qtrick さん プロフィール

  •  
qtrickさん: ガンガンいこうぜ!!
ハンドル名qtrick さん
ブログタイトルガンガンいこうぜ!!
ブログURLhttp://qtrick.com/
サイト紹介文ライフログ、ランニング、タスク管理、営業、起業、iPhone、ガジェット!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2013/11/26 15:11

qtrick さんのブログ記事

  • 無能と幸せ
  • 合宿行く前から薄々感じてたけど自分はなんて無能なんだろうなと思う。「素直に全部にイエス!」と言っていたら成果はどんどん出るけどやればやるほど師匠に追いつけない、師匠は化け物だなと感じる気持ちが大きくなる。魅力で人を惚れさせていく、無敵にするのは本当にすごいなと思う。かたや自分は成果結果は出るけれど揉め事やトラブルがセットでついてくる。成果結果に比例してトラブルのレベルが大きくなっていてどうしたらい [続きを読む]
  • 光と闇
  • 闇があるから光がある。同様に光があるから闇がある。失敗があるから成功がある。成功があるから失敗がある。片方だけ、欲しい方だけを手に入れることはできない。究極、今世なんてどうでもいいじゃないと思えればすべて小さなこと、どうでもいいことだと思える。とはお師匠様は言ったけどなかなかそんなに簡単には思えない。できれば傷つきたくないし失敗したくないし守りたくなる。守るというのは自分を守るという意味もあるけど [続きを読む]
  • らくにならなくていい
  • 楽になりたいと思うからしんどいのであってもう楽になんてならなくていいと思ったらおそるるに足らず。という悟りの領域には簡単には入れない。自分より、もっと大変な人はたくさんいる。自分なんてたいしたことない。なんなら自分の人生なんてどうなったってかまなわい。色即是空、世の中は空である。すべて移り変わる。私達は不二である。相手と私は一緒である。これもそう思えたらいいのだけどなかなかうまくいかないね。 [続きを読む]
  • 四にあほう
  • 一緒に霊山修行に行った人の紹介でこの本を読んだ。この本はこの1300年で2人目の大峯千日回峰行を満行された塩沼亮潤さんの書籍で大峯千日回峰行は興味があれば調べてもられえばと思うけど山の中48キロ連続1000日間歩き続けるという行で途中で行をやめざるを得ないときはもし途中で止める場合は短刀で腹を掻き切るか、紐で首をくくり、命を絶たなければならない。しかも大峯千日回峰行が終わればさらに厳しい「四無行」 [続きを読む]
  • 覚悟を決める
  • 覚悟を決めるのは時間がかかるけど決めたら早い。何があってもやる。まるでブルドーザーのよう。その場でできることはその場でやっていく。ガンガンやっていく。多少確実じゃなくても間違っていてもメンバーが指摘してくれるし、さいあく間違っていたら現実がフィードバックしてくれる。失敗がこわいから進まないんじゃなくて 傷ついてもいいから前に進むそんな自分でありたいな〜 [続きを読む]
  • 手に入れたものを失うことを恐れるな
  • 人は手に入れたものをうしなうことを恐れる。あらゆる喪失へのおそれ。手に入れたものというのは、たとえば、いのち。一度この世に生まれた人間は例外なく死ぬわけだから一度生まれたらかならず死ぬ。仏陀が出家した理由は、生老病死から避けられないくるしみからと言われている。人間が避けられない生老病死。生きること老いること病むこと死ぬことどんな人であっても避けられない。人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如く [続きを読む]
  • 一回降りなさい
  • 「一回降りなさい」と言われているようでいろんなプロジェクトがスムーズには進んでいかない。だいたい課題がある。今日は朝まで仕事して仮眠して午前から横浜で仕事して帰ろうと思って品川方面に乗り込んだら全然知らない駅だと思って降りた。そしたら間違って東神奈川までが一緒の八王子行きに乗ってたみたい。道に迷わない方だけどJR東日本と横浜が絡んだ時は想定外が多く、昔、社会人になって、大阪から上京してきて、渋谷とか [続きを読む]
  • なるようにしかならん
  • どうも僕には不安なことがあったとき、最悪のケースを具体的に考えて、そうなった場合にどうするか考えて備えておくことで気持ちが楽になるらしく、その性質は知っていたのでできるだけ具体的にするようにしていたのだけどそれでもまだ足りなかったみたい。徹底的に具体化してさらにそうなったときにどうするか、そして、世の中を見てみるとそんな課題よりも大きな課題をクリアしている人達がいて、ちょっと検索したらたくさん出て [続きを読む]
  • トイレで泣いた場所
  • たまたま今日の仕事の場所は入社前研修で使われた会場だった。この会場はとても感慨深くて社会人になる前に徹底的に否定された場所。正直どんな研修だったのか覚えてないけどあまりにきつくて深夜、トイレで泣いていたのを覚えている。何回も人生終わりだと思ったことはあったけどトイレで泣いたのはこの時だけじゃないかなぁと思う。社会人が始まったのはこの場所から。「今は落ちろ」と言われている気がする。一度登ったら、次は [続きを読む]
  • 結果よりプロセス?
