ポルテーニョ さん プロフィール

  •  
ポルテーニョさん: ボカとツッコミ
ハンドル名ポルテーニョ さん
ブログタイトルボカとツッコミ
ブログURLhttp://bocca333.blog.fc2.com/
サイト紹介文元アルゼンチン在住者が、ニュース、生活、政治、経済、日々の雑感を書くブログです。
自由文固い話題からユルい話題まで、サラリーマン目線で綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/12/01 00:21

ポルテーニョ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 誰がためにベルは鳴る
  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。日本に帰国して1年が過ぎた。毎日電車で通勤しているのだが、気になることがある。どうして駅の構内はこう喧しいのだろう。駅構内の発車メロディ駅係員によるアナウンス警備員の呼びかけ特に通勤時間帯は、先を急ぐたくさんの人の往来が加わる。それをさばく駅員や警備員のテンションも上がり、カオス状態となる。「♪♪(発車メロディ)♪♪」「〇〇行き発車しま [続きを読む]
  • さらばブルーレート
  • ♪街の灯りがとてもきれいね フロリダブルーレート フロリダあなたと私 両替よいつものように 声をかけてね フロリダブルーレート フロリダ私にください ドル紙幣♪ブエノスアイレスで観光客が多く訪れるフロリダ通り。土産物店が軒を連ね、名物料理のレストラン、カフェが並ぶ。その中に「カンビオ、カンビオ(両替)」と呼びかける闇の両替商が目を引く。 ブルーレートというのは闇レートであり、実勢よりもかなりペソ安で [続きを読む]
  • 海難1890、そして海難1609
  • 12月5日から、「海難1890」という映画が公開される。 この映画は、1890年(明治23年)に和歌山県沖で発生したトルコ軍艦・エルトゥールル号遭難事件と、1985年のトルコ航空によるテヘラン在留邦人救出という二つの出来事を取り上げ、日本・トルコ両国民が、時代を超えて助け合った「絆」を描いている。 エルトゥールル号遭難事件は、和歌山県串本町沖で軍艦が沈没し、多数のトルコ軍人が犠牲になるという悲惨な事故であった。そ [続きを読む]
  • 決戦は日曜日
  • 11月22日の決選投票は、野党系のマクリ候補が勝利した。La Nacionより選挙前の予想では与党系のシオリ候補が有利とされていたが、10月の一次投票で一気に決めるには至らず、マクリ候補が肉薄。その後は、脱落候補からの票の流入が予想されるマクリ候補の有利が伝えられていた。決選投票の結果は、マクリ候補が過半数の票を得て勝利したが、その差はわずかに2.8ポイント。票差にして70万票だった。得票率をざっと見ると、地方で強か [続きを読む]
  • 床屋談義
  • 海外在住者にとって、意外に大変なのが髪を切ることである。外国語で、細かい注文をするが難しいのだ。①日本語か英語が使える店に行く②頑張って現地語を話す③自分で切るか、家族に切ってもらう③をやり通した知人もいるが、私には無理なので、①か②になるが、やっぱり億劫である。ブラジルにいた時は、サンパウロのリベルダージにある日系人の店に数回行った。日本の理髪店で働いた経験があるので日本人好みの髪型に仕上げてく [続きを読む]
  • 選挙は水物
  • いよいよアルゼンチンの大統領選挙。憲法の規定で、二期目のクリスティーナ大統領は立候補出来ないので、候補は全て新人である。大統領選挙では、いずれかの候補が45%以上得票するか、40%以上を得て2位と10ポイント差をつければ当選だ。それ以外の場合は候補者を2つに絞り決選投票となる。有力候補とされるのは、以下の3名。支持率の高い順にいくと、シオリ・ブエノスアイレス州知事 (与党・クリスティーナ大統領系)マクリ・ブ [続きを読む]
  • 国勢調査
  • 5年に1回の国勢調査がやってきた。ネット利用での回答を呼びかける政府公報。それにしてもすごい組み合わせである。私もさっそくやってみた。指定されたサイトにアクセスし、与えられたIDとパスワードを入力すると質問スタート。質問項目は14で、住所、家族構成、職業、勤務先などを入れて、15分程度で終了。以前は、マークシートに記入し、調査員に手渡してチェックを受けたと思うが、ネットの方が時間を気にせず出来るので、便利 [続きを読む]
  • マクリ市長からのメール
