WOODY さん プロフィール

  •  
WOODYさん: 境界紛争解決に悩み続ける調査士ブログ
ハンドル名WOODY さん
ブログタイトル境界紛争解決に悩み続ける調査士ブログ
ブログURLhttp://hatakenakato-ki.on.omisenomikata.jp/diary
サイト紹介文岡山市で境界の調査測量・建物登記で日夜悩みながら仕事をしている畠中のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/11/26 15:15

WOODY さんのブログ記事

  • 【日記】 忙しくなってきました!
  • 見積倒れになるかなと思っていた現場が「仕事を進めてください。」と連絡がありました。 ここんとこ急に問い合わせ、依頼が増えてきました。 昨年の開運の講義を聞いて以来、仕事は切れ目なく順調にいっています。 山田様に感謝!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー調査士ブログランキングに参加しています。バナーが貼れませんので、よろしければ下の「調査士ブ [続きを読む]
  • 【日記】 打ち合わせ
  • 備前市で打ち合わせがありました。 久しぶりに岡山ブルーラインを通って、目的地まで行きました。 昔この業界に入る前は造園会社にいまして、ブルーラインの休憩所の一本松展望台、黒井山グリーンパークの伐採を毎日していました。それを思い出し出しながら走っていました。 さて、打ち合わせですが、建物の用途変更に伴う諸手続きのようです。役所が何を要求しているのかさっぱりわかりません。依頼人もこの手のこと [続きを読む]
  • 【日記】 所有者が不明の場合の筆特制度
  • この木曜日に司法書士会館にて調査士会の研修会が下記のとおり行われました。 ①隣接地の所有者が不明の場合の分筆登記を可能にするための筆界特定手続き(筆特活用スキーム) ②相続登記の促進に向けた「法定相続情報証明制度」 ③筆界特定の事例(空中写真と公図との重ね図の活用) ①②については、相続登記がきちんとされてなく、相続人を追うことができない場合には有効な手 [続きを読む]
  • 【日記】 調査・測量の問い合わせの電話
  • 〇〇会館の用途変更に伴う調査・測量はできないだろうか、という問い合わせの電話がありました。 その用途変更というのがピンときませんので、お尋ねしてもその方もあまりよくわからない状況でした。 その会館と周辺の現況がどうなっているのかがわかるような現況平面図作成のようです。 また、会館内部の調査もお願いしますとのことですが、こちらはどういうな調査・測量なのか皆目見当が付きません。 岡 [続きを読む]
  • 【日記】 建物測量後のプチ贅沢の昼食
  • 昨年分筆した土地に建物が建ったから新築の登記をお願いします、と工務店から連絡がありました。割と土地の測量をしても、建物の登記は銀行のお抱えの司法書士・調査士がすることが多かったので、ありがたいことです。さっそく工務店に行き、建築確認書を預かり、社長とともに現地に行きました。...平屋で120?ほどあり、ゆったりとした家になっています。 久しぶりに妻といっしょに、家の隅々まで楽しみながら建物調査・測量を行 [続きを読む]
  • 【日記】 保険証の再交付
  • 先日歯医者に行った時に健康保険証を提示したら、「これ去年のですね」と言われ、よく見ると去年の9月が有効期限の物でした。 新しいものが来た時に、良く見ずに間違えて新しい物を破棄し、古い物を残したようです。 今日近くの区役所に行って再交付をしてもらいました。 2.3日かかるかなと思っていたら、すぐその場で再交付してもらいました。 しかし今日の区役所は混んでいました。これから移動 [続きを読む]
  • 【日記】 公図訂正
  • 先日の立会した現場の現況は公図とかなり違っています。単に現況が違っているということであれば、安易に公図訂正ということはしません。 しかし昔とは言え、市と交わした境界確定協議書の図面および法務局に備わっている地積測量図・建物図面が現況通りになっていますので、現況・確定資料等により今回筆界確認されました。 したがって、確認された通りに公図を訂正するというものです。 事前に法務局に [続きを読む]
  • 【日記】 一度とん挫した現場の引き継ぎ立会
  • 今日は前任者の調査士がとん挫した現場の引き継ぎの立会でした。 一度こじれた現場ですから、ともかく地権者と何度も顔を合わせて、人間関係を作ることから始めました。図面(事前測量図)も何度も作り直して、ようやく了解いただいての立会でしたので、すんなりいくものと確信していました。 ところが、いざ立会が始まると、地権者の一人が再び以前の主張を言い始めました。 すぐに遮ることなく、しばらく聞いていま [続きを読む]
