PSP-PAGF さん プロフィール

  •  
PSP-PAGFさん: パーキンソン症候群 闘病記
ハンドル名PSP-PAGF さん
ブログタイトルパーキンソン症候群 闘病記
ブログURLhttp://psp-pagf.hatenablog.jp/
サイト紹介文パーキンソン症候群の内の進行性核上性麻痺の非典型例である純粋無動症です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/11/24 23:06

PSP-PAGF さんのブログ記事

  • 樹を切る
  • 今にして思えば、あんなに植えるんじゃなかった。 当時は、知識も経験も無かったので、ハウスメーカーの言うままに、アパートの植栽をOKしてしまった。 その後の植栽管理の大変さも、分からずに・・妻が父からアパートを相続した段階で、植栽は伸び放題だった。 ツツジの様な低木をヘッジトリマーで刈り、また立ち木の剪定を行い、自分の背の高さに揃えた。 これは結構大変だった。 しかし、当時は発症していなかったので、 [続きを読む]
  • 気功―42
  • 前回の気功の施術からほぼ2ヶ月が経過し、2月中旬の予約日となった。   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/01/30/090735そこで妻の運転で。気功師の自宅へ。 体調は良いが、念のため杖を持参した。 しかし、結果として「お荷物」となってしまった。 つまり、杖は突かずに手に持って歩いた・・と言う事である。 それ程、新しく追加された抗パーキンソン病薬(=ノウリアスト、40?/日)が奏効しているのである [続きを読む]
  • 確定申告とリハビリ359―「柔らかいですねぇ・・」(続々)
  • こうして、初めての器械を用いた訓練を終え、彼は私の歩容を確認しながら、私を広い場所に案内した。 さて、ここからが大変だった。先ず、両足を少し開き、右足を大きく前に踏み出す。 そして両手を右足の前で(米搗きバッタの様に)床に着け、右足を戻して最初のポジションに戻る。 続いて、左足から同じ動作を繰り返す。 この大変な所は、前に出した足を戻す時だ。 前の足で蹴って重心を後ろの足に戻す時に、余程力を入れ [続きを読む]
  • 確定申告とリハビリ359―「柔らかいですねぇ・・」(続)
  • さて、税務署での申請手続きが終わったら、今日はリハビリのある日だ。 車で税務署から総合病院まで、15分程だ。 そこで妻の運転で病院の正面玄関に着けて貰い、先に私だけリハビリ室に向かった。さて、10分程で妻が受診難内票を持って来たので、いつものM医師による予診を受けて、待合用の椅子で待っていた。 するとほぼ定刻にI士が現れ、リハビリ室に向かい、空いている台を探して、リハビリ開始となった。 台に着く途中 [続きを読む]
  • 確定申告とリハビリ359―「柔らかいですねぇ・・」
  • 2017年2月の中旬、2回目のリハビリ予約日である。 そこで妻の運転で、先ずは税務署に寄った。 そう、確定申告書の提出である。 総合病院に行く途中に税務署がある。 実は、我が家の提出は、私の分・妻の分(アパート経営)・長男の分(乙欄のアルバイト)の3人分である。 まだ、提出期間前であるが、税務署は受けてくれる。 (還付請求は、1月4日から受け付ける。)先ず、私の分であるが、株での火傷(配当益を上回る譲渡 [続きを読む]
  • 金冠が取れる・・
  • ここ数日、舌を当てると、口内に尖った部分がある。 それがどうも金冠の様だ。 左上の5番である。 これは拙い・・と思い、いつもの歯科医院に朝一で電話して診察をお願いした。 すると、その日に可能だ・・と言われたので、午後一の3時を希望したら「大丈夫です」と言う。    「(オイオイ、そんなに空いているのかよ!)」と、一瞬、不安がよぎった。 それでも家で歯を磨き、2時50分には到着した。 すると、いつも [続きを読む]
  • 抄読会―19
  • 2月上旬の抄読会の日である。 例によって、自分で運転して○○駅近くの○○学園に行った。 一応、(念のため)杖は持参した。 4階の学生用ラウンジに着くと、学生数人のみで閑散としていたが、到着した烏賊博士曰く、   「今日で、3学期の授業が終わるんだ」と。 どこでも、座りたい放題だ。 そして椅子に座り、彼の手作りのピタ・サンドイッチで昼食を済ませて、本論に入った。   ――――――――――――― [続きを読む]
  • リハビリ358―ダブルブッキング
