qtrick さん プロフィール

  •  
qtrickさん: ガンガンいこうぜ!!
ハンドル名qtrick さん
ブログタイトルガンガンいこうぜ!!
ブログURLhttp://qtrick.com/
サイト紹介文ライフログ、ランニング、タスク管理、営業、起業、iPhone、ガジェット!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2013/11/26 15:11

qtrick さんのブログ記事

  • 地獄は豊か
  • うまくいっている経営者とうまくいっていない経営者の違いは物の見方の差。同じ景況でも成果を出している企業と倒産している企業がある。人生を豊かに生きている人と地獄だと感じて生きている人も物の見方の差。まあどれだけきつくても本人が楽しんでいたら最強だしね。 [続きを読む]
  • ジェットコースターのような人生を楽しめ
  • ジェットコースターのような人生を楽しむつまり、いろんな体験をしてそしていろんなアップダウンを経験する。人生はうまくいくことばかりじゃないし、うまくいくことの方がすくない。うまくいかなかったときにやめるのか、つづけるのか、その違いでしかない。どんなことがあってもやめない。究極的にはそのしつこさなのかなぁと思う。仕事ができないときからしつこさを褒められることが多かったけどたしかに才能がない人が成果結果 [続きを読む]
  • 落ち着かない
  • どんな時でも冷静に。何があっても走らない。ということは木坂マインドとして意識しているのだけどあっちゃこっちゃで新規プロモーションが始まったり想定外の出来事が起こったりするとさすがに落ち着かない。あー、最悪のケースを考えておくとこういう影響があってそれに対応する策はこんな感じかな?と思うのだけどこれって密教的には未来のことを考えて不安になっているんだよなと思う。これはあまりOKとされていなくて壊れると [続きを読む]
  • コンクリートジャングル
  • あついー本当あついーあついとやる気出すタイプだけどさすがにこれはあついーそんな日に限って五アポとかで完全にバテたーまあでもようやくかえってきたのでこれからゆっくり仕事ができるそれにしても全力でやっていてもなかなかうまくいかないときはうまくいかないね算命学的にはうまくいかなくて運がいいって時期だけどいろいろ丁寧にケアしているつもりで相手に伝わっていないのは結構へこむ。けど、それくらい乗り越えて全力で [続きを読む]
  • さくっと失敗しようよ
  • 最近いろんなプロジェクトをやっていて学んだことがあって、事前にどれだけ時間をかけたとしてもダメなときはダメだし、全然時間かけてなくても上手く行くときはうまくいく。結果が出るかどうかは運だってこと。運だからこそ、とにかく量やったほうが良いと思う。質×量って言われるけど質を上げるのって難しいしそんなすぐに質は上がらない。と、思っていたときに帝王学の講義の音声を聞き直していたら大企業の社長が「考えて動け [続きを読む]
  • ザ、ギフト
  • 青春時代、めちゃくちゃよく聞いてたハイスタが新しいアルバムを出すらしい。社会人になってから新しいアルバムが出るとか音楽でテンションが上がることはなかったけどこれはさすがにテンションが上がる。ひさしぶりにエレキギター買い戻して弾きたくなるレベル。あー楽しみだなーP.S.今日の曲はこちら本当によく聴いたしよく弾いた [続きを読む]
  • 偶然
  • 本気で生きているといろんなことが起こる。「頼んでもうまくいく確率は少ないかなー」ということが意外とうまくいくこともあるし、「外部から良いアイデアは出ないだろうなー」というときに期待していないところからポーンとアイデアをもらったりする。「いつか行きたいなー」というレストランがたまたま1軒目の店の目の前にあって一緒にいたメンバーがそのお店の方と知り合いで入店する交渉することができたり。自分の常識ではわ [続きを読む]
  • 幸せは近くに
  • 今朝、奥さんに水族館行こうとお誘いを受けたけど前日というか今朝も朝方まで仕事してたくらいだから仕事がたまっていて、「今日はちょっと難しいかな」と伝えると息子と二人で行くということなのでちょっと申し訳ないと思いながら見送った。で、お昼頃水族館から帰ってきて今度は「商業施設に買い物に行きたい、所要時間は1時間くらい」ということなので午前中の罪悪感もあって買い物へ。今日は帽子を見たいそうでいろんな店へ。 [続きを読む]
  • 鍛える経験
  • 今日は次のプロモーションについての打ち合わせ。色々と売れるためのアイデアを出して打ち合わせをしていくのだけど、すこし前の自分と比較してよくするためのアイデアが以前よりたくさん出てくることに気づいた。こう考えると当時は苦しくても後で考えてみれば豊かな経験だったなと思う。ハードな経験があったからこそ今があると思える。経験があることは強い。とくにこの半年でこれまでの人生でいちばんの山を越えた感覚があるの [続きを読む]
  • 思い通りに、ならなーい!