  • 【日記】 久しぶりの連絡
  • ここ数年連絡のなかった工務店兼不動産屋さんから建物表題登記の依頼の電話がありました。その前日そこから開発関係業務を請けている方から電話があり、そこの社長が昨年亡くなっているという連絡があったので、近いうちにこちらにも連絡があるかなと思っていた矢先でした。1年に数件、主に土地の測量を請けていました。見積倒れ、値引きもけっこうありました。それでも切れ目なくいただいたことには感謝します。 合掌ーーー [続きを読む]
  • 【日記】 筆界未定地での測量
  • 先日の弁護士事務所での件。後日依頼された建物表示変更登記の成果品を申請人に渡した旨の報告をしたところ、どのくらいしましたか?と聞かれましたので、申請地が筆界未定地だったので、測量器具を使って現況測量をしたから普通の建物の報酬より、1.5倍くらいかりましたと話しました。 次にどういうときに筆界未定地になるのか、と聞かれましたので次のように答えました。 ①筆界に紛争がある場合 ②筆界が不明 [続きを読む]
  • 【日記】 知人からの相談
  • 先日知人が相談にやってきました。親が亡くなったので、古い建物3棟を取り壊して土地を売買ようと知り合いの不動産屋さんに依頼したようです。 売買するには境界確定をしなければいけないということで、その不動産屋さんの知り合いの調査士が来て立会、確定測量をしたようですが、その知人には成果品がわたされていません。 あるのは不動産屋さんからもらった境界確定図のコピーが2通だけでした。測量も立会の時だけの1回だけの [続きを読む]
  • 【日記】 「空き家」についての講演会
  • 司法書士事務所のお誘いで講演会に行ってきました。相続、空き家、事業承継問題と講演内容はいろいろありましたが、私は空き家問題に絞って聞きました。「中古物件の選び方と空き家の活用法」として、不動産鑑定事務所の石田信治氏による講演でした。空き家になる原因、空き家の売買・賃貸の活用方法、空き家に対しての自治体からの補助制度等の話でした。 中古住宅の流通として、英米の80%以上に対して、日本では14%しかな [続きを読む]
  • 【日記】 冷え性
  • まだ寒いですね。かなり前から下半身特に足先はいつも寒くなっています。逆に上半身は良く汗をかきます。冬でもラーメンとかうどんを食べると、額から汗がぽたぽた落ちてくるほどです。自律神経がうまく機能していないのだろうと思います。 先日仕事の関係で弁護士事務所に行ってきました。受付で担当の弁護士を呼ぶと不在でした。代わりに担当事務員の女性がやってきましたが、なんと毛布にくるまった状態でした。目を疑いま [続きを読む]
  • 【日記】 境界の復元
  • 今日は風が強かったですね。マスクはしていましたが、花粉がまともに鼻に入ったような感じで測量の後は目がしょぼしょぼ、体はがくっと疲れました。境界確定協議書の図面をもとに復元しました。図面ではプラスチック杭になっていますが、その上にコンクリートが塗られていて見当たりません。 境界点間距離からこのあたりだろうと見当をつけてコンクリートをはつると、プラスチック杭の頭が見えてきました。こういう時はうれし [続きを読む]
  • 【日記】 公図集成図
  • 何年か前の業務における公図の集成図です。広い土地なので、大字・字によって公図が分かれています。全く別の公図であればまだいいのですが、同じ公図に逆の位置に配置されることがあります。役所を含む一般の方はその位置関係が正しいものと思っていますので、話がちぐはぐになることもあります。...正しい位置関係で配置をして欲しいですね。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • 【日記】 「公共財産と登記」 公嘱協会の講演会
  • 昨日公嘱協会の官公署職員用の講演会「公共財産と登記」がメルパルクで行われました。当初協会の社員も含め総勢70名程度の参加者を予定していたようですが、ふたを開けてみると、官公署だけで90数名、社員もいれると120数名とうれしい大誤算のようでした。会場が変更されたようですが、まだ狭く結局社員はテーブル無しの椅子だけになりました。 講師は早稲田大学法学学術院の首藤教授で、いろいろ未登記の公共施設(道路 [続きを読む]
  • 【日記】 学食
