toshik2013 さん プロフィール

  •  
toshik2013さん: 茶の湯 in サンフランシスコ 表千家
ハンドル名toshik2013 さん
ブログタイトル茶の湯 in サンフランシスコ 表千家
ブログURLhttps://shikatashachu.wordpress.com/
サイト紹介文サンフランシスコでお茶を日英両語でしています。Bilingual Japanese tea ceremony in San Francisco
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/12/08 15:51

toshik2013 さんのブログ記事

  • 法円寺・Ho’u’en-ji
  • 1583年に前田利家公が金沢城主となられた際、大透和尚を金沢へ招き「護国山宝円寺」を建立したのが始まりです。 The temple was originally founded as “Gokoku-san Ho’u’en-ji” in 1583 when Lord Toshi’i’e Ma’eda, upon becoming thekeeper of the Kanazawa castle, invited a Buddhist priest, Da’ito’u, to Kanazawa. 前田家歴代の菩提寺となっています。 It has been the family temple for the Ma’eda clan. … [続きを読む]
  • 金沢城・Kanazawa Castle
  • 金沢城は、江戸時代には加賀藩主前田氏の居城でした。兼六園に隣接しています。明治以降、軍施設が置かれたため建物の一部を残して撤去され、第二次世界大戦後には1995年まで金沢大学が置かれていました。現在は復元整備事業が進められています。 Kanazawa Castle was the residence for the Ma’eda family, the lord of the Kaga province during the Edo period. It is located right next to Kenroku-en. Sometime during [続きを読む]
  • 兼六園・Kenroku-en
  • 金沢の兼六園は水戸の偕楽園、岡山の後楽園とならぶ日本三名園の一つです。加賀歴代藩主が長い歳月をかけて作り上げてゆきました。明治7年(1874)に市民へ開放されました。 Kenroku-en in Kanazawa is a landscaped garden, known as one of the best three in Japan, along with Ka’iraku-en in Mito and Ko’uraku-en in Okayama. Generations of the lords of the Kaga province built up this garden over time. … Contin [続きを読む]
  • 大慈院・Daiji-in
  • 京都大徳寺塔頭大慈院は、安土・桃山時代(1591年)に天叔宗眼(てんしゅくそうげん)を開祖とし開山しました。江戸時代(1830年)、大地震により倒壊しましたが1847年古材により縮小して再建されたとのこと。 Daiji-in, a sub-temple at Kyoto’s Da’itoku-ji complex was originally founded in 1591 (Azuchi-Momoyama period) by Tenshuku So’ugen. In 1830 (Edo period), the temple was destroyed in a large earthquake, [続きを読む]
  • 楽・Raku
  • 光悦作冠雪・Kansetsu (Snow Cap) by Ko’u’etsu There was a great exhibit of raku bowls and other works held at a museum in Los Angeles. ロスアンジェルスの美術館で楽茶碗などの作品を集めた大規模な展覧会が行われました。 In the West, the termrakurefers to a quick, low-fire technique for making ceramics. In Japan, rakumade … Continue reading → [続きを読む]
  • 中じまい・Nakajima’i
  • 運び出し・At the Beginning 風炉の季節になり、お稽古は基本の運び薄茶点前となりました。そこで一番気になったのが「中じまい」です。「中じまい」は広間の薄茶運びの場合のみ行われます。おしまいにする際茶器と茶碗が水指の前ではなく、道具畳の中央となります。これは、最初に運び出したときとの変化を楽しむためだそうです。 It is a furo season. It is a “back to basics” time, and our practice started with hako [続きを読む]
  • 立夏と小満・Rikka and Sho’uman
  • 立夏は通常5月6日頃で、小満までの期間を言います。穀雨から数えて15日目、八十八夜の3、4日後です。春分と夏至のちょうど中間にあたります。そして、この日から立秋の前日までが夏季となります。 Rikka generally begins around May 6, and the period continues through sho’uman. It is 15 days after koku’u, and 3 or 4 days after [hachiju’uhachiya](http://wp.me/p47YUL- 10m). Rikka is at the midpoint between [ [続きを読む]
  • ほととぎす・Hototogisu
  • ほととぎす・Lesser cuckoo 作者不詳ですが松浦静山(まつらせいざん)の「甲子夜話」(かっしやわ)に収録されていたのが織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の性格を比較した「鳴かぬなら 〜 ほととぎす」です。 The author is not known ? but Se’izan Matsubara’s book “Kasshi Yawa” (Evening Talks of the Year of Kassi) features poems that compare personalities of Nobunaga Oda, Hideyoshi Toyotomi and I’eyasu Tok [続きを読む]
  • 透木釜・Sukigigama
  • It may vary depending on the school, but tabidansu and sukigigama are often used around April.Sukigigama is a type of pot that doe
    s not use gotoku (a metal pedestal for the pot). It is placed on the edge of the … Continue reading → [続きを読む]
  • あをによし・Awoniyoshi
