miipp さん プロフィール

  •  
miippさん: miippの山とプチ農業
ハンドル名miipp さん
ブログタイトルmiippの山とプチ農業
ブログURLhttp://ameblo.jp/hnmt1852/
サイト紹介文コンポストで作った堆肥で野菜やハーブを作ってる様子や、大分百山の登山の様子と山の写真をアップしてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/12/04 10:57

miipp さんのブログ記事

  • 今日の2枚 17/07/24
  • 大分から神戸港へ順調に到着そして 無事 白川郷に到着この写真は白川郷らしさいっぱいですがすっかり変わりはて 観光地化されて前に来たときの感激はありません 残念??ホワイトロードを楽しんで無事宿に到着あとは明日の天気を祈るのみです [続きを読む]
  • 今日の2枚 17/07/20
  • 畑の見回り草がさらに勢いを増している毎日草取りしてるけど追いつかないその中に桔梗が草に負けず咲いていた バジルの勢いも素晴らしいこの間摘んだばかりなのに花が咲き実を結んでるバジルの森? [続きを読む]
  • 五葉岳目指したがブナの三差路で撤退
  • 7月のJAC東九州支部の山行は五葉岳4月に登っていたがしばらくぶりなので参加した車2台9名の参加者天気予報では何とかなりそうだったが登山口で準備中雨粒がポツポツ落ちてきた・・・<登らずに帰ろうという人もいたがとにかく出発>途中登るにつれ雨脚が強くなりお化粧山付近で風も強くなり<帰るべきだとの言葉もあったがブナの三差路まで行くことにした>ブナの三差路に着いた頃雨も風も強くなったので下山することにした ス [続きを読む]
  • 石仏の里のハス
  • 臼杵は石仏の里そのすぐそばハスの池あり 朝早くからカメラを持った人がたくさんいました もう 帰っていく人も! うす暗いうちから来て、・・・・・とか隣から聞こえてきた 昨年は十分日が昇ったころ来たTv局が取材をしておりちょっといいですかとコメントを求められたりした その時と比べるとはるかに花が多い 近づいて撮れるところあり 太陽光が当たらないところあり 斜光の加減もよろしく いろんなハスを楽しめました 家か [続きを読む]
  • 59座目はツチビノキの鉾岳
  • 九州百名山、次の59座目はどこに行こうか、ツチビノキと巨大スラブの鉾岳にしよう余裕があったら鬼の目山か鬼の目杉にもいこうと計画していたが前日までの長雨、天気は回復したが高温注意報の1日谷を流れる水が多く渡渉箇所は水を被る岩も多く危なかった雌鉾岳へのルートは谷川の中、普段は水が少なくて歩けるのだろうがこの日は岩も濡れていてツルツルとてもその上を歩ける状態ではないので撤退、下山した  木々の間に白い壁が [続きを読む]
  • 猟師岳のオオヤマレンゲ
  • ここのところ毎日雨です畑作業もできません6/26 午前中は雨が降らないようなので家族3人で猟師岳のオオヤマレンゲを鑑賞 何か見つけた キイチゴだたくさんあったちょっとすっぱくて甘い こんな花も 真っ赤なキイチゴもこれは酸っぱさが少なく甘い 今度は何だろう グミだ酸っぱくて甘い種が大きいので・・・ そしてオオヤマレンゲに ご対面 香りも素晴らしい 赤ちゃんと娘さんとおばあさん 帰り道気になったもの 秋でもないのに [続きを読む]
  • 神楽女湖の花しょうぶ
  • 6/22 朝から天気が思わしくないけど、雨は何とかないみたい相方のMiiママのお供で行ってきた 神楽女湖 ピンク系の優しい色 キリリと紫系 込み入ってるけど・・・ 由布岳はガスの中 八チさん栄養たっぷりの体型? 何が撮れたかな? 毎日の花ガラ取りが大変だ(ご苦労様です) 毎年一度は来てるけど今回は時間が遅かったようだ朝早い時間の方が花がシャキッとしてるかな [続きを読む]
  • 三俣山のミヤマキリシマ
  • 星生山のミヤマキリシマの つづき です 星生山を歩いていたら三俣山がとっても赤かったので予定を変更して、久住分れから三俣山に向かった 諏峨守越下までが遠かったようやく三俣が見えてきた 期待できそう 西峰を巻いていく途中振り返ってパチリ Ⅳ峰の南面 ワォッ 素晴らしい 三俣山のミヤマキリシマがこんなにすごいことになっているとは ! ! ! 南峰から見たⅣ峰の花の壁 見事! ミヤマの生命力 本峰のミヤマ 本峰 [続きを読む]
  • 星生山のミヤマキリシマ
  • 今年はなんだか・・・・ミヤマキリシマがまだまだきれいなところがあるそうな?くじゅう連山のミヤマキリシマ探勝に出かけた 今回は一人で行く予定だったが前日の大分県合唱祭に参加した時南蛮コールで同じバリトンのIさんも行く予定とのことで同行するできる限り広範囲を回れるように家を5:40発、牧ノ戸6:05着 例のコンクリート道を上がって見上げると三俣山の上に太陽が まだまだミヤマキリシマは残ってた 星生分岐から星生山 [続きを読む]
