Renya さん プロフィール

  •  
Renyaさん: CuatroEspada のブログ
ハンドル名Renya さん
ブログタイトルCuatroEspada のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/c-espada/
サイト紹介文CuatroEspadaの警備員、Renyaが警備、警護員としての視点で防犯について語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/12/07 00:15

Renya さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2015年の問題を危機管理の観点から振り返ると
  • 2015年は、国際的にはテロとの戦いが、国内的には企業の不祥事が大きなニュースとなる事が多かった1年だと思います。テロについてはこれまでも、そして今後も取り上げる事になると思います。今回は、国内企業の不祥事と、それに対する対応から見る危機管理に触れながら、今年1年を振り返ってみたいと思います。 2015年に発生(発覚)した企業による不祥事は、マクドナルドから始まったとも言えるかと思います。チキンナゲットの賞 [続きを読む]
  • 自爆テロはプロにも防げない
  • 日本でのテロ 死んでも構わぬテロリスト防ぐのはほぼ不可能約130人の犠牲者を出したフランス・パリの同時テロは、「イスラム国」(IS)によって入念に準備、計画されていたことが明らかになりつつある。その直前に起きたロシア機爆破(乗客乗員224人死亡)も含め、「イスラム国」による国際テロは新たなステージに入った。日本も「イスラム国」の標的の一つである。もはや安全な場所はない。作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏が [続きを読む]
  • 十分な注意が必要です
  • アジアで「イスラム国」テロ懸念 シンガポール専門家が指摘「クリスマス標的」欧州や北アフリカで相次ぐ「イスラム国」のテロ。テロ問題研究の権威で「政治的暴力・テロリズム研究国際センター」(ICPVTR、シンガポール)のロハン・グナラトナ所長が産経新聞の取材に応じ、アジアの戦闘員が中東から母国に帰還して活動を活発化する恐れがあるとし、アジアでのテロ発生に懸念を示した。宣伝効果が高いクリスマスの期間を狙っ [続きを読む]
  • 狙われる理由
  • 「数日以内に攻撃」仏に各国が警告…情報生かせず【カイロ=大内清】パリ同時多発テロでは、「イスラム国」と対峙(たいじ)するイラクやトルコからフランス政府側に対し、テロの危険を事前に警告する情報が提供されていたが、凶行を防ぐことはできなかった。国際的な対テロ情報網の強化が急がれる中、確度の高い情報をすくい取り、テロ対策に生かすことの難しさが浮き彫りとなっている。米メディアによれば、米情報当局は今年5月 [続きを読む]
  • 新たな局面に入ったテロとの戦い
  • フランスのパリで13日(現地時間)に発生した同時多発テロでは、129人も尊い命が失われました。多数の重軽傷者がいる事を考えると、まだ増えるかも知れません。犠牲になられた方々に哀悼の意を表すると共に、世界的な観光地でもあるパリに平穏な時間が取り戻される事を願います。今回のテロ行為では、その後ISILが犯行声明を出しました。ISILを攻撃対象とするシリアなどへの空爆に、フランスが参加している事を非難した上での攻撃 [続きを読む]
  • 楽しむ為にはマナーも必要
  • ハロウィン翌日の渋谷で子どもたちがゴミ拾いハロウィンの夜の渋谷は混乱を極めたようです。警察が警備体制を強化し、DJポリスが出動するも夕方から身動きが取れないほど人があふれ、人を殴った容疑として逮捕者も出ました。ここ数年、ハロウィンの渋谷は人の多さとともに、ゴミの放置が問題になっています。明けて翌日、街が明るくなると歩道やショップのシャッター前には仮装グッズや空き缶が散乱していました。(ねとらぼ 11月1 [続きを読む]
  • 避難の際に注意するべき事