  • 今週、ブエノスアイレス市長のマウリシオ・マクリ氏からメールが届いた。「アルゼンチン人の為の3つの挑戦と、3つの夢」先週の土曜日、私は全てのアルゼンチン人に対する3つの提案と3つの夢を表明しました。これらは今後数年間、我が国の社会にとって、極めて重大な挑戦であると考えます。私は大統領として、どのようにしてこれらの挑戦を進めていくか、日々問い続けるでありましょう。そして、これらの3つの課題に取り組むため [続きを読む]
  • マイナンバー考
  • 日本でも来年(2016年)1月からマイナンバー制度が導入される。マイナンバーとは、「行政手続における特定の個人を識別するための番号(共通番号)」のことで、一つの番号で税金、社会保障などの行政手続を管理する制度である。この構想自体は昭和40年代からあったが、「国民総背番号制」と呼ばれ、国家による個人の管理、という否定的なイメージが先行して頓挫した。しかし、時は流れて様子が変わってきた。各自治体は慢性的な財政 [続きを読む]
  • 母をたずねて三千里
  • 出勤前の朝は何かと忙しいが、最近TVK(テレビ神奈川)のアニメ「母をたずねて三千里」を観ている。「母をたずねて三千里」は、1976年にフジテレビで放映されたアニメである。イタリア・ジェノバに住む9歳の少年が、出稼ぎに行った母を探すために単身アルゼンチンに渡るという物語だ。実は、まともにこのアニメを見るのは今回が初めてである。制作スタッフには、監督の高畑勲をはじめ、宮崎駿、冨野由悠季(「機動戦士ガンダム」な [続きを読む]
  • 長崎のデパートの屋上の昭和
  • 夏休みに長崎に行ってきた。気温が高く、汗を拭いながらの街歩きだが、それでも気温と湿度は東京よりも低め。東京っていうのは本当に恐ろしいところである。長崎の街には、教会や洋風建築が点在し、中華街もあり、異国情緒が漂う。被爆により破壊されたイメージがあるが、長崎市の南部は被災を免れており、江戸時代や明治の建物や街並みが残っている。長崎中心部のアーケード街を歩く。特筆すべき事はないのだが、やはりチャンポン [続きを読む]
  • シュハスコを食す
  • ふと、シュハスコ(シュラスコ)が食べたくなった。ブラジル風のシュハスコは、アルゼンチンの田舎で食べて以来だから1年以上経つ。東京ではブラジルに本店のあるバルバッコアという店が有名だが、ネットで見ると空きが無さそうだったので、今回は渋谷のGOCCHI BATTAという店へ、遅いランチを食べに行く。一人4000円、2時間で肉、サラダバーの食べ放題、ドリンク飲み放題である。肉、サラダバーの食べ放題は、本場ブラジルでもよく [続きを読む]
  • ワールドカップから1年 (6)
  • さて、アルゼンチン代表である。メッシを中心としたベストメンバー(うちのスタッフは、テベスの不在を残念がっていた)で臨んだ。当然、アルゼンチン国民からは優勝が期待されている。しかし、グループリーグでは苦戦続き。それでも何だかんだ言ってメッシが打開して点を決めてしまうのは流石だ。こうした超一流レベルになると、テクニック云々もそうだけれど、チャンスの創出というか、一瞬の隙を突くと言うか、ワンプレーで流れ [続きを読む]
  • ワールドカップから1年 (5)
  • さて、2週間ぶりのレシフェ">2週間ぶりのレシフェである。前回は日本-コートジボワール戦をここで観戦した。本田のゴールに狂喜し、ドログバが入ってからの2発に沈んだ思い出が蘇る。空港到着から試合開始まで2時間とタイトなスケジュールだが、移動する自分も、運営側も手際が良くなっていて、1時間でスタジアムに到着した。日本戦は2階席の中央部分だったが、今回は1階席のコーナー付近で、かなりピッチに近い。イングランド、オ [続きを読む]
  • ワールドカップから1年 (4)
  • ここはブラジルサッカーの聖地、マラカナン。マラカナンだよ、おっかさん昔は立見席を含め20万人収容だったらしいが、大改修が行われ現在は8万人となっている。私の席はコーナー付近の2階席。ここからはコルコバードの丘とキリスト像が見える。(写真はうまく撮れなかったので割愛)さて、ウルグアイxコロンビアの試合。コロンビアはハメス・ロドリゲス、ウルグアイはスアレス、フォルランといった有名選手を擁し、今大会でも有数 [続きを読む]
  • ワールドカップから1年 (3)
  • ブラジルW杯の話の続き。グループリーグでは1位と2位が決勝トーナメントに進出する。グループCに属する日本は、2位で通過すれば初戦と同じレシフェ、1位で通過すればあのマラカナンスタジアム(リオデジャネイロ)でベスト16を戦うことになる。ある日、FIFAのチケットサイトを物色していたところ、この2試合のチケットが追加発売されていた。急いで調べてみると、この2試合はそれぞれ土日の開催で両方観戦可能。ホテルや飛行機も何 [続きを読む]
  • 過去の記事 …