はもり こだま さん プロフィール

  •  
はもり こだまさん: 言葉とグッズのひらめきショールーム3
ハンドル名はもり こだま さん
ブログタイトル言葉とグッズのひらめきショールーム3
ブログURLhttp://kotobaasobi.yoka-yoka.jp/
サイト紹介文逆さからも読める長い回文・掛け言葉など面白い言葉遊びの世界。400近くもの長い回文作品あり。
自由文→悔やむ運命なのか?見たい火星内しかしいない世界、民。かの内面生むや、苦←http://kotobaasobi.yoka-yoka.jp/e1013873.html →”ドーム何個?森林は減り、無くなりへ。 半臨死、こんなムード。”←http://kotobaasobi.yoka-yoka.jp/e1013981.html など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/11/30 12:43

はもり こだま さんのブログ記事

  • 土地を追われ(回文)
  • 言葉遊び 長い回文土地を追われてヨーロッパまで人々が来ているとのこと。安住の地を早く見つけられると良いとは思いつつも、納得のいく解決はそうとう難しい面もあるのでしょう。逆さから読んでも→在りし日の家庭なくなり、妻見えず、笑み祭りなく泣いて、かの日、シリア。←も逆さも→ありしひのかていなくなり、つまみえず、えみまつりなくないて、かのひ、シリア。← [続きを読む]
  • 待機児童問題先送りで(回文)
  • 言葉遊び、長い回文。「しんぶんし」みたいに逆さから読んでも同じに読めます。幼稚園、保育園に入れない子供が多い待機児童問題。先送りのようで困る親御さんも多くいるもようです。解決策やアイデアはでないものでしょうか。賃貸住宅は空室の多いところもあり、退職後の方を含め働けていない方もまだおり、面倒をみてほしい親子もいて需要もあり、ミスマッチもあるかもとも思う面有り。いや、保育士の給与などそれに限らないとも [続きを読む]
  • 回文の定義について
  • 回文とはなんだろうか?今、改めて自分に問うている。罅ワレさんのブログ、新版 罅ワレ回文にて、回文の定義を順序立ててされている。それを見ることで、例えば回文を音ベースで考える人、回文を文字ベースで考える人の違いや、回文の文と複数の表記、またそれとは別の対称性のある文字列で回文の要素となる部分など、今まで深く考えていなかったところに考えが至っている。自分はシンメトリー(左右対称)であることや、パズル的な [続きを読む]
  • 小学校から英語で(回文)
  • 言葉遊び、長い回文。→「しんぶんし」←みたいに逆さから読んでも同じに読める回文。いや、英語の重要性はそれはそれであるのですが。温故知新。故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る、という言葉があるものの、古典による知恵をごっそり置いてきてしまっていることに気が付いて自分では少しずつ勉強しているのですが、学校教育では古典の重要性は当分放置されるのだろうなと思っています。論語や易経を持ち出せば儒教だ!心 [続きを読む]
  • ゴルフの会談で(回文)
  • →「しんぶんし」←みたいに逆さから読んでも同じに読める回文。ゴルフについては昔別の作品を作りましたが、今回新しいのを作ってみました。前の作品は→振る極楽。夜、雨、難関な目。あるよ苦楽、ゴルフ。←→ふるごくらく。よる、あめ、なんかんなめ。あるよくらく、ゴルフ。←でした。では新しいのをどうぞ。→振る。ゴネる相手か?デマしよかな?会談難題か?仲良しまで過程あるね、ゴルフ。←も逆さも→ふる。ごねるあいてか [続きを読む]
  • 文書見つかり、開示で(回文)
  • 言葉遊び 長い回文→「しんぶんし」←みたいに逆さから読んでも同じに読める回文。戦闘があったことが日報で分かり、活動の難しさも浮かぶようです。→海外で自衛、強いてOK?PKO停止?家路で意外か?←も逆さも→かいがいでじえい、しいてOK?PKOていし?いえじでいがいか?← [続きを読む]
  • 海外旅行で(掛け言葉)
  • 言葉遊び 掛け言葉。海外旅行に行く人が増えています。日本ほど治安のいいところはそうそうないとは思いますが、日本も心の学びをしなくなって次第に治安の悪化がみられます。徳、道、慈悲、中庸、天、性、孝、公など、近年使われにくくなった言葉も多くあるとの実感です。古典には多くの智恵が詰まっているのですが。ま、気づいた人からやっていくしかないのかと。A:あいつ、旅行に行ったらしいんだが、どんな旅行だったか聞い [続きを読む]
  • 鳥頭(かけことば)
  • 言葉遊び かけことば最近あまりニュースで見ていないのですが、オレオレ詐欺の被害件数が減ったニュースも見ていないのでまだ相当数被害があるのでしょう。注意一秒けがいっぽん(!?)です。A:あの人また騙されたんだって。B:あの人記憶力ないからな。A:鳥頭だからね。B:サギのカモなんじゃないの? [続きを読む]
  • 宇宙の真空について
  • いや、自分が文系だったことによる誤解などもあるとは思うのですが、ちょっと疑問が出てきています。宇宙は真空(に近い)ということに「あれ?ん〜?」という気分。注射器があるじゃないですか。針無しを想像してください。先端を指などで押さえて押し込む部分を引っ張ると多少なりとも中が真空に近づいていきますよね。で、引っ張る手を離すと気圧の差から元に戻る力が働いて押し込む部分が引っ込む、と。数グラムだか数十グラム [続きを読む]
