たかっち さん プロフィール

  •  
たかっちさん: たか爺のお気楽リタイア生活
ハンドル名たかっち さん
ブログタイトルたか爺のお気楽リタイア生活
ブログURLhttp://takcchi.blog.fc2.com
サイト紹介文気楽なバイト生活。さあ、なにしよっかな・・ 海外旅行、国内旅行、離島への旅、LCC・・
自由文会社を退職して、気楽なバイト生活。
今は妻と二人暮らし+一時預かり犬との三人生活
犬の散歩、時々会社へ・・・
たまーに好きな旅行・・
地域のことも、もっと知らなきゃネ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供398回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2013/12/15 06:28

たかっち さんのブログ記事

  • 澤村投手への思いを胸に伊勢でオープン戦
  • 伊勢市出身の名投手、沢村栄治の生誕百周年を記念して同市倉田山公園野球場で行われたプロ野球の巨人−日本ハムのオープン戦では、地元の子どもたちも試合前の式典に参加して選手たちと触れ合った。太平洋戦争で散った沢村への思いを選手たちも口にした。試合前の式典では、沢村が一九三七〜四三年に所属した東京巨人軍(現巨人)で付けた背番号「14」のユニホームが、伊勢市内の小学生たちにプレゼントされた。沢村も通った明倫 [続きを読む]
  • あの澤村投手の娘と、戦友が握手
  • 伊勢市出身の名投手、沢村栄治(一九一七〜四四年)の生誕百周年を記念したプロ野球巨人−日本ハムのオープン戦が二十二日、同市倉田山公園野球場で開かれた。沢村の遺族も招待され、父親をしのんだ。オープン戦は県や市が、沢村が所属した巨人に提案して実現。市内でプロ野球の試合が開かれるのは三年ぶりとあって、八千五百人の野球ファンが来場した。巨人の全選手は、永久欠番となっている沢村の背番号14のユニホームで試合に [続きを読む]
  • 1ヶ月ぶりの床屋さん
  • またまた、髪の毛とか顔とか全体にまたみっともなくなってきたあまり人に合わずにいるので、だんだんひどくなってくる明日は伊勢志摩の実家へ帰るので散髪に行ってきた徒歩5分位の理髪チェーン店だイン東京さんだ。阪急六甲駅の近くで、シニア(老人?)には割引があって平日昼間はほとんどシニア老人ばかりとか??カットひげそりシャンプーがセットになった総合調整は、1800円(税別)だがシニアは60才以上のシルバー総合調整で1600円 [続きを読む]
  • 絶滅危惧種が
  • 環境省レッドリストで絶滅危惧種とされている野鳥「オオセッカ」が三重県御浜町内の休耕田で越冬していることが、都留文科大文学部(山梨県都留市)非常勤講師の西教生(のりお)さん(34)=長野市=の調査で分かった。三重県内で越冬が確認されるのは初めてという。西さんは二〇一二年十一〜十二月に渡り鳥調査のため同町を訪れた際、鳴き声とともに目視でオオセッカを確認。環境省の許可を得て一年後にかすみ網を仕掛けたとこ [続きを読む]
  • 三人でフルーツフラワーパークへ行ってきた
  • 3月20日の祝日は、愛犬るんのお墓参りのあと・・天気も良かったのでわんこも一緒に入場できて、犬連れでも入れるレストランがあると聞いて愛犬りこと妻との三人で、神戸市北区にあるフルーツフラワーパークへ遊びに行った園内は名前に違わずフラワーに満ち溢れている・・もっともフルーツは余り見られなかったがちょうど、昼時だったので食事を買って・・・半野外で食事をしたたかっちはなすびのスパケ゜ッティ・・・あつあつでな [続きを読む]
  • 愛犬るんのお墓参りへ
  • 昨日20日は天気も良く、ぽかぽか陽気だったので神戸市北区にある、曹洞宗 永徳寺さんへ、妻と、今飼っている愛犬りこちゃんとの計三人で・・・・るんちゃんのお墓参りに行ってきたお参りしたのは、四年前に亡くなった愛犬るんちゃんの合同埋葬墓であるこの永徳寺さんは、立派な由緒あるお寺で、本山は福井県にある永平寺であるなので勿論人間・・・こういう言い方はおかしいのかも知れないが・・・のお寺であるペット葬にも理解が [続きを読む]
