ゆき さん プロフィール

  •  
ゆきさん: 狙われた人妻のセックス
ハンドル名ゆき さん
ブログタイトル狙われた人妻のセックス
ブログURLhttp://yukirinlife.blog.fc2.com/
サイト紹介文旦那の事情で過疎の集落にある旦那の実家で暮らしています。田舎の嫁の欲求不満な日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 89日(平均2.2回/週) - 参加 2013/12/10 15:07

ゆき さんのブログ記事

  • お年寄り達の見世物になっています
  • 最近、義父母と暮らすボロ家には毎晩のように集落のお年寄りたちが集まってくるようになっていました。みんな集落では珍しい存在の私を見て冷やかすのが目的のようでした。あの絵画モデルをした日からお年寄りたちは皆、私のことを面白い見世物のようにしか見ていないように感じられました。私は仕方なく、お年寄り達に晩酌をしたり、話相手になったりしていたのですがこないだの夜、おもいがけない話を聞かされることになったので [続きを読む]
  • 男子高校生たちの前で恥ずかしすぎるポーズ
  • こないだの午後の出来事でした。姑に頼まれて、自転車で一時間ほど走った場所にあるスーパーまで買い物に行った帰り道、隣町の高校生達に出会ったのです。彼ら彼女は集落に住むお爺さんお婆さん達の孫のようで、なかには先日の私が絵画モデルになった現場を目撃した子もいました。高校生たちは私に気づくと呼びとめてきたのです。「お姉さん、お願いがあるんだけど」何の用かしらと思っていると私の写真を撮りたいらしく近くにある [続きを読む]
  • 集落の至る所に置かれた私のかかし
  • あの絵画モデルの日からしばらく経った頃集落の至る所に、女性のかかしが置かれるようになりました。そのかかしは様々なコスチュームを着せられ、様々なポーズをとっていました。そうです。それはすべてあの日の私をモデルに作られたかかしだったのです。集落の至る所に私のかかしが置かれ過疎の進む集落に人を呼び込むためのマスコットのような存在になっていました。「あなた綺麗に作ってもらって良かったわねぇ」姑とかかしの傍 [続きを読む]
  • 村の集会所で恥辱の絵画モデル
  • それから夕方過ぎまで村の集会所で私は絵画モデルを続けました。そして、ようやく日も暮れてきたということで解散になった時、リーダー格のお婆さんがこれから毎週一回のペースで私の絵を描く集会することを提案をするとそこにいたお爺さんお婆さんたちから拍手が湧き起り、なぜかジャージ姿の高校生達まで拍手をしたのです。そして、高校生の孫たちも参加できるようにと毎週日曜にそれは開催されることに決まったのでした。 [続きを読む]
  • これが都会から来た大人の女だよ
  • 集会所のど真ん中にいる私の方に近づくジャージ姿の男子高校生達の何人かは今絵を描いているお婆さんたちの孫のようでした。「ちょっと、あんた邪魔だからそのへんに座って静かに見てなさい」「これが都会から来た大人の女だよ。よくその目に焼き付けておくといいよ」お婆さん達は、孫である彼らに諭すようにそう言ったのでした。お願い早く帰って・・・。しかし、そんな私の願いも空しく彼らはお爺さんお婆さんたちの間に座って、 [続きを読む]
  • 突然現れたジャージ姿の男の子たち
  • 集会所で私の絵を描いていたお爺さんお婆さんたちも突然開かれた扉に驚き、皆一様に扉の方を振り向いたのでした。するとそこには、ジャージ姿の男の子たちが四、五人現れたのです。どうやら彼らは、今ここにいる女子高生たちの友達のようでした。「うわっ、すげぇー」「なにやってんのこれ」「面白いものって、この人のこと」彼らはあからさまに私の方を見ながら近づいてくるのでした。 [続きを読む]
  • 冷ややかな眼差しと好奇に満ちた視線を浴びながら
  • 村の集会所のど真ん中でポーズをとっている私は自分よりも年下の女子高生たちの冷ややかな眼差しと、自分より年上のお爺さんお婆さんたちの好奇に満ちた視線を浴びながら耐えていました。心とは裏腹に、顔は満面の笑みを浮かべてもしも今ここに事情を知らない人がやって来たなら、私が好きでこんなことをやっていると思うに違いありませんでした。すると、その予感は的中していきなり集会所の扉が開けられたのです。 [続きを読む]
  • 「みんなが幸せになるような顔してください」
