toshik2013 さん プロフィール

  •  
toshik2013さん: 茶の湯 in サンフランシスコ 表千家
ハンドル名toshik2013 さん
ブログタイトル茶の湯 in サンフランシスコ 表千家
ブログURLhttps://shikatashachu.wordpress.com/
サイト紹介文サンフランシスコでお茶を日英両語でしています。Bilingual Japanese tea ceremony in San Francisco
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/12/08 15:51

toshik2013 さんのブログ記事

  • イチイ・Japanese Yew
  • イチイの香合・Ko’ugo’u made of ichi’i イチイは年輪の幅が狭く緻密で、美しい紅褐色の光沢があるのが特徴だそうです。用途も広く彫刻、仏像、碁盤をはじめ床柱にも用いられるとのこと。ヒノキよりも堅いのだそうです。 Ichi’i (Japanese yew) is known for its narrow rings (which means the wood is dense) and its beautiful luster of reddish brown. It has a variety of uses, such as sculptures, Buddhist stat [続きを読む]
  • 金澤神社・Kanazawa Shrine
  • 「あれ、何故牛さんがいるの?」と、思ったらやはり天神様がお祀りされていました。 Why is there a bull here? Sure enough, Tenjin was enshrined here. 1794年加賀藩11代藩主前田治脩(はるなが)が兼六園に藩校を建て、その鎮守社として学問の神であり前田家の先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉する神社を建立したのが始まりとのこと。(その後、兼六園の整備により藩校は移転されました。) In 1794, Harunaga Ma’eda, [続きを読む]
  • ひがし茶屋街・Higashi Chaya District
  • 浅野川の川岸近くに、格子戸で二階の造りのお茶屋が並ぶ一角があり藩政時代の面影を今も残しています。 Near the banks of the river Asano, there is a district where “chaya” (tea houses) ? two-story wood structures with lattice doors ? still remain standing, just like they did during the days of the provincial government. 客間・志摩 Patrons’ … Continue reading → [続きを読む]
  • 初夏の茶会・Early Summer Chakai
  • Omotesenke inNorthern California held its early summertea event on June11, 2017 at the “Rinwa-ken” tea room on the third floor of the Hokubei Kaikan in San Francisco Japantown. 表千家同門会米国北加支部の初夏茶会が2017年6月11日にサンフランシスコ日本町にある北米会館三階「臨和軒」茶室で行われました。 Filed under: お知らせや催し物・News and Events Tagged: chanoyu, Japanese culture, Japanese [続きを読む]
  • 小暑と大暑・Sho’usho and Taisho
  • 木槿・Mukuge 七夕が行われる7月7日頃が小暑の始まりです。夏至から数えて15日目となります。暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、日本ではこの頃から暑さが強まって行きます。本格的な夏の到来です。 Around July 7, when the feast oftanabata is celebrated, it also marks the beginning ofsho’usho. It is the 15th day sincegeshi or summer solstice. “Sho’usho” means that “the heat gradually [続きを読む]
  • 金沢能楽美術館・Kanazawa Noh Museum
  • 加賀藩第五代藩主前田綱紀が宝生流の能楽を奨励したのが始まりで、加賀藩では江戸時代を通じて宝生流の能楽を保護していました。 The fifth lord of Kaga province, Tsunanori Ma’eda, promoted the Ho’usho’u school of Noh, and throughout the Edo period, Kaga province protectedit (now known as “Kaga Ho’usho’u” in Kanazawa). 金沢能楽美術館は、加賀宝生に伝わる貴重な能面や能装束を収蔵展示することを目的に [続きを読む]
  • 四方棚・Yoho’udana
  • 四方棚は天板と地板が四方形で二本柱があり、台子を半分にしたのが始まりとのことです。天板の方が地板より大きくなっています。大ぶりな桐木地で角 が直角なものは炉用の利休好みだそうですが、小ぶりのものは炉・風炉共用です。お稽古で頻繁に使うのは即中斎好み写しの溜塗爪紅小四方棚です。棚板に彫りこんである線は批目(へぎめ)です。 Yoho’udana has square top and bottom shelves with two columns. It is said that [続きを読む]