  • 英彦山のオオヤマレンゲと鬼杉
  • 英彦山にオオヤマレンゲの記事を見て計画した賛同者と行ってきたオオヤマレンゲは高住神社からのコースに多いようで正面からのコースには少ないようだった蕾もまだあったが枯れた花が多かった 自宅から  目覚めたら窓が赤かったのでパチリ 時間優先の高速道路+広い道路で銅の鳥居近傍の駐車場にIN 石畳みの長い参道を歩いてきたらこの表示 健脚の方はどうぞ 立ち枯れの大木が目立ちました お目当てのオオヤマレ [続きを読む]
  • くじゅう連山扇ケ鼻から天狗ケ城
  • 相方のmiiママの友達2人がくじゅう連山のミヤマキリシマを見に行きたいというので案内兼運転手役を・・・近いところの扇ケ鼻へGOミヤマキリシマは十分見ごたえはあったが、まだ蕾が多くあと一週間は見ごろが続くかな?初心者といっていたが若さは大きな武器扇ケ鼻分れに戻ってみると余裕いっぱい、物足りなさそうなので御池まで行くことにした2人はミヤマキリシマを楽しみながら御池でさらに感動した様子私は天狗ケ城から平治岳 [続きを読む]
  • ミヤマキリシマは平治岳
  • やっぱりミヤマキリシマは平治岳今年も行ってきました超ゆっくり相方のmiiママを案内していつもの男池からのルートより楽なコースだろうと考えて吉部からだけど距離が長くそれほど楽ではなかったみたい 良かれと選んだ道ですが谷を渡るところが数か所 森林浴コースです 一部林道を歩きます 大戸越に到着、ミヤマキリシマは満開 これを眺めながら昼食 さて、南峰目指して登ります くじゅう連山とミヤマキリシマ 登るごとにパチ [続きを読む]
  • 由布岳〜鶴見岳のミヤマキリシマを求めて
  • 娘の計画に便乗して由布岳〜鶴見岳の縦走にチャレンジmiiママもその一端を担って下山後の送り迎えをしてもらった前回の夏木山〜五葉岳〜鹿納山往復で足が攣りそうになり、ひざを痛めたので今回、ミヤマキリシマの様子を伺いながらその確認の山行でした疲労感は大いにあったが、ひざは痛くならず。まずはひと安心 由布岳はガスに包まれていた miiママはゆっくりペースで東峰まで私と娘は西峰?おはち巡り東峰?東登山道?鶴見岳? [続きを読む]
  • 雲仙のミヤマキリシマ
  • 仁田峠はもう遅い感じだったが山頂はちょうどよい感じだった月曜日なのに人が多く、三国岳の急斜面ではバスで来られた団体さんとすれ違い日曜日はもっとすごい人出だったことでしょう 仁田峠から出発終わったものも多いが、満開のものもあり 朝日を浴びて ロープウエー終点近傍の展望台より 妙見岳、国見岳を望む 国見岳のミヤマキリシマ 普賢岳と平成新山 花に負けないぞ 国見岳が近くなってきた 国見岳山頂にて そそられる峰 [続きを読む]
  • 九千部岳のミヤマキリシマ
  • 28日(日曜日)〜29日(月曜日)の2日間で雲仙普賢岳と九千部岳に行く日曜日の雲仙普賢岳は人が多くて、仁田峠の駐車場も厳しかろう・・・・・・なので28日は九千部岳にいった 休憩した千々石から見た雲仙と九千部岳 登山口の案内板を見て、道路横の空き地に駐車登山口へ 雲仙の方を見やると国見岳だろうか?ミヤマキリシマの群落が見える 森の中の登山道を行く 森を抜けたところにミヤマキリシマが現れた 明るい登山道の脇には [続きを読む]
  • 黒岳はシャクナゲと天狗岩
  • 大分百山を登る会に久しぶりに参加した(5月21日)今回は他の山行に参加する人が多くてこちらは少数の4人Kさんが今年中に百山完登の予定で今日は黒岳を目指す私を含む同行の3人は完登を済ませている ここからスタート 小銭を忘れずに! ソババッケにて休憩 見上げる平治岳はまだ青葉だけ 清々しい山道 もう遅いだろうと思ったがシャクナゲがまだ咲いていた 空もきれいだ 風穴に到着一休みして急登のガレ場を登る ガレ場を過 [続きを読む]
  • 57座目二つ岳のヒカゲツツジ
  • 九州百名山を登っているが早く登ろうとは思ってない花の時、モミジの時、雪の時、新緑の時いろいろあるベストタイミングで登りたいものだ今回は二つ岳のヒカゲツツジをめざして登った 登山口で見た藤 クヌギ林のさわやかな新緑 稜線に近づくと立派な林道が日之影町からの林道だ 岩戸からの林道より立派な道だ 二つ岳名物?の階段 木々の間からアケボノツツジが見えてきた 山頂が近づくとヒカゲツツジが ドバッと咲いてる まずは [続きを読む]
  • 訓練登山 夏木山から鹿納山
  • 祖母〜傾の縦走計画があって、その訓練登山を担当することになった以前から夏木山〜五葉岳〜鹿納山の縦走をアケボノツツジの季節にやってみたいと思っていたのでこれはチャンス4月28日のことでした夏木山からスタート アケボノツツジが早速迎えてくれました 朝日に映えるアケボノツツジ 大崩山の岩峰 夏木山の頂上は咲いてなかった ならばと、山頂の写真もパス、先を急ぐ 五葉岳目指して快適な稜線を行く 馬酔木が満開だ 馬酔 [続きを読む]