  • ジュゴンも30才
  • 鳥羽市鳥羽三丁目の鳥羽水族館が飼育する雌のジュゴン「セレナ」の入館三十周年を記念したイベント「アラサーになった人魚姫」が十八日、同館で始まった。飼育の様子を見学する「バックヤードツアー」や入館からの三十年間を振り返るパネル展示などがあり、参加者はジュゴンに親しんだ。 セレナは体長約二・六メートル、体重三百七十九キロで推定三十一歳。昭和六十一年十月、同館とフィリピン政府が共同で実施した調査で、赤ちゃ [続きを読む]
  • 浦村のかき祭り
  • 鳥羽の「浦村かき」養殖業者らが運営する「かき小屋」12店が3月21日〜26日、「感謝祭」を開催する。 伊勢と鳥羽を結ぶ有料道路「伊勢二見鳥羽ライン」が3月11日に無料化したことを記念し、カキフライ増量サービスや生ワカメプレゼント、 かき小屋が鳥羽市浦村地区に集積し出したのは2007年ごろから。2006年に全国的な「ノロウイルス」の風評被害で大打撃を受けたことがきっかけでカキを食べ放題させるカキ養殖工場直営の店舗がパ [続きを読む]
  • 伊勢型紙のゲストハウスができる
  • 鈴鹿市の伝統工芸伊勢型紙の後継者育成に向け、同市白子一丁目の古民家を活用した修行型ゲストハウス「テラコヤ伊勢型紙」が五月にオープンする。現在、発起人で伊勢型紙職人の木村淳史さん(26)=同市東旭が丘=が準備を進めている。木村さんは二年前から浴衣と手拭いの型紙を彫り始め、製作したオリジナル手拭いをインターネットで販売している。  外国人旅行者や若い世代に、白子に滞在しながら伊勢型紙を体感してもらいたいと [続きを読む]
  • 斉王には大阪市の女性が!!!
  • 六月に三重県明和町の国史跡・斎宮跡で開く斎王まつりの斎王役の配役選考会が、同町斎宮のいつきのみや歴史体験館で開かれ、大阪市西区の会社員、中前安薫(あゆき)さん(26)が選ばれた。斎王は飛鳥時代から南北朝時代までの約六百六十年にわたり、天皇に代わって伊勢神宮に仕えた皇族女性。選考会ではまつり実行委役員など十七人が選考委員を務め、応募した県内外の女性十六人と面接し、斎王に関する知識や意気込み、立ち振る [続きを読む]
  • 世界遺産、鬼ヶ城にぎわう
  • 天候に恵まれた十二日、熊野灘を臨む世界遺産「鬼ケ城」(熊野市木本町)が観光客でにぎわった。奇岩や洞穴を背景に記念写真を撮る親子連れの姿も見られた。鬼ケ城は東西約一・二キロにわたる大岩壁で、波や風の浸食でできた大小の奇岩や洞穴が数多くある。鬼ケ城東口(尾鷲市側)から西口(新宮市側)を結ぶ遊歩道もあり、散策を楽しむ人もいた。四日市市から夫と訪れた伊藤妙子さん(72)は「海と岩が迫ってくるような景色です [続きを読む]
  • 一体と゜こへ行くの!!近鉄の鮮魚列車
  • 今や国内で唯一となった行商専用列車の姿が見られる。列車は日曜祝日を除く毎日、宇治山田(伊勢市)−大阪上本町(大阪市天王寺区)を往復する。伊勢市駅(伊勢市)や松阪駅(松阪市)などに停車し、三重県沿岸で採れた魚介類と行商人を乗せる。あかね色の列車は朝日を背に浴びながら、ひたすら西へ向かう。一九六三(昭和三十八)年から行商専用列車の運行は続いている。それだけ、伊勢湾をはじめとした「美(うま)し国」の食材 [続きを読む]
  • 手作りの酒樽・・澤の鶴酒造にて
  • 先日、灘の酒蔵・・・澤の鶴酒造↓さんの蔵を拝見させていただいたが桜の花もまだ開花していなかった・・・酒造倉の道路を挟んで向かい側に・・・・タルがいっぱい並んでいる!!!所狭しと、道路に溢れんばかりであるなにやら向こうの二階建ての倉庫でタルを作っているみたいだ・・・なかには入れないが、明かりがついていて、トントンという音が聞こえてくる・・・そうか今でも職人さんが、昔ながらのタル造りをこの倉庫の中でやっ [続きを読む]
  • くら寿司のしゃりカレーがうまい!!
