kii さん プロフィール

  •  
kiiさん: 試撃行
ハンドル名kii さん
ブログタイトル試撃行
ブログURLhttp://yaplog.jp/shigekikou/
サイト紹介文幕末・維新に係る記事。史跡訪問。幕末維新系の時代劇レビュー。最近の事件を歴史に絡て考えてみたり。
自由文高杉晋作と幕末志士を紹介するHP「ぬしと朝寝がしてみたい」のブログです。
http://www.access21-co.jp/sinsaku/top.html
住んでる山口県下関市を拠点に観光や出張などで史跡をまわったり、幕末・維新に係るいろいろな記事を書いたりします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/12/12 13:15

kii さんのブログ記事

  • 萩市 長寿寺〜入江九一などの墓所
  • 松門四天王のひとり入江九一の墓所は、萩市の長寿寺にあります。長寿寺には、入江の他にも幕末の動乱で命を落とした志士の墓があり、少々マニアック幕末ファンならば、訪問するべき寺ではないでしょうか?長寿寺の場所(萩市北古小萩周辺)。「長寿寺山門」。重厚な造りの山門は閉じられており、境内へは通用門を通ります。「長寿寺本堂」。長寿寺は「抜け寺」の愛称があり、本堂と鐘楼の間を通り抜け、寺の裏の道に抜けることがで [続きを読む]
  • 萩市 常念寺〜飯田正伯墓所
  • 飯田正伯は、松下村塾生の中でも2番目に年長で、もちろん吉田松陰よりも年上でした。藩医の家の生まれた正伯は、はじめ家業の医師の道を学びますが、次第に兵学に興味を持ち、松下村塾に通って山鹿流軍学を学びます。松陰に師事した期間は、約1ヶ月余りと短く、堅い絆とは言えませんが、松陰が伝馬町に入獄していた際に、江戸に遊学中であった為、高杉晋作や尾寺新之丞らと共に、獄中の松陰への見舞いや、賄賂の調達に奔走してい [続きを読む]
  • 萩市 弘法寺〜前原一誠墓所
  • 萩の乱の首謀者として斬首された前原一誠。彼の墓所は、萩の弘法寺にあります。弘法寺の場所(萩市萩橋周辺)。「弘法寺本堂」。弘法大師空海が唐から帰国した際、船が漂着させたのがこの場所で、弁財天が老人に姿を変えて、弘法大師を呼び寄せたとされる。弘法大師は自分の像を彫刻して、衆生結縁の場としたされ、山号の寄舟山、寺号の弘法寺の名も弘法大師に由来します。「前原一誠墓(中央)」と「佐世一清墓(左)」。境内の墓 [続きを読む]
  • 萩市 光福寺〜中島名左衛門墓所
  • 萩市街のはずれ、椿地区の山の斜面に立つ光福寺。ここに下関で暗殺された長崎の砲術家中島名左衛門の墓があります。中島は長州藩から砲術教授として招かれ、藩主世子毛利定広と共に、外国船を打ち払ったばかりの下関で、砲台巡視を行いました。白石正一郎邸で戦術会議が行われ、長府藩主毛利元周、総奉行の毛利宣次郎、京より亡命中の中山忠光、庚申丸艦長松島剛蔵、光明寺党の壮士らが集まった。この席で中島は、下関の砲台が急ご [続きを読む]
  • 大分県杵築市 杵築藩城下町
  • 城下町というのは、日本全国いたるところにあり、そのほんの一部を訪問したにすぎぬ僕ですが、今回訪問した杵築藩の城下町は一味違っていました。国東半島の南の付け根に位置する杵築藩の城下町は、現在も藩政時代の建造物が数多くのこり、珍しい配置の町の区画は、素晴らしい景観を見せてくれます。・・で、のっけからですが、模擬天守です。「杵築城」。杵築城の天守は、1608年に落雷で焼失して以降再建されていません。天守 [続きを読む]
