ぱこち さん プロフィール

  •  
ぱこちさん: 自分史であり他人史であり
ハンドル名ぱこち さん
ブログタイトル自分史であり他人史であり
ブログURLhttp://mark-create.cocolog-nifty.com/did/
サイト紹介文幼少期に解離した幼い人格。彼を内包したまま大人になった私が出会った解離性同一性障害の物語。
自由文私の周囲には不思議と解離性同一性障害が多い。姪っ子。妻。友人。気がついたら自分もそうだった。だから分かるんだと気がついた。同時に私たちが持つ未知の可能性にも気がついた。生命ってスゴイ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/12/15 20:34

ぱこち さんのブログ記事

  • その時
  • 今日は、男性にとって3回目の外来受診日。そして、先週の検査結果を聞いて、今後の治療方針を決める日になるはずでした。エェ、でした、です。今や過去形です。待合室で呼ばれるのを待っていると、男性は私にこう言います。40年近く前、病院で肝臓に血管腫があると言われた事がある、と。なぜ、その情報を、前回受診時に言わなかった?と、頭では思いましたが、口には出しませんでした。これが、この男性の癖なのです。敢えて口 [続きを読む]
  • 久々に呻く
  • 久々と言っても数日ぶり。布団の中で寝返りは打てるが、まぁ痛いw久々にきたなぁと思いつつ、夕方、男性宅。明日は診察日なので、時間の打ち合わせ。傷の手当て。男性は受け答えはできるが、なんか覇気が皆無。何でも無いと当人は言うが、気力や体力を感じない。会話の意欲も湧かない様子。早々においとまする。ここ数日、気温の高い天候が続くが、それにもかかわらず、男性宅は窓や出入り口を閉め切っている。私には、軽いサウナ [続きを読む]
  • 突き放す
  • 背筋の激痛はなくなった。相変わらずコリや痛みはあるが、激痛でうめき声をあげるということはなくなった。睡眠の質も、良くなっている傾向と思われる。午前中に半分覚醒するが、無理矢理寝る。頭の芯に、相変わらず重いものを感じるから。今日は午後2時頃の起床になった。それでも夜も9時を回るぐらいには、目がしぶい。頭が睡眠を欲するようになる。どこかのタイミングで、しっかり、徹底的に疲れを抜きたい。そのために入院し [続きを読む]
  • 軟着陸
  • 今朝は、背筋に走る激痛で、8時に目が覚めました。男性の検査に付き添うために、男性宅を訪れる約束の時間が、午前10時。9時までは寝ていようと思っていたのですが、あまりの痛みに、目が開いてしまいました。うめき声を上げながら、布団の中で、少しでも楽な姿勢を探します。痛みは脇腹を超え、胸への圧迫感も伴いました。これはマイッタと思いましたが、痛みごときで、男性の付き添いをキャンセルするわけにはいきません。背 [続きを読む]
  • そうは問屋が卸さない
  • 今日は、現在の住所に越してきて、満3年となる日でした。3年前の5月16日に、ココに越してきました。その3年を締めくくる最終日に、このような展開を迎える事になるとは。この3年で色々とありましたが、それにしても、色々とありすぎだろ、とも思う今日でした。なかなか笑える展開です。今日は、男性が様々に受けてきた検査の結果をうかがい、今後の治療方針を決める日でした。男性は「開腹手術になるなら治療は受けない」と [続きを読む]
  • 緊張とリラックス
  • 今朝は、比較的早めに、かつ、楽に起きられた。お昼前には布団を出た。少しは改善してきたのだろうか?その期待は、夕方には淡く消えた。夕刻、男性宅を訪問。男性は、自宅の押し入れにしまい込んだままだった段ボール箱を、一室に集めている。そこで内容を確認し、遺(残)しておく物、人に譲る物、捨てる物と、分別作業をしていた。作業の中で出てきたのであろう、ここ1週間前ぐらいから、アルバムに収められた昔の写真を拝見し [続きを読む]
  • 今朝はビックリ
  • あんな辛い思いの中で目を覚ましたのは、初めてじゃないかな?なんと表現していいのか、言葉が見つからない。実に苦しかった。頭も、胸も、背中も、両腕も、両足も、全身苦しかった。こんな状態で、今日一日を、毎日を過ごさなければならないのかと考えると、イヤイヤ、あり得ない!とか、メンタル的にマジで切羽詰まった状況だった。そんなんだから、起きられるわけがない。お昼過ぎには、これなら大丈夫レベルに回復した。午後2 [続きを読む]
  • 辛い
  • 辛い。朝から辛い。横になっているだけで、全身のあらゆるところが、辛い。いっそ救急車を呼んで、逃げ出したいくらい、辛い。男性の状態はどうなっているのかと、気も狂いそうなあまりの辛さに、気がかり。辛い。願わくば、辛いのは私一身にあつまれと願う。この辛さは、ただ事じゃないなぁ。 [続きを読む]
  • 背中がイテェよ
  • 今朝は、比較的、楽に起きることができました。早め早めの行動が功を奏し、11時予約でしたが、10時半には検査室に呼ばれました。11時半には帰宅もできました。上出来です!その足でとって返して、サクッと自分の通院の支度をし、すぐに出ました。お昼はバスの便が少ないので、1本乗り遅れると、30分はロスをします。午後の診療開始時間3時の1時間以上前に着いたのですが、それでも3番目。午前中に受付を済ませていた方がいらし [続きを読む]
  • デスマ開始
  • ここで言う「デスマ」は「デスマーチ」の略称。休みなし、残業てんこ盛りで、ブラックに業務をこなすことを言うのだそうです。私にとっては、30代からそういう仕事の在り方が普通。自営業者だった私には、生きていくのに必死で、デスマだとか意識した事はなかったです。心身共に、限界を超えているようです。「あんた、今、普通じゃない」とか言われちゃったんですが、どこが普通じゃないのか聞き返すのも面倒くさい。確かに胸は苦 [続きを読む]
  • 潜在力
  • 今日は男性の用事を済ませるために、朝の8時に起床です。9時半に迎えに行く約束だったのですが、まぁ辛いw自分のためだったら、絶対に起きてないですね。起きられないです。11時過ぎには男性宅に戻れました。部屋に戻って、私も買い物を済ませ、軽く腹に食事を入れて、横になる。頭がスッキリしたのは、午後も4時前のことです。男性は、昨年9月某日夜、自転車で移動中に猪にぶつけられまして、左鎖骨を複雑骨折する重症を負い [続きを読む]
  • 狼狽と一喝
  • 今日は自分のペースで起きればよかったのだが、午後1時には、寝ているのが身体的に辛くなって、仕方なく起きる。体は大丈夫なのに、頭は起きるのを拒否する。床から起き上がって着替えるまで、30分ばかりも要する。その後も、ゴロゴログダグダ。頭の調子が明瞭になってきたところで、椎名林檎を大音量で。(それまでも、ずっとアニソンをかけてたんですが。私は一晩中、スピーカーを鳴らして寝てるようなヤツです。その方が寝られ [続きを読む]
  • 震え、強情
  • 今日の午前中、一緒に買い物に出ることにしていた。昨夕、男性から頼まれて、さっそく、車も手配した。私的にはとても朝早い動きだが、男性の生活時間を考えると、ここは頑張るっきゃない。昨夕、男性の体は、明らかに不審な震えを見せていた。断続的に、ブルブルっと上半身だけ。熱も寒気もないと言うが、これは体が必要としている熱量を発生できないでいるか、体温が逃げたための、生理的な反応ではないのか。それにしても、不自 [続きを読む]
  • 感服です
  • 今日は、ここ最近としては珍しく、割と気持ちよく目覚めました。お昼前には目覚めたものの、体の節々に感じる疲労感。体力を使ったわけでもないのに、お昼頃の睡眠では、必ず出てくる症状です。まるで、過去数十年分の疲れを、毎日、少しずつ吐き出しているかのような症状です。普段は、こうした身体的な症状に加えて、頭が重かったり、軽い頭痛を感じたりもするものなのですが、今日はそちらの方は軽かった。おかげで、割と気持ち [続きを読む]
  • アンチテーゼ
  • 朝8時に起床を試みるも、布団から起き上がるだけで30分を要した。昨晩は緊張からか、はたまた男性の不安に私がシンクロしているからか、午前3時頃までは、ウトウトと浅い眠りしかできなかった。当然、心身共に絶不調で部屋を出る。せっかく車を出してくださった方にも、型どおりの挨拶さえできない。そうした世間体なことは、もう勘弁してくれという感じだった。しかし、男性の前に立つと、シャキっとスイッチが入る。勝手に入 [続きを読む]
