Ryu the Rotten さん プロフィール

  •  
Ryu the Rottenさん: 久米ピロシキのパンキッシュな白昼夢
ハンドル名Ryu the Rotten さん
ブログタイトル久米ピロシキのパンキッシュな白昼夢
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/vaisraveena
サイト紹介文おバカ二ストが真剣にふざけて綴る、おバカでメローな白昼夢。今宵…あなたは目撃者になる!
自由文お笑い、自虐ネタ、ブラックジョーク、ぼやき、つぶやき。Ryu the Rottenのおバカなブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/12/13 11:16

Ryu the Rotten さんのブログ記事

  • 女心は信じない
  • 今回は意地悪で、自意識過剰で、ブラックな文章です。僕の妄想として、読んでください。もし、ご気分を害された方は、『ハゲ黙れ!』『ハゲのくせに調子コイてるんじゃねえよ!』等々、遠慮なく罵倒してください。この記事に限っては、クソみたいな匿名野郎からのコメント歓迎です。バンドをやってるころ、よく、女友達(複数の)から、「ロットンのファンが飲みたいって言ってるから、一度会ってあげてよ。すごい可愛いから [続きを読む]
  • ハゲ
  • 僕はハゲてる。それが理由で、スキンヘッドにしてる。たださ、ハゲてることで、困ったことなんか何にもないし、恥ずかしいと思ったこともない。だから、ヅラもかぶらないぜ。僕はハゲのままでいる。でもね、友達に一つだけお願いしたい。カラオケに行ったとき、僕に無断で、『一休さん』の主題歌を、何度も入れるのやめて欲しい。『ハゲの痛み』http://blog.goo.ne.jp/vaisraveena/e/c7475884d25430324954d5a40013b5a2『 [続きを読む]
  • セックスと拳銃
  • 時代。すべては時代に流される。と、僕は思ってる。『芸術は時代を変える』。って、言う人がいるけど、それは間違いだ。時代で、芸術(音楽、文学、映画、絵画、その他諸々)が、変わることがあっても、芸術で、時代が変わったことはない。すごく残念だけど、僕の大好きな…『セックスピストルズ(Sex Pistols)』も…音楽史に革命(僕はモーツァルトと同じくらいの衝撃だと思ってる)は起こしたけど、時代は変えてはない。 [続きを読む]
  • 愛をこめて
  • 友達のブログで、『舶来品は死語か?』って文章が綴られてた。たしかに、そうだ。最近、『舶来品』って言葉を聞かない。舶来品とは、かつて船便にて日本国外より運ばれてきた輸入品のことだ。アラフォーの僕にとって、『舶来品』って言葉は、高級感が溢れてて、子供が触れてはいけないような領域だった。洋酒とか洋モクとかね←完全に死語だけど。なぜ、今、『舶来品』って言葉がなくなったのか?それは、たぶん…身近に中国 [続きを読む]
  • Leave me alone -よくある勘違い‐
  • 逆ナンお姉さま(下記参照)。本当に勘弁してほしい。昨日さ、僕がお茶してたら、ドヤ顔しながら近寄ってきて…「ねえ、ねえロットン知ってる?『アンドロイド』が引退するんだって!」だってよ。それ、『アラン・ドロン』だから。太陽じゃなく、お腹がいっぱいです。許してください。この勘違い、よくありそうだよね。てか、前にもチラッとかいたけど、よくある勘違いってあるよな。例を挙げると…台風一過→台風一家 [続きを読む]
  • 悪の華
  • 天然のファンタジスタ、爆竹ちゃんにはライバルがいる。リベンジポルノちゃん(下記参照)だ。前にもちらっと書いたことがあるから、憶えててくれてる人もいるかもしれない。リベンジちゃんの体型ってさ、ちょっと言いづらいんだけど、『冬眠に備えて、脂肪を溜め込んでる』感じなんだよね。今回の記事は、これを踏まえて読んで下さい。爆竹ちゃんから電話があった。 「ロットンさん、どうしよ?どうしよ?すっごいヤバいん [続きを読む]
  • やばい恋愛
  • 告白して懺悔します。中学三年の時、僕が通ってた学校に、ガッツ石松さんが講演に来てくださったことがある。ガッツさんはバナナが大好物だと聞いたので、ガッツさんがお帰りの際…思い切りバナナを投げつけてやったら、「てめえ、なめるんじゃねえぞ!」と、ガチで胸倉を掴まれながら、すごまれて、小便を漏らしそうなほど、ビビらされたことのあるRyu the Rottenです。もちろん、僕がすべて悪いです。ガッツさんが怒る [続きを読む]
