かぴばらM さん プロフィール

  •  
かぴばらMさん: のんびり生活を目指すかぴばらの日記
ハンドル名かぴばらM さん
ブログタイトルのんびり生活を目指すかぴばらの日記
ブログURLhttp://891116.blog.fc2.com/
サイト紹介文40代前半の会社員が早期リタイアしてのんびり生活を手に入れるまでの日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/11/28 13:10

かぴばらM さんのブログ記事

  • 奥さんに稼いでもらえばいい
  • 我が家は子供がおらず夫婦のみで暮らしています。では「夫婦のみ」か「ひとり者」ならどっちが資産形成に有利でしょうか?当然2人の働き方、支出レベルによって違ってきます。わたしの場合はどうか?ざっくりと計算してみました。「今のわたし」と「わたしが今独身だったなら」を条件とした比較シミュレーションです。支出項目をひとつひとつ計算すると結婚生活をおくっている今の月間生活費は約17万円です。一方わたしが今ひとり [続きを読む]
  • 義理=カネは美しい文化か?
  • きのうNHKのドキュメント72時間で都会の葬式をテーマに取り上げていました。わたしの感想は葬式も年々シンプルになって合理的になってきているということ。そうは言っても葬式代の全国平均は200万円とのことで、これはカネをかけすぎ。これは亡くなった人に対してこれぐらい豪華に(?)送りださないと失礼ということなのでしょうか?亡くなった人への想いというより遺族に対して格好をつけるということであれば、ここでも見栄 [続きを読む]
  • お行儀の良い人を相手にした方がいいに決まってる
  • 今日は20日ということでウェルシアが入居するイオンショッピングセンターに出かけてきました。核テナントをはじめ入居するテナントを見る限り ターゲットにしている客層はロウアーミドル、またはロウアーといったようなショッピングセンターです。消費生活が底辺のわたしにとってこのショッピングセンターの利用価値は高いわけですがいろいろ思うこともあるわけで。。ウェルシアで買い物を済ませた後、核テナントであるイオンに向 [続きを読む]
  • 早期リタイア脳は科学を超えるのか?
  • 人間の欲求はとどまるところがないように思えますが、科学的にはマズローの欲求5段階説で説明がつくと言われています。マズローの欲求5段階説とは、人間の欲求を5段階にわけて表現した図式。どこかで習いましたよね、コレ↓①生理的欲求・・・食べたい、眠りたいといった人間が持つ本能的な欲求。②安全欲求・・・安全な場所にいたい欲求。生命を長く維持するための人間の基本的な欲求で、家に住みたい、寒さ、暑さをしのぎたい、 [続きを読む]
  • 早期リタイア生活成功には謙虚な姿勢が必要
  • 電通や東芝のように一流と言われる会社が問題を起こすと、中には本題の話ではなく「大会社の社員はたくさんもらっているからいいわね」と批判たらしく言う人がいます。この言い草を聞くたびに思う事…恵まれているのはそっちの方でしょ ということ。それはつまり個人の国に対する貢献度という視点での話です。個人が納める税金(負担)が市民サービス(受益)より大きいと言えるのは年収800万円以上だけだと言われています。それ以下 [続きを読む]
  • 人生を楽しむベストタイミングとは
  • もう少ししたら会社の決算発表が始まる時期ですね。増収増益から減収減益まで悲喜こもごもではありますが 「減収増益」 これをどうみるか?会社組織では支持率にも例えられる収入が減っていることを問題視して結論としてダメという見方が多いですよね。これは将来に向け会社が持続的に成長をすることを前提に考えているから。では個人の家計ではどうか?わたしは減収増益ならトータルの収支としては改善しているわけで問題はないと [続きを読む]
  • 日常をポジティブに感じられる器用さ
  • 日本人って外国人と比べて街を歩く人々の表情が暗いというか難しい顔をしている人が多い気がします。比較的物質的に裕福な国にいながら貧しい国の人よりもなんか暗い感じ。なぜなのか?そうさせているひとつとしてネガティブな情報が入りやすい、ということがあるのではないかと思います。特に感じるのはマスメディアの報道。ネガティブことをよりクローズアップする傾向があります。例えば雨不足でダムの貯水率が20%まで下がった [続きを読む]
  • ブラックな職場を垣間見る