  • 昔は、というか今もなんだけど・結果を出さないと生きている価値がない・人の役に立ってないと生きている価値がないと根本では思っているんじゃないかなと感じていて、人の役に立っている時や、売上など成果結果を叩き出しているときはすごい嬉しいし生きていて楽しいのだけど、成果結果が叩き出せないときやましてや人に迷惑をかけてしまっているときは本当にくるしくて消えたくなる。一心不乱に挽回しようとしても見えない不安や [続きを読む]
  • やれることやっていくしかない
  • うまくいかないことはなぜか連続するイメージがあって、これはお知らせ現象だと思っている。「そのままじゃダメだよ。苦しいから今気がつきなさい」と言われているような印象。で、これをするためには今までの自分の当たり前を崩す、やめる必要があって、これまでやってこなかったこわいことをやらなきゃいけない。自分の中の非常識に挑戦しないといけない。手が震えるし足はすくむけど、それでいいんじゃないかと思う。諸法無我、 [続きを読む]
  • 一気に空気が変わる瞬間
  • 今日は東京セミナー。セミナーはいつでもドキドキする。圧倒的なライブ感。参加する人が違えば全然違う会場になる。だから一つの会場でうまくいっても他の会場ではうまくいかないから、あまり楽することはできなくてエネルギーは消耗する。なかなか火がつかない会場が講師のある一言で熱を帯びることがある。なかなか火がつかないこともあるけどそれはそういう体験をしろってこと。悩ましいねー [続きを読む]
  • ただただ力不足
  • 福岡、大阪、名古屋と続いた出張を終えて、いま名古屋から品川行きの新幹線に乗り込みました。今回の出張ではただただ自分の力不足を感じる毎日で、プロデュースさせてもらっている方の力やポテンシャルを考えるとこんなもんじゃないんだけどそれを引き出せないのは自分の力不足だなーと思うと本当にまだまだだなーと思う。でも、それはそれでまだまだ自分はできると思っているということだから伸び代はある。課題もたくさんある。 [続きを読む]
  • 大阪へ
  • From:大阪のホテル、セミナー会場から昨日はセミナー初日、いろいろ改善していくポイントなどを打ち合わせしてホテルへ戻ったのが24時くらいだったかな?ホテルに戻る前にコンビニに寄ったら「からつバーガー」なるものがあるらしく、ああ、博多に来ているんだなぁと思った。とはいえもう食べる気力がなかったので「からつバーガー」は食べなかったのだけど「ここでしか体験できない」こと、限定性を打ち出していくのはマーケテ [続きを読む]
  • 代償の先払い
  • 今日も福岡から。一生懸命やっていてもうまくいかないときはうまくいかない。まあそういう経験をしろってことなんだと思って目の前の仕事を一生懸命やっていくしかないかなーと思う。代償の先払い。快楽の先請けをするか、代償の先払いするか、いまがつらければうまくいっている。つらいとき、苦しいときにこそ笑う。笑う門には福来る頑張っていきましょう。 [続きを読む]
  • 出張で福岡へ。そして仕事ラッシュ
  • いよいよ次のプロジェクトの本番が始まる、ということで福岡入り。とはいえ仕事が立て込んでいて打ち合わせも続いていてあまり福岡を楽しむことができないのだけど意地でも屋台だけ観に行って軽くごはんだけ食べてきてホテルでずっと仕事をしている。福岡にはもう1ヵ月に1回くらい来ているので新鮮感はなくなってきた。これくらいの領域になってくると、慣れてくるけど、これにはメリットとデメリットがあると思っていて、デメリ [続きを読む]