  • 引き出物・Hikidemono
  • 前畑雅峯工房・相生香合 Ma’ehata Gaho’u Studio / “A’i’o‘i” ko’ugo’u 引き出物とは、平安時代に宴会を開いた主が招待客へのお土産として用意した馬を庭へ「引き出して」贈ったことが由来といわれています。宴会に招いたお客様へのお土産なので、参加者にはどのような人でも同じものを昔は取りそろえていたそうです。 “Hikidemono” was (and still is) a party gift. Where did the term come from? Back in the H [続きを読む]
  • 石川県立美術館・Ishikawa Prefectural Museum of Art
  • 野々村仁清による国宝「色絵雉香炉」と重要文化財「色絵雌雉香炉」の二点が展示されています。その他にも特別展で茶道具名品が多々ありました。 On display were the national treasure “male pheasant incense burner with over-glaze enamel” and the important cultural asset “female pheasant incense burner with overglaze enamel” ? both by Ninse’i Nonomura. There were many superior tea utensils being exhib [続きを読む]
  • 玉泉院丸庭園・Gyokusen-in-maru Garden
  • 玉泉院丸庭園は、加賀藩三代藩主前田利常により1634年の作庭を始まりとし、その後廃藩時まで金沢城内玉泉院丸に存在していた庭園です。池泉回遊式の大名庭園で、石垣などを周囲に用いた立体的な造形でした。 The Gyokusen-in-maruGarden was originally started in 1634 by the third lord of Kaga province, Toshitsune Ma’eda, and remained there on the Kanazawa Castle ground atGyokusen-in-maru until the provincial [続きを読む]
  • 大樋美術館・O’uhi Museum
  • 大樋美術館は大樋長左衛門窯の敷地内に位置し、初代長左衛門から現代にいたるまでの大樋焼作品が展示されています。 O’uhi Museum is located within the O’uhi Cho’uzaemon kiln property. On display there are many an O’uhi ware creation by Cho’uzaemon ? from the first generation to the current. 展示品も素晴らしいのですが、嬉しいのがお呈茶席。お茶室「松濤間」にて森八のお菓子とお好みの歴代茶碗(!)でお茶 [続きを読む]
  • 龍光院ゆかりのご一行・Group from Ryo’uko’u-in
  • 松花堂昭乗画・江月宗玩賛・龍光院蔵 Painting by Sho’ujo’u Sho’ukado’u, calligraphy by So’ugan Ko’ugetsu ? Property of Ryo’uko’u-in 大徳寺塔頭の中でも一般公開のないところはご縁がなかったのですが、先日偶然日本で「欠伸会」(かんしんかい)の方とお知り合いになりました。「欠伸会」は龍光院の江月宗玩(1574〜1643、江戸初期の臨済宗の僧)による語録『欠伸稿』を勉強する会とのこと。 Of many “sub-temple [続きを読む]
  • 芒種と夏至・Bo’ushu and Geshi
  • 水無月・Minazuki 芒種とは芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節という意味だそうです。小満から数えて15日目の6月6日頃に始まり、夏至までの期間を指します。 “Bo’ushu (芒種)” signifies the season for planting seeds (種) of grains with awns (芒) and ears. It falls on the 15th day from Sho’uman, generally around June 6, and the period continues until Geshi. カリフォルニアでは雨 [続きを読む]
  • オークランドのお寺・A Temple in Oakland
  • サンフランシスコから「ベイブリッジ」という橋を渡って東に行くと、オークランドという街が
    あります。その閑静な住宅街のなかに曹洞宗の禅寺がひっそりと建っています。 Going east from San Fr
    ancisco, by crossing Bay Bridge, you find yourself in Oakland. Within a quiet residential neighborhood, there lies a Zen temple of
    the So’uto’u sect. 茶友のお坊さんが長期の旅に出るので送別会がありました。桜と藤が綺 [続きを読む]
  • 法円寺・Ho’u’en-ji