  • 村の集会所の真ん中で私は女子高生たちに言われたままのポーズをとっていました。あまりの屈辱に表情を強張らせていると何処からともなくお婆さんやお爺さん達が「ちゃんと笑って」「もっと表情豊かに」「みんなが幸せになるような顔してください」と叱責にも似た声が響いたのでした。こんな状況で笑えるわけないじゃない。それでも私は必死に堪えて笑顔を浮かべたのでした。すると、さっきの女子高生たちが「やだ、本当に笑ってる [続きを読む]
  • 恥ずかしさと憤りに体を震わせていました
  • ジャージ姿の純朴な女子高生から提案された新たなポーズに私は動揺しました。いい加減にして!さすがの私もそう言いたかったのですがこの集落で周りを敵に回せばどんな仕打ちを受けるかも知れず、黙って彼女の提案に従うしかありませんでした。私が言われたままのポーズをとると女子高生たちは両手を口に当てながら信じられないといった表情で互いに顔を見合わせて呆れたように笑うのでした。あなたたちがやれって言ったんでしょ・ [続きを読む]
  • あまりにも恥ずかしいポーズ
  • ジャージ姿の女の子たちの一人が立ちあがり私に向かって告げた次のポーズは私の祈りを容赦なく打ち砕くものでした。「両手を後ろについて座って、両脚をおもいきり開いて座って下さい」高校生の女の子の言葉を聞いたお爺さんお婆さん達がクスクスと笑うのが分かりました。「えっ」私は思わず彼女の言葉を疑ってしまいました。こんな田舎に住んでいる純朴な少女だと思っていた女の子の口から出た言葉は今までとらされてきたどんなポ [続きを読む]
  • お願い、変なポーズをとらせないでね
  • 片足立ちの姿勢を10分くらい続けるとリーダー格のお婆さんによってようやく次のポーズに移ることになりました。するとそのお婆さんは何を思ったのかジャージ姿の女の子たちに私が次にとるポーズを決めさせたのです。女の子たちはひそひそと楽しげに話しながら私にとらせるポーズを話し合っていました。お願い、変なポーズをとらせないでね。私は祈るような気持ちで集会所のど真ん中に立ちながら、彼女達の言葉を待ちました。する [続きを読む]
  • 「あんな恰好して恥ずかしくないの」
  • 集会所の真ん中で片足立ちのポーズを続けていると、お爺さんお婆さんたちに混じって座っているジャージ姿の女の子たちのひそひそと話す声が私の元まで聞こえてきたのでした。「あんな恰好して恥ずかしくないの」「でもほんと良くやるよねぇ」「都会の人ってみんなこういうこと平気でするのかな」「そんなことないよ。このお姉さんが変わってるだけだよ」私はすぐにでも手で耳を塞ぎたかったのですがその手は片足を持つために使わな [続きを読む]
  • お願い見ないで・・・
  • ジャージ姿の女の子たちはお婆さん達に言われるまま私のすぐ近くの椅子に座ると絵を描くこともなく、ただ絵画モデルをしている私の様子をじっと見ていました。何もせずに若い女の子たちにただ恥ずかしいポーズを見られていることは、私にとってこの上ない屈辱にほかなりませんでした。お願い見ないで・・・。彼女達の視線が私の何処に向けられているのか痛いほどよく分かり、私の体がだんだん熱くなっていくのが分かりました。 [続きを読む]
  • 見世物にするなんてひどすぎる
  • 集会所に現れたジャージ姿の女の子たちはどうやら今絵を描いているお婆さんたちの孫だったのです。今日は学校が早く終わったのか、お婆さんの一人がさっき連絡して「集会所に来たらとっても面白いものが見られるわよ」と言って呼んだみたいでした。こんな若い子たちの前でまで、私に恥ずかしいことをさせて見世物にするなんてひどすぎる・・・。私はお婆さんたちの魂胆に心から腹がたちました。 [続きを読む]
  • 恥ずかしさに体を震わせながら
  • 集会所にいきなり若い女の子たちの声が響いたのです。私は思いがけない出来事にびっくりして思わず片足立ちの脚のバランスを崩すとリーダー格のお婆さんから容赦なく叱責されました。そして、私が恥ずかしさに体を震わせながら姿勢を整えていると目の前にジャージ姿の高校生の女の子たちが現れたのでした。彼女達は私の姿を見ると一瞬驚いた後、どこか汚いものを見るような眼差しを向けてきたのです。 [続きを読む]
  • 無理やり笑顔を作らされながら片足立ちのポーズ
  • 片足立ちのポーズをとりはじめると再びリーダー格のお婆さんが杖のような棒で私の体を突きながら「ほら、脚動かさないで」「顔がひきつってるわよ。笑顔、笑顔」と私に指示を出してきました。そして、無理やり笑顔を作らされている私の様子を、絵を描いているお爺さんお婆さんたちはただ笑いながら見ているのでした。こんなのいつまで続くのよ・・・。そう思っている時でした。集会所におもいがけない集団がやってきたのです。 [続きを読む]
