明風 さん プロフィール

  •  
明風さん: 明風堂ブログ
ハンドル名明風 さん
ブログタイトル明風堂ブログ
ブログURLhttp://keifudo.kyotolog.net/
サイト紹介文駆け出しの翻訳屋です。日々勉強の備忘録と、城攻め、鉄旅、ライブ遠征などの記録をアップしています。
自由文会社を退職して、技術屋からフリーランスの翻訳屋に転身しました。まだまだ駆け出しです。胸を張って「翻訳家です」と言える日まで、日夜修行中の身です。
趣味は読書と城めぐりと音楽鑑賞。月平均 1 回以上のライブと登城がエネルギー源です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/12/04 12:11

明風 さんのブログ記事

  • 平戸城
  • 先日、九州に行ったとき、平戸城にも行きました!城の周りの木々を少し整理したようで、遠くから天守や櫓がよく見えるようになっていました。天気がとても良かったので、青空に天守が映えます。 [続きを読む]
  • SDGs
  • 先日、新聞で、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)という見出しをみて、おお、SDG ではなく SDGs なんだ、と思いました。通常、こういう略語の場合、英語で複数形になっていても、日本語では単数形に統一するのがほとんどですが、この場合は、おそらく開発目標が必ず複数あって、「SDG」になることがないため、日本語でも「SDGs」、、、というか、正式略語が「SDGs」なんだろうなぁ、と思いました。という [続きを読む]
  • 勝山館
  • 北海道では、続100名城に認定された勝山館にも寄りました。残念ながら、ガイダンス施設はお休みでしたが、(-.-;)遺構を見て回るだけで楽しめました。こちらは搦め手門。遺構越しに見える景色は抜群。 [続きを読む]
  • 保護されている PDF の処理
  • 翻訳作業をするときは、ツールを指定されていない場合でも、やはり対訳形式で作業したいものです。というか、少なくとも原文ファイルはテキストで欲しいです。でも、原文 PDF が保護されていることがあります。会社側からすれば、改ざん等されないように PDF 形式にして、さらに保護することは理解できるのですが、保護されるとテキストをコピーできないので、翻訳作業はやりにくいです。一旦、印刷してから OCR にかける?、とか [続きを読む]
  • 電子書籍って・・・
  • 電子書籍を利用しているという話は、ずいぶん前に書いた気がするのですが、最近特によく利用しています。電子書籍って紙の本より安いことが多いのですよね。しかも、貯めたポイントを利用できたり、割引クーポンがあったりで、利用すれば利用するほど、さらに利用するようになるという、、、まぁ、思うツボにはまっている、とも言えます。^^;ですが、電子書籍って実体がないせいか、読んだ本が印象に残りにくい気がします。☆4つ以 [続きを読む]
  • Trados Studio 2015 の翻訳メモリを統合
  • 以前、MultiTerm で用語集を統合する方法を確認したのですが、今回は翻訳メモリの統合方法を確認しました。翻訳メモリは複数参照できるので、通常、統合する必要はないのですが、今回はちょっとした事情により必要になりました。めったにやらない作業なので、忘れないようにメモしておきます。1) [翻訳メモリ] ペインを開く。2) [翻訳メモリのアップグレード] を する。3) [翻訳メモリのアップグレード] ウィンドウで必要な [続きを読む]
  • 固まった砂糖をサラサラに
  • クックパッドは凄いですね。料理だけかと思っていたら、こんな記事もありました。実はちょっと前に買い置きした砂糖を使おうとしたら、ガチガチに固まっていて(まだ封も開けていなかったのに!)、なんとか砕いて容器に入れたものの、大きな塊がゴロゴロしている状態で、毎回塊を砕くのに苦労していたのです。何か方法はないかとググってみたら、クックパッドに投稿がありました。キッチンペーパーを2〜3 cm幅に割いて濡らし、砂 [続きを読む]
