマシンであるが、その(DOS?)Box上に作るか、USB接続のメモリーから起動出来る様にする事が可能だ。 で、私はマシンの動作環境の変更が少なくて済む後者を選んだ。必要な [続きを読む]
  • リハビリ362―つ、辛い・・
  • さて、3月上旬の今日も、リハビリの予約日だ。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛け、リハビリ室に行き、M医師の予診を受けた。 待合椅子で待っていると、I士が少し早目に声を掛けて来た。そこで、彼の案内でリハビリ室に入り、前回と同じ赤い紐の下がっている台に仰向けになった。 そして、いつも通り脚・腕・肩等のマサージやスチレッチを行った。 そして、いよいよ赤い紐を使っての施術に入った。   ――――――― [続きを読む]
  • リハビリ361―難しい新技
  • 今日は、2017年3月の最初のリハビリの予約日だ。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 そして正面玄関前で降ろしてもらった。 そう、1月下旬にリハビリ室が引っ越してから、正面玄関が最も近い外来患者用の出入り口である。   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/02/23/071008そこで私は杖を突きながら、外来患者用の待合廊下を抜け、エレベータでリハビリ室のある7階に着いた。 エレベータを降りると、直ぐ [続きを読む]
  • Raspberry Pi3 Model Bを買う。
  • で、興味が出て来ると、欲しくなる。 では、どこで、いくらで買えるのか? 同行の烏賊博士によると、インターネット通販でケース入りのを5900円で買った・・と言う。 アキバの秋月電子では、本体(税込み4800円)にケース(1000円)を加えると、同じ位だ・・と言うので、最新のPi3を購入した。 その他、HDMIケーブルも250円だった。 電源は、USB接続のタブレット用を転用しよう。これで動くかと思ったら、USB接続のマウスと [続きを読む]
  • 久々の秋葉原
  • 2017年3月になり、烏賊博士を自称する友人との約束の日がやって来た。 その約束とは、「秋葉原(以下、アキバ)に行って見よう」と言うものだった。 勿論、電車での単独行なので、妻は反対である。 そうは言っても、駅までの送迎はしてくれた。駅では、身障者手帳を見せれば運賃が半額になる・・と思い、見せたら・・ならないのというのである!?! 駅員の説明はこうだ。 私の場合、「介護者がいれば、2人分(本人と介護者 [続きを読む]
  • BitLocker地獄(続)
  • そこで、再びBIOSを呼び出し、「Secure boot control」が[Enabled]となっているのを[Disabled]にしてブートした。 この時は、その後に続く地獄がパックリと口を開けて待っている事等、知る由も無かった。私は何の躊躇いもなく、Yesを選択し、BIOSから抜け出してWindowsの起動を待った。 所が、Surfaceのロゴが水色でなく、赤のバックで現れた。 そして、水色の画面が現れた。 この手の画面はエラーの時に出る・・ イヤな予 [続きを読む]
  • BitLocker地獄
  • 2017年4月になった。(ブログの内容は、2月の下旬である。) 今日から、ほぼ1ヶ月、パソコン関連の話題が出るが、興味のある人には津々に、無い人には「一体何、言ってんの? そんなの、何処が面白いの???」と思われる内容だろう。ま、後者の方々は、PSP-PAGFってこんな事にも興味持っているんだ・・位に思って、温かい目で見て欲しい。(滝汗)   ―――――――――――――――――  さて、前回の抄読会で、烏 [続きを読む]
  • リハビリ360―研修生
  • 2月下旬の今日は、リハビリの予約日だ。 そこで妻の運転で総合病院に出掛け、M医師の予診を受けて待っていると、I士がやって来てリハビリが開始となった。すると、白い作業着の男性が付いてて来た。 台に到着すると、I士が紹介した。   「学生さんですが、一緒にイイですか?」と。 要するに研修生だ。 そして、台に上がって、I士によるストレッチやマッサージが始まった。 途中、I士が研修生に質問した。   「 [続きを読む]
  • 樹を切る
  • 今にして思えば、あんなに植えるんじゃなかった。 当時は、知識も経験も無かったので、ハウスメーカーの言うままに、アパートの植栽をOKしてしまった。 その後の植栽管理の大変さも、分からずに・・妻が父からアパートを相続した段階で、植栽は伸び放題だった。 ツツジの様な低木をヘッジトリマーで刈り、また立ち木の剪定を行い、自分の背の高さに揃えた。 これは結構大変だった。 しかし、当時は発症していなかったので、 [続きを読む]
  • 気功―42
  • 前回の気功の施術からほぼ2ヶ月が経過し、2月中旬の予約日となった。   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/01/30/090735そこで妻の運転で。気功師の自宅へ。 体調は良いが、念のため杖を持参した。 しかし、結果として「お荷物」となってしまった。 つまり、杖は突かずに手に持って歩いた・・と言う事である。 それ程、新しく追加された抗パーキンソン病薬(=ノウリアスト、40?/日)が奏効しているのである [続きを読む]
