ヨセフの涙 さん プロフィール

  •  
ヨセフの涙さん: サルビア会同窓会
ハンドル名ヨセフの涙 さん
ブログタイトルサルビア会同窓会
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hirokinina/
サイト紹介文東京大塚一心病院サルビア会は永遠に不滅です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/12/04 20:41

ヨセフの涙 さんのブログ記事

  • 「統一密教」 228(朝鮮戦争の危機を乗り越えろ!)
  • 2007年、郭先生の汝矣島パークワン・プロジェクトは韓国の中心地に英国を呼び込んで韓国版ウォールストリートをつくる超画期的な作戦でした。朝鮮戦争休戦条約が米国と北朝鮮とで行われ、韓国は主導権を持っておらず、英国との協力によって影響力を持とうとした作戦でした。摂理的にも真のお父様と英国との蕩減復帰摂理の同時性であり、極めて重要な作戦でした。韓国の第四アダムを再び復帰するための「真の御子女様の12支派」 [続きを読む]
  • 「統一密教」 227(極秘・マグダラのマリヤの蕩減復帰摂理 3)
  • 一般でも、マクダラのマリヤがイエス様の子供を宿して姿をくらましたと信じている人たちがたくさんおります。真のお父様は40歳までに家庭を出発しなければなりませんでしたが、33歳で身ごもったイエス様の子供が40歳になるときは、たった7歳なのであります。その幼きイエス様の相対者とマグダラのマリヤはどこに消えたと思いますか?天皇家が ”失われたイスラエルの10部族” であるとすれば、東洋のエルサレム(韓国)こ [続きを読む]
  • 「統一密教」 222(真のご家庭は十二対象目的ゆえの分裂です)
  • ブログ村の愛する兄弟姉妹の皆様が、隠されてきた様々な影の部分に光を当てて、 教権体制に対して立派に意見を述べて来られ、その基盤が確立された頃ですから、四日儀式の蕩減復帰摂理の重要な使命を確認していただきたいと思うわけであります。第四イスラエル研究会が注目している、「イエス様とザカリヤ家の蕩減復帰摂理」が、実はちゃんと存在しており、文鮮明真のお父様の時の失敗を受け、1985年当時の第四アダムの時 [続きを読む]
  • 「統一密教」 220(北朝鮮のICBM完成は、世界秩序の一線を超える!)
  • ◆2017/03/16(木) 米国戦争屋勢力,最後の戦争に…自衛隊が狩り出される?金正恩を殺害する↓先発特攻隊? SPUTNIK米国は日本の自衛隊を北朝鮮上陸作戦に向け準備する可能性がある『スプートニク』 2017年03月15日 http://sptnkne.ws/dNWN朝鮮半島の状況は、これまでに比べはるかに危険であるように見える。 韓国は、パク・クネ(朴 槿恵)氏が大統領を罷免され、政権の移行期にあるし、マレーシアではキム・ジョンンナム(金 [続きを読む]
  • 「統一密教」 216(日米首脳会談大成功の陰で)
  • ◆2017/02/11(土) 一夜あけたら反中国から親中国へ変身!虎が豹になり 君子豹変!前言撤回.1つの中国を↓完璧に認める裏話を話す.情報源は霞が関とだけ言っておく.習近平国家主席は,じつは,トランプ大統領との電話会談を頑として拒否していた.トランプはオーストラリア首相との電話会談で激しい言葉を連発したが…習近平国家主席に対しても,「1つの中国なんて現実的ではない!台湾は,事実上,立派な国家だ!」などと [続きを読む]
  • 「統一密教」 214(海上自衛隊の対潜水艦完璧防衛網!)
  • http://ameblo.jp/kamifubuki/entry-11892548070.html海上自衛隊の真の実力 2014年07月12日(土) テーマ:政治・経済 月1回くらいのペースで色々書きたくなってますね。しかし今回のネタはちょっと政治活動している危ない人みたいに思われてしまうかもしれませんが、オイラは至って普通の人です。そして、実はこういうことを、オイラみたいな普通の国民一人一人が理解しておくことが国防上も重要なんですよ。今回書くことが判って [続きを読む]
  • 「統一密教」 213(日本近海を完全掌握している自衛隊!)
  • http://www.sankei.com/world/news/170204/wor1702040045-n1.html2017.2.4 16:00更新【マッド・ドッグ来日】マティス氏が駐留費負担を絶賛「日本は他国のモデルだ!」 日米共同会見詳報 共同記者会見を行う稲田朋美防衛相(右)とマティス米国防長官=4日午前、防衛省(納冨康撮影)  稲田朋美防衛相は4日午前、来日中のマティス米国防長官と会談し、共同記者会見を行った。マティス氏は在日米軍駐留経費の一部を高い割合で [続きを読む]