  • based off = based on
  • 先日担当していた英語の文章に「based off」という表現が出てきました。前後の内容からして、これは「based on」の誤りではないかと思ったのですが、調べてみたところ、based off (of) 〜 = based on 〜でした!手持ちの辞書には載っておらず、英辞郎 on the Web と Weblio 英和辞典くらいにしか載っていないのですが、ネットで調べていたら、結構悩んだ方がいるようで、いくつかのサイトがヒットしました。on と off で何故同じ意 [続きを読む]
  • 三岐鉄道北勢線
  • ナローゲージの鉄道が三重県に2箇所あると知り、行ってみたいと思っていました。いろいろ考えたのですが、1日で両方行くのは慌ただしいので、とりあえず今回は三岐鉄道北勢線に乗りました。確かに車両も一回り小さいです。終点の阿下喜駅にはこんな表示がありました。駅の外には転車台もありました。やはり、かなり小さいです。ちなみに転車台の周りに敷かれているレールは、軽便鉄道博物館から乗れる小型の列車のレールです。第1 [続きを読む]
  • 桑名城
  • 連休は日帰りプチ旅をしました。メインは乗り鉄の旅だったのですが、それだけでは、ちと寂しいので桑名城に行ってみました。外観復元の蟠龍櫓は意外と良かったです。本丸は水城らしい縄張の面影はありますが、堀の石垣はほとんど現代のものなのがちょっと残念です。 [続きを読む]
  • 寝台列車の楽しみ
  • 今日 Yahoo!ニュースに出ていた「「トワイライトエクスプレス瑞風」一番狭い客室に見た夢と憧れ」いう記事を読んで、深く同感しました。トワイライトエクスプレスやカシオペアは、ずっと乗りたいと思っていたのですが、当初は費用が高すぎると相棒に却下されていました。それが、廃止されるという噂を聞いて相棒の気が変わり、結局引退の1〜2年前から2〜3回乗りました。新しいトワイライトエクスプレス瑞風や JR 九州のななつ星な [続きを読む]
  • 気に入った仕事だけ受けられたら。。。
  • 翻訳会社さんに翻弄されている感のある今日このごろ。。。ふと、思い出すのは、元同じ会社の先輩で翻訳者になられたという方の話。先輩といっても直接お話したことはないので、その先輩と親しくしていた別の先輩(というより私の元上司)から聞いた話ですが、「以前は翻訳会社の講師もしていたが、今は、気に入った仕事だけ(面白そうな文献だけ)翻訳の仕事をしている」とか。うらやましい話です。2 つの意味でうらやましい。まず [続きを読む]
  • modernize:モダン化?
  • IT 関係の翻訳をしていて、ちょっと訳しにくい気がするのが、「modernize」という単語です。辞書では「近代化する」などと訳されていますが、「クラウド」とか「データセンター」とか、それ自体が近代的と思われものに対して、「近代化」という言葉を使うのはどうも抵抗があります。modern という単語も「近代的」とか「現代の」ではなく、「最新の」と訳すことが多いので、modernize も「最新式に改革する」とか、単に「改革する [続きを読む]
  • 房総半島の旅3:いすみ鉄道&小湊鐵道
  • 最後は、いすみ鉄道&小湊鐵道完全乗車!大原駅からムーミン列車で出発です。大多喜駅で一旦下車して乗り換えます。上総中野駅でさらに小湊鐵道に乗り換え。左がいすみ鉄道、右が小湊鐵道です。季節がよければ養老渓谷で降りてハイキングなども良さそうですが、今回はひたすら車窓を楽しむ旅でした。次回は小湊鐵道のトロッコ列車にも乗ってみたいですね。 [続きを読む]
  • 房総半島の旅2:館山城