  • 先日、仕事中にわたしの携帯に電話がありました。その内容はわたしの勤務する建物内にある飲食店の従業員さんが倒れているとのこと。すぐにそのお店に行くと20代男性の従業員が倒れてはいなかったものの、ふらふらになって仕事をしていました。日曜日のお昼前で店内は満員でオーダー待ちのお客様も大勢いる状況にもかかわらずなんと一人であれもこれもこなしているのです…と言ってもまったく追いついてませんが。また衛生面での労 [続きを読む]
  • 仕事の評価がすべてらしい
  • みなさん、多面評価制度というのをご存知でしょうか?あるサイトではこんな説明がなされています。多面評価とは上司、同僚、部下など立場や対象者との関係性が異なる複数の評価者によって対象者の人物像を多面的に浮き彫りにする評価方法。多面評価を活用することで、上司には観察しにくい対象者の特性把握が可能になり、人物評価の信頼性・妥当性を高めることが可能に。また複数の評価者の意見を総合することで、対象者にとっての [続きを読む]
  • 良い方に慣れる
  • お正月が終わって一年の仕事が始まるこの時期によく聞くのが「仕事行きたくね〜」っていうフレーズ。年末から1週間程度も休んでいれば仕事に行きたくない気持ちもわかります。わかるというか、たぶんそうなんだろうなぁと思う。どうして「たぶん」なのかというと、わたしは入社して24年一週間連続で休みをとったことなどほぼないからです。昔、体調不良で入院した時と結婚して海外に旅行した時の2回だけ。年末年始なんて一週間 [続きを読む]
  • 2016年の収支
  • 今日は今年最終の休日ということで2016年の収支を振り返りたいと思います。まず収入の方。収入のいちばん大きな柱であるわたしの給料は大きな上下はなく特に書くことはありません。月50万円に賞与が3カ月とご理解ください。問題は投資。今年は年前半に 過去に購入したしょうもないリスク商品の損失が出たこともあって思うように資産の上積みができませんでした。11月以降それなりに盛り返すも現在の金融資産残高は昨年末 [続きを読む]
  • 年齢制限は必要
  • 60歳定年制についてどう思いますか?わたしはその年齢設定は適正だと考えます。適正というのはわたし自身がその年齢でリタイアしたいというわけではなくて、世間一般の人がその年齢でリタイアすることについて適正だと思うのです。わたしの職場では60歳を過ぎて働いている人は大勢います。70代もかなりの人数です。これは高齢化社会と働き手不足によりわたしの勤める会社のアルバイトの雇用上限年齢が75歳に引き上げられたことが影 [続きを読む]
  • 意味のないことはしない
  • 先日、会社の人事部から昇進試験受験のご案内が届きました。これは全員受験できるものではなく人事考課や年齢などいくつかの条件をクリアした者に案内がくるものです。実はわたしは前の上司に「良い評価」をもらっていましたのでこんなことになったのです。今の上司からそのことを知らされて「頑張って!」といわれましたが、わたしの返事はもちろん「辞退させていただきます」理由はリタイアが視野に入っているわたしに昇進なんて [続きを読む]
  • 大金持ちが気をつけること
  • 大金持ちが気をつけること。自分は大金持ちになり得ないのですが、これについてよく考えることがあります。大金持ちにとって気をつけるというか避けなければいけないこととは何でしょうか?それは金融資産額が少なくなることではなく、自分の思うように時間を使えなくなることだと思います。自分が思うように時間を使えなくなる原因・・・具体的に何かというと・犯罪被害者になる・犯罪加害者になる・病気になるこのあたりが思いつ [続きを読む]
  • 年の近い上司がやってくる
  • 先日、わたしの勤務先の上司が交代することになるということを記事にしました。それで間もなく新しい上司がやってきます。その上司は所長職に就くにしては若めの48歳。この所長に直接指示を受ける立場にあるのはわたしを含め3人です。わたしの他にAさん(52歳)とBさん(50歳)です。ちなみにわたしはもうすぐ46歳です。わたしの営業所では今度の所長は若いということで噂になっています(若いと言っても48歳ですが) [続きを読む]
  • 退職金を減額される
  • 退職金のネタについては以前にも記事にしました。早期リタイアが視野に入っているものとしては当然計算できるものは計算に入れてもいいと考えます。わたしの会社では人事制度の変更による給与制度の見直し・・・という理由により退職金規定の変更がなされました。新しい人事制度により旧制度の退職金モデル水準(受取額)が減少することになる。旧制度の水準に近づけるため規定の変更をする、というのが会社側の説明です。60歳ま [続きを読む]
  • 一寸先は闇