  • 直立した姿勢で片足を上げました
  • 前屈のポーズをようやく終えると次にリーダー格のお婆さんが告げたポーズは直立した姿勢で片足を上げてそれを手で持つというものでした。バランスを崩さないように私の横には脚立が置かれ、そこにもう一方の手を置き体を支えるように言われました。昔すこしだけバレエを習っていたので片足を頭の横まで上げることができ、それを見たお爺さんやお婆さんたちからは感嘆の声とともに、意味深な笑みが零れたのです。 [続きを読む]
  • あまりの羞恥にふらふらでした
  • 前屈のポーズがようやく終わった頃私は目眩がしそうなほどに体がふらふらとしていました。それは頭を逆さまにしていたからというよりも、あまりの羞恥に目がくらみそうになっていたのです。そして、リーダー格のお婆さんからさんざん杖のような棒で突かれたせいでいみじくも体が変な反応をしてしまっていたのです。それでもリーダー格のお婆さんは休むことなく非情にも次のポーズを私に告げてきたのでした。 [続きを読む]
  • こんな恰好やりたくてやってるわけないのよ
  • 前屈のポーズで開いた両脚の間から後方に向かって顔を向けながら私は笑顔を作っていました。逆さまに見えるお爺さんお婆さんたちの顔はまるで呆れたような表情を浮かべていました。こんな恰好やりたくてやってるわけないのよ・・・。どれほどそう叫びたくても私は黙ったまま笑みを浮かべるしかありませんでした。そしてその間も、リーダー格のお婆さんは私の体を杖のような棒で突いてきていたのです。お願い、いい加減にして・・・ [続きを読む]
  • あまりに惨めなポーズをとらされながら笑顔を浮かべました
  • 私はもう耐えるしかありませんでした。あまりに惨めなポーズをとらされながら背後からリーダー格のお婆さんに杖のような棒で突かれても体が反応してポーズを崩さないように唇をかみしめてじっとしていたのです。すると、そんな私に後方から絵を描いていた別のお婆さんが容赦ない言葉を浴びせてきたのでした。「笑顔でお願いします」私は悔しくて仕方ありませんでした。それでも意を決してゆっくりと唇を緩めて笑顔を作っていったの [続きを読む]
  • 腰を振りたてるのを止めました
  • リーダー格のお婆さんにいきなり杖でお尻を叩かれた私はすっかり気が動転してしまっていました。「じっとしてなさい」その強い口調に、なぜか自分の方が悪いような気持ちになって腰を振りたてるのを止めたのです。すると、リーダー格のお婆さんは私を屈服させることができたと思ったのか杖のような棒でふたたびきわどい部分を順番に突いてきたのでした。 [続きを読む]
  • 私のお尻を叩くお婆さん
  • 私の視界には逆さまになったリーダー格のお婆さんの顔がありました。その顔はうすら笑いを浮かべながら手に持った杖のようなもので後方から私の体を突いていました。「やめてください」腰を振りたてながら、何度もお願いしてもリーダー格のお婆さんはなかなか止めようとはしませんでした。「あぁん」私はついに恥ずかしい声を上げてしまい両脚が崩れそうになるとリーダー格のお婆さんは、それまで私の体を杖で突くのを止めお尻を叩 [続きを読む]
  • 「お願いです。勘弁して下さい」
  • 私は腰を振りたてながら必死に抵抗するとお婆さんはますます私の体を突いてくるのでした。そしてさらに腰を振りたてる様が面白いのか、絵を描いているお爺さんお婆さんたちのクスクス笑う声が集会所の中に響いてきたのです。「お願いです。勘弁して下さい」私は脚の間から顔を出した状態で後方に立つリーダー格のお婆さんに向かって訴えかけました。 [続きを読む]
  • 私のアソコを突くお婆さん
  • 前屈の姿勢をとらされてからおそらく五分以上が過ぎようとした頃でした。だんだん疲れてきた私は体の姿勢を一定に保つことが厳しくなってきたのです。すると、リーダー格のお婆さんは棒で体を強く突いてきたのでした。「いやぁ」私は思わず声を洩らしてしまいました。それは、お婆さんが予期せぬ場所を突いてきたからでした。「や、やめてください」私は腰を振りながら、お婆さんの棒から必死に逃れようとしたのでした。 [続きを読む]
  • 私の体を弄るお婆さん
  • 私が前屈のポーズをとっているとリーダー格のお婆さんが何処から持ってきたのか棒のようなもので時折、私の体を突いてきました。「もうちょっと体を前に倒して」「顔を動かさないで」「脚が震えているわよ」お婆さんは棒のようなもので体のあちらこちらを突いてきては絵のモデルをしている私を注意してくるのでした。 [続きを読む]