  • 昨日は岡大付近で9点の多角測量、現況測量を行いました。天気予報では昼から雨ということでしたが、途中雨がパラパラときたものの、何とか無事に最後までできました。昼食は以前公嘱協会が請けた国立大学法人移行に伴う敷地確定時に岡大の学食で食べたことがあるので、昨日の昼食もそこで食べました。「生協の白石さん」で有名になった私の大学の生協の食堂はその当時私も含めた貧乏学生のよりどころでしたが、値段の関係もありま [続きを読む]
  • 【日記】 地籍調査の再立会のサポート
  • 以前ご相談のあった国土調査の測量図とその土地を購入した時の測量図と全く違うという現場の再立会に立会サポートとして参加しました。高速道路を1時間飛ばして着いた隣県H市のもみじ饅頭屋で相談者と落ち合い、30分ほど打ち合わせして現場に行きました。現場にはすでに市の職員、測量業者、地権者の総勢10名近くの人が待っていました。それぞれ自己紹介をしてから現場説明が始まりました。 昭和の終わりごろに山裾の土地を [続きを読む]
  • 【日記】 落とした財布が戻りました
  • 建物滅失登記が完了したので、登記ネットで閉鎖事項証明書を請求しました。納付はいつものようにインターネットバンキングでしようと、キャッシュカードの確認番号を確認しようとしたところ、キャッシュカードが入っている財布ごと見当たりません。 そういえば昨日セミナーから帰って、財布をいつも入れる箱に入れてなかったような気がします。ということは財布をどこかで落としたかもしれない…。( ̄□ ̄;)& [続きを読む]
  • 【日記】 家づくセミナーのチラシ
  • 「住宅展示場では教えてくれない!」という家づくりセミナーの参加のチラシがポスティングされていました。そこには〇医師が研究している住むだけで健康によい住宅とは〇モデルハウスを鵜呑みにしない方がよい訳は...〇マスコミや大手メーカーが言わない家づくりの真実とは〇日本の住宅寿命が短いのはなぜか〇家づくりで使用している有害物質とは と興味をそそる言葉があったので、1週間前にネットで参加申し込みをしました。すぐ [続きを読む]
  • 【日記】 地図作成作業の打ち上げ
  • 昨日は地図作成作業の打ち上げでした。筆界未定地がゼロということで、ここ10数年聞いたことがありませんでした。土地改良等の整備が登記に反映されていなく、かなり困難な状況であったにもかかわらず、筆界未定がなかったというのは、それだけ地元民、土地改良区、市の方も何とか解決したい意欲があったからだと思います。 久しぶりにたっぷり飲んだので、今朝は二日酔いで頭がすこしくらくらです。ーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • 【日記】 地図訂正
  • 他の調査士からの引き継ぎの業務の立会がありました。前回立会して決めた点ですが、昔決めた点とかなり違っているので、保留になった現場です。一度決めたことですので、それをひっくり返すのは相当大変だと覚悟して臨みました。やはり当初は前に決めた点でこだわっていらしゃいました。しかしそれでは書類に残された図面と違ってきて、分筆登記そのものができない旨、昔の図面・航空写真・地権者の署名・押印のある協議書等お見せ [続きを読む]
  • 【日記】 役所仕事
  • 昨日S市役所の資産税の係に行って、評価証明書の床面積と現況の床面積が違っているので、現地調査をして評価証明書の床面積を訂正して欲しい、お願いしました。先ほど電話があり、「今日現地調査を行いました。床面積の訂正は、1週間ほどかかります。」あまりにも早業過ぎてびっくりしています。 ... 「役所仕事」という概念が変わりました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • 【日記】 筆界未定地での建物と土地の測量
  • 先日の建物増築の現場で調査・測量を行いました。4筆の筆界未定に建っているので、周辺の現況測量から行いましたが、測量しだして早々に雨が降り出しました。しかし1時間かけてきた現場なので、すぐに終わらすわけにいかないので続行しました。雨がきつくなったので、現況測量は中止し、家の中(現在空家)の調査・測量をしました。ようやく小雨になったので、現況測量の続きをしました。 前に聞いていたように、周辺はすべてブ [続きを読む]
  • 【日記】 筆界未定地での建物増築登記
  • 国土調査地区で筆界未定地(隣との境界が不明か紛争で決まっていない土地)内にある建物の増築の登記の依頼がありました。 4筆の筆界未定地となっており、これは難しいなーと思いましたが、先日書いたように空中写真と地籍図を重ねた図面をつくると、登記情報にある母屋と付属建物が判明しました。あとは現地において、境界(周りはずべてブロック塀で囲まれているようです)と建物の位置関係、現況ブロック塀の位置を測量器具で測 [続きを読む]