  • 洪水被災地に「窃盗団」!避難住民の家に入り込み物色・・・作業着にヘルメット姿洪水・水害被災地の茨城県常総市で空き巣被害が相次いで発生している。自動車のナンバープレートまで盗まれるという。自宅2階で空き巣に遭遇したという住民は「わからない言葉をごちょごちょと話していて、タンスをちょっと開けてまた降りていった」。また、「自衛隊とか消防、あとは警察の制服みたいなのを着て、何人かのグループでやってるみたいです [続きを読む]
  • 現場では『想定外』が起こる
  • 同じ接客態度でも、好感を持つお客様がいれば、逆に不快に思うお客様もいるかも知れません。私達が業務として対応する事のあるクレーム対応も同様で、一応の基本となるマニュアルはありますし、理想的な結論や解決の仕方もあります。店舗側に責任がある場合であれば、誠心誠意謝罪をし、お客様のご理解を頂く事が理想です。悪質なクレーマー等であれば、要求を何処まで受け入れるのかといった問題となり、寧ろ対応は簡単な場合があ [続きを読む]
  • マニュアルと現場業務
  • 安全保障関連法案が成立(9月19日未明)集団的自衛権行使を限定的に可能にする安全保障関連法は9月19日未明、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。投票結果は賛成148票、反対90票。与党のほか、次世代、元気、改革の野党3党が賛成に回った(イザ! http://www.iza.ne.jp/topics/politics/politics-8203-m.html)警備や警護の業務に限った事ではありませんが、業務を行う上では多くの場合、マニュ [続きを読む]
  • 戦闘状態となったサイバー空間
  • サイバー攻撃の標的、百自治体に 中国など海外から不正アクセス個人情報の流出やホームページの書き換えなど、システムの安全性を破壊する「サイバー攻撃」の標的となった地方自治体が、少なくとも100に上ることが共同通信の調べで21日、分かった。中国など海外からの不正アクセスが多く、住民のメールアドレスなどが漏れるなど情報保護が脆弱な部分が狙われた形だ。国民一人一人に番号を割り当てて情報を管理するマイナンバ [続きを読む]
  • 効果があるから繰り返される
  • 日本公館への攻撃呼び掛け=インドネシアなどで―「イスラム国」【ジャカルタ時事】過激派組織「イスラム国」がインターネット上に公開した英字機関誌「ダビク」の中で、インドネシアやマレーシアなどの日本公館を攻撃するよう呼び掛けたことが10日、分かった。ダビクはイラクやシリアでの戦闘に参加できない支持者に対し、攻撃の対象として、インドネシア、マレーシア、ボスニア・ヘルツェゴビナにある日本公館のほか、アルバニア [続きを読む]
  • 日常には危険が多い
  • 都内、エスカレーター3千人けが 11〜13年、転倒が大半東京都内で2011〜13年にエスカレーターで転んだり落ちたりして搬送され、けがをした人が3865人に上るとして、消費者庁は22日、エスカレーターに乗る際は必ず手すりにつかまるよう注意を呼び掛けた。消費者安全調査委員会(消費者事故調)が6月、エスカレーターからの転落事故の防止策を盛り込んだ報告書を公表、利用者に注意を促すよう消費者庁に求めていた [続きを読む]
  • 今すぐ子供達に掛けて頂きたい言葉
  • 子どもの自殺、9月1日最多 夏・春休みの終わりに集中18歳以下の自殺人数を日付別に分析したところ、9月1日が突出して多く、夏休みなど長期休暇が明けた時期に集中していることが内閣府の調査でわかった。1972〜2013年の42年間に自殺した子どもの総数は1万8048人で、日付別に合計した。最も多かったのは9月1日(131人)で、4月11日(99人)、4月8日(95人)、9月2日(94人)、8月31日( [続きを読む]
  • 危機管理の本質
  • 山本太郎「原発がミサイル攻撃されたら?」 「国会質問」機にネットで大反響「原発が弾道ミサイルの攻撃を受けたら、どのぐらい放射性物質が出るのか」。山本太郎参院議員(40)が国会でこんな単刀直入の質問を繰り出して、ネット上で反響を呼んでいる。(J-CASTニュース・7月30日(木)18時57分配信より一部抜粋)記事は2つの点で重要な指摘だと考えています。まず1点目としては、安倍総理や政府の答弁は、概要として想定していな [続きを読む]
  • 被害を止める為に必要な事は何か?
