タリン さん プロフィール

  •  
タリンさん: シュリーマンと木馬の王女さま
ハンドル名タリン さん
ブログタイトルシュリーマンと木馬の王女さま
ブログURLhttp://ameblo.jp/yliopist16
サイト紹介文英語のできない多言語翻訳者、シュリーマン越えをめざす
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供527回 / 365日(平均10.1回/週) - 参加 2013/11/26 02:00

タリン さんのブログ記事

  • ちょっと心配
  •  1年ほど前、腎機能検査値が悪くて一時は打つ手なしかと思われたくのいちが奇跡的に回復した。  ここ数日食欲がないので連れていったら、腎機能検査値がまた悪化していた。  また、戻ってくれればいいが、、。昨日から入院。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • スマホ認知症は対岸の火事か
  •  とうとうスマホ認知症という言葉が出現した。  なんでも、検索、ナビに頼り、自分で何ひとつ考えない。その結果、思考力が低下する。  もう10数年以上も前、ある用語を採用した理由に、ヒット数がいちばん多かったことを挙げた人がいた。翻訳は多数決ではない。その用語の整合性とか、意味領域の問題とかに関する言及がまったくなく、ひたすら数なのである。  「生成される」はありえないという主張に対して、「ごくふつうに [続きを読む]
  • 再起への第一歩
  •  中国マスターズ陸上の受付証が届いた。  5月の岡山マスターズ陸上は、左足が自由に動かなかったので、競歩は諦めて砲丸投げに出た。今でもまだ左足に神経が通っていない部分がある。  まずはリハビリと思っていたが、人は目的のないリハビリはできない。  めざすものがあるから、リハビリもしようという気になる。  自己最低記録の更新になることは目に見えている。もう、記録は問題ではない。  それにしても、一枚の紙が、 [続きを読む]
  • 2回目の本曜日
  •  今月から「新たに設けた」曜日、本曜日  どうやら定着しそうだ。  こうやって積んでいるのは、一気に攻略したい「苛ち」のためかも、、。  私がヤパノバンクと名づけている表現集、また少しずつ増えてゆく。  船やコーヒーなど、比較的蓄積が少なかったものに、ひとつずつ加わった。  コーヒー さめたコーヒーの水面に丸い輪の波ができている 中沢      コーヒーが黒い筋となって泡のなかに注がれる 「狙われたキ [続きを読む]
  • 自然なより端正な、これからはこれで行くことに
  •  ただ生き残るのではなく、どう生き残るか。  それを考えるとき、浮かんでくるのが自然な日本語、。  めざすものは本当にそれでいいのか。  以前、某翻訳講座でしきりに「自然な日本語」を口にしていた講師がいたが、模範とされる訳文はちっとも自然ではなかった。  自然はけっしてめざすべき理想にはならない。 ひとつには、自然であることを基準にすると、主観の入る余地が大きくなる。もうひとつには、自然が必ずしもい [続きを読む]
  • 中途半端な英語より、一葉を読む豊かさを
  •  昨日、新聞広告で中央公論の「英語一強時代、日本語は生き残るか」の件を見て、これはどえらいことになったと昨夜、アマゾンで注文した。  今日着くはずのが、なかなか届かない、  ヤマト、  佐川  安倍の下っ端  3回も来たのに、全部ちがう。  6時半になってやっと届いた。  じっくり読まねばならないが、この一節が気にいった。  「中途半端な英語より、一葉を読む豊かさを」  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 頭数を揃えたら
  •  タイ語の合格で頭数はかなり揃った。  2週間後にべトナム語の発表を控えている。取りこぼしがなければ、これで8  まだ資格を取っていないのが2つあって、今年中に10にまでもっていける。  まあしかし、頭数を揃えるのが目的ではない。  ひとつでも高いところに行くのが目的。  そろそろ、もっと上を目指す時が来ている。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 7言語目は豪快に
  •  タイ語検定の結果が届いた。  これまでなかなか取れなかったタイ語の資格、級を落としての受験、豪快に88点をたたき出す「圧勝」だった。  4級は前より点を伸ばしたものの、65点で5点届かず。  諸手を挙げて喜べないが、まずは安堵。 [続きを読む]
  • 朝を迎えて
