+tsugachi+ さん プロフィール

  •  
+tsugachi+さん: 曲ったきゅうり 〜もう健康な身体には、戻れない〜
ハンドル名+tsugachi+ さん
ブログタイトル曲ったきゅうり 〜もう健康な身体には、戻れない〜
ブログURLhttp://mt011572.blog.fc2.com/
サイト紹介文脊髄小脳変性症を患いっています。ブログタイトル変更しました。病気の他にも、興味を持った事も綴ります。
自由文このブログでは、日々の体の状況やその日にあった(病気とは関係ない)出来事等を出来る限り、毎日綴っていきたいと思っています。また、手の振えの症状もあるので、写真を撮っていますが、振えを抑えるのに精一杯なので、画像は素人丸出しです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供935回 / 365日(平均17.9回/週) - 参加 2013/12/12 18:01

+tsugachi+ さんのブログ記事

  • 治験継続中・・・
  • 今日は、治験をはじめて最初の定期診察です。なので、リハビリには行けない(間に合わない)んで、お休みです。。。そして、行き帰りとも介護タクシーで。今回は、再診機を通してから、治験の窓口へ。まずは、アンケート・血圧測定と体重測定などから。部屋を移って心電図。次に尿検査。そして最後に、血液検査。一通り済んでから、診察へ。。。すぐに、10m歩行と継ぎ足歩行。いずれも先生の腕に掴まって。10m歩行は何とか。 [続きを読む]
  • 今日は、調理実習の後呼吸器の経過観察へ
  • 今日は、午前中にリハビリ施設で調理実習。午後からは、呼吸器の経過観察のため病院へ。。。日にちが被ったんですけど、時間がズレていたんで。今回のテーマは「簡単にしかも短時間に作れるもの」ということで、おにぎりでなく、おにぎらず(具は鮭と大葉とごま)と豆腐とワカメなどの味噌汁・出し巻き風卵焼き、鳥胸肉となすの味噌炒めを作りました。あと利用者のたまさんからウドの差し入れがあったので、ボランティアのくろさん [続きを読む]
  • 今回こそ治験開始
  • 今日は、定期診察日でした。あと、同意書にサインして治験がやっと始まりました。。。診察室に入ると、主治医の先生と先月説明してくれた女性の方(たぶん、キッセイ薬品の人)がいて、廊下でまず10m先生の腕につかまっての歩行。再度、診察室に戻って肩幅に足を開いての立位・足をピッタリくっつけての立位・継ぎ足の姿勢での立位を10秒ずつ。継ぎ足だけは出来ず、後は何とかやっと。それから、先生の出した指についていった [続きを読む]
  • 定期診察と治験
  • 今日20日は、定期診察日でした。今回も、行き帰りとも介護タクシーで行きました。。。まず、診察室でいつもの診察。最初に先生と廊下に行って、10m先生に掴まりながら歩行出来るかを確認。一応歩けたんで、治験に参加出来ることに。そのあと診察室に戻って、今回の治験についての説明をざっくりと。。。それによると、新薬ではなくこれまでの薬(まだ認可されてない薬ですけど・・・。)で試すみたいです。前に重度の人で結果 [続きを読む]
  • 一区切り
  • これが、一応最後の更新となります。約3年くだらないこのブログに訪問してくださった多くの皆さん、本当にありがとうございました。心より感謝しています。。。ここまで続けて来られたのも皆さんのおかげだと思っています。更新はしばらく休みますが、これまで通りに訪問だけはさせてもらおうと思ってます。勿論、おきてがみの方のところへも。忘れられないためにも。ただ、全ての方のところではなく、今後も訪問してくださる方だ [続きを読む]
  • 2016年の「まさか」
  •  「まさか」の語源は、目の前のことを指す「目先(まさき)」だという説がある。現実を表す言葉が、ありそうにない事柄へと意味を転じたとすれば不思議な気がする。さて、「まさかの現実」に見舞われた2016年であった。最大のまさかは、米国大統領選でのトランプ氏の当選だろう。選ばれた後もまさかを繰り返しており、先日は「米国は核能力を大いに強化・拡大する必要がある」とツイッターで述べた。すでに7千もの核弾頭を持 [続きを読む]
  • 働き過ぎの日本
  •  米国の会社に転職した日本人ビジネスマンがいた。社員を猛烈に働かせることで有名な会社で、上司はこう述べた。「明日から週6日、1日に12時間ずつ働いてもらいたい。それでいいかな?」。驚いた日本人は「ちょっと待ってください」と言って、続けた「私ははるばる日本から来たんですよ。それなのにそんなパートタイムの仕事を任せるなんてあんまりです」(早坂隆著『世界の日本人ジョーク集』)。働き過ぎの日本人をからかう [続きを読む]
  • お正月に欠かせない、お餅
  • 今年も残すところあと2日。年の瀬も押し迫り、大掃除やおせち料理の準備など、新しい年を迎える支度で、多忙をきわめる人も多いことでしょう。ところで、お正月といえば鏡餅やお雑煮など、一年でも最もお餅を食べる機会が増える時期ではないでしょうか。お餅は古くから神様に捧げる神聖な食べ物でしたが、かつてはお年玉もお餅だったというくらい、お正月とは切っても切れないものでした。そこで、お正月のお餅について。。。お正 [続きを読む]
  • 意外と知らない喪中のお正月の過ごし方
  • 身近な方が亡くなって初めて迎えるお正月。よく、喪中の間は結婚式をしてはいけないと聞きますね。初詣に行ってはいけないというのも聞きますが、喪中のお正月は何をしてはいけないのでしょうか。喪中と忌中の違いや、おせち、お年玉、年賀状など喪中のお正月行事についてまとめました。喪中の過ごし方喪中と忌中の違いよく「喪中」「忌中」と聞きますが、どう違うのでしょうか。忌中も喪中も、故人を偲んで喪に服す期間なのでお祝 [続きを読む]
  • 無謀な戦争への記憶
  •  歌人の宮柊二(しゅうじ)は、日中戦争さなかの1939年に一兵士として山西省に赴いた。戦地での体験を多くの作品に残している。「あかつきの風白みくる丘蔭に命絶えゆく友を囲みたり」。戦友の最期をみとった歌だろう。目をそむけたくなる戦闘の描写もある。「ひきよせて寄り添ふごとく刺ししかば声も立てなくくづをれて伏す」。宮が大陸に渡った2年前には南京事件が起きている。何があったのかを中国人男性の視点で迫ったの [続きを読む]
  • 一夜飾りがいけない理由
  • 正月飾りは飾る日に縁起をかつぐお正月は「正月飾り」と呼ばれるさまざまな飾り物がありますね。その飾り方のルールについて。「正月飾り」というと、「しめ飾り(注連飾り)」をさす場合と、しめ飾り、鏡餅、門松、盛り花、神棚用の榊、仏壇用の仏花、掛け軸などのしつらえなど、飾る物すべてを指す場合があります。どちらの場合であっても12月30日までには入手できるように手配しましょう。というのはこれらの正月飾りは伝統的に [続きを読む]
  • あと、3日かぁ・・・
  • 9月か10月か忘れましたけど、当面の休業宣言したわけなんですが、早いものであと3日となってしまいました。。。自分で決めた事なんで仕方ないんですが、何か寂しい様な・・・。一応、ブログだけはこのまま残しておこうと。でも、これまで通りに訪問だけはさせてもらおうと思ってます。勿論、おきてがみの方のところえも。忘れられないためにも。ただ、全ての方のところではなく、今後も訪問してくださる方だけですよ。そして、 [続きを読む]
  • SMAPが背負う荷物
  •  記者としての1998年の記憶は、夜中まで国会で走り回っていたことだ。不良債権で銀行が破綻(はたん)するかもしれない。不況をこれ以上悪化させないよう、政治家にどんな手が打てるかを追っていた。「夜空ノムコウ」がヒットした年である。「貸し渋り」や「日本列島総不況」が新語・流行語大賞の上位に入り、自殺者が初めて3万人を超えた。そんな年に、夜空の向こうには明日が待っているとアイドルグループのSMAPは歌っ [続きを読む]
  • 水まわりの掃除には「お酢」が最適
  • 毎日使う台所・お風呂・トイレは汚れやすくお掃除が大変です。水まわりはカビも繁殖しやすいのでこまめにお掃除する必要があります。しかし、それぞれに合った掃除用具や洗剤をそろえていると、収納スペースは掃除用品だらけになってしまいますよね。そこで、お掃除用品をシンプルにまとめるためにオススメなのが「お酢」です。どこのお家の台所にもあるあのお酢を使うだけで、水まわりはピッカピカになっていきますよ。常備してお [続きを読む]
  • 年越しそば・大晦日についての雑学
  • 今年も残すところあと5日となりましたが、「おおみそか」「おおつごもり」「歳神様」など、大晦日にまつわる知識、皆さんどのくらいお持ちでしょうか。大晦日あれこれまず「おおみそか」という言い方ですが、もともと「みそか」は「三十日」です(「三十路(みそじ)」もありますね。「三十」は和語読みすると「みそ」です)。それが「月末」を意味するようになっていきます(実際に「29日」や「31日」で月末になろうと、「みそか [続きを読む]
  • キリン、絶滅危惧種に
  •  キリンの首にある骨の数は七つで、意外なことに人間と同じだという。その代わり骨の一つ一つがとても長い。高いところに届く首のおかげで多くの葉を食べられ、生存競争を勝ち抜くことができた。しかし今後はどうだろう。国際自然保護連合は先日、絶滅の恐れがある動植物を示す「レッドリスト」の最新版を発表し、キリンが新たに絶滅危惧種になった。アフリカでの生息数は過去30年で4割ほど減り、2015年は10万頭弱である [続きを読む]
  • 年内最後のリハビリ