  • 岩手いじめ自殺 父親が加害者生徒を告訴岩手県矢巾町で、いじめを訴えて自殺した中学2年の男子生徒について、学校は「いじめが自殺の一因」とする調査報告書をまとめ、遺族に説明した。矢巾町の中学2年・村松亮さん(13)は生前、担任とやり取りするノートに「いじめ被害」を再三訴え、今月5日に自殺した。中学校の校長らは26日午前、教職員や同級生からの聞き取り結果などをまとめた調査報告書を父親に手渡した。報告書は [続きを読む]
  • 警備業務の転機となった
  • 遺族「直後の気持ちのまま」 明石歩道橋事故14年子どもや高齢者ら花火大会の見物客11人が亡くなり、247人が重軽傷を負った兵庫県明石市の歩道橋事故から14年となった21日、遺族らが現場となった歩道橋を訪れ、犠牲者を追悼した。当時2歳の次男智仁ちゃんを亡くした神戸市垂水区の会社員下村誠治さん(57)は「14年の時がたったが、この日は事故直後の気持ちのままだ。責任のある方には認めてもらい、謝罪してほし [続きを読む]
  • 利益とリスク
  • 「覚せい剤返します」津地検 名乗り出たら逮捕ですが…津地検が押収物の還付手続きにのっとり、覚せい剤の持ち主を探す公告を庁舎前の掲示板に出している。掲示期間は6月23日から今月7日まで。分からなければ廃棄処分されるが、名乗り出た場合は現行犯逮捕される可能性が極めて高い。津地検によると、対象は覚せい剤1袋。2008年、三重県内のスーパーでレジの下に落ちていた医薬品用のカプセルを店員が拾った。県警が調べ [続きを読む]
  • 災害に弱い都心部
  • 首都地震 東京・目黒では旧耐震基準の建物多く電車に被害も東京都が公表する「震災発生時の火災危険度上位100町丁目リスト」によれば、1位・足立区千住柳町、2位・足立区柳原2丁目、3位荒川区町屋4丁目など、下町地域が上位に並ぶ。詳細は東京都都市整備局のホームページなどで確認できるが、いずれも古い民家が密集する住宅地ばかりだ。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が指摘する。「大田区、品川区、杉並区、中野区なども [続きを読む]
  • 他人事ではない危機感の欠如
  • 国交省局長が帰宅途中に置引被害 緊急連絡先入ったかばん国土交通省は14日、同省航空局長が電車で帰宅途中、業務で使用しているタブレット端末や職員の緊急連絡先が書かれた書類などが入ったかばんを置引されたと発表した。端末はパスワードが掛けられているという。国交省によると、田村明比古航空局長は会合で飲酒後の12日午後11時ごろ、帰宅するため、東京都内から電車に乗った。居眠りをして利用駅を乗り過ごし、13日 [続きを読む]
  • 手の込んだ架空請求が増えています
  • アダルトサイト相談10万件 過去最多、スマホ目立つ国民生活センターは23日、2014年度に全国の消費生活センターに寄せられたアダルトサイトから料金を請求されたなどとする相談が10万件を超え、過去最多になったと発表した。スマートフォン利用時のトラブルが増えており、身に覚えのない請求をされたら最寄りの消費生活センターへ相談するよう促している。国民生活センターによると、14年度の相談件数は約10万6千件 [続きを読む]
  • 自転車は自動車と同じ
  • 自転車講習制度、全国でスタート 摘発2回の14歳以上対象自転車で危険な乗り方をした運転者に安全講習を義務付ける新たな制度が1日、全国でスタートした。改正道交法の施行令で酒酔い運転や信号無視など14項目を「危険行為」に指定し、14歳以上で3年以内に2回以上摘発された運転者が対象。警視庁はこの日、都内の交差点など97カ所で、悪質な運転者の一斉取り締まりを実施した。新制度は運転者が「加害者」になる深刻な [続きを読む]
  • 対策と共に教育が必要
  • 復讐ポルノ1カ月110件 被害相談、20代以下6割 復讐目的に元交際相手の裸の画像などを流出させるリベンジポルノに絡む全国の警察への被害相談が昨年末の約1カ月で110件だったことが2日、警察庁のまとめで分かった。うち65件(59・1%)は20代以下だった。リベンジポルノを規制する私事性的画像被害防止法が昨年11月27日に施行されてから年末までを初めて集計した。インターネット社会を反映し、後を絶たな [続きを読む]
  • 過去の記事 …