ぱこち さん プロフィール

  •  
ぱこちさん: 自分史であり他人史であり
ハンドル名ぱこち さん
ブログタイトル自分史であり他人史であり
ブログURLhttp://mark-create.cocolog-nifty.com/did/
サイト紹介文幼少期に解離した幼い人格。彼を内包したまま大人になった私が出会った解離性同一性障害の物語。
自由文私の周囲には不思議と解離性同一性障害が多い。姪っ子。妻。友人。気がついたら自分もそうだった。だから分かるんだと気がついた。同時に私たちが持つ未知の可能性にも気がついた。生命ってスゴイ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/12/15 20:34

ぱこち さんのブログ記事

  • 今日は外来診療日
  • 今はと言うと、眠い。疲れた。折りよく姪っ子が、妹の旦那さんに連れられて外来に来ており、帰りは車で送ってもらえた。本当に助かったよ。姪っ子は、二人居るんだが、二人とも、私の紹介で、私の主治医を受診するようになった。主治医には、今週の頭まで体調もメンタル面も、かなりきつかったこと。今日の外来で、入院の相談もした方がいいのではと思うほど、自分の面倒も億劫になるほど、気力が減退していたこと。毎日通っていた [続きを読む]
  • 倒れたい
  • 叶うものなら、倒れたい。一気に緊張感がとけたからだろうか。疲労感がハンパない。いくら横になっても、疲れが抜ける様子がない。近所に買い物に出ては、疲れ果てる。男性宅を訪れては、疲れ果てる。入院先を見舞えば、疲れ果てる。倒れられるものなら、倒れたい。  [続きを読む]
  • そしてまさに正念場
  • 今日のお昼過ぎ、男性宅を訪問。ちょうど男性は、勝手口で靴を履き、一息ついていたところだった。ちょっと家の周りを歩いてみて、大丈夫そうなら自転車で買い物に行こうと考えていた。と言っていたが、どうもそれは無理のようだと判断されたらしい。ならばせめてお昼ご飯を、近所のコンビニで買ってきたいと、杖を片手に歩き出した。自然と私がお供する形になった。それが奏功した!5メートルほど歩んでは、一本の杖に両手を預け [続きを読む]
  • 正念場かも
  • 今日も夕方六時過ぎに、男性宅を訪問。台所仕事をするにも、自力で体を支えられないぐらい足腰が弱っている様子で、椅子に腰掛けながら、休み休み行っていた。昨日と比較し、更に体力が落ちているのは明らかだ。それでも気力を振り絞って、こちらを頼ろうとはしない。そう言う人であることは承知しているので、どこまでもご当人の意思を尊重したいと思っている。ここまで体が弱っては、私にできることも殆どない。最期まで寄り添い [続きを読む]
  • 久々に胸が痛い
  • 久しくなかったことだが、今日は起きる前から胸が痛くて。お昼前には結構覚醒していたんだが、やはり頭のどこかがボンヤリしたままだったので、無理矢理に寝続けた。結局、2時過ぎに起きたのだが、自然に「起きた」のではなくて、どこか起きなくちゃいけないから「起きた」起床だった。夕方からの用事を考えると、この辺で起きておくのが、自分がせかされなくて済む。余裕を持って行動ができる。そうした、合理的判断と言えば合理 [続きを読む]
  • 陽気変動に苦しむ
  • ここ一週間ほど、陽気の変動に心身が軋み音をたてている。頭がズゥ〜ンと重く、どうにも起きられない。一時は一時半には起きられるようになっていたが、今はまた三時過ぎまで、許されるなら夕方まで布団の中で過ごしている。陽気変動の振り幅が大きいからか。それとも、私の感度が敏感になっているからか。後者であれば、それは病状の改善を意味しているのかも知れない。いや、そうであると思いたい。私が手を付ける必要の無いもの [続きを読む]
  • 真実の苦労
  • 私は苦労したい。死ぬほど苦労したい。誰もが経験出来ないほどの苦労を重ねたい。苦労して、苦労して、死ぬほど苦労を積み重ねて、自分の持てる潜在力を極め尽くしたい。しかしもう、それができる年代は過ぎた。今も決して楽ではないし、端からは大変な状況にあると見えるかも知れない。でも、もう苦しくない。苦しいどころか、この状況を存分に楽しみたいと、心から願ってる。だからもう、苦労できない。苦労できることが、楽しく [続きを読む]
  • 歯医者
  • 三週間ほど前、歯間ブラシで歯のお手入れをしていたら、何か白いモノがポロリと口からこぼれ落ちた。直後、結構な出血もあった。もしや、歯が欠けたか?場所が、30年も前にブリッジの処置をした歯。10年ほど前にも、歯の根っこに膿が溜まって、大きな処置をしている。もう、限界?しばらく様子を見ていたが、どうにもこれは治療が必要だと判断し、最悪を想定して、今日、歯医者を受診した。結果から書けば、以前の処置で詰めた「詰 [続きを読む]
  • 足下
  • 今日は3週間に一度の通院日である。一昨年前の入院時、ついつい主治医の前で、処方薬の1つ「サイレース」を使った自殺的行為を語ったために大目玉を食らい、以来、一ヶ月に一回の通院が、二週間毎に短縮されてしまった。もちろん、サイレースの処方量を制限するため(一ヶ月分を一気飲みしても死ぬことはないんだがね)。しばらくすると主治医の担当患者が増えてしまい、二週間毎の通院が三週間毎と、ちょっと不規則だが通院間隔 [続きを読む]
  • 春を迎えるために