  • 西大寺の茶杓・銘「あをによし」 Chashaku made at Sa’ida’i-ji named “Awoniyoshi“ 「あをによし」は奈良の「枕詞」です。 ”Awoniyoshi” is a “makura kotoba” for Nara. 「枕詞」は土地ぼめや、ものぼめの呪詞(まじないことば)として発生したので、幽玄な雰囲気を伝えるものの意味不明な言葉が多いのだそうです。ですから現代語に置きかえるのは難しいですね。 “Makura kotoba” started as aword used in Japanese p [続きを読む]
  • 天寿国繍兎文・Tenjukoku Shu’utomon
  • 東京国立博物館写真提供(以下同様) Images Courtesy of Tokyo National Museum 長く不明だった裂地の名が分かると嬉しい物です。天寿国繍兎文(てんじゅこくしゅうともん)。 It makes me happy when I discover the name of a fabric pattern that has remained elusive for a long time. This one is called: “Tenjukoku Shu’utomon.” この文様は月兎が仏の宝瓶を得て喜んでいる様子を現わしています。 その基となった [続きを読む]
  • 桐紋・Paulownia Crest
  • 欅拭き漆香合 川端近左 (五七桐) Keyaki (zelkova serrata) “fuki-urushi” incense case ? Kinsa Kawabata (Paulownia crest ? five/seven) 豊臣秀吉の家紋と言えば、桐のご紋が有名です。 The paulownia crest is famous as a family crest for Hideyoshi Toyotomi. 桐紋は、もともと菊紋とともに皇室のみが使っていたものでした。古代中国で鳳凰が桐に棲むという伝説があったことから、桐紋が貴まれたのでしょう。 Origin [続きを読む]
  • 北加利休忌 2017・Northern California Rikyu-ki 2017
  • Omotesenke inNorthern California held its Rikyu-ki tea event on March 19, 2017 at the “Rinwa-ken” tea room on the third floor of the Hokubei Kaikan in San Francisco Japantown. 表千家同門会米国北加支部の利休忌お茶会が2017年3月19日にサンフランシスコ日本町にある北米会館三階「臨和軒」茶室で行われました。 The memorial tea (chato’u) was followed by mawaribana and two … Continue reading → [続きを読む]
  • 丸卓・Marujoku
  • 桐木地の丸卓は利休好みなのだそうです。二本の柱が天板と地板の内側にあり、地板の裏には低い三つの足があります。利休が酒樽を使って棚にしたのが始まり、という一説もあるそうです。 Marujoku with unfinished paulownia wood is reportedly Rikyu’s favorite. It has two columns between the top and bottom shelves, and the bottom has three feet. There is a theory (among others) that Rikyu made his first maruj [続きを読む]
  • 清明と穀雨・Se’ime’i and Koku’u
  • 清明とは4月5日頃で、穀雨までの期間です。春分から数えて15日目に当ります。すべてが若返り、清らかで明るく、生き生きとしてすがすがしい、と言う意味の「万物発して清浄明潔」を略したものだそうです。日本では桜の花が咲きほこり、お花見のシーズンとなります。 Se’ime’i generally falls on or around April 5, and continues through koku’u. Se’ime’i begins on the 15th day after shunbun. The word “se’ime’ [続きを読む]
  • 旅箪笥・Tabidansu
  • 旅箪笥は炉の季節、特に三月・四月に使われます。秀吉の北条氏小田原征伐の際利休が使ったのがその始まりだそうです。桐木地は利休形ですが、その他に塗り物では惺斎好み、碌々斎好みなどがあります。 Tabidansu is used during the ro season ? especially in April. It is said that Rikyu first used it during Hideyoshi’s campaign against the Ho’ujo’u clan in Odawara. Unfinished paulownia wood is the Rikyu st [続きを読む]
  • 春眠・Spring Slumber
  • こちらのお軸は石田日天大僧正のお手によるものです。 This scroll was at the hand of Archbishop Nitten Ishida. ■「春眠(しゅんみん)」 出典は漢文の「春暁(しゅんぎょう)」(孟浩然, 689 ? 740)で、原文は以下の通りです。 春眠不覺暁 (春眠暁を覚えず)(しゅんみんあかつきをおぼえず) 處處聞啼鳥 (処処に啼鳥を聞く)(しょしょにていちょうをきく) 夜来風雨聲 (夜来風雨の声)(やらいふううのこえ) 花落 [続きを読む]
  • 至誠・Shise’i
  • 吉田松陰(1830 ? 1859)は幕末の最も顕著な識者の一人でした。渡米すべく下田の米艦に搭乗を計るも失敗、投獄ののち生家(今日の山口県萩市)に幽閉されましたが、そこで松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作、伊藤博文ら多くの門人を育てました。 Sho’u’in Yoshida (1830 ? 1859), was one of Japan’s most distinguished intellectuals in the last days of the Tokugawa shogunate. To reach the United Sta [続きを読む]
  • 「泪」という茶杓・Chashaku Called “Namida”
  • 1591年2月、豊臣秀吉に切腹を命ぜられた千利休自らが茶杓を削り、最期の茶会に用いて古田織部に与えたのが茶杓「泪」。織部はその茶杓の為に筒をつくり、長方形の窓をあけました。その窓を通してこの茶杓を位牌代わりに拝んだと伝えらています。現在徳川美術館所蔵です。 February 1591. Hideyoshi Toyotomi ordered Sen-no-Rikyu to commit ritual suicide by disembowelment. Rikyu made a bamboo chashaku, used it for his [続きを読む]
  • 啓蟄と春分・Ke’ichitsu and Shunbun
  • 啓蟄(けいちつ)は雨水から数えて15日目の3月6日頃始まり、春分(しゅんぶん)までの期間です。 Ke’ichitsu begins on the 15th day after usu’i, usually around March 6, and continues until shunbun 啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃をいいます。 “Ke’i” (啓) means “to open” and “chitsu” (蟄) means “subter [続きを読む]