コブ滑走訓練所長 さん プロフィール

  •  
コブ滑走訓練所長さん: 木島平コブ滑走訓練所
ハンドル名コブ滑走訓練所長 さん
ブログタイトル木島平コブ滑走訓練所
ブログURLhttp://miyukinodiary.blog52.fc2.com/
サイト紹介文誰も語らないコブの滑り方を独自の視点で明快指導。月山キャンプ&2018シーズン早割受付中です。
自由文北信州木島平を活動拠点とするユースホステルオーナーです。
普通のスクールでは絶対に教えてくれない、コブの滑り方、練習の仕方を徹底解説&訓練いたします。1泊2食、2日レッスン(8時間)、リフト券込みで19300円〜19800円。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2013/12/16 11:36

コブ滑走訓練所長 さんのブログ記事

  • 旧態然とした指導の合理性について 
  • ブラック企業にならんで、最近はブラック部活なる言葉が暗躍するようになりました。サラリーマンでさえ週休二日が定着する昨今にあって、年間休日わずか数日という、考えてみれば実に恐ろしい世界が日常的に繰り返されています。運動部は休みがないのが当たり前という、これは一種の洗脳行動ではないかとも思われます。特に団体競技において、日本人特有の横並び主義がそれをますます助長しているとも考えます。自主性云々、主体性 [続きを読む]
  • シニア検定を設けてはどうかという意見
  • 私がSNSにて主宰する「コブが苦手なスキーヤーを救う会」。今年4月には300名だったのが、早くも900名に達しようかという勢いです。真夏なのに、どこかにコブ克服のためにどうすればいいのか、悶々と日々を送っていらっしゃる方も少なくないのかもしれませんネ。つい先日こんな投稿がありました。(原文ママ)=== バッジテストには、ジュニアと一般があります。 私は来年、70歳なる高齢者です、20代、30代、40代の方と一緒に受 [続きを読む]
  • 永遠のテーマかもしれませんが。。。。
  • 拙者が主宰するコブが苦手なスキーヤーを救う会。メンバー数がついに800に到達です。最近では多くの方の書き込みにあふれていまして、コブが出来ずに困る方に救いの手を差し伸べる方が続々登場しています。つい先日の書き込みをご紹介しましょう。===しつもんです。凄く基本的なことがわからなくなりました。コブ斜面の滑り方は、整地の滑り方とは別のテクニックなのでしょうか?整地ではズルドンなんていいませんし、ズレな [続きを読む]
  • トップを下げろと言われてもね〜
  • 月山から戻って4日。おかげさまで今回もなかなかイイ講習が出来ました。ハッキリ言ってこの時期の月山は有名人によるコブレッスンが半数以上を占めています。雑誌で見たあのひと。技術選でXX位だったあのスキーヤー。有名スキースクールの主宰者。そんな中に交じって、普段通りの中村流スペシャルを展開させていただいたわけですが、やはり重要なのはストックワークと逆ひねり姿勢