  • 1583年に前田利家公が金沢城主となられた際、大透和尚を金沢へ招き「護国山宝円寺」を建立したのが始まりです。 The temple was originally founded as “Gokoku-san Ho’u’en-ji” in 1583 when Lord Toshi’i’e Ma’eda, upon becoming thekeeper of the Kanazawa castle, invited a Buddhist priest, Da’ito’u, to Kanazawa. 前田家歴代の菩提寺となっています。 It has been the family temple for the Ma’eda clan. … [続きを読む]
  • 金沢城・Kanazawa Castle
  • 金沢城は、江戸時代には加賀藩主前田氏の居城でした。兼六園に隣接しています。明治以降、軍施設が置かれたため建物の一部を残して撤去され、第二次世界大戦後には1995年まで金沢大学が置かれていました。現在は復元整備事業が進められています。 Kanazawa Castle was the residence for the Ma’eda family, the lord of the Kaga province during the Edo period. It is located right next to Kenroku-en. Sometime during [続きを読む]
  • 兼六園・Kenroku-en
  • 金沢の兼六園は水戸の偕楽園、岡山の後楽園とならぶ日本三名園の一つです。加賀歴代藩主が長い歳月をかけて作り上げてゆきました。明治7年(1874)に市民へ開放されました。 Kenroku-en in Kanazawa is a landscaped garden, known as one of the best three in Japan, along with Ka’iraku-en in Mito and Ko’uraku-en in Okayama. Generations of the lords of the Kaga province built up this garden over time. … Contin [続きを読む]
  • 大慈院・Daiji-in
  • 京都大徳寺塔頭大慈院は、安土・桃山時代(1591年)に天叔宗眼(てんしゅくそうげん)を開祖とし開山しました。江戸時代(1830年)、大地震により倒壊しましたが1847年古材により縮小して再建されたとのこと。 Daiji-in, a sub-temple at Kyoto’s Da’itoku-ji complex was originally founded in 1591 (Azuchi-Momoyama period) by Tenshuku So’ugen. In 1830 (Edo period), the temple was destroyed in a large earthquake, [続きを読む]
  • 楽・Raku
  • 光悦作冠雪・Kansetsu (Snow Cap) by Ko’u’etsu There was a great exhibit of raku bowls and other works held at a museum in Los Angeles. ロスアンジェルスの美術館で楽茶碗などの作品を集めた大規模な展覧会が行われました。 In the West, the termrakurefers to a quick, low-fire technique for making ceramics. In Japan, rakumade … Continue reading → [続きを読む]
  • 中じまい・Nakajima’i
  • 運び出し・At the Beginning 風炉の季節になり、お稽古は基本の運び薄茶点前となりました。そこで一番気になったのが「中じまい」です。「中じまい」は広間の薄茶運びの場合のみ行われます。おしまいにする際茶器と茶碗が水指の前ではなく、道具畳の中央となります。これは、最初に運び出したときとの変化を楽しむためだそうです。 It is a furo season. It is a “back to basics” time, and our practice started with hako [続きを読む]
  • 立夏と小満・Rikka and Sho’uman
  • 立夏は通常5月6日頃で、小満までの期間を言います。穀雨から数えて15日目、八十八夜の3、4日後です。春分と夏至のちょうど中間にあたります。そして、この日から立秋の前日までが夏季となります。 Rikka generally begins around May 6, and the period continues through sho’uman. It is 15 days after koku’u, and 3 or 4 days after [hachiju’uhachiya](http://wp.me/p47YUL- 10m). Rikka is at the midpoint between [ [続きを読む]
  • ほととぎす・Hototogisu
  • ほととぎす・Lesser cuckoo 作者不詳ですが松浦静山(まつらせいざん)の「甲子夜話」(かっしやわ)に収録されていたのが織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の性格を比較した「鳴かぬなら 〜 ほととぎす」です。 The author is not known ? but Se’izan Matsubara’s book “Kasshi Yawa” (Evening Talks of the Year of Kassi) features poems that compare personalities of Nobunaga Oda, Hideyoshi Toyotomi and I’eyasu Tok [続きを読む]