停車場遍路 さん プロフィール

  •  
停車場遍路さん: 停車場遍路の鉄道雑記帳4
ハンドル名停車場遍路 さん
ブログタイトル停車場遍路の鉄道雑記帳4
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/stnvstr/
サイト紹介文列車で駅をまわる鉄道旅行の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/12/09 13:55

停車場遍路 さんのブログ記事

  • 八幡山ロープウェイ
  • 日牟禮八幡宮の鳥居をくぐって水路を渡り山へ突き当たるまでこれがロープウェイ麓側の公園前駅ゴンドラに乗り込みますその前に末端側と山上側を撮ります車窓動画も撮りました山上駅である八幡城跡駅に着きました八幡市街側末端側奥からでも見晴らしがいい山頂駅駅名がわかるアングルで八幡山城は豊臣秀次の居城として築城された、石垣が残る現在は瑞龍寺が建っている、まずは山門そして本堂お稲荷さんもある散策路をぐるりと回る、 [続きを読む]
  • 男山ケーブルと石清水八幡宮
  • 男山ケーブルは京阪電鉄の鋼索線です。電車の八幡市駅とは別に駅舎があります。鉄道線と同じ自動改札があります鉄道線と同じ立派な駅名標です。車両下側より線路末端車両上側より振り返って山頂方面きっちり麓側座席を確保して車窓動画を撮りました山頂駅駅名標直下がすぐトンネルである車両上側より小さな車止めがついているこちらは改札の名残だけ窓口も券売機も無い駅舎は外装の工事中石清水八幡宮参道門をくぐって本殿全体ちょ [続きを読む]
  • 妙見の森リフトと能勢妙見山
  • ケーブル山上駅から200m坂道を上ったところが妙見の森ふれあい広場ですシグナス森林鉄道は土休のみの営業で、平日はこんな状態です。リフトのふれあい広場駅です。訪れた日は私が最初の客で、リフトはそれまで止まってました。冷たい風が吹き付けて券売機から出てきた切符が飛ばされそうになりました。防寒対策を万全にしておいてよかった。勾配が緩いので余計にゆっくり感じるリフトで12分、延々と空の搬器とすれ違いますが一つだ [続きを読む]
  • 妙見の森ケーブル
  • 青春18きっぷを有効に使うためJR川西池田駅へ連絡橋で移動、交差点の信号待ちが無いのでスムーズに乗り換えができる(右奥が川西池田駅)アステ川西という商業ビルを抜けて阪急と能勢電の川西能勢口駅に到着能勢電で妙見口駅までこの列車でまずは山本駅まで乗り換えて妙見口駅へ妙見口駅到着保守用の車両が留置されていた妙見の森ケーブルの麓駅である黒川駅までは1.5kmで徒歩でも行ける距離だが、タイミングがいいのでバスを [続きを読む]
  • 身延山ロープウェイ
  • 全ての画像が で拡大表示されます富士駅前から少し北に入った工事現場のフェンス越しに。以後、身延線に乗り換えて身延まで。身延駅からは身延山行バスは2人の乗客を乗せて対岸の市街を過ぎ、谷あいの道を上って身延山バス停着。この近くの街で昼食を摂りたかったが、麺類が主体で米の飯は「ゆば定食」なる名物があるのみ。肉を食べたかったからパスした。土休日はロープウェイ麓駅までバスがあるらしいが、今日は歩いて20 [続きを読む]
  • 箱根の関
  • 全ての画像が で拡大表示されます行って来ました遺構の上に忠実に復元されています左は切符売り場ですので現代のものです京口(京都側の入口)御門は工事中関所の決め事が高札に書かれていた役所本体裏はすぐ湖岸関所破り対策として柵と番所がある遠見番所からの風景:付帯施設も見て取れる現代の役所に車があるのと同じ人物も影で表現なお、入場料は箱根フリーパスで割引になります。 [続きを読む]
  • 箱根芦ノ湖海賊船
  • 全ての画像が で拡大表示されます桃源台港から乗り込みます港の名称の立て札はケーブルカーやロープウェイの駅名標と同じデザイン航行中:箱根駒ケ岳と東岸の建物航行中ノーカットの動画もあります(最初と最後は航行シーン)箱根町港到着歩いて元箱根へ移動したので船には乗ってませんが一応港巡り的に [続きを読む]
  • 箱根ロープウェイ
