ゆき さん プロフィール

  •  
ゆきさん: 田舎の嫁の覗かれたセックス
ハンドル名ゆき さん
ブログタイトル田舎の嫁の覗かれたセックス
ブログURLhttp://yukirinlife.blog.fc2.com/
サイト紹介文旦那の事情で過疎の集落にある旦那の実家で暮らしています。田舎の嫁の欲求不満な日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 29日(平均2.7回/週) - 参加 2013/12/10 15:07

ゆき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あまりの羞恥にふらふらでした
  • 前屈のポーズがようやく終わった頃私は目眩がしそうなほどに体がふらふらとしていました。それは頭を逆さまにしていたからというよりも、あまりの羞恥に目がくらみそうになっていたのです。そして、リーダー格のお婆さんからさんざん杖のような棒で突かれたせいでいみじくも体が変な反応をしてしまっていたのです。それでもリーダー格のお婆さんは休むことなく非情にも次のポーズを私に告げてきたのでした。 [続きを読む]
  • こんな恰好やりたくてやってるわけないのよ
  • 前屈のポーズで開いた両脚の間から後方に向かって顔を向けながら私は笑顔を作っていました。逆さまに見えるお爺さんお婆さんたちの顔はまるで呆れたような表情を浮かべていました。こんな恰好やりたくてやってるわけないのよ・・・。どれほどそう叫びたくても私は黙ったまま笑みを浮かべるしかありませんでした。そしてその間も、リーダー格のお婆さんは私の体を杖のような棒で突いてきていたのです。お願い、いい加減にして・・・ [続きを読む]
  • あまりに惨めなポーズをとらされながら笑顔を浮かべました
  • 私はもう耐えるしかありませんでした。あまりに惨めなポーズをとらされながら背後からリーダー格のお婆さんに杖のような棒で突かれても体が反応してポーズを崩さないように唇をかみしめてじっとしていたのです。すると、そんな私に後方から絵を描いていた別のお婆さんが容赦ない言葉を浴びせてきたのでした。「笑顔でお願いします」私は悔しくて仕方ありませんでした。それでも意を決してゆっくりと唇を緩めて笑顔を作っていったの [続きを読む]
  • 腰を振りたてるのを止めました
  • リーダー格のお婆さんにいきなり杖でお尻を叩かれた私はすっかり気が動転してしまっていました。「じっとしてなさい」その強い口調に、なぜか自分の方が悪いような気持ちになって腰を振りたてるのを止めたのです。すると、リーダー格のお婆さんは私を屈服させることができたと思ったのか杖のような棒でふたたびきわどい部分を順番に突いてきたのでした。 [続きを読む]
  • 私のお尻を叩くお婆さん
  • 私の視界には逆さまになったリーダー格のお婆さんの顔がありました。その顔はうすら笑いを浮かべながら手に持った杖のようなもので後方から私の体を突いていました。「やめてください」腰を振りたてながら、何度もお願いしてもリーダー格のお婆さんはなかなか止めようとはしませんでした。「あぁん」私はついに恥ずかしい声を上げてしまい両脚が崩れそうになるとリーダー格のお婆さんは、それまで私の体を杖で突くのを止めお尻を叩 [続きを読む]
  • 「お願いです。勘弁して下さい」
  • 私は腰を振りたてながら必死に抵抗するとお婆さんはますます私の体を突いてくるのでした。そしてさらに腰を振りたてる様が面白いのか、絵を描いているお爺さんお婆さんたちのクスクス笑う声が集会所の中に響いてきたのです。「お願いです。勘弁して下さい」私は脚の間から顔を出した状態で後方に立つリーダー格のお婆さんに向かって訴えかけました。 [続きを読む]
  • 私のアソコを突くお婆さん
  • 前屈の姿勢をとらされてからおそらく五分以上が過ぎようとした頃でした。だんだん疲れてきた私は体の姿勢を一定に保つことが厳しくなってきたのです。すると、リーダー格のお婆さんは棒で体を強く突いてきたのでした。「いやぁ」私は思わず声を洩らしてしまいました。それは、お婆さんが予期せぬ場所を突いてきたからでした。「や、やめてください」私は腰を振りながら、お婆さんの棒から必死に逃れようとしたのでした。 [続きを読む]
  • 私の体を弄るお婆さん
  • 私が前屈のポーズをとっているとリーダー格のお婆さんが何処から持ってきたのか棒のようなもので時折、私の体を突いてきました。「もうちょっと体を前に倒して」「顔を動かさないで」「脚が震えているわよ」お婆さんは棒のようなもので体のあちらこちらを突いてきては絵のモデルをしている私を注意してくるのでした。 [続きを読む]
  • あまりに惨めなポーズを強要されました
  • 私の視界には逆さになったお爺さんお婆さん達の顔が見えました。私の取らされているポーズはあまりに惨めなものでした。逆さまになったお爺さんお婆さんたちの顔から笑みがこぼれているのが分かりました。そして、またしても耳元にお爺さんお婆さんたちの会話が聞こえてきたのです。「なんかすごい恰好ねぇ」「いくら言われたからって、あそこまでするかね」「ああいうの好きなんじゃない」「ほんとお姑さんが気の毒だわ」私は耳を [続きを読む]
  • さらなる羞恥の恰好で
  • 10分くらいが過ぎた頃、ようやく次のポーズに変わりました。しかし、それは私にさらなる羞恥を課すものだったのです。私はリーダー格のお婆さんに指示されるまま台の上に脚を開いて立つとそのまま前屈して、両手を両脚のふくろはぎに当てそのまま顔を倒して両脚の間から後方を覗いたのでした。 [続きを読む]
  • あんな恥知らずな嫁がいるなんて
  • 私が必死で笑顔を作っていると近くからお婆さん達の会話が聞こえてきました。「最近の若い人は本当節操ないわねぇ。よくあんな恰好して笑ってられるわ」」「ほんと、これじゃあお姑さんが可愛そう。あんな恥知らずな嫁がいるなんて」私だって好きでやってるわけじゃない・・・。あなたたちがやれって言うからやってるだけなのに。こみ上げる感情を抑えながら、それでも私は笑顔を作り続けたのです。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …