かつき さん プロフィール

  •  
かつきさん: 3分で1個心のブロック解除します
ハンドル名かつき さん
ブログタイトル3分で1個心のブロック解除します
ブログURLhttps://ameblo.jp/himemame
サイト紹介文お金・仕事・恋愛のお悩み、3分で1個笑いながら解除!鳥取島根を中心にセッション・養成講座やってます。
自由文片手に軽く触れるだけ・3分で1個心のブロックを解除するマインドブロックバスター。対面やスカイプ、電話を使った遠隔でのセッションや、山陰唯一のインストラクターとしてマインドブロックバスター養成講座「鳥取島根校」を主催してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/12/09 09:16

かつき さんのブログ記事

  • 「なりたい」と「なる」の違い
  • 「なりたい」と「なる」 には明確な違いがある。多くの場合には「こうなるためには障害がある」と無意識に思ってるので「なりたい」のままであれこれやって、「叶わない!」って言ってるケースも多そう。 なりたい=まだなってない です。なる=なる です。 わかりやすいたとえなら、北海道に旅行に行きたい!とすると、 「北海道に行きたい」「北海道に行く」 こんな感じです。 「北海道に行きたい。でも仕事の休みが取れない [続きを読む]
  • それは本当に自分が望むものなのか?
  • 「素敵な人と結婚したい」「1億円欲しい」「モデル体型になりたい」 などなど、いろんな願望はあるでしょう。 しかし、それは本当に自分が望むものなのか? という謎はある。 「だって、結婚したいもの。素敵な人の方が良いに決まっている」「1億円あればあれもこれも買えるし、仕事もしなくていいし、楽」「普通に痩せてるだけじゃダメ。モデル体型までいかなきゃ」 なんていう反発は出てきそうですが。それ、本当に自分が望む [続きを読む]
  • 心の冷たいひと
  • お世話になってた方が大きな病気?になられたらしく。偶然それを知って、ご連絡差し上げようかと思ったんですが、 頑張って、も違う。早く良くなって、もなんか違う。家族が大変ですね、も見当違いな気がする。 と思って、結局連絡するのをやめた。 うちも父親が年始から長期治療が必要な入院中で、入退院やら手続きやら付き添いやらで忙殺されてて。で、結局わかったことが その人がいなくなるのが自分が嫌。そこで自分が後悔 [続きを読む]
  • やりたくなーい
  • 今、とってもやりたくないことをやっております。 「こうなってもいいかもね。楽だし」と思ってたことが叶ってる現状で、「まあ、いいかー」と思ってましたが、 現状、とってもやりたくない。 ただ暑くて面倒なだけなのか、いい加減、ひきこもるのに飽きたのか(なんだかんだで2年くらい引きこもり中)なんだか知りませんが、 まあ、とにかくやりたくない。 なのでとりあえずぜーんぶ丸投げにしてみた。やらなきゃいけないこと [続きを読む]
  • 「叶わない」から離れる
  • いろんなメソッドやらカウンセリングって、結局は 「『この願いが叶っていない』という思考から離れる」 ためだけの物だよなー、と思っている。それが出来るなら、お金出してメソッドやカウンセリングを受ける必要ないと思う。目の前にあることだけに集中して、一生懸命掃除をしたり、真剣にテレビを見たり、じっくりと料理を味わう。たったこれだけでも『この願いが叶っていない』という思考から離れられる。楽しいことの方が集 [続きを読む]
  • 現実にすることをやめる
  • 「どうにかしてこの願いを現実にしたい」 そう思うからこそスピ的な世界に足を踏み入れたり、ブロックを消さなきゃと思ったり、カウンセリングを受けたりするんだろうけれど。 その時点ですでに 「今のままでは願いがかなえられない自分」 になっていることに気付いてみると良いかも。 スピ的なものだったり、ブロックだったり、カウンセリングだったり。これらすべてに共通している大前提が「自分の内面を変えれば、外面にそれ [続きを読む]
  • 見えているものが全てではない
  • 見えているもの、感じているものは私の世界を作る要素の一つではあるけれど、見えているもの、感じているものだけで出来ているわけではない。 悩みのさなかにいるとどうやっても苦しい、辛いっていうところから逃げられなくなったりするけど。それは大きな絵画に1mm程度の黒い点を見つけて 「これをどうにかしなきゃ」「これのせいで不完全だ」 って言ってるようなもので。実は遠目から見ると、その小さな黒い点は必要なものだ [続きを読む]
  • 結局世界は自分の思う通り
  • 思う通りというか、設定どおりというか。自分が世界を「黒だ」と決めれば黒だし、「白だ」と決めれば白なんだよね。 「黒だ」と決めれば世界は黒いし、「白だ」と決めれば世界は白い。 例え他人が「いや、赤だよね?」と言っても、自分が黒だと決めれば黒だし、白だと決めれば白。 自分を好きになるとか、他人を愛するとか、ポジティブに生きるとか、どうでもいいです。 何があっても、自分が生きたい世界の色を自分で決めるだけ [続きを読む]
  • ブロックを簡単に見つける方法【ひとりごと】