  • 冬の陽気もようやく底を打ってくれた感があり、安心しました。年を重ねた為か、はたまたそういう病気だからか、昨年11月来の陽気の変動にはホトホト困り果てていましたから。今日は午後3時に起床できました。年明けには午後5時まで寝ているような生活が続いていましたが、その睡眠の質や時間が、ここ2週間ほどで急速に変化しています。午前中、一旦は目を覚ましても布団の中でジッとしているのは相変わらずなのですが(敢えてそ [続きを読む]
  • 不遜
  • 今日は本当に、ほんとうに、ホントウに久々なことに、寝過ぎて頭が痛くなったんだよなwしかもその時間が、午後の3時だよ。午前中から起きていることもできたと思うんだけど、今までの経験で寝ていることにしたんだよ。昨年末より周囲にもお願いし、療養のために可能な限り何もしない生活を心がけているのだし、私には起きる必要がないんだよ。そして昨日までなら、気持ちよく夕方まで寝られたハズなのだ。(実際には午後イチで集 [続きを読む]
  • 世の中と頭上に大寒波
  • 昨夕は雪がちらつく中、床屋に行ってきた。先輩のやっている床屋で、ご両親の代からお世話になっている。私が8才になる年からだ。(妹さんは同級生)既に40年以上のお付き合いなのだが、この先輩の腕がすこぶる良いのだ!(既に故人の親父さんも良い腕だった)今年56才になる私の頭髪は、全体的に薄くなってきている。薄くなるにつれ髪の毛のコシがなくなってもきている。なので、少しでも伸びてくると、頭の上が俳優の温水洋 [続きを読む]
  • 諦めも肝心?
  • 起床できたのは午後の5時過ぎ。活動できるようになったのは6時過ぎ。何をするにしても、晩飯の準備以外、遅すぎるだろ(^_^;)前から続いてる事だが、午前中にはほぼ覚醒に近い状態になる。しかし、頭の芯のズッと深いところで、睡眠を欲しているのも感じる。だから敢えて目をつむる。何度も目を覚まし、何度も眠り、何度も夢を見る。映画館で、休憩を挟みながら連続モノを観ているように。お昼前から本格的に眠くなるが、やはり眠り [続きを読む]
  • また寝られねぇ
  • 頭は順調に疲れてきてるから、その内に寝られるだろう。で、一旦寝付くと、起きたくなくなる。最近、その「起きたくない」度が強い。もしかすると「起きたくない」ではなくて「何もしたくない」のかも知れない。度が過ぎると生存にかかわる。しかし、こうしたことも、回復へのプロセスかも知れない。生存や生活環境の維持などの最低限の活動量になってもやむなしと考えて、開き直るか。外的環境への関わりを最低限は保ち、少しばか [続きを読む]
  • 不思議な話
  • 年始早々、また体調を崩し、布団から出るのもままならない。1月2日からおかゆ生活とか、マジ、正月らしくない。まぁ、用事も無いこの時期だからこそ、体を休めさせることもできて、考えようによっては幸運であるとも言える。しかし体の不調にかかわらず、頭はグルグル動き続ける。常に頭から離れないテーマが幾つかあるのだが、それを語るに足る友がいない。理屈は通じるが、相手に実感が伴わない。それは対話と言うには、心もとな [続きを読む]
  • キラキラ
  • いつの間にか年をまたいじゃったσ(^_^;2017年を迎える前に更新しておこうかなぁと思ってたんだけど、それよりも寝ていたくて、療養を優先したくて、気がついたら1月も2日だよ。病状は安定していると思う。何より、私が「何よりも自分を休めたい」と思ってる。しかし、それも5日まで。6日からは、また新たな挑戦を始める。皆も、また私と進めることを心待ちにしてくれてるし。あぁ、本当にありがたい。過去、たった三ヶ月で、ビッ [続きを読む]
  • 寝込む
  • 風邪をひいた。たぶん風邪だと思う。なにぶん症状が「腹痛」とか「消化不良」、「四肢末端からの急激な冷え」などで、風邪の特徴的な症状と言える「咳」とか「発熱」、「悪寒」といったものはない。でも丸二日近くも布団から出られなかったのだから、たぶん風邪なのだろう。よくもまぁ、あれだけ寝られたものだ。今晩になって、やっとおかゆを炊飯器で炊くぐらいのことをできるようになった。それまでは水と冷蔵庫にあったリンゴ、 [続きを読む]
  • 理想的な治療環境
  • 今日は通院日でした。昨晩は遅くまで起きていたので、今日は少々眠かったwそれでも、以前のことを思うと、ずいぶんと強くなった、良くなったと思います。相変わらず午後3時、4時まで寝ている生活です。放っておけばそのまま寝ちゃうところですが、近所の男性宅を毎日訪問すると決めているので、嫌だろうが何だろう必ず起きることにしています。そうすることが、私の生活リズムを整える上で重要なイベントになっています。また男 [続きを読む]
  • 4・5年
  • つい最近から「涼宮ハルヒの憂鬱」にはまってますw今度、TSUTAYAでCD借りてこよう!治療には4・5年かかると言われました。エェ、4・5年もかかると...40年以上かけて築き上げてきた病ですので、考えてみれば、その1割程度の時間で回復できるだけ、まだありがたいことなのかも知れません。今週水曜の外来診療で、主治医から告げられました。その4・5年の起算がどこなのか、問い返しませんでした。「問い返そうかな」という発想 [続きを読む]
  • たった2時間
  • 午後3時にカーテンを開けて、午後5時には閉じる。その間、たったの2時間。乾いた雑巾を、さらに絞り上げるようにして眠る。寝よう。もっともっと寝よう。時間の許す限り、寝よう。それが私にできる、もっとも効果的な治療方法だ。叶うならば、もっと寝たい。だが、寝てばかりいては、生存が危うくなる。食事、掃除、洗濯などなど、生活していく上で必要最低限のことはしなくてはならない。だが、ここ2ヶ月間の奮闘で、今は以前 [続きを読む]