  • 確定申告とリハビリ359―「柔らかいですねぇ・・」(続々)
  • こうして、初めての器械を用いた訓練を終え、彼は私の歩容を確認しながら、私を広い場所に案内した。 さて、ここからが大変だった。先ず、両足を少し開き、右足を大きく前に踏み出す。 そして両手を右足の前で(米搗きバッタの様に)床に着け、右足を戻して最初のポジションに戻る。 続いて、左足から同じ動作を繰り返す。 この大変な所は、前に出した足を戻す時だ。 前の足で蹴って重心を後ろの足に戻す時に、余程力を入れ [続きを読む]
  • 確定申告とリハビリ359―「柔らかいですねぇ・・」(続)
  • さて、税務署での申請手続きが終わったら、今日はリハビリのある日だ。 車で税務署から総合病院まで、15分程だ。 そこで妻の運転で病院の正面玄関に着けて貰い、先に私だけリハビリ室に向かった。さて、10分程で妻が受診難内票を持って来たので、いつものM医師による予診を受けて、待合用の椅子で待っていた。 するとほぼ定刻にI士が現れ、リハビリ室に向かい、空いている台を探して、リハビリ開始となった。 台に着く途中 [続きを読む]
  • 確定申告とリハビリ359―「柔らかいですねぇ・・」
  • 2017年2月の中旬、2回目のリハビリ予約日である。 そこで妻の運転で、先ずは税務署に寄った。 そう、確定申告書の提出である。 総合病院に行く途中に税務署がある。 実は、我が家の提出は、私の分・妻の分(アパート経営)・長男の分(乙欄のアルバイト)の3人分である。 まだ、提出期間前であるが、税務署は受けてくれる。 (還付請求は、1月4日から受け付ける。)先ず、私の分であるが、株での火傷(配当益を上回る譲渡 [続きを読む]
  • 金冠が取れる・・
  • ここ数日、舌を当てると、口内に尖った部分がある。 それがどうも金冠の様だ。 左上の5番である。 これは拙い・・と思い、いつもの歯科医院に朝一で電話して診察をお願いした。 すると、その日に可能だ・・と言われたので、午後一の3時を希望したら「大丈夫です」と言う。    「(オイオイ、そんなに空いているのかよ!)」と、一瞬、不安がよぎった。 それでも家で歯を磨き、2時50分には到着した。 すると、いつも [続きを読む]
  • 抄読会―19
  • 2月上旬の抄読会の日である。 例によって、自分で運転して○○駅近くの○○学園に行った。 一応、(念のため)杖は持参した。 4階の学生用ラウンジに着くと、学生数人のみで閑散としていたが、到着した烏賊博士曰く、   「今日で、3学期の授業が終わるんだ」と。 どこでも、座りたい放題だ。 そして椅子に座り、彼の手作りのピタ・サンドイッチで昼食を済ませて、本論に入った。   ――――――――――――― [続きを読む]
  • リハビリ358―ダブルブッキング
  • さて2月上旬の今日は、リハビリの予約日である。 I士の都合で、午前11時から・・となっている。 まぁ、午前中は駐車場が混む事が多いので、妻の運転で早めに出掛けた。 それに月初なので、健康保険証の確認や指定難病医療費受給者証の登録がある。私を正面玄関で降ろした妻が駐車場に車を入れ様としたら、まだ40分もある。 いつも20分前に到着するので、時間的に余裕がある。 ・・と思ったら、駐車場に入る車が、脇の道路に [続きを読む]
  • 各処方薬の主観的な評価
  • 2017年の2月になった。 それではここで、1月下旬に処方された薬剤を、「自分なりに」個別に評価してみよう。 現在の処方は、以下の通りである。 (処方開始順、いずれも1日当たり)     薬  剤  効 能   処 方 量   服 用 時 刻プラミペキソール0.125mg抗PD薬     1  錠朝1マドパー配合錠 100mg抗PD薬     0  錠    ―ドプス 100mg抗PS薬     6  錠朝2 昼2 夕2シンメト [続きを読む]
  • 診察201701―2
  • さて、次は私の最関心事だ。(3) 処方について  (処方量は、1日当たり)① 処方を次の様に希望します。    薬  剤           現在      希望  プラミペキソール0.125mg     1  錠    0  錠   ドプス 100mg          6  錠    6  錠   シンメトレル 50mg       4  錠    4  錠   ノウリアスト 20mg       1  錠    1  錠② 理由:前 [続きを読む]
  • 診察201701―1
  • さて、W嬢による目の保養 ・・じゃなかった、リハビリを終えると、私達は歩いて脳神経内科の待合室に行った。 まぁ、リハビリ室が引っ越したので、距離としては近くなったが、念のため持参した杖を使った。 これは、リハビリによる疲労で歩行困難になっても進める様にと、内部障害を持つ者が周囲から「気遣い」を貰うためである。 待っていると、20分程でパネルに番号が表示された。 軽くノックをして診察室に入ると、私が [続きを読む]