teikitaisaku さん プロフィール

  •  
teikitaisakuさん: 成績アップのための学習法
ハンドル名teikitaisaku さん
ブログタイトル成績アップのための学習法
ブログURLhttp://educomtest.sblo.jp/
サイト紹介文学習塾にご家庭に、教材を提供するエデュコムが勉強に関する情報を提供します。
自由文エデュコムは、トレーニングペーパーの教育社の元編集者が集まった会社です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/12/06 16:44

teikitaisaku さんのブログ記事

  • 6月第4週時事問題
  •  今週は期末試験の学校が多いですね。 では,6月第4週時事問題です。□19日 京都大学や製薬・IT関連企業など約70社で作る共同研究体は、創薬専用の人工知能(AI)の開発に乗り出す。AIの活用は医師の診療支援などで始まっているが、創薬のためのAIは国内に例がない。□19日 フランスの議会下院の選挙で、マクロン大統領の新党「共和国前進」が308議席を獲得して単独で過半数を確保し、選挙協力している中道政党と合 [続きを読む]
  • 小中教育はこう変わる!=小中学校学習指導要領解説公表=
  • 文部科学省は21日、小中学校で2020年度から順次実施される次期学習指導要領の解説書を公表しました。 中学校で憲法改正手続き、小中学校で北朝鮮の拉致問題、小学校で自衛隊の役割などが初登場したほか、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)や性的少数者(LGBT)への配慮も新たに盛り込まれました。各教科の最初に,改訂の経緯が書かれていますが,下のようです。少子高齢化,グローバル化,AIの飛躍的な進化に [続きを読む]
  • 6月第3週時事問題
  •  そろそろ、期末試験対策に入る時期となりましたね。 では,6月第3週時事問題です。□12日 先進7か国(G7)環境相会合は、米国以外の6か国が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」の下で対策に取り組むことなどを確認する共同声明を採択し閉幕した。□13日 中米パナマと中国の両政府は両国が国交を樹立したと発表した。パナマは、中国が主張する「一つの中国」原則を受け入れ、台湾とは断交した。□14日 厚生労働省 [続きを読む]
  • ICTで,学校はどう変わる?
  • 5月に東京ビッグサイトで開催された「第8回教育ITソリューションEXPO 2017(EDIX)」でのセミナー動画を東芝さんが公開しておられます。教育ITソリューションEXPOセミナー動画はこちら ICTで学校はどう変わるか,興味深い話をされておられますので,のぞいて見てください。ICTとは「Information Communication Technology」の略語で、直訳すると「情報伝達技術」です。学校ではICT導入の目玉は,生途に一人1台ずつタブレットをも [続きを読む]
  • WEBリニューアル記念キャンペーン
  • いつも弊社のブログをご訪問いただきありがとうございます。本日,弊社のウェブサイトを全面リニューアルいたしました。より見やすく,より使いやすいウェブサイトとなるよう,また最新の情報を提供し,皆様のお役に立てるようなウェブサイトとして運営していきます。今後とも,どうかよろしくお願いいたします。リニューアルWEBはこちら WEBリニューアル記念キャンペーンブログの読者様を対象に,WEBリニューアル記念と [続きを読む]
  • 6月第2週時事問題
  •  卓球の世界選手権で、13歳の張本智和選手の活躍。 将棋の藤井聡太四段14歳がデビュー後、連勝記録を25に更新。 中学生の活躍が話題となった1週間でした。 では,6月第2週時事問題です。□5日 卓球の世界選手権は男子シングルス準々決勝が行われ、史上最年少で日本代表に選ばれた13歳の張本智和が世界ランキング3位の許キン(中国)に1-4で敗戦。大会史上最年少メダルはならなかった。□5日 英ロンドン中心部で7人が死亡 [続きを読む]
  • 次期教科書はどうなる?