  • 今日は火曜日なんで、午前中にリハビリ施設でのリハビリがありました。リハビリ施設に着くまで、思ったより寒かったんですけど、雨がポチポチ。ヤバいと思ったんですが、施設に着くまで何とかもって濡れずに。それと、第四火曜日なのにエアロビはありませんでした。。。珍しく、最年長男性利用者のこーさんが先にいらしてて、しかも着替え終わってトイレを済ませていました。しばらくして、開始時間になって血圧測定などなど。。。 [続きを読む]
  • 不惑のナックルボーラー
  •  ほぼ無回転で、左右に揺れながら落ちる。不規則な軌道は投げた本人すら予想できない。ナックルボールは日本のプロ野球ではめったにおめにかかれない「魔球」である。大リーグ取材で、のけぞってよけた打者を横目にストライクになった場面を見たことがある。握りが難しく、押し出すような投げ方も独特だ。強靱(きょうじん)な上半身や握力が必要で、日本人には向かないとされてきた。その難球を大リーグ通算51勝の大家友和(お [続きを読む]
  • 市販薬の一部に税控除
  • 医療費控除は1年間に支払った医療費が10万円を超えないと申告できないため、ハードルが高いのですが、2017年からはそのハードルが下がりそうです。市販薬の費用が1万2000円を超えた場合、所得控除が適用になるからです。その名も「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」です。知らなきゃ損する、この制度について。。。まずは利用期間、利用できる人チェックセルフメディケーション税制、別名「スイッチOTC薬の所得控 [続きを読む]
  • 錆落としに使える意外な調味料
  • 皆さんは錆で困ったことはないでしょうか。ガスコンロの五徳の錆や物干し竿についた錆に悩んだことがある方が多いんでは。そこで、この錆を意外な調味料で落とす方法を紹介したいと思います。用意するものは、赤い液体ことトマトケチャップ、そしてキッチンペーパーだけなんです。やり方は、いたってシンプルです。ケチャップを錆に塗り、10分間放置しておくだけなんです。10分経過したら、キッチンペーパーでふきとればいいんだそ [続きを読む]
  • 年末年始太りを阻止
  • 忘年会太りが心配な今日この頃。食べ過ぎに気をつけて「太らないようにしなくちゃ」なんて思っていても、いざ始まると食欲が止まらず食べ過ぎて後悔している人も多いのではないでしょうか。私も病気をする前に働いていた頃は、12月になるとほぼ毎日忘年会があって、年が明けると新年会の連続。「気持ちだけではなかなか止まらない食欲……。」状態でした。。。それならツボの力を借りてみてはいかがでしょう。そこで、周りに気づ [続きを読む]
  • 本土の「既読」スルー
  •  聖夜が明け、サンタクロースもひと息ついている頃だろう。日本は広い。北海道が銀世界かと思えば、沖縄では先日、観光客が半袖姿で華やかなツリーを楽しんでいた。サンタ翁も、あの格好では汗だくだったに違いない。米軍機オスプレイの飛行再開、辺野古埋め立てを認めた最高裁……。寒々としたニュースが続いている。「政府には県民に寄り添う姿勢が全く見えない」。米軍北部訓練場の返還式を欠席した翁長雄志(おながたけし)知 [続きを読む]
  • パーキンソン病に「腸内細菌」が関与か
  • Popular Science:パーキンソン病患者の多くが、その診断を受けるしばらく前から、消化器症状(便秘など)を訴えています。しかしつい最近まで、この変性疾患と治療法の研究の重点は、脳で何が起きるかを理解することに置かれていました。2016年12月初頭に、学術誌『Cell』に掲載された研究報告によると、カリフォルニア工科大学の研究者たちが、個人の腸内細菌のタイプと数の変化が、パーキンソン病を発症するかどうかの判定材料 [続きを読む]
  • 児童相談所の仕事
  •  子どもへの虐待事件が起きるたび、児童相談所の対応が問われる。なぜ助けられなかったのかと。しかし、日々の相談所の活動によって多くの子どもたちが危険な状況から逃れていることはあまり注目されない。朝日新聞デジタルの連載「児相の現場から」を読み、相談所を担う児童福祉司たちの行動力に驚いた。夫婦が取っ組み合いのけんかをするなかで赤ちゃんを保護し、もみくちゃになりながら走り去る。「連れていくな」と父親にすご [続きを読む]
  • セレジストを抜いてから・・・
  • 今月10日から、セレジストを抜いて治験の準備をしているんですが、今までと何ら変わりません。。。これまで、10年ぐらい飲んで来たんですが、一体何なんでしょう。恐らく薬価は、ん千万円ほどしているんじゃ。ほとんどの人が、難病の医療券を貰っていると思うんで、ただ同然でしょうけど・・・。という事は、全部税金なの。医薬品メーカーが儲けているだけなんじゃ。これほどの無駄遣いはないんで、一日も早い新薬の開発を願っ [続きを読む]