  • 全ての画像が で拡大表示されます早雲山駅9時の営業開始前から列が15人ぐらい出来ていた。冬の平日だからほとんど外国人だった。ケーブルと共同の駅外観待機列のルートから外れられないので駅名標はこの位置からしか撮れない相乗りになるので自分が先頭になるようゴンドラをやり過ごす。窓は色付きのプラスチックなのでとにかく傷や曇りの無いところを探してビデオを構える。急斜面を上りきると一気に視界が開けて大涌谷 [続きを読む]
  • 城崎ロープウェイ
  • 全ての画像が拡大表示できます城崎は駅巡りで来てはいるが街に入るのは初めてである。駅の北にあるこの足湯にだけ見おぼえがあった。大谿川(おおたにがわ)の谷の奥まで温泉宿と土産物屋・飲食店が立ち並ぶ。歩道は一人分の幅しかないのに観光客が2人横並びで歩く。地元の車がそれをあっさりかわして通っていく。この温泉街は震災により焼失したが、木造にこだわって復興し現在の街並みになっているとのこと。川の護岸も崩れたが [続きを読む]
  • 玄武洞公園
  • 城崎温泉の南、円山川の右岸にある玄武洞公園へ行って来ました。中国の古代神話の四神:「玄武・青龍・白虎・朱雀」の名が付けられた5つの洞(朱雀洞のみ南北ある)があります。岩盤が規則的に割れる「柱状節理」の原理は、流れ出した溶岩が地面で冷やされる過程で味噌汁のように六角形の対流が起こり、先に冷える六辺の部分が先に収縮するためで、さらにローカルな対流が六角柱を断面で割っていくのだそうです。規模の大きいのは [続きを読む]
  • 名鉄廃止(路線・区間・駅)画像スライドショー4部作
  • まだ駅巡りを始めたばかりの2001年ごろ、近場ということもあって名鉄を回ってました。長い年月が経って、どうしたことか320x240の小さい画像しか残ってないので、もう廃止されて現役時代の画像を撮れない駅をまとめてスライドショーにしました。下記の埋め込みウィンドウ内ではなく、YouTubeのサイトで解像度を480で再生するとだいぶ鮮明になります。 [続きを読む]
  • 六甲有馬ロープウェイ
  • 六甲から有馬へ下る方向で乗りましたここまでは六甲山上バスで来ました上の画像で見えているのは実は休止中の表六甲線です、かつては天狗岩駅で乗り継いで六甲ケーブルの山上駅まで行けたようです。その表六甲線の乗り場は解放されてました。では、本題のロープウェイに乗ります。改札を一番で通ってベストポジションに荷物を置いたうえで、六甲山上駅のもろもろを撮りました。車窓動画です有馬温泉駅に到着しました、ここでもお約 [続きを読む]
  • 六甲ケーブル
  • 六甲の尾根近くを走るスカイシャトルバスがありますケーブルの山上駅に到着しました眺望は良くありません、バスで山上の観光施設へ向かうのが定番なのでしょう山上駅の内部出札・改札はちょっとレトロ駅名標:フラッシュ使うべきだった2両編成ですいたる所にクリスマスの装飾がありますでは下ります頂上側を撮りました、ケーブルカーとしては距離が長くカーブも多いです麓駅に到着上の車両は窓付きですが下の車両は窓無しです駅名 [続きを読む]
  • 摩耶ケーブルとロープウェイ
  • 神戸の街並みは六甲を山裾から這い上がって勾配に負けたところで終わってます。まるで森林限界ならぬ住宅地限界があるかのように。摩耶ケーブルの麓駅も民家の街並みの向かいにありました。阪神淡路大震災でしばらく不通になってましたが、無事に復活しました。ここもクリスマスモードですその他麓駅のもろもろケーブルカーは「虹の駅」までケーブルカーの車窓動画です今度はロープウェイです頂上は「星の駅」ですロープウェイの車 [続きを読む]
  • 布引ハーブ園とロープウェイ
  • 新幹線で新神戸に降り立ったことは一度しかない、他を合わせても3回ぐらいである。今日も三宮から地下鉄で来た。その際、ちらっと見かけるゴンドラがいつも気になっていた。布引ハーブ園へ行くロープウェイである。ANA CROWNE PLAZA の脇から入る。少し上ると麓駅がある。切符を買って乗り場へ。6人乗りの小さなゴンドラである。平日の運転開始直後で空いていて、相乗りしなくて済んだ。左を見ると車庫?にストックがこれだけある [続きを読む]