  • 麝香猫の珈琲
  • 今日は午前中から商談で移動を始めたらなんとJRが山手線も京浜東北線も停電で再開の見込みが立たないとのこと。まあしょうがないなー、誰に原因があるというわけでもないし、と行き方を変えて、目的地に向かう。でも、早く出ていたからあまり遅れることもなく到着。早めに動いておくって大切だね。商談先では「世界一高いコーヒー飲みませんか?」と、麝香猫の珈琲、(ジャコウネコのコーヒー)を、いただく。写真のコーヒー一杯で [続きを読む]
  • もう山に戻りたくなっている
  • 二泊三日の寺合宿。あまりの苦痛に気絶する人が出るくらいだったけどあの凛とした空気と、真剣にやってなかったら命とるぞ、というギリギリ感、下山した今となってはすごい心地よかった、、、ああいうスパルタというか自分を追い込む感じとか限界を超える感じとか結局好きなんだろうね。求めてるから結局波乱万丈も出来事も引き寄せられる。乗り越えられないものなんてないから一生懸命やっていこう。 [続きを読む]
  • 一生懸命やることは力任せにやることだけではない
  • 宿坊合宿の振り返り。「一生懸命やる」こと。これが人生をよりよく生きていく、才能を開花させること、成功することにつながると思っていた。で、今まで僕の中での一生懸命っていうのは、どちらかというと、「剛」のイメージで、・うりゃー!・死ぬ気でやらんかい!・気合いでやれー!・死ぬほど働けやー!みたいな、まあ体育会系もひいちゃうんじゃないかな、みたいなマインドだったんですが業の中で五体投地という業があって、肉 [続きを読む]
  • 宿坊合宿
  • 合宿が終わって先ほど東京に帰ってきた。痛みで気絶する人もいるわ、足がちぎれるかと思うくらい激痛になるわ、でハードだったけど、得るものも本当に大きなものだった。あとはこれを実践で落とし込んでいこう [続きを読む]
  • うまくいかないときほどうまくいっている
  • From:奈良の山からいやーきつい。仕事もプライベートもハードな出来事が起こっていて、結構影響を受けている。そしてそんな中肉体的にも結構ハードな感じでいろいろ事件が起こっている。一生懸命やっていることがうまくいかないとき、良かれと思ってやったことが悪い方向に行ってしまったとき、自分の力ではどうしようもないことが起こったとき、すごい無力だし、無能だなーと思う。そんな中、帝王学の一説をたまたまノートを見た [続きを読む]
  • 二刀流
  • 関西に来ています。常にWindowsとMacのノートパソコンを二台持っている。人によっては信じられないと言われるし、ぶっちゃけ重いけど、やっぱり二台持ちは外せない。理由の一つは、Macでしか使えないソフトや、Windowsでしか使えないソフトがあるから。Macの中にWindowsをインストールする方法があるっていうのも知ってるけど、一つの中に全部突っ込んでしまおうという考え方より、一つの目的のものを、美しくシンプルに使うという [続きを読む]
  • How wonderful!
  • 「感情を動かせ」とはよく言ったものだと思う。とは言ってもマーケティングで言われるような、相手に商品を買わせるために、相手の感情を動かす、ということではなく、「自分の感情を動かす」ということ。水を飲むだけで「なんて美味しい水なんだ!」息子が普通に生きてくれていることに対して「生きているだけで、なんて奇跡的なことなんだ!」ということ。実際、小児病棟に勤めている医師や看護師さんはどれだけ努力を尽くしても [続きを読む]