  • 眠気と頭痛と
  • お昼には起きて、男性の様子を確認に行こうと考えていたのだが...どうにも起きられない。どうやってもあらがえない。やっと起きられたのが、午後の2時。簡単に身の回りの用事を済ませ、男性宅に伺う。呼びかけに返答がない。勝手に上がる。いびきをかいて寝ている。(こうして時間があれば体を休めているので、自宅生活が継続できているのだと思う)立派に生きている証拠だ。ならばイイ。明日に予定されている、検査と診断の予約 [続きを読む]
  • 寒い
  • 午前中から男性の買い物に随伴するため、9時に起きる。眠い。頭が重い。痛い。車を出してくださる協力者があればこそ、できる事にもかかわらず、私はお礼もソコソコに、車に乗り込む。「今朝は三時から起きていて云々...」と言う言葉さえ、煩わしく感じるほど、体調がすぐれぬ。コレではいけないなぁと思いつつ、無礼で不遜な私でいるしかなかった。男性の体力をおもんばかり、最大限の配慮をしようと思うのだが、今日はいかん。 [続きを読む]
  • 本当に
  • 本当に寧ろ命を捨てる私なのであろうか言葉ではなく観念でもなく意思でもなく信念でもなく浅薄な感傷であるはずもなく何らの作為も存在できる有余もなくただその為の存在であることをたったそれだけのことを些かの迷いもなく当たり前のように一歩を踏み出す私はそのような一人であるのか本当に本当にそれだけただそれだけ静かに穏やかにそれだけを待っている [続きを読む]
  • 突き詰めるところ
  • 誰にも何ものにも護ってもらう必要はない更なる困難尽きせぬ災難大いに結構この命賭するに値する人生なりまだ胸を張って宣言できぬ思うところ多々あり僅かな迷いありこの蒙昧はらえるや否や完全肯定の勇出せるや否や全ての連関を活かせるや否や忍耐のみ力の有無ではなくただ忍耐のみまばたきに等しい短き人としての生に人としてあるこの一瞬に永遠に不滅の永遠に無量の輝きをとどめたい [続きを読む]
  • 詮ずるところは
  • 詮(せん)ずるところは... そういう事なのですね、という一日でした。今日も男性の通院に同行です。血液検査の結果も聞きたい。主治医の話も聞きたい。何より、叶うなら再入院させたい。昨日よりも、さらに30分早く起床です。体調的には、とてもシビアな一日になりました。昨日の血圧を看護師に話し、診察までの時間、ベッドで横になって過ごせるようにしていただきました。あ、私じゃないですよ、男性の方。しかし、実際には私の [続きを読む]
  • 74/41
  • 自分の存在が、マルッと全肯定される。そんな経験を久々にできて、とても嬉しかったです。現実を生きる私は、いつも忍耐の連続です。特に、生き死ににかかわる事では、いつだって忍耐ばっかりです。ゴールは分かりきっている。そのゴールに、いつたどり着くのかが、その時にならなければ分からない。そして、可能な限り見事なゴールシーンを見たい。そのために、いつだって忍耐です。義母の時は、3年半を費やしました。実父では2 [続きを読む]
  • 退院
  • ずっとこめかみ辺りに痛みを覚える一日でした。昨日はほとんど寝ないで動いていたような一日でしたので、今日は午後4時まで起き上がることができませんでした。本当はその時間でも起きたくはなかったのですが、男性の希望に応え、明日の朝食用材料を買っておかなければなりません。そうした準備を諸々揃えた上で、病院に迎えに行かなければなりません。協力して下さる方にも、事前に伝えておかなければならないこともあります。い [続きを読む]
  • これも共依存
  • 今日は外来診療日だった。昨日は、斜め上からの出来事で虚を突かれ、その対応でチョット心をすり減らし、ただでさえ「大変だなぁ」と思っていた今週が、もっと大変になることが確定したことで、さらに心身共にホゲェ〜となり、そんな大丈夫じゃないですよ状態の私に追い打ちをかけるように、男性の息子嫁より、明らかに情緒が不安定になっているLINE着弾。寝られるわけ、ねぇじゃん!(@@;)実際には浅い眠りと半覚醒状態の繰り返し [続きを読む]