  • 先月,教科用図書検定調査審議会より,「教科書の改善点について」が報告されました。下記の文部科学省ホームページをのぞいて見てください。教科書の改善点についてはこちら 紙の教科書とデジタル教科書の内容は同一とし,紙の教科書で検定を実施します。まだ次回は,紙が主という位置づけですが,英語ではデジタル教科書の音声を利用することを推奨しています。紙の教科書とデジタル教科書を,教科によって使いわけるようになる [続きを読む]
  • 6月第1週時事問題
  •  先週もアフガニスタン、フィリピン、イギリスなどで痛ましい事件が続きました。 亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。 では、5月の最後の週、6月の第1週の時事問題をまとめます。 □29日 インディカー・シリーズ第6戦で、8度目のインディ500に挑んだ佐藤琢磨が日本人初となるインディ500制覇を成し遂げた。□29日 ソフトバンクが新卒採用選考のエントリーシートを評価する際に、人工知能「IBM Watson」を活用する [続きを読む]
  • 5月第4週時事問題
  •  そろそろ中間試験が終わった学校が多いようですが、5月第4週の時事問題です。 ついに「Robocop」導入は驚きのニュースです。 人間に変わって危険な任務を行ってくれるのはうれしいことですが、人間から職を奪わないかは少し心配です。□23日 アラブ首長国連邦のドバイ警察は初の「Robocop」を採用したと発表した。スペインのPAL Roboticsが設計したREEMシステムをベースとしたロボットで、身長は約170センチ、体重は約100キロ [続きを読む]
  • 5月第3週時事問題
  •  今日も,最高気温が30℃をこえる地域もありそうです。 熱中症には十分に気をつけてください。 では,5月第3週の時事問題です。□16日 政府は閣議で、衆院選の「1票の格差」を是正するため、定数を小選挙区で6、比例代表で4減らして、選挙区割りを変更する公職選挙法改正案を決定した。成立すれば、定数は小選挙区289、比例176の計465と戦後最少になる。□17日 関西電力は高浜原発4号機(加圧水型軽水炉、出力87万キロワット [続きを読む]
  • 教育ITソリューションEXPO
  • 昨日,「教育ITソリューションEXPO」に行ってきました。「教育ITソリューションEXPO」サイト 学習指導要領の改訂に向けて,プログラミング教育,デジタル教科書関係の展示が多かったです。学習指導要領が変わるから,教材を変更しなくては,勉強内容を変えなくてはと思います。では,なぜ,学習指導要領を変えるのかというと,それは改訂の時期が来たから(それもあるとは思いますが)ではありません。AI(人工知能 [続きを読む]
  • 5月第2週時事問題
  •  そろそろ中間試験の時期で,早い学校は今日から中間試験ですね。 今回の試験では,韓国,フランスの大統領選挙,アメリカ抜きのTPP,北朝鮮情勢,「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺跡群あたりが出題されそうです。沖ノ島は,日本最南端の沖ノ鳥島と混乱しないように,位置を確認しておきましょう。画像は読売新聞のサイトよりお借りしています。 では,5月第2週の時事問題です。□8日 フランス大統領選の決選投票が即日開 [続きを読む]
  • 5月第1週時事問題
  •  ゴールデンウィークはいかがでしたか。 では、5月第1週の時事問題をまとめます。□5月1日 安全保障関連法に基づき、自衛隊が平時から米軍艦船を守る「米艦防護」を行うため、海上自衛隊最大級のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が、横須賀基地を出港した。□2日 インド政府が朝鮮半島情勢の緊迫化を受け、北朝鮮との貿易をほぼ全面的に停止した。北朝鮮は中国、サウジアラビアに次ぐ3番目の貿易相手国を失った。□2日 鹿 [続きを読む]
  • 4月第4週時事問題
  •  ゴールデンウィーク突入ですね。今日もお休みの方もいらっしゃるかもしれません。 雷雨の予報もでていますが,今年のゴールデンウィークは,天候に恵まれよかったです。 では、4月第4週の時事問題をまとめます。□24日 フランス大統領選の第1回投票が即日開票され、中道・独立系のエマニュエル・マクロン前経済相と極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首が、決選投票への進出した。□25日 沖縄防衛局は、沖縄県名護市辺 [続きを読む]
  • 4月第3週時事問題
  •  フランスの大統領選挙、北朝鮮軍の創立85周年記念日と、今週は海外で気になることが多いですね。 では、4月第3週の時事問題をまとめます。□17日 トルコで行われた大統領の権限強化を巡る憲法改正の国民投票は、賛成が過半数を上回り、今後、エルドアン大統領による事実上の独裁政権への道が開かれることになった。□18日 政府は毎年7月24日を会社などに出勤せず自宅などで働く日=「テレワーク・デイ」に定め、参加企業を募 [続きを読む]
  • 4月第2週時事問題