  • 大分県大分市 府内城
  • 府内は豊後国の国府があった場所で、大友氏の本拠地でした。豊後国主である大友吉統が豊臣秀吉に改易された後、府内は福原長堯に与えられ、府内に城を建築します。秀吉の死後、石田三成派の長堯は徳川家康により減封され、代わって早川長政が入封しますが、関が原の戦いで西軍に属した為、改易となって、竹中重利が入封し府内藩を立藩しました。重利は府内城を大改修して現在の形にしますが、子の竹中重義は長崎奉行時代の不正のた [続きを読む]
  • 大分県大分市 佐賀関〜海舟・龍馬上陸地と宿泊地
  • 長州藩の関門海峡封鎖に対する四カ国艦隊の下関への報復を止まらせる為、勝海舟は諸外国と交渉するために、長崎へ向かいました。その一行の中には、神戸海軍塾の塾生であった坂本龍馬も同行しています。神戸から第二長崎丸に乗り込んだ一行は、2月15日に佐賀関に到着。船を下りて陸路を長崎に向かいます。上陸地の佐賀関は、熊本藩の飛地で、四国への玄関口として栄えていました。幕府の使節として上陸した勝の一行は、街をあげ [続きを読む]
  • 試撃行日譜7
  • 続き。やる気のなくなった日記を頼りに、晋作の足取りをたどります。試撃行の道筋7①9月13日。足利駅に滞在。9月14日。朝、試合をする。赤城山を越え、②玉村駅に泊まる。※誰と試合をしたか記入されていません。タイトルが試撃(試合)行日譜なのに、試合の詳細を書いていません。9月15日。雨。玉村駅を出発して、妙義山を越え、碓井の関所を抜け、③坂下駅に泊まる。9月16日。坂下駅を出発して、碓井峠、浅間山を通 [続きを読む]
  • 試撃行日譜6
  • 続き。試撃行の道筋69月9日。半晴。鹿沼駅を発ち二里で道が分れ、壬生道を進む。壬生駅で役人に松本五郎兵衛への使いを頼むと、役人は程なく帰って来て旅宿を紹介してくれた。※松本五郎兵衛は、聖徳太子流の剣術家。壬生藩は、譜代大名鳥居家が治める。野州壬生は剣術が盛んな地として有名でした。日暮れに松本の門人某が来て、明朝試合をしてくれるとの事。某曰く「肥前佐賀藩士が来ているので、同時に試合をしたい」。その某 [続きを読む]
  • 試撃行日譜5
  • 続き。試激行の道筋5①9月6日。 宇都宮駅を出発。老松を擁する道を、自然と上へ登って行くと、日光山が前方に見えてくる。1歩1歩近付いていく。この日は肩と足の疲労が溜まっていた。②日暮れ時に日光山の麓に到着。行き交う人に訪ねると「日光警衛士山口為之助は剣術好きで、他国人が来れば必ず試合をするらしい」との事。僕は大喜びし、疲れも忘れて訪ねたが、山口は不在であった。山口の使者は「今は奉行が江戸に行ってい [続きを読む]
  • 試撃行日譜4
  • 続き。晋作は笠間藩で、この旅で初めて名士加藤有隣を訪問します。①9月3日。早く起きて加藤先生を訪ねと、先生は書楼へ招いてくれた。十三山書楼という書楼で、三方の山の峰が13ある事に由来する。先生は元々水戸人で、笠間藩の加藤家に養子に入り家を継いだ。和漢古書に精通し、済経の才能もあり、藩主の為に政務を行ったが、笠間藩は譜代で俗論家が多く、それらの連中に妬まれて政務から外される。今は総髪老成となり、質素 [続きを読む]
  • 試撃行日譜3
  • 続き。試撃行の道筋3①9月1日。宿の者の言うとおり晴天になった。旅人が喜んで話しかけてくるので、自分も喜んで応じた。②土浦城下に入る関門があり、役人が名を訪ねてきたので、「長藩士高杉晋作。文武鍛錬の為、関東を遊歴する者です」と答えると、城下に入ることができた。地元民いわく関門が厳しくなったのは、水戸浪士の騒動以来だという。※水戸浪士の騒動というのは、桜田門外の変の事。この年に勃発した事件によって、 [続きを読む]