  • ロマンティックが止まらない
  • トコトン努力してるのに、一生懸命に努力してるのに、どうして、仕事が上手くいかないんだろ?俺には才能がないのかもしれない。って、ずっと悩んでたし、イライラしてた。でもさ、最近、やっと気づいたよ。簡単な話だった。俺の努力が足りなかっただけだ。努力。素敵な言葉だ。ただし、努力した人の全てが報われるとは限らない。そんなことは綺麗事でしかない。だけどさ、成功した人は死ぬほど努力して才能を磨 [続きを読む]
  • 月夜の浜辺。言葉の魅力
  • 5月1日。語彙(ごい)の日。つまり、ボキャブラリーの日だ。こんなクソつまんない語呂合わせは嫌いだけど、やっぱり、僕は言葉が好きなんで、言葉に対する思い書きたい。月夜の晩に ボタンが一つ波打際に 落ちていた。それを拾って、役立てようと僕は思ったわけでもないがなぜだかそれを捨てるに忍びず僕はそれを、袂(たもと)に入れた。月夜の晩に、ボタンが一つ波打際に、落ちていた。それを拾って、役立てようと僕は思 [続きを読む]
  • アバンギャルドな刺激
  • 先日、爆竹ちゃん(下記参照)の自動車保険の更新があったみたいで、損保の営業さん(女性)が会社にいらっしゃって、爆竹と話してた。「爆竹さん、ちょっとお伺いしたいんですけど…免許の色は何色ですか?」「免許の色?えーと、普通に『白』ですけど」だってよ。それ、『ブルー』か『ゴールド』で答える設問だよな。爆竹に慣れてない、営業さんには刺激が強すぎたようで、30秒くらい表情を失ったまま、ただただ [続きを読む]
  • 騙しの手口。CM編。
  • コンプレックス。人の数だけあるんだろうな。僕のコンプレックスはもちろんハゲ。つーか、毛って何のために生えてるんだろう?生えてる場所、つまり、頭や脇、その他、諸々を考えると、おそらく、急所を守るためのクッションなんだろうね。打撃や摩擦(笑)から皮膚を守るための。だとしたら、僕は、常に危険に晒されてるよな。頭部を守るための髪がなくなるって、かなりヤバくねえか?急所を晒してるわけだもんね。もし、 [続きを読む]
  • アウトレイジ
  • 10月。北野武監督の『アウトレイジ』が上映されるらしい。僕はアンチ北野なんだけど、『アウトレイジ』だけは見ちゃうんだよね。ストーリー的には子供だましなんだけど、どうしても惹きこまれちゃう。非日常的で圧倒的な暴力性が僕を別な世界に連れてってくれるのかもしれない。その話を、天然のファンタジスタ爆竹ちゃん(下記参照)にしたらさ…「私は、アウトレイジって大嫌い嫌いです。だって、ヤクザの…『性欲』争いでし [続きを読む]
  • 脅威
  • 必要悪。これほど嫌いな言葉はない。僕は『必要悪』=『人間のエゴ』としか思えない。動物実験なんて、まさにこの言葉の象徴だよな。ましてや、戦争やテロは決して『必要悪』ではない。ただの人殺しだ。殺人だよ。大義名分なんて何もない。『戦争は絶対にダメ』。僕は戦争を経験した、おじいさんやおばあさんに言い聞かされて育った。だから、戦争って大嫌いだし、許せない。戦争のない世界を望んでる。でもね、正直言って [続きを読む]
  • 告白
  • 夢に、檀れいとエビちゃんが出てきた。 僕と檀れいは友達以上恋人未満の関係で、淡い月明かりの下で星を数えていた。 二人の気持ちは徐々に高まって行き、いよいよ告白のタイミングで、エビちゃんが赤いヘルメットをかぶり、ドッキリと書かれたボードを持って、乱入してきて、ぶち壊しにされる夢だ。(若い人はわからないと思うけど、元祖どっきりカメラという番組のネタばらしのシーンです)目が醒めてからも… はがゆくて切な [続きを読む]
  • 月のしずく
  •   第九の呪い。クラシック音楽家が誰でも知っている、「交響曲第九番を作曲すると死ぬ」という迷信だ。ベートーベンが第九を完成させ、それで燃え尽き、亡くなったことで言われるようになった。ドボルザークドビュッシーシューベルトブルックナーマーラー彼らも交響曲第九番を作曲して力尽きている。どうやら、人間の才能にも限界ががあるらしい。てか、バッハやモーツァルト(浪花のモーツァルトではありません)のような、天から [続きを読む]
  • カラマーゾフの兄弟
  • 飲み会で、プチ自慢大会になった。僕は全然ない。ホントにない。でもさ、僕も言わなきゃいけない状況になったから、「カラマーゾフの兄弟の名前を全部言える」って、搾り出したのね。そしたら、爆竹が…「ダサッ!私は…『阿佐ヶ谷姉妹』のフルネームを言える」だってよ。確かに。これってすごいよな。『阿佐ヶ谷姉妹』のフルネームを言える人ってなかなかいないと思う。『僕の唯一のプチ自慢』http://blog.goo.ne [続きを読む]