  • 写真は終電後の踏切。なかなか日中はバタバタして落ち着いて仕事ができないので落ち着いて仕事かできるのがこの時間になってしまう。このおだやかな風と静かな雰囲気はとても好きで考え事をするにはとてもいい感じ。さて本題へ。人生は思い通りにならない、という話。密教思想では「人生は苦に満ちている」と表現する。「苦」は現代の僕たちが一般的に感じる「苦」ではなくて、思い通りにならないことを「苦」と表現する。「思い通 [続きを読む]
  • 何を捨てるか
  • 何を大事にして、何を捨てて、何をあまらせるか。今日新しいプロモーションがスタートして今のところ悪くない感じ。でもこれだけやってるだけじゃダメで、並行して次のプロモーションを考えなきゃいけない。で、次のプロモーションを考えていると、仕事なので、ここでは何に予算のどの程度を分配するか、投資をするか、という話になる。広告費の割合を高めにするのか?高めにして適正なリターンはあるのか?広告と言ってもいろいろ [続きを読む]
  • やったるばい
  • 「本当は自分はどうしたいのか?を常に内省せよ。」そして、自分が何者か、ということを探っていくのが本当の自分に近づいていくための重要な一歩。で、そこに近づくための視点は「感情が動く出来事」だと思う。小野さんいわく、「殺し屋のような冷たい眼をしている」という僕だから感情が動くことはたぶん普通の人よりすくないのかな?まあでも心の世界や哲学を探求するようになってから激しい嫉妬の炎に焼かれたり、悔しさに涙し [続きを読む]
  • 課題
  • この一週間、血管が切れるかと思うくらい我慢しきれないことがあって、「この人はどれだけ恩知らずなんだ」と思ったけど、この人は自分じゃないからしょうがない。そして、今日は会社を独立してから1年間の中で感情が我慢しきれなかった日だった。独立して、なかなか殻を破り切れないときに「わかった、もう死んでもいい!」と命を賭けてから、成果が出るようになった。そこからあまり仕事に関して困ることはなくなったけど過去の [続きを読む]
  • 仕事してなさそう
  • 仕事がマーケティングプロデュースという仕事なのでいろんな人や物をプロデュースして世の中に拡がっていくように売れていくようにするのが仕事。で、それはどういう感じかというと会社に出社するんじゃなくてパソコンかスマホがあれば大丈夫で、だいたいチャットワークというアプリを開いて仕事をしていて、そこでチームメンバーに各依頼をお願いしたり、進行をチェックしていたりする。そうすると、主な仕事はプランニングと現状 [続きを読む]
  • 自分のことは自分で!?
  • 進行中のプロジェクトの後処理とこれから始まるプロジェクトの追い込みと一年で売上を6倍にしてやろうという目標と、息子が初めて39℃台の熱を出したということでバタバタしている。さすがに息子の初めての高熱はどうしてあげたらいいのかよくわからなくてかかりつけのお医者さんに行ったり奥さんが看病してくれて、その結果もあって今日はすこし熱が下がっている。(まあほとんど大変なのは奥さんなのだけど)ただやっぱり息子 [続きを読む]
  • できない!