  • 試撃行日譜2
  • 続き。試撃行の道筋2①8月29日。早朝出発。松戸駅で一月寺を見る。※「一月寺 所謂  僧寺也(一月寺 いわゆる(空白)僧寺なり)」と、晋作は記しています。一月寺は、普化宗金先派総本山であり、空白は「虚無(僧)」のが入ると思われますが、あえて空白にしたのは、虚無僧は幕府の隠密をすることもあったし、無頼の徒が変装することもあったので、差別的な隠語を入れる気だったのかも?②小金駅で「この付近は水戸候が鷹狩 [続きを読む]
  • 試撃行日譜1
  • このブログ「試撃行」のタイトルは、高杉晋作の遊学日記「試撃行日譜」より拝借したものです。そういうわけで「試撃行日譜」をそろそろ取り上げねばと思いつつ、現在に至っておりましたが、松陰の遊学日記を2回も取り上げたことですし、次は晋作のものをということで、「試撃行日譜」について触れたいと思います。丙辰丸での航海演習を終え、航海術は向いていないと投げ出した晋作は、そのまま早々に萩に帰ったのでは、藩主や萩の [続きを読む]
  • 「その男」 池波正太郎
  • 前に映画「狼よ落日を斬れ」をご紹介しましたが(記事はこちら)、池波正太郎の「その男」は、その原作です。架空の人物を主人公とし、実在の幕末志士らと絡ませた物語で、主人公の杉虎之助は、旗本の嫡男ながら継母に虐げられて、それを苦に身投げするのですが、旅の剣士池本茂兵衛に助けられる。強くなりたいと池本の弟子となり、虎之助は江戸を離れます。池本について色々な場所を旅し、修業をかさねるのですが、その間、池本は [続きを読む]
  • 大分県日出町 龍泉寺~瀧廉太郎墓所
  • 「箱根八里」「荒城の月」で知られる瀧廉太郎。彼は明治12年生まれで、このブログの範囲からは外れるのですが、彼は日出藩重臣出身ということもありますので、日出藩重臣家墓所を訪ねるというかたちで紹介致します。日出藩初代木下延俊に仕えた瀧俊吉を初代とする瀧家は、以後、11代に渡って家老等の重職を勤めました。10代当主瀧平之進は、帆足萬里の高弟であり、帆足の藩政改革の際には、家老職となって帆足の改革を支え、 [続きを読む]
  • 大分県日出町 松屋寺~帆足萬里墓所
  • 帆足萬里は、日出藩家老帆足通文の三男として生まれ、当時、小浦村(現日出町豊岡)で私塾を開いていた儒学者脇蘭室に学び、儒学に留まらず経済、物理、天文など、あらゆる分野の学問を研究。特に自然科学においては、当時の西欧の学者にも匹敵していたとされます。天保3年には、その学識を買われて、家老となり財政改革を進め、現任の家老を廃して有能な人材を配置し、不正や無駄を取り除く政策を取り、一定の成果をあげたようで [続きを読む]
  • 大分県日出町 松屋寺~木下家墓所
  • 日出藩主木下家の菩提寺は「康徳山松屋寺」。「松屋寺山門」。もともとは西明寺という天台宗の寺院だったものを、初代藩主木下延俊が、禅宗に改め祖母朝日の方の法名ちなんで、「康徳山松屋寺」と改めます。※朝日の方の法名は、康徳寺殿松屋妙貞大姉。「松屋寺本堂と大蘇鉄」。当時の本堂は火災で焼失している為、現在の本堂は大正期のもの。本堂前にそびえる大蘇鉄は、「日本一の大蘇鉄」と呼ばれています。本堂隣の秘寶殿には、 [続きを読む]
  • 大分県日出町 日出城跡