  • さて2月上旬の今日は、リハビリの予約日である。 I士の都合で、午前11時から・・となっている。 まぁ、午前中は駐車場が混む事が多いので、妻の運転で早めに出掛けた。 それに月初なので、健康保険証の確認や指定難病医療費受給者証の登録がある。私を正面玄関で降ろした妻が駐車場に車を入れ様としたら、まだ40分もある。 いつも20分前に到着するので、時間的に余裕がある。 ・・と思ったら、駐車場に入る車が、脇の道路に [続きを読む]
  • 各処方薬の主観的な評価
  • 2017年の2月になった。 それではここで、1月下旬に処方された薬剤を、「自分なりに」個別に評価してみよう。 現在の処方は、以下の通りである。 (処方開始順、いずれも1日当たり)     薬  剤  効 能   処 方 量   服 用 時 刻プラミペキソール0.125mg抗PD薬     1  錠朝1マドパー配合錠 100mg抗PD薬     0  錠    ―ドプス 100mg抗PS薬     6  錠朝2 昼2 夕2シンメト [続きを読む]
  • 診察201701―2
  • さて、次は私の最関心事だ。(3) 処方について  (処方量は、1日当たり)① 処方を次の様に希望します。    薬  剤           現在      希望  プラミペキソール0.125mg     1  錠    0  錠   ドプス 100mg          6  錠    6  錠   シンメトレル 50mg       4  錠    4  錠   ノウリアスト 20mg       1  錠    1  錠② 理由:前 [続きを読む]
  • 診察201701―1
  • さて、W嬢による目の保養 ・・じゃなかった、リハビリを終えると、私達は歩いて脳神経内科の待合室に行った。 まぁ、リハビリ室が引っ越したので、距離としては近くなったが、念のため持参した杖を使った。 これは、リハビリによる疲労で歩行困難になっても進める様にと、内部障害を持つ者が周囲から「気遣い」を貰うためである。 待っていると、20分程でパネルに番号が表示された。 軽くノックをして診察室に入ると、私が [続きを読む]
  • リハビリ357―W嬢、再び
  • さて1月も末に近い今日は、1月5回目のリハビリと診察の、両方がある日だ。 そう、診察日の曜日は、担当のI士がリハビリ外来に不在の事が多い。 ・・と言う事は!?!先ずは、リハビリである。 今回も、代理の医師による予診を受けて待っていると、細面の女性が声を掛けて来た。 そう、以前、施術を受けたW嬢である。   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/01/26/105753受付からリハビリ室に向かう廊下で、W嬢 [続きを読む]
  • 抄読会―18
  • 今日は、○○駅近くの学園(各種学校)で、烏賊博士と自称する友人を訪ねる日だ。 そこで私は、私は車を運転して、約1時間前に出発した。 慣れた道ではあるが、緊張する。 そして、学園に近づくと、駐車場が心配となる。 従来は学園の直ぐ隣のコインパーキングに停めていたが、この頃、「満」となっている事が多く、止む無く遠いパーキングに停め、転倒してしまった事があった。 psp-pagf.hatenablog.jp所で、学園の前の [続きを読む]
  • 胃内視鏡の検査結果は?
  • さて、今日はリハビリ後に、消化器内科にて先日実施した胃内視鏡の検査結果を聞く予定だ。 そこで我々は、エレベーターで1階まで降りて、消化器内科の待合室に行った。 パネルを見ると、2名待ちである。 まぁ、待ち時間は30分だろう・・と思って待っていると、今の患者が終わったその次に番号が表示された。 そう、待っている人を飛ばして、割り込んだ形だ。 まぁ、診療側の指定なので、待っている人の理解は得られるだろう [続きを読む]
  • リハビリ356―新リハビリ室
  • さて、リハビリの話題が続く。 と言うのも、今回のリハビリ予約日を消化器内科の結果説明日に合わせたからである。さて、先ずはリハビリであるが、今回から場所が変更になる・・との案内を受けていた。 引っ越し先は、B館の7階・・と言う。 そこで、私は妻の運転する車を正面玄関で降り、先にB館のエレベーターに乗った。 エレベーターの内側、押しボタンの脇には案内版があり、その7階に「リハビリテーション室(外来)」の [続きを読む]
  • リハビリ355―腰がガクガクと・・
  • 1月中旬にもう一度、リハビリの日が巡って来た。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 そして、いつものM医師の予診を受けた際、右肩が痛い旨を申し出た。 そうなのである、突進歩行から転倒しない様、右手を壁や柱をに突く結果なのである。そして、ほぼ定刻にI士が現れ、空いている台を探してリハビリ開始となった。 一応、私の歩行状態を見て、   「調子イイみたいですねぇ」と評価した。 しかし、M医師による [続きを読む]