  •  こんな仕事をしていると、曜日がなくなる。  あるのは資源ごみを出す日、普通(燃える)ごみを出す日、プラごみを出す日。  1週間は、無名曜日、瓶(缶)曜日、燃曜日、無名曜日、プラ曜日、燃曜日、無名曜日から成っている。  そこに本曜日を設けたことで、少しは明るくなったかな。  積み上げていたメモもデータベースに入力することができた。  本曜日から一夜明けた朝なんで初めてのこと、格別の朝である。   髪をま [続きを読む]
  • 本曜日
  •  この6年は、長い間読めなかった本を読めるうになった2年、長い間書けなかったことをかけるようになった2年、長い間勉強できなかった語学を勉強できるよになった2年だった。  語学はまだまだ宿題を残している。  あれもこれもやろうとしても、時間の配分とかがうまくいかない。  そこで、週のうち1日はどんなに時間が取れても、語学の勉強をせずに、読んで書く日をつくることにした。木曜日が本曜日。簡単に変換できてしまった [続きを読む]
  • 突然死
  •  1ヵ月ほど前、電池が切れて入れ替えてもらったのだけれども、数字が掠れて表示され、見てもらったら、一部がさびているとのことだった。 直してもらって文字の一部が薄くなるだけで、機能していたが、昨日突然いっさいの文字が消えた。  停表(ストップウオッチ) 機能があり、一圏所需要??(ラップタイム)も取れてけっこう重宝していた。思えばもう10年以上も使っているかもしれない。  長い間、ありがとう。  今日も [続きを読む]
  • 届け、あと8人
  •  秋に台湾ツワーがある。これまで何度か行ったことのある者でも食指が動く内容で、気功体験もあれば、めったにいけない有仙气的地方訪問もある。  ぜひとも行きたいが、最少催行人数(18人)の壁がある。  内容が内容だけに很?。  冬に行った埃及(エジプト)が11日に対して、今回は4泊5日。費用は43%  それでも18人のうち10人集まっている。  あと、8人、届け、  さて、有仙气的地方、わかりますでしょうか。やはり、英 [続きを読む]
  • 今月の順位 2017.7
  •  今月は検定資格取得言語数が6から8になる可能性がある。  合格級によっては来月また変動があるかも、、。  1.スペイン語 通訳案内士 2.日本語 3.フランス語 4.イタリア語 準2級 5.韓国語 準2級51点 6.ドイツ語 3級 7、ロシア語 3級 8.中国語 4級 9.タイ語 4級64.3点、3級29点 10.ベトナム語  11.インドネシア語 D級、C級40点 12.フィンランド語 13.ルーマニア語 14. [続きを読む]
  • 新生人4歳5ヵ月
  •  4歳5ヵ月と言えば、母語ならかなり話せるようになっている年頃ですね。  このところ、大きかったのはベトナム語を一気に押し上げたこと、中国語の壁もこれで破ったかなと思えること。(壁というのは、ある一定の水準を超えると、少々放っておいても、そう簡単にゼロに近いところに戻ってしまわないところがって、それを超えることかな)  でも、いちばん大きいのは気持ちの整理というか、目指すものの整理がついてきたこともし [続きを読む]
  • 品のない用語の防波堤となることこそ翻訳者の使命
  •  we are nonhuman primates. でも、非ヒト霊長類などという品のない言葉で呼ばないで、、。  きみたちだって、非白人人類って呼ばれたら、めっちゃ気分悪いでしょう。 ネットで検索したらありました。そう言う人が多い。  英語で nonhuman primatesとあれば、だれかが非ヒト〜という訳を考えてネットに載るのは必然。それに押しも押されもせぬ用語としてだれもが受け入れているのなら、検索上位に並ぶはず。たまたま私が検索 [続きを読む]
  • 1年前の無謀
  • FBでは、1年前の「思い出の記事」が自動的に出てくるようになっている。  ブログでも、自動的にとはいかないが、ちょっとそれを取り入れてみよう。 なるほど、この時点で「無謀」と書いている。  その無謀が3週間後には無謀でなくなった。  [1年前]  インドネシア語検定試験の以前の問題と参考書が届いた。 こういうものはふつうの書店では買えないので、今まで存在を知らなかった。 こんな無謀なことをしていいのかと思 [続きを読む]
  • 企画書大詰め
  • 冠詞というものが、理屈ではなく感性で、感覚で、右脳で、体で捉えることができれば、  これまで学校の勉強ができなかった人でも、英語が苦手だった人でも、英語の得意な人より優位に立つことができる。  そんな思いでずっとやってきた。  世に問うための企画書、いよいよ大詰めを迎えた。  難解な文法用語をちりばめた説明、これではだれだって冠詞なんなわかるようにならない。  冠詞を感性で、右脳で捉えることができれば [続きを読む]