  • 先日会社で半年に1回の大きな営業企画がありました。土日が休みではない我が営業所は普段は交代で社員が休みをとっているのですが、この日だけは絶対休めない日であり社員はもちろん非正規社員の方も全員出勤です。と思いきや、直前になって営業所長から「当日休むから」と言い伝えられました。言われた瞬間は「えっ??」と思いましたが、「理由は後日話すから」とのこと。この日に休むということはプライベートで何か重大なこと [続きを読む]
  • リタイア精神の大元
  • そろそろ早いところでは忘年会が始まったりするのではないでしょうか?この忘年会という言葉。わたしは子供の頃、この言葉に違和感を抱いていました。「忘年会ってなんでするの?」って親に聞いたら 「その年の悪いこと、イヤなことを忘れるためにする」という回答。当時子供のわたしは日々の生活で悪いこと、イヤなことなんて皆無であり楽しいことばかりでした。毎日、しあわせというリア充の生活。そんな状況にある子供に「イヤ [続きを読む]
  • ルールは時にねじ曲げる②
  • 先日、わたしの奥さんがスーパーに歩いてお買物に行った時のこと。自宅からスーパーまでの道路は車がすれ違いをすることができない道幅で、しかも曲がりくねっており見通しはかなり悪い道路となっています。このような道路であることから、わたしがここを歩く時は対向する車から見えやすいように左側を歩くようにしています。しかし、うちの奥さんは歩行者だからという理由で右側を歩いていたら車が急に出てきて危なかったとの話を [続きを読む]
  • 旅の記録(金銭面)
  • 先日の東京ぶらり旅にかかった費用をメモ代わりに記事にしておきます。今回の1泊2日東京旅の費用総額は24500円ほどでした。内訳として大きなところでは・行きの交通費・・・夜行バス5440円・宿泊費・・・マンキツ1860円・帰りの交通費・・・ぷらっとこだま8100円これを合計すると15400円これに現地での交通費、飲食代とお土産代で9000円ほど。まあ大の大人が2日間楽しめてこの金額なら問題はないでし [続きを読む]
  • はじめてのオフ会
  • なんかパクったようなタイトルですみませんw先日、連休があったので東京にぶらりひとり旅に行ってきました。東京は毎年1回か2回は訪れているので最近は名所を訪れるということは少なく街の探検みたいな感じで楽しんでいます。今回も街の探検をしたのですが、それよりも今回のメインイベントはブログで交流のある招き猫の右手さんとのオフ会でした。リタイアブロガーさんとの初めてのオフ会ということで適度な緊張感を抱えつつ待 [続きを読む]
  • サービス残業が人に及ぼす影響
  • 電通の新入社員が月100時間ほどの時間外労働をして70時間しか残業代を申告していなかったという報道。これを聞いてどう思われたでしょうか?世代によって感想に差が出たのではないでしょうか?学生さんなどは「えー、それはダメでしょ。そんな会社続けられんわ」と思う人が多いかも?もしわたしの勤める会社の社員なら 「えー、そんなにつけていいの?この会社一生お世話になります!」って感じかと。はい。学生さんとは真逆 [続きを読む]
  • 若者の自殺について思うこと
  • 電通の新入社員が自ら命を絶った問題で「仕事を辞めずに死を選んだことが、結果だから仕方がない」と解釈できるような論調があります。そんなわけありません。結果として若い人が死んでしまったこと、そのことが問題なのです。生きるか死ぬか、そこまで追い込まれてしまう前に「何のために生きているのか?」「人生の目的は何か?」を考える機会を持つべきだと思います。言うまでもなくそれは幸福の追求です。その幸福の形は人それ [続きを読む]
  • 消費が及ぼす影響を実験する
  • みなさんはストレス解消に何をしますか?世間一般では酒、ギャンブル、女性ならショッピング、友人とおしゃべりなどでしょうか?まあどれをとっても消費です。純粋におしゃべりだけなら消費はしませんが。。わたしはというとカネのかかる娯楽は余計にストレスになると考えてきたので今までほとんど何もしてきませんでした。放置ですね。しいて言えば現実逃避のために寝る。こんな感じでだましだまし大きなストレスの波が去るのを待 [続きを読む]
  • 家計改善の基本
  • 家計(支出)を改善したいと考えている人は大勢います。わたしがその人たちにアドバイスするとするなら、それは生活に身近で習慣化していることをいかに抑えていくかということを言いたいと思います。習慣化しているというのはつまり、いつもしていること。そのいつもしていることに投じるお金は当然多額になります。その大きな費用項目に手を付ければ家計に良い影響を及ぼすのは当然です。バケツに空いた穴は大きいのから順にふさ [続きを読む]