  • 写真は7月7日七夕と、結婚記念日ということでホテルに外食へ。するとホテルのロビーに願い事の笹が飾ってあって、いろいろな願い事がかけてあった。面白かった願い事があったので写真を撮ってみた。北川景子に近づけばいいなぁと感じる反面、自分以外の人間になろうとしているのはしんどいだろうなぁと思う。(まあ笑いを取りにいってるだけかもしれないけど)さて、そうすると大切なことは「内省」で「自分は本当はどうしたいの [続きを読む]
  • 「はは、結膜炎ってやっちゃね。」
  • 「なんじゃこりゃー!」これは東京在住30代前半の男の魂の叫び。というと大げさだけど、朝起きたら左眼がめちゃくちゃ赤くなっていた。「はは、結膜炎ってやっちゃね。」正直なところ以前結膜炎になったとき、近所の眼科に行ったら80代くらいのおばあちゃまでなんかめっちゃ怒られた記憶があるので眼科には行きたくないのだけど、違う眼科に行ってみた。そしたら「コンタクトですか?」「レーシックです」と言った瞬間からやたら風 [続きを読む]
  • 基本の積み上げ
  • トップランナーは基礎を積み上げた人でしかない。トップランナーは決してすごいことを毎日やっているわけではなくて地味な基礎を信じられないくらい高いレベルで継続している人のこと。陰陽五行のお師匠様が言っていたけど、とある会社の経営幹部との食事で出てきたのは「〇〇さんは見た目キレイだし受け答えも良いんだけど一回も食事をご馳走した御礼を言われたことないな」「▲▲さんもなんだよね、こういうのは親と社会人になっ [続きを読む]
  • 想いを分かち合う
  • 「想いを分かち合う」お互いが何を考えているのか、心の底では本当はどうしたいのか?表面のことではなく、肚の底で何を考えているのか?肚を割って話す。これは大事なんだけど、そういう想いは両者が必要なわけで片方だけが肚を割って話す覚悟を持つだけじゃうまくいかない。自分だけで完結することはすくない。その時、必要なタイミングで必要なことが起こる。 [続きを読む]
  • 集客は旅
  • 「集客は旅。集客でうまくいくのは100個くらい施策を打ってうまくいくのは1個くらい」と言っている社長がいて、「そうだな」と思った。FAXDMとか郵送DMとかも、「1000配信して1つ反応してちょうどいい感じ」っていうくらいだから感覚的にはそんなものだと思う。マーケターは必殺技のようなもの、1発で成功させる施策、技術を手に入れようと思いがちだけど実際にはそんなことにならない。「1発で成功させる」という勢いのものを [続きを読む]
  • DiSC続き
  • DiSC理論の続き。タイプを見た目で判断できるとはいえ、見抜くには鍛錬が必要なので身近な人たちや街を歩いていて出会う人達のタイプを考えている。で、昨日の記事みたいに身近な人のタイプを言ってみたら、的中率はだいたい半分だった・・こちらは8〜9割当てにいくつもりだったから5割の的中率はすこし落ち込んでしまうけどこれは鍛錬が必要ということでもあるし逆にモチベーションが上がる部分でもあるけど、結構面白いことも [続きを読む]
  • DiSC理論
  • DiSC理論という人間のタイプ判別の講義を受けた。これは人を見た目でどのタイプに属するか判断することができて、(タイプ判別する質問があってそれに回答した方が精度が高いけどトレーニングすることで見た目の判断でもほぼ間違わないらしい)その人が求めるコミュニケーションをして、人間関係を円滑にしたり、相手に理想の行動をしてもらったり、初めての商談で成約率を高めたり、そんなことができるみたい。こちら側が相手に伝 [続きを読む]
  • 人間は運命に支配されているのか、自由意志によって生きているのか
  • 木坂さんの歴史学、地政学クラス。今回のテーマは「主観と世界」・日本の飛行場においては、出国免税店は認められているが、入国免税店は認められていない・なぜか?という内容からスタートして、最終的には人生をどう捉えるといいのか、という内容だった。木坂さんは東洋的なものも含めて統合してるけど学術論文、書籍、哲学なども含めて西洋的なものがベースになっている印象を受けていてもう一つ、通っている陰陽五行論の方は東 [続きを読む]
  • 恋の中央特快高尾行きは止まらない
  • 神田で中央特快高尾行きに乗り換えて新宿方面へ。むかし、好きだったテキストサイトの言葉で「恋の中央特快高尾行きは止まらない」という一節があって、なぜかこの言葉が記憶に残っていて、中央特快高尾行きという言葉を見るたびに大学時代を思い出す。当時は大阪にいて、東京にはそんな電車があるのか、一度は乗ってみたいものだな、と思っていたけど別に乗ってみたら普通の電車だし飛び込み自殺率の高い電車だったりするからなん [続きを読む]
  • マイナスなことをゆたかなものだととらえることは知性
  • なんか気分がちょっと落ちている。世界は自分が見たいように見ているから、自分のフォーカスが今はマイナス面にフォーカスしているということなんだと思う。でもまあ何が嫌なのかというとそういう一面を見てしまってそのまま受け取ってしまっているということ。マイナスなことをゆたかなものだととらえることは知性。人生をゆたかに生きていきたい [続きを読む]