  •  桜が開花しても寒い日が続いていましたが、昨日はいきなり初夏のような気候でしたね。 やはり、異常気象のせいなのでしょうか。 では、4月第1週の時事問題をまとめます。□10日 2月の完全失業率が2.8%まで低下した。アベノミクスが発動した2013年初に失業率は4%台前半だったが失業率が順調に低下し続けている。□11日 『2017年本屋大賞』発表会が都内で行われ、恩田陸氏の『蜜蜂と遠雷』が大賞に選ばれた。同書は『第156回 [続きを読む]
  • 4月第1週時事問題
  •  入学,進学おめでとうございます。 今年は,桜の開花の便りが聞かれてから寒い日が続き,桜のもとで入学式が行われた地域が多いのではないでしょうか。 では,4月第1週の時事問題をまとめます。□4日 ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で、列車が爆発し11人が死亡、45人がケガをした。テロとみられている。□4日 将棋の藤井聡太四段関西将棋会館での対局に勝利し、史上初となるデビュー11連勝の新記録を達成した。史上5 [続きを読む]
  • 3月第5週時事問題
  •  桜の開花の便りが聞かれてから寒い日が続きます。 関東では,やっと満開ですね。 では,3月第5週の時事問題をまとめます。□27日 一般会計総額が97兆4547億円と過去最大の2017年度予算は、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。□27日 栃木県那須町のスキー場で雪崩が発生し、登山講習会に参加していた地元の高校生ら8人が死亡した。□27日 ドナルド・トランプ米大統領は、バラク・オバマ前大統領が [続きを読む]
  • 3月第4週時事問題
  •  東京では桜が開花したというのに,関東でも雪が降っている地域があるようです。 でも,春はもうすぐです。 では,3月第4週の時事問題をまとめます。□21日 ドイツを訪れている安倍晋三首相は、ハノーバーでメルケル首相と会談した。両首相は「自由で開かれた国際秩序こそが平和と繁栄の礎」との認識を共有した。□21日 韓国の憲政史上初めて憲法裁判所の罷免決定により失職した朴槿恵前大統領が検察に出頭した。大統領経験者 [続きを読む]
  • 3月第3週時事問題
  •  今日は全国的に、あいにくの雨ですね。 ついに東京では桜が開花し,春もすぐそこですね。 3月第3週の時事問題をまとめます。□13日 日本の高校生が受けている授業は米国、中国、韓国に比べて受け身的で、生徒はきちんとノートを取る一方、居眠りをする割合も高く、グループワークなどへの参加は消極的という調査結果を、国立青少年教育振興機構が発表した。□13日 日本とサウジアラビア両政府は、産業多角化やインフラ、エネ [続きを読む]
  • 3月第2週時事問題
  •  今年度も残り少なくなってきましたね。 3月第2週の時事問題をまとめます。□6日 北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射し、そのうち3発が日本の排他的経済水域に落下した。□7日 米太平洋軍は、北朝鮮による一連のミサイル発射実験を受けて、最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国への配備を始めた。□8日 北陸新幹線でルートが未定の京都―新大阪間について、与党の検討委員会は、JR片町線の松井山手駅付近を [続きを読む]
  • 3月第1週時事問題
  •  2月の最後の週および,3月第1週の時事問題をまとめます。□27日 トランプ米大統領は3月半ばに議会に提出する2018会計年度(17年10月〜18年9月)予算教書で、国防費を「歴史的に増やす」と表明した。□28日 米宇宙開発企業スペースXは、民間人2人の月周回旅行を来年後半に催行すると発表した。実現すれば、米国による月周辺への有人飛行としては1960〜70年代のアポロ計画以来となる。□28日 崔順実被告など民間人による国政介 [続きを読む]
  • 夏にはAIが,一般家庭に進出!
  • 昨日の「LINEの「WAVE」を今夏に日本と韓国で発売」のニュースは衝撃でした。現在,アメリカで大ヒットしているのが,Amazonが提供している「Echo」です。すでに数百万台が出荷され,現在予約待ちのようです。「Amazon Echo」が,日本でも年内に発売とのニュースがあり,楽しみにしていましたが,それに先駆けて「WAVE」が発売されます。ここで,「WAVE」「Amazon Echo」のすごさの紹介です。最近テレビのCMでみかける「OK. Goog [続きを読む]
  • 進路決定の難しさ
  • 大学受験,高校受験も山場ですね。もう終わった方もいらっしゃるでしょう。受験の際に,将来なりたい職業をもとに学部を決める方も多いでしょう。しかし,今の時代は,将来その仕事が残っているかどうかも考えなくてはいけません。セルフガソリンスタンド,高速の料金所の係員…,なくなってきた仕事は多いです。ついに近所のレンタルビデオ屋もセルフレジに変わってしまいました。スーパーやコンビニのレジから人が消えるのもそう [続きを読む]
  • 2月第4週時事問題
  •  大学受験,高校受験ともに,山場を迎えますね。 健康に気をつけて頑張ってください。 では、2月第4週の時事問題をまとめます。□22日 東京都の豊洲市場の一連の問題をめぐり、都議会は、強い権限を持つ調査特別委員会(百条委員会)の設置を全会一致で可決した。□22日 鹿児島県の三反園訓知事は、定期検査で停止していた1号機が昨年運転再開した際、「専門家委員会の議論を踏まえて判断する」として判断を先送りしていたが [続きを読む]