  • 映画を見に行く
  • まぁ、掲題は別に珍しい事ではなさそうだが、我々夫婦にとっては結婚して以来、初めてだ。 夫婦で出掛けるのは、病院や市役所、保健所、年金事務所等の諸手続きが殆んどだからだ。あれだけ総動員数や興行収入を誇る「君の名は。」を、夫婦して未だ観ていないのだ。 そこで、インターネットで上映時刻を調べ、朝一の上映に間に合う様に車で出掛けた。 先ずはチケットを購入しなければならない。 ここで、問題はどの組み合わせ [続きを読む]
  • 抄読会―17
  • 学校法人が冬休みだったので、私の友人である烏賊博士との抄読会も久し振りだ。 私は自分の運転で彼が講師をしている○○学園まで出掛けた。 学園の直ぐ隣の駐車場はまたしても満車だったので、道を挟んで反対側の駐車場に停めた。 そこで、私は「念のため」に持参した杖を使う事とした。少し早めに到着したので、4階のラウンジで待った。 時間になったので、私が既に到着した旨を彼にメールしようとしたら彼が現れた。 彼 [続きを読む]
  • リハビリ354―薬効の認識
  • 今日は1月中旬、リハビリの予約日である。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 M医師の予診を受けて待っていると、I士が声を掛けて来た。 体調は良かったが、妻のアドバイスに従って、杖を持参した。さて、I士は空いている台を探して、私に台の上でストレッチを施して行った。 先ずは、復習である。   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/01/16/084406彼は、開脚ストレッチをやろうと思い、両脚を135°以 [続きを読む]
  • 1年振りの胃カメラ
  • 2017年(平成29年)最初の行事は、胃カメラである。 去年の末に予定を入れたのである。   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/01/28/072659さて、正月休み明けは病院が混むので、駐車場に空席を見つけるのが難しい。 そんな経験があったので、30分程早目に家を出た。 勿論、妻の運転である。 しかし、現実には駐車場は空いていた。 恐らく、全科予約制になったからだろ。 しかし、それは後から知った事。 万 [続きを読む]
  • リハビリ352―「私がIから聞いたのは・・」
  • 今日は12月の下旬、2016年最後のリハビリの予約日だ。 私は妻の運転する車で総合病院に着いた。 予診を待っていると、いつものM医師とは異なる声が聴こえてくる。 私の順番になり椅子に腰掛けると、案の定、代診であった。 すると、色々と訊いて来るのである。 まぁ、医師自身に医学的興味があるとも思えないので、きっと気を遣っているのであろう。 もしそれだけなら、気遣いは不要である。 例えば、   「どうです [続きを読む]
  • 歯科健診と抄読会―16
  • 12月も下旬になった。 今年もあと残り僅かとなった。 そんな今日は、午前中歯医者に行き、午後から烏賊博士と抄読会に行く日だ。 妻は歯医者は別の日にしたら・・と言ったが、丁度、エピオスウォーター(口中殺菌剤)も切れたので、行く事にした。 そして、午前9時の予約に間に合うよう自宅を出発し、8時50分頃到着した。 すると、歯科衛生士のA嬢が玄関を掃除し、スリッパを拭いていた。 私の姿を見ると、彼女は掃除を切 [続きを読む]
  • 診察201612―2
  • すると、F医師は私の方を向いて、   「副作用は、ありましたか?」と訊いた。 私が、   「ありませんでした。 が、夢を見る事が多くなりました。」次の様に答えると、F医師は先の厚いマニュアルのノウリアストの副作用の欄を示した。 そこには、「幻視、幻聴・・」の文字があり、   「まぁ、脳の活性レベルを上げますから・・」と説明した。   ―――――――――――――――――さて、残るは、処 [続きを読む]
  • 診察201612―1
  • 予定より1週間早い診察である。 予約外なので、通常の診察順は全予約患者が終わってから・・と言う事らしい。 まぁ、看護師は、   「先生の診察が空いたら、途中に入れますねぇ」と言うが、それはリップサービスであり、予約外患者の診察は、既述の通り普通は最後になる。と思って、科の前の椅子に腰掛けて待っていると、1時間程で受付番号がパネルに表示された! まだ患者が2人程、待っているのに・・そこで我々 [続きを読む]