  • 最近、くら寿司さんのシャリカレーがおいしいとのことなので・・・一度足を運んでみた伊勢志摩の伊勢店である昼の二時頃に行ったので、店内はガラガラであったシャリカレーにも色々種類があるらしいレーンには色々なおすしが廻っている。思わず手が出そうになったが・・・きょうはやめたパネルで注文して・・・数分後にレーンへ運ばれて来たすごいシンプルだが、米に寿司米を使っているので、すごくマツタリとしていて・・・歯ざわ [続きを読む]
  • 伊勢神宮への奉納相撲が開催される
  • 大相撲春巡業の幕開けを告げる「第六十二回神宮奉納大相撲」が四月二日、伊勢市宇治中之切町の神宮相撲場で開かれる。前売り券の販売が始まる。大相撲初場所で初優勝して十九年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里をはじめ、白鵬、日馬富士、鶴竜の四横綱が伊勢神宮内宮で土俵入りする。禁じ手を分かりやすく説明する「初切(しょっきり)」や相撲甚句(じんく)など、地方巡業ならではの出し物も楽しめる。午後一時からは、幕内力士 [続きを読む]
  • 自動改札機にカンコーヒーを入れた奴がいる!!
  • 駅の自動改札機にコーヒーを流し込んだとして、四日市南署は九日、器物損壊の疑いで、四日市市の派遣社員の男(48)を逮捕した。署によると「ストレスの発散が目的だった」と容疑を認めている。逮捕容疑では八日午前八時ごろ、近鉄名古屋線海山道(みやまど)駅(四日市市)の東改札にある自動改札機の切符投入口に缶コーヒーの中身を注ぎ、故障させたとされる。同駅は無人駅で、近鉄が八日に被害届を出した。駅の防犯カメラの映 [続きを読む]
  • 灘の酒蔵。澤の鶴酒造さん
  • 寒い日が続くが、家の中に閉じこもってばかりではいけない!!と思い、近所の酒蔵ミュージアムを見学に行ってきた澤の鶴資料館である神戸市灘区の浜手にあって、いわゆる灘五郷のうちの西郷にある入館料は無料で、日曜日は観光バスとかが乗り付けてごった返しているか本日は、平日なのでカ゜゛ラガラであった入り口の桜の木もツボミさえもつけていなかった澤の鶴さんのこもだるである。無造作に入り口のところに積まれている昔の酒蔵 [続きを読む]
  • 北海道の名付け親、松浦武四郎
  • 松阪市出身の探検家で北海道の名付け親、松浦武四郎の功績をたたえる「武四郎まつり」が、松阪市小野江町の松浦武四郎記念館であった。武四郎の歩みを伝える寸劇やアイヌ民族の踊りなどの披露があった。二〇一八年に生誕二百年を迎える武四郎をPRしようと、市内の劇団「松阪ドラマシティ」が寸劇を上演。江戸時代末期、二十八歳の武四郎が初めて北海道を探検した場面を再現した。松前藩の役人に虐げられるアイヌの女性を助け、北 [続きを読む]
  • 斎宮のロマン
  • 奈良時代に斎王の宮殿を囲んでいた板塀の柱跡が見つかった国史跡・斎宮跡の発掘調査現場(三重県明和町竹川)で、現地説明会があり、歴史愛好者ら二百人以上が見学した。約百二十平方メートルの調査区域からは直径二十五〜三十センチの六つの柱跡が二・四メートル間隔で見つかった。柱の間に板が建てられ、塀を作っていたという。以前の調査結果とあわせて考えると、東西四十八メートル、南北五十六メートルの囲いがあったと推測さ [続きを読む]
  • すき家の牛丼を食べに行ってきた
  • 先日、伊勢志摩地方へ帰省した時に、無性に牛丼が食べたくなってすき家さんへ食べに行ってきた昼の三時頃だったのでがら空きであった注文したのは牛丼しじみ汁おしんこセットだ牛丼しじみ汁。しじみの貝が多いおしんこすき家の牛はたれが良く効いていて、ほかの牛丼店のよりおいしいこれで、二人分で合計980円である。千円かからなかった・・・税込みで・・・結構満腹感もあり,おいしかった!!!できたら、下のバナーを押して下さい [続きを読む]
  • 有料道路が無料になるぞ!!
  • 十一日からの伊勢、鳥羽両市をつなぐ有料道路「伊勢二見鳥羽ライン」(十・四キロ)の全線無料化に向けた記念式典が四日、伊勢市朝熊町の県営サンアリーナであり、鈴木英敬知事や伊勢、鳥羽両市長ら約七十人が出席した。 同ラインは平成六年に開通。伊勢自動車道や第二伊勢道路と接続し、年間約二百万台通過する。朝熊インターチェンジ(IC)から松下トンネル西側出口までの四キロが普通車で百―二百円の有料区間となっている。 [続きを読む]
  • 1時間待って診察1分
  • 先日撮ったMRIの結果が出ているので、3日に病院へ聞きに行ってきた病院は家から車で10分位の神鋼記念病院さんだ朝九時に予約を入れてあったので、きっかりの時間に病院へ到着したなかなか診察が始まらない・・・・・・・・・・・!!??小島先生と言う、若い男性医師であるもう、小1時間ほど待ったであろうか、いい加減うんざりしてきて、窓口へ文句を言ってやろうか・・・と、思ったら名前の呼び出しがあったので・・・・診察室へ入 [続きを読む]
  • 家具を買い換えた
  • ずっうっとーーーー食卓とそのイス二脚をかいかえたい、買い換えたいとおもいながらずるずるーーときてしまっていた。が・・・テーブルが大きすぎるし、ルンバで部屋の掃除をするときに、イスを移動させるのだがなんせ、イスが重過ぎる。なので↑の食卓セットに買い換えて、2日にニトリさんが配送してくれたたかっちもついでに自分のワーキングチェアーを買い換えた。前はイスのひじがじゃまで、邪魔でしょうがなかった新しく買っ [続きを読む]
  • 近所の食品スーパーが再オープンした
  • 約一ヶ月間、改装の為休業していた近所のスーパーが新装オープンした店名も、三杉屋としてオープンしたのでこの1日に行ってみたJR六甲道の駅の地下にあり、さすが再オープン初日だ、人でごった返していた本部からも応援が来ていた花束もいっぱいたかっちはあまり買うものもないので、王林りんごを四個買った!1りんご四個で、値段は398円プラス税金。王林りんごを買ったのは、愛犬りこが、リンゴのすりおろしが大好きでいつも人間 [続きを読む]
  • 一年中しめ飾り!!?
  • 実家のある伊勢志摩地方で良く見かける風景・・・しかも一年中である!!??こんな↑しめ飾りが軒先に一年中掲げられているのである・・・伊勢の町を歩くと、家々の門口に注連飾りが掲げてあるのが目につく。中央に「蘇民将来子孫家門」あるいは「笑門」「千客萬来」などと墨書きした門符(木札)が付き、左右にシデやウラジロなどを飾った太い注連縄である。正月の注連縄飾りは普通は松の内が過ぎればはずすのが一般的だが、伊勢志摩 [続きを読む]