  • 日出藩は、豊臣秀吉の正室おね(ねね、北政所、高台院)の兄木下家定の三男で、関ヶ原の戦いにおいて終始東軍として活躍した木下延俊が、その功績により日出に3万石を与えられて立藩した藩。第2代藩主木下俊治が、弟の木下延由に5000石を分与した後、江戸時代を通じて2万5000石で、日出周辺を支配しました。藩祖木下延俊は、正室の加賀の方の兄細川忠興の支援を受けて、日出に城を建てます。築城の際には、人柱が建てら [続きを読む]
  • みよちゃんと笠山椿群生林
  • 萩市の笠山に約25000本のヤブツバキが自生しています。開花時期にあわせて「椿まつり」が開催されていたので、みよちゃんを連れて行ってきました。実際に椿は頭上に咲き誇っているのですが、咲いている花は頭上だけになんら感動も無いのですが、白い道上の落椿が、素晴らしい景観となっております。ツバキの花は花弁が個々に散るのではなく、花弁が基部でつながっていて萼を残して丸ごと落ちる。それが花の道を作り出している [続きを読む]
  • 八軒屋砲台
  • 関門海峡は、無数の船が毎日のように行き交う素晴らしいロケーションですが、近年は人口減少に反して、海岸線に高層マンションが建ち始めました。特に阿弥陀寺町には、何棟ものマンションが建ち並び、たかだか人口20万人の中核市なのに、入る人いるの??と思っちゃうほど。阿弥陀寺町。国道9号線から関門橋を眺めた様子。たしかにベランダから関門海峡が望めるって、素敵でしょうけどね。まあ、こういうのが建って人口増加に繋 [続きを読む]
  • 紅石山砲台
  • 前回の続き。大連神社境内には、社務所らしき小さな建物がありますが、現在は使われていない様子。この裏手に紅石山の頂上へつながる道があるらしい。社務所らしき建物の裏手には、何らかの建物がたっていたであろう石垣が。これは阿弥陀寺関係の建物の石垣でしょうか?石垣があった場所からさらに奥へ進む。山道というよりけもの道といった感じ。かろうじて道と思われる場所を進む。意外とすぐに山頂に到達。そりゃそうでしょうね [続きを読む]
  • 梅ノ坊砲台と大連神社
  • 平家一門と共に壇ノ浦に沈んだ安徳天皇を祀る赤間神宮。この赤間神宮は、幕末まで阿弥陀寺という寺でしたが、明治になって「天皇社」として神社となり、明治8年に「赤間宮」、明治15年に「赤間神宮」となりました。「赤間神宮」。竜宮城をイメージした水天門が、赤間神宮のシンボル。赤間神宮の2代目宮司が、白石正一郎だということも知られていますね。赤間神宮の前身である阿弥陀寺は、無量寿院の称号を持つ大寺院で、梅ノ坊 [続きを読む]
  • 「兵馬の旗」 かわぐちかいじ
  • かわぐちかいじといえば、「沈黙の艦隊」や「ジパング」といったミリタリー色の強い漫画。・・と思いきや、意外と色々な作品を創っているようです。特に歴史モノも多く出しているようで、現在も源平を描いた作品を連載中。そのかわぐちかいじが、戊辰戦争を描いた作品が「兵馬の旗」です。主人公は架空の人物宇津木兵馬。幕府旗本の次男坊で、ロシアへの留学時にロシア貴族アンナと恋に落ち、アンナとの間に息子を設けるのですが、 [続きを読む]
  • 兵庫県姫路市 善導寺
  • 姫路藩の尊皇攘夷派を壊滅させた「甲子の獄」。この殉難者の中心的人物が、河合惣兵衛でした。姫路藩主酒井忠績が、京都所司代臨時代行を命ぜられた際に同行し、諸藩の尊攘派志士と交流。特に三条実美と懇意にしており、在京時は欠かさず三条邸に足を運んでいます。八月十八日の政変以降、藩内で尊皇攘夷派の風当たりが強くなり、婿養子の河合伝十郎の脱藩・捕縛や、同志達の暗殺事件が明るみに出ると、役を解かれ謹慎処分を受け後 [続きを読む]