  • 次は、館山城!ここは模擬天守なので前回はパスしたのですが、模擬とはいえ結構立派なので一度見ておきたいと思っていました。丘の上にそびえ立つ天守、、、いいですねぇ。天気が良かったので、下手な写真も見栄えがいい。。。^^;海越しに富士山も見えるのですが、残念ながら雲がかかっていて、いい写真は撮れませんでした。電車に乗っているときは、車窓から綺麗な富士山が見えたのですけどねぇ。。。 [続きを読む]
  • 森亀橋2017:Your Songs, Our Songs (2/8)
  • 昨日はフェスティバルホールで開かれた「森亀橋2017:Your Songs, Our Songs」に行ってきました。森亀橋とは、キーボーディストの森俊之さん、ベーシストの亀田誠治さん、ギタリストの佐橋佳幸さんの3人のこと。このお三方はそれぞれの楽器のプレーヤーとしてだけでなく、数多くのアーチストに関わるアレンジャーとしても知られています。森亀橋のイベントは 10 年前にも一度開催されており、今回はその第二弾でした。実は 10 年前 [続きを読む]
  • 姫路城
  • 姫路城の菱の門の櫓内部を初公開していると聞き、行って参りました。こちらが姫路城に登城すると最初に現れる菱の門。向かって左手にある番所の内部が公開されています。壁の一面は石垣が露わになっています。なかなか珍しい構造だそうです。天気も良かったので、久しぶりの姫路城を満喫しました。 [続きを読む]
  • 両面印刷の方法:LBP7010C
  • 新しいプリンターの両面印刷の方法について調べました。^o^まず、Word文書の場合。。。印刷メニューの中で [手動で両面印刷] を選択できるのですが、これは奇数ページを印刷した後、一旦停止して、ユーザーが自分で裏面を印刷するよう給紙した後、偶数ページを印刷します。うちのプリンター(LBP7010C)の場合、最初に印刷するページを給紙トレイの一番上に入れないといけないのですが、排紙されるページは表が下になって積み上げ [続きを読む]
  • お気に入り作家になりました:深木 章子
  • 先日「猫には推理がよく似合う」を読んでから、深木章子氏の作品を3作読みました。「鬼畜の家」「衣更月家の一族」「螺旋の底」どれも面白かった!!というか、私の好きなタイプのミステリですね。「猫には・・・」はのどかな雰囲気が漂っていましたが、「鬼畜の家」はちょっとおぞましい事件、そして、「螺旋の底」では舞台がヨーロッパに移りますが、どれもミステリ小説を読む醍醐味があります。ミスリードがうまい!...やられた [続きを読む]
  • プリンターの機能
  • 新しいプリンター、、、印刷品質はとても良いのですが、いくつか機能が不足していることに気づきました。。。-.-;まず、両面印刷モードがない!!前のプリンターもH/Wとしては両面印刷機能はなかったのですが、手差しで両面印刷ができました。プリンターのプロパティで両面印刷を指定すると、まず奇数ページが印刷され、それが終わると、「出力された用紙をひっくり返して入れ直してください」という趣旨のポップアップが出て、用 [続きを読む]
  • 早めに確定申告準備中
  • 三連休空けに急用が2件できたので、今日明日の翻訳の仕事はお休みにしてもらい、今日する予定だった仕事を昨日のうちに済ませておいたのですが、意外とあっさり用事が終わったので、早くも確定申告の準備に取りかかりました。確定申告でちょっと面倒なのが源泉徴収の扱いですよね。というのも、翻訳会社さんによって、支払調書の対象期間が異なるのです。翻訳会社Aは、12月末までの支払いに対する支払調書(源泉徴収票)を出してく [続きを読む]
  • 「猫には推理がよく似合う」深木 章子
  • 年末年始に読もうと思って、数冊まとめ買いしたうちの一つが、「猫には推理がよく似合う」でした。ただ、読もうとしたときには、すでに何故この本を選んだのかを全く忘れてしまい(^^;)、なんかアンテナに引っかかったんだろうな・・・と思いながら、敢えてもう一度書評やあらすじを確認することもなく、読み始めました。最初、短いミステリー(の出だし?)が提示されるのですが、それとは全く関係のない話が始まり、どうつなが [続きを読む]