  • 久しぶりに気合入れて書いたものが全部消えましたよ。もう一度思い出しながら適当に書いてみよう。 「こうなったらいいな」「こうだと嬉しい」という自分の願望が全て叶ったシーンを思い浮かべてみましょう。 彼に溺愛されてても良いし、一気に10億くらい貰って豪遊しても良いし、バリバリ仕事してても良いです。 でも、ふとこんなことを思いませんか? 「って思っても叶わないし」「私にはそ [続きを読む]
  • 完璧でしかありえなかった【ひとりごと】
  • 泣こうが喚こうが怒ろうが落ち込もうが、ただただ、完璧でしかなかったな。 と思う。 完璧だと思えない私も完璧でした。こんなの嫌だと思ってた私も完璧でした。 目の前のことや自分の感情を完璧だと認めるのは、目の前の悪い状況を完璧だと認めるのではなく、「目の前の悪い状況」という判断をやめること。 目の前の現状は「ゼロ」であり、それを「悪い」と決めてるのは自分で、自分の判断で世界は天国に [続きを読む]
  • 手段はなんでも良い【ひとりごと】
  • 結局、自分が注目してしまっている 「人間関係が上手くいかない」「お金がない」「彼がいない」 とかいうものから目をそらすことができれば、その方法がカウンセリングだろうがブロック解除だろうが、アファメーションだろうが、ゲームだろうが、スポーツだろうが、何だっていいんだなー というのと、 「こうなりたい!」「ああしたい!」っていうのは、過去があるからこそ出てきているもので、過去の [続きを読む]
  • 自分を知る【ひとりごと】
  • 久しぶりの方にお会いしたら、「いつかやりたいなー」って言ってたことをあっさりと叶えてらっしゃいましてね。 「おめでとう!」と言いつつも、心の中で 「ずるいなー。ずるいなー」って思ってた。 でも、夢を叶えたのを「ずるい」と思った理由が「自分が叶ってないのにずるい!」というよりも「私もできるはずなのに、どうしてまだ現実化しない?」っていう「ずるい」だったので、ちょっと面白かった。&nb [続きを読む]
  • 自分に「ある」のを認めない【ひとりごと】
  • 今日、自販機で150円で買い物をしてお釣りを取ろうとしたら、130円出てきた。 「あれ?200円入れたっけ?でも100円出るのはおかしいな?」 ってしばし考えちゃったんだけど、ふと思う。 「自分に『どこかからお金が入ってくる』っていうことを認めてないんだな」 自分がそれを認めて無きゃ、手には入らんわなー。自分の目の前にあるものは、自分が「私の世界にあっても良い」と認めたものだけなんだな [続きを読む]
  • みんな、素直【ひとりごと】
  • みんな、とっても素直なんだと思う。【現実】っていうやつに対して。 現実を変えるためにあれこれやってるんだろうけど、スピ的なものの基本として 「自分の内側を変えれば外側が変わるよ!」 っていうのと逆行してるよなー、と思うこともある。 「ブロック解除とか、ヒーリングとかやってるのに、現実が全然変わらない!」 って。現実を見て、それに素直に反応しちゃって「何をやっても現実が変 [続きを読む]
  • 今の自分を受け入れる【ひとりごと】
  • 願望とかなんとかって、結局ここから来てるんだろうな。 「本当の私はこんなんじゃない!」 って。本当の私はどれよ?って言えば、頭の中の上手く行ってる自分なんですが、言い方悪いけど馬鹿みたいにそれを信じてれば、そうなるんだけどね。でも、それが難しいんだよな。感情とか、経験とかが邪魔するから。 じゃあまあ、とりあえず 「本当の私はこんなんじゃない!」 って思ってる「こんな自分 [続きを読む]
  • 世界は全力で願いをかなえようとしてくれる【ひとりごと】
  • タイトルがアレなんですが。 車の調子が悪くて修理にいかなきゃなー。でもいかなくても車の運転には支障がないから面倒ー。 雪が降る→タイヤをスノーに変えなきゃ。持っていかなきゃ。でも行くのめんどうだなー→家族がタイヤを変えてくれる。 これで大丈夫だなー→タイヤが釘を踏んでパンク仕方なく車を修理工場に持っていく→不具合も解消パンクしたのは家族が釘を放置してたからだから、修理代は家族が [続きを読む]
  • 私の中に私がいる【ひとりごと】
  • という感覚になってきたなー。今までは 自分の考えていることが世界に現れる だったんだけど、今は そもそも自分の作った世界の中にいるだけ という感じ。前もそんな感じだったけどなんかが違うんだよねぇ。自分が作ったバーチャルリアリティの中にいるからとっても精巧に出来てて現れるものに怒ったり喜んだり泣いたりしてるけど、所詮VRなので本当の自分は安心、というか。 いろんなところで見 [続きを読む]
  • 凄いとか、凄くないとか【ひとりごと】
  • 「こいつの言うことは大したことない」とか「本物じゃない」とか。 大したことないとか、偽物だとか、そんなのも結局は「その人の中の基準」なんだよなー。その人が「こういうことを言えないと本物じゃない」とか決めてる世界に生きてるっていうだけで。 なのでその言葉に降りまわされて「あれ?私、大したことないの?どうしよう」って思うのも「へえ。この人にはそうなんだ。さーて、次はなにしようかな」って [続きを読む]