  • 沙羅双樹の花の色
  • 爆竹ちゃんと、スノボの話をしてたら、そこから、長野オリンピックの話に展開して盛り上がった。スキージャンプ団体の大逆転金メダルの話だ。原田選手の大ジャンプは忘れられないシーンの一つだよね。そこでさ、爆竹に、「70メートル級ジャンプはノーマルヒルと呼ばれます。さて、90メートル級はなんて呼ばれてるでしょう?」って問題を出したら…「えーと、えーと…わかった!アブノーマルヒル!」だってよ。確か [続きを読む]
  • パクりブログ告ぐ
  • パクリブログに告ぐ。パクりブログに告ぐ。僕のブログ(ネタ)をそのままパクッてる(複数の)ブロガーに告ぐ。すぐさま、記事を削除しろよ。恥ずかしいことはやめたほうがいい。一週間以内に、すべての記事を削除しないなら、あなたの記事を…『パクリ野郎発見』と、僕のブログはもちろん、その他、いろんなSNSや掲示板に晒します。パクるなら覚悟してやれや。つーか、『爆竹ちゃん』を…『爆音ちゃん』としてパクリ [続きを読む]
  • Fallin Fallin Into Your Heart
  • FALLIN' FALLIN' INTO YOUR HEART/LAUGHIN' NOSE クライアントに『沢田』さんという女性がいる。彼女とは、数年前に名刺交換させてもらって以来、一度もお会いしてない。仕事の話はすべてメールで済ませてた。その『沢田』さんと、実際に会って打ち合わせをすることになった。結論から言うと、打ち合わせは無事に終った。ただね、帰り際、「『沢田』さん、これからもよろしくおねがいします』ってご挨拶させてもらったら、 [続きを読む]
  • 忘れられない言葉
  • 野球の国際大会、WBCが開催されてる。野球に興味が無い人は全然興味ないんだろうけど、僕は野球が好きなんで、夢中で見てる。野球に限らず、オリンピックとか、サッカーのWカップとか…世界的なスポーツイベントが好きなミーハー男なんだけどね。つーか、でかい、スポーツイベントがあると、僕の脳裏をよぎる… 忘れられない言葉があるので、それについて書きたい。それは、 98年のフランス大会の直前のスイス合宿で、 [続きを読む]
  • ヤバい女
  • 前回の記事で、ヤバい女の子の話を書こうと思ったんだけど、長くなっちゃったから、この記事に持ち越ししました。本当にいるんだぜ。ヤバい奴って。つーか、もしかしたら、このネタは過去に書いたことがあるかもしれない。そしたら、ごめんね。でも、読めや!昔、昔、女の子から、「車を買ったから、ドライブに行かない?」と、誘われたことがある。彼女は僕のバンドのお客さんで、ライブハウスやライブの打ち上げで会う以 [続きを読む]
  • ひな祭りなんで、ヤバい女の話
  • ひな祭りなんでヤバイ女の話をアップします。その前に…この曲を聴いてね。Ricky Martin - Livin' La Vida Loca ヤバい女の曲を訳してみた。僕の完全な意訳です。クレームよろしく。She's into superstitionsBlack cats and voodoo dollsWell, I feel a premonitionThat girl's gonna make me fall彼女は独特の倫理観のなかに生きてる黒猫とブードゥー人形のようなヤバい雰囲気を醸し出してるんだぜそんな女に魅力を感 [続きを読む]
  • 深夜の神秘
  • 仕事が遅くまで、ずれ込んでしまったので、爆竹ちゃん(下記参照)に夜食を買って来てやろうと思って、「何食べる?」って聞いたらさ…「えーと、じゃあ…『緑のきつね』で」だってよ。どっちだよ?『爆竹ちゃん』http://blog.goo.ne.jp/vaisraveena/e/2dec47217e1063e6270d87fa4cf92cae↑人気ブログランキングへ↑↑↑↑ナイスだったら、ここを お願いします。 [続きを読む]
  • 僕をナーバスにさせる彼女
  • 会社に、生命保険の外交員の女性が来てた。僕は必要に迫られてないけど、顔なじみなので、しばらく会話をして、その場を離れた。それを見てた、天然のファンタジスタ爆竹ちゃん(下記参照)が、「あの方、どなたですか?」って聞くからさ、「生保レディだよ」って言ったのね。そしたら、爆竹ちゃん、「え?彼女…生活保護を受けてるんですか?」って言うんだよね。もちろん、「そっちの生保じゃねえから」って、静かにツ [続きを読む]