  • 自動ブレーキ義務化の方向らしく(回文)
  • 言葉遊び、回文。「しんぶんし」みたいに逆さから読んでも同じに読めます。事故を減らすため、自動ブレーキが義務化の方向で検討されるようです。自分は自動ブレーキがかかりっぱなしなのでアクセルも踏まなければいけませんが、運転手(自分)もポンコツなのでしっかりしたいところ。逆さから読んでも・・・→事故は少なし。自動かつ止めたいな。車止まる苦ないためと、使う。ドジしなくすは誇示。←も逆さも→じこはすくなし。じ [続きを読む]
  • 移転こじれる(回文)
  • 言葉遊び「しんぶんし」みたいに逆さから読んでも同じに読める回文。食を司る市場の移転の問題がこじれているというか様々な要素による問題点を抱えているようです。どのような判断による決定に落ち着くのでしょうか。新しい場所では3秒ルールも効かない気がします。(科学的には3秒ルールはどこでも効かないそうですが。)→”「良いな!移転だ!」以下の為、都民に悔い。「完全安全か?」幾人認めたのかい?断定無いよ。”←も [続きを読む]
  • 壁を作って(回文)
  • 言葉遊び「しんぶんし」みたいに逆さから読んでも同じに読める回文壁を作る決定をしたもよう。数々の決定にデモも様々なものが起きてくる様相です。日本は、(というかまずは自分は、か)徳を高めるように舵を切っていきたいところ。”「壁だ!」。作り、何度もデモやる跡後々あるやも?でもどんな理屈だべか?”も逆さも”「かべだ!」つくり、なんどもデモやるあとあとあとあるやも?でもどんなりくつだべか?” [続きを読む]
  • 強いAIの囲碁ソフト(回文)
  • 回文。「しんぶんし」みたいに逆さから読んでも同じに読める言葉遊び→”「すごい、使う。よし、貸し。」機械借りた。戦い方、多々理解欠き、しかしよう勝つ囲碁す。”←も逆さも→(「すごい、つかう。よし、かし。」きかいかりた。たたかいかた、たたりかいかき、しかしようかついごす。)← [続きを読む]
  • すまき(回文)
  • 言葉遊び 回文→しんぶんし←みたいに逆さから読んでも同じに読める回文。ブタさんにちょうどいい簀巻きグッズがあったので簀巻きにして写真を撮ってみました。・・・いや、無駄に長い気はしますが。→簀巻き、ますます出た部分全部ブタで済ます。巻きます。←も逆さも→すまき、ますますでたぶぶんぜんぶブタですます。まきます。← [続きを読む]
  • 意外な結果に乱高下(回文)
  • →しんぶんし←みたいに逆さから読んでも同じになる回文。選挙の勝敗をあらかじめ予想した記事を見て、儲けを見込んで株を買っていたものの、予想外の結果に株価が乱高下したために損が出てしまった人が記事の弁解にに対して怒った様子のイメージで。逆さから読んでも・・・。→高(たっか)い対価と?「予想はデマ。意外や意外までは嘘よ。」と書いた。怒った。←も逆さも→たっかいたいかと? 「よそうはデマ。いがいやいがいま [続きを読む]
  • 失われる古の智恵(回文)
  • →しんぶんし←みたいに逆さからも読める回文。ある種偶然、ある種必然、ある種意図的に古(いにしえ)の智恵が失われていく。道教的な見えない世界を追った今、それらが見える気がする。神・仏・儒、重要性にいつ気づけるや。逆さから読んでも・・・→おたおたすんな。「師 曰くか」と書くわい。指南す、タオ、タオ。←も逆さも→おたおたすんな。「し いわくか」とかくわい。しなんす、タオ、タオ。← [続きを読む]
  • 仮想現実への懸念(回文)
  • VR(バーチャルリアリティー)の機器やソフトが増えつつあります。ゲームが禁止された場所もあるようですが、今後も現実との融合による困った事態が増えそうな気がしています。→しんぶんし←みたいに逆さから読んでも同じになる回文。逆さから読んでも・・・→何かになる。真か、嘘か、仮想かと困る何かにな。←も逆さも→なにかになる。まことか、うそか、かそうかとこまるなにかにな。← [続きを読む]
  • 40周年200巻完結(回文)
  • →しんぶんし←みたいに逆さから読んでも同じになる回文。いつもあそこにいてくれました。これからもまだいる感じがあります。作品はギネスにも載るようで、すごいことだと思います。新連載の予定もあるようなのでそちらもがんばってほしいところです。 逆さから読んでも・・・。→さる、下町の放つ警官、狭しと活躍聞くやつかと?しません解決。名はのちまた知るさ。←も逆さも→さる、したまちのはなつけいかん、せましとかつや [続きを読む]
  • みんなでGO(回文)
  • 言葉遊び→しんぶんし←みたいに逆さから読んでも同じになる回文。 逆さから読んでも・・・。→各地区か。←→捕った!居たっ!と←→玉をまた←→投げた!したげな←→OGもGO。←→かくちくか←→とった!いたっ!と←→たまをまた←→なげた!したげな←→OGもGO。← [続きを読む]
  • 空洞でした(回文)
  • 言葉遊び→しんぶんし←みたいに逆さから読んでも同じになる回文。 逆さから読んでも・・・。→盛り土抜きで魚の身の売り買いに怒り。鵜呑みの中さ。出来ぬ地?釣りも。←も逆さも→もりつちぬきでさかなのみのうりかいにいかり。うのみのなかさ。できぬち?つりも。← [続きを読む]
  • 腹減り(回文)(言葉遊び)
  • 言葉遊び→しんぶんし←みたいに逆さから読んでも同じになる回文。逆さから読んでも・・・。→お腹空いた身の体内時計なら知らないけど、胃、鳴いた。飲みたいすか、なお。←も逆さも→おなかすいたみのたいないどけいならしらないけど、い、ないた。のみたいすか、なお。← [続きを読む]