ごんた さん プロフィール

  •  
ごんたさん: ごんたのつれづれ旅日記
ハンドル名ごんた さん
ブログタイトルごんたのつれづれ旅日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/kazkazgonta/
サイト紹介文旅日記・紀行文が主体です。長距離高速バスや鉄道の一人旅が好みですが、その他日々のつれづれも。
自由文高速バスと鉄道で、四季折々の日本の風土と、その地に生きる人々の姿に思いを馳せながら、ひと通り48都道府県をめぐりました。「思い出のバス紀行」「鉄路遥かなり」「高速バス風土記」は日本各地を回った旅の懐かしい思い出を、「愛車放浪記」は家族とのドライブを綴りました。「ある医療現場の素描」は僕の仕事のこぼれ話などです。
長文が多いのですが、内田百間・宮脇俊三のファンですので御容赦下さい(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/12/14 08:34

ごんた さんのブログ記事

  • 明けましておめでとうございます!
  • 長距離バスや鉄道の旅日記を記しただけの他愛ないブログですが今年も御愛読の程をよろしくお願い申し上げます。 年末に大変な豪雪に見舞われた北海道の皆様には心からお見舞い申し上げます。写真は真冬の千歳空港で迎えた夜明けです。 もうもうと雪煙を上げて滑走路の除雪作業が始まっています。 平成18年頃のこの旅では、財政が破綻したばかりの夕張に寄ってから、旭川から鬼志別へ向かう特急バス「オ [続きを読む]
  • 九州高速バス大リレー(1)〜なかたに号・とよのくに号・やまびこ号〜
  • 日本の本土を成す4島相互間で最も距離が近いのは、本州と九州の間である。関門海峡を渡る方法としては、戦時中の昭和17年に鉄道の関門トンネルが竣工し、昭和33年に関門国道2号線トンネルが開通、昭和48年には高速道路の関門大橋が、また新幹線の新関門トンネルが昭和50年に開業している。これまで、様々な手段で九州に上陸したけれど、生まれて初めて九州の地を踏んだのは、大阪と福岡を結ぶ夜行高速バス「ムーンライト」号に乗っ [続きを読む]
  • 日本縦断高速バス紀行3000km
  • 平成18年8月──。真夏の盛り、深夜の11時を迎えようとしている寝静まった最果ての街で、僕は、長年思い描いていた夢の旅を始めようとしていた。そこは、稚内の駅から数分ほど歩いたところに建つ稚内バスターミナルである。薄暗い待合室には、23時ちょうどに出発予定の札幌行き夜行バスを待つ人々が、思い思いにたむろしていた。喋っている人はごく一部で、誰もがベンチにうずくまって自分の殻に閉じこもっている。1人旅の客が多い [続きを読む]
  • 摩周湖は碧く〜札幌と根室を結ぶ夜行バス・オーロラ号の思い出〜
  • 根室行き夜行バス『オーロラ』号が札幌を発つ午後10時──薄野の繁華街では燦然と輝くネオンが衰えることなく、賑やかな時を刻み続けている。広々とした碁盤目の通りに人も車もひしめく、雑然とした北国の大都会の夜である。平成8年の6月の週末、僕は仕事を終えてから飛行機に飛び乗り、あっという間に、爽やかな空気が嬉しい真夏の北海道に来た。平成4年に開業した道内最長の運行距離を誇る『オーロラ』号に乗りたい一心のためで [続きを読む]