エコ さん プロフィール

  •  
エコさん: エコさんと自閉症児の部屋
ハンドル名エコ さん
ブログタイトルエコさんと自閉症児の部屋
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ekoblog54/
サイト紹介文自閉症児の成長記録!時にはスパーク成長!親の療育方法!学校選び!
自由文羽を生やせば天使の様に可愛らしかった息子も27才。会話は一生不可能と言われたのに、明るく社交的に育ちました。親の療育方法、学校、職場などの環境がとても大切です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/12/08 12:21

エコ さんのブログ記事

  • 便利なツール 病院なび
  • はぁ〜、疲れた(; ・`д・´)∂ 連日、パソコンの前に何時間も座っていたら足腰が痛くて💦 何でかって言うと「自分が掛かる良いクリニック」を捜していたから。 口コミは23区内で800件以上を何回も見た。口コミは信用出来ないという人もいるけど、結構当たっていると思う。それが証拠に私も商品を買うとレビューを書くのが好きだし、利用した施設(ホテルや旅館)の口コミは必ず書いている←それが危ない証拠かも? 最近 [続きを読む]
  • 障がい者には「人権」が無い
  •   7月13日 ヤボ用で神保町に行きました 右下にこけしが売っていますよ ヤボ用、便利な言葉ではある。神保町の書店街は暑さにも関わらず人で溢れていた。私もあやうく「万札全焼」になる所だったが、現在、腰痛で重い物が持てないので助かったぁ〜。 私がフラフラと歩き回っていた頃に、こんな悲劇が起こっていたとは。 埼玉県上尾市の障碍者施設で、利用者の男性が送迎用のワゴン車に放置され熱中症で死亡した。 この事件を [続きを読む]
  • 「生きる」を「生きる」人生
  •      火曜日の日経夕刊に掲載された記事 半年で50数回の予定 もう1週間が過ぎた。教授のコラムも2回目となる。 テーマは「星を投げる人」 話の内容はこんな感じ    アメリカの教会で教授は牧師から「星を投げる人」の話を聞いた。    海岸に無数のヒトデが打ち上げられた 1人の少年がヒトデを海に投げている   それに何の意味があるのだろうか?少年はひとつずつのヒトデを助け続ける   それに意味がある [続きを読む]
  • 心が透けて見えればいいのにな
  •    謎多き足柄SAの金太郎スタンプ 金太郎は剃髪してるし熊はあかんべぇ? 「お父さんがスキー旅行(泊まり)に行っても 僕は1人で大丈夫だ」とシュウは言う 「えっ、私は寂しいな」と言うと 「土日は会社が休みだから 僕がいるから              お母さんの事は僕が守るから大丈夫だ」と返ってきた 戸締りはシュウがしてくれる 家事もシュウがしてくれる でも 病気になったら心細いなぁ そうだ そういう時 [続きを読む]
  • 旅 ちょっとそこまで 4
  •   ひゃっは〜〜、暑い中この道を歩いたぞ! 「ミスター」「チョーさん」こと長嶋茂雄読売ジャイアンツ終身名誉監督である。 ・「私は今日ここに引退しますが、我が巨人軍は永久に不滅です」 ・天覧試合(1959年)でサヨナラホームランを打った事。 スポーツに疎い←当然その他も 私は以上の2つ位しか知らないが、夫は大のチョーさんファンだ。なので、チョーさんが冬場にトレーニングに訪れていたこの伊豆の国市への旅行と [続きを読む]
  • 旅 ちょっとそこまで 3
  •    シュウはこの様に手を重ねて寝ている(*^▽^*) 「シュウって大物だよねー」と最近つくづく思うエコさんである。 自閉症の人は変化を嫌う、というのが定説。実際、シュウはついこの前まで某会員制リゾートホテル(夫の勤務先が法人会員)の同じ所しか行かなかった。 「もっと色々な所に行ってみたいよぉ」という私に「あそこはプールが無いからダメ」だとか「あそこはご飯が不味いからダメ」とか屁理屈を行って行かせてくれな [続きを読む]
  • 旅 ちょっとそこまで 2
  •      今年の2月に車内から慌てて取った1枚(スモークガラス越し) 富士山、今回の旅の目的は富士山の見える宿でまったり(*´ω`)と湯につかる事。 晴れていれば見えると思った富士山、そうは甘くは無かった。 霞がかかっていて1度も見えなかったぁ、失敗? 行きは足柄SAでトイレ休憩をした。 ここのトイレ 「美し過ぎるトイレ」or「1000年に1度の美トイレ」だった\(◎o◎)/! ネクスコ東日本、余程もうかっている [続きを読む]
  • 旅 ちょっとそこまで 1
  •     帽子の素材も色々だわね  右端が犯人のキャップ 先週の水曜日(7/5)、夕方買い物に行って帰って来たらフ〜ラフラになった。 脱水も心配だけど、脳血管疾患やら心疾患やらはこの季節に多発するらしいので大事をとって休んでいた(恥ずかしいからな)。 つらつら考えてみると、最近は一見ストローハットに見えるが実は紙素材の帽子が流行りで、これは折り畳めるのでこちらを愛用していた。 以前はくるくると丸めてバッグ [続きを読む]
  • 文章の盲点
  •   お菓子屋さんだけれどもパンを購入・美味しいにゃ〜! アインシュタインをして「死とはモーツァルトを聞けなくなることだ」と言わしめて、ゲーテをして「人間をからかうために、悪魔が発明した音楽だ」と言わしめた、天才音楽家の名を冠したお菓子店。彼は、「全く空気を読まずにピョンピョンと跳びはねて歩く」サヴァン症候群とも言われる。仲間であるwww さてさて、満を持して日経の夕刊第1面のコラム「あすへの話題」に私 [続きを読む]
  • 学校と地域
  •       私はこの看板の前でしょっちゅう滑って絵の様になるが対策は無い 今日(既に昨日)ぼんやりとテレビを見ていたら、医療費の倹約というテーマで色々な仕組みを解説していた。その人が「年金と医療は自分で申告をしないと、受け取れません」と言っていたが、福祉も申請しなければ「無」になる。 行政の障害福祉サービスは「措置」から「障害者自立支援法」に変わって、現在は「障害者総合支援法(26年4月から)」にな [続きを読む]
  • 足裏診断
  •        トロと一緒 中央はシュウの足の裏 「足裏診断」といえば 法の華三法行 ・ 福永法源 を思い出した。あの巨大な足裏は何処へ行ったのだろうか? この写真の左側に大根の如く写っているのは、私の足裏で「美しいアーチ型の土踏まず」を披露しようとして変な形になってしまった(ノ∀`)アチャー のんきそうに寛いでいるシュウの足裏を撮影の為に引っ張ったら、足指がギュッと足裏方向に曲がった(゚д゚)! 当たり前なんだけ [続きを読む]
  • 今日はとても暑い日
  •    ちょっと飲んでみました・サプリメントの類い 左から「昔は乙女、今は太目」でおなじみ、手軽に痩せたい人向けのサプリ。 中は「アガリクス」 ↓ 右は「にんにく卵黄」少しは綺麗にしていようかなぁ、と。 でね、問題はアガリクスなんだけれども。私はアガリクスって猿の腰掛けの様な厳かなキノコ🍄を想像していたのに、見た目はシメジにそっくりだし、栽培しているんだって(有難みが薄れる様な気が、、、)。 これ [続きを読む]
  • 目は心の鏡
  •     左はクララスティル・右はジェネリックのシーナック 「心の鏡」が曇りまくっている(´;ω;`)  軽〜い白内障になったのは3年くらい前の事。 写真の目薬はEU・米国で10年以上も使われている白内障の改善薬で、信頼できる輸入代行業者さんから高い値段で買っている。 が、私はドライアイなのでこちらの対策も必要なのだ。ドライアイで視力が落ちるとメガネでは矯正出来ない。失明する人もいる怖〜いドライアイ、原因は [続きを読む]
  • 地区会で学んだ事
  •         近所に突然出来たパン屋さん 最近こういう感じの間口が狭いパン屋さんが流行っている。(トレーをもって自分で選ぶスタイルと趣を異にしている) 1人づつ並んで買う仕組みなので「行列の出来るパン屋さん」になっている。    Gに行った夫が弁当購入を命じたのでついでに買ってみました 実際にはお腹が痛かったので山崎パンをトーストして食べて、夕方一緒に買ったクリームパンを食べてみた。 その味はビックリ [続きを読む]
  • きょうだい児
  •   河原のアホ夫婦:提供あふろ(?∀?)   撮影はシュウかしら? きょうだい児の問題は親にとって頭の痛い問題である。 あれ、「きょうだい児」って何? そ、それは「障がいや病気をもった子の兄弟姉妹」のことをいう。 色々と考えても埒のあく話ではなし、、、と普通に育ててきたが、最近考える時がある。 育てていた当時は 「両親は子どもに障碍があると分かるまでは普通の生活を送ってきたけれど、きょうだい児は物心つ [続きを読む]
  • 難しき日本語と自閉症
  •  これはシルバーアクセサリーの汚れを取っている図 以前、何かでシルバーの曇りは鍋にアルミホイルを敷いて塩を入れて沸騰させて、綺麗になったらよく水で洗いながしましょう、的な事を見たので試してみた。 想像していたよりも綺麗になったが、仕上げには貴金属クロスなどで磨かねばならなかった。 そこで、ちょっと疑問になったのだが、某グッチのシルバーは何で曇らないのか?もしかして「18−8ステンレス」か?などと妄想 [続きを読む]
  • 超面白い本の紹介
  •   うわ!画像が悪い、、、、、撮り直しか、、、、、 ・「イノセント・デイズ」 早見 和真著 この本は書店でもレジカウンターの側に置かれたりしているので、お薦め本と思って読んでみた。 面白いっていう言葉は適切では無いと思うが、読んでいい本ですよ。 普段は感じる事の無い「時の流れる音」が聞こえて来そうです👂 ・「夜は短し歩けよ乙女」 森見 登美彦著 あろうことか、のっけからオモシロオカシイ言葉が数珠 [続きを読む]
  • 咲いた咲いた 朝顔
  •  雨はほぼ止んでいる 青い朝顔が咲いている この夏、朝顔を8本植えた。この青い朝顔だけが6月の初めからバシバシと咲いている。今、宅配便が来たので外に出てみると、花芽の数が半端無く多い。 朝顔を植えたのは夫である。その夫は花の中では「青」を好まない。まるで嫌がらせの様ですねぇ。 「狂い咲き」という言葉が浮かんだ。 「怪しい夏」の予感が。 [続きを読む]
  • 情報過多の中でどう生きるか
  •  ペッパーに罪は無いけれど 羨ましいと言うよりも妬ましい 足、踏んじゃろか〜 5月19日のYahooニュースで「発達障害の我が子と生きる 不安を越えた母」というテーマで動画が配信された。 「発達障害の我が子と生きる」で検索すると見られます。 また、NHKでも1時間の特番(5月21日放送 NHKスペシャル「発達障害〜解明される未知の世界〜」)を組み視聴者から寄せられたFAXやメールは6700通に及んだそうだ。 NHKの [続きを読む]
  • やっと乗ったよ 観覧車&メリーゴーランド
  • ここは中央道、藤岡SAにあるミニ遊園地 6月の日曜日にしては空いている 偶然だけど、去年もここのSAに立ち寄ったのよ。で、私はシュウに「一緒に乗り物に乗ろうよ」と熱く誘ったが、嫌そうな顔をして去ってしまった。1人で乗るのは恥ずかしいからなぁ。 その時は7月の半ばで猛暑の真っ只中だったからかも。 それから、しつこく「ああ、観覧車とメリーゴーランドに乗りたかったなぁ」と言い続けた。 と言う事で、今月の半ばに [続きを読む]
  • マンがはお勉強にもなるのよ
  •  あろう事が画像が反転している。後で誰かに聞いてみよう。 「高台家の人々」6巻が出て、遂に完結! 5巻でハッピーエンドで終わったのに、6巻ですかぁ〜?!なんて思っていたのに、面白かった(^^♪ 6巻を読んでいたら、これまでのストーリーを忘れていたので分かり辛い所があって結局1〜5巻を何度も読み返して何度も笑い転げた。 光正さまと木絵ちゃんの社内恋愛の間に祖父母のラブストーリーと両親の出会い、それに光正さ [続きを読む]
  • 自閉症協会 地区会に行ってきました👣
  •  この様な写真を去り際に駅で撮ったのみで情けないわ〜_(._.)_ 下から2番目にある「東京都障害者福祉会館」の一室で城南・山の手地区の集会があったので、本日は重〜い腰をどーんと上げて行って来た。 こういう集会は「子どものお迎え」がある人を配慮して、午前中に開かれるのが常。 だが、私は午前中は自身が全く機能不全なのね。なので、今日は残れる人だけでも「茶話会」的な事をしたいとゴネた。午前中は講師の先生を招いて [続きを読む]
  • ウツ母を心配する自閉息子 7
  •    5月14日は「母の日」 幸せな1日でした(*^-^*) 親友からのサプライズは「ふらの牛乳プリン」 これ、すっごく美味しいの!嬉しい!それと缶入りの「富良野小麦ラスク」 こっちは初めてなので楽しみ〜! シュウからは左側の「駄菓子屋さんのお菓子」 あまりに好き過ぎて半分以上知らない内に食べてしまった、これは残り(笑) 娘からは中央の「花ケーキ」 お水をあげて長持ちさせよう!諭吉さんもいる [続きを読む]
  • ウツ母を心配する自閉息子
  •  この冬、右の手袋を片方紛失して左の手袋は親指に穴が開いた(´Д⊂グスン 「物には永遠なんてないのねぇ」 ふっ、と溜め息をつくエコさんである。 だが、ここ1か月近くも『春眠暁を覚えず』と寝てばかりいる。 その感覚が《母親の胎内にいる様な感じ》なので存分に甘える事にした。 はぁ〜、覚えている人がいる限りは命は永遠なのかもしれない♪母のヌクヌク感。 日本人は色々な宗教のいいとこ取りを [続きを読む]
  • ウツ母を心配する自閉息子 5
  • 今日、気付いたのだが シュウが普通の人の様に喋っている んですけどぉ(゚д゚)!!! 何か変わった事があったのか? 無い-------- ! 4月7日から4月9日まで2泊3日の温泉旅行には行った。でも、ここの所大体2か月 に1度のペースで行っているしなぁ、、、今回、滝行をした訳でなし。 異変は7日に佐野SAで昼食を食べた時からあった。いつも佐野ラーメンを食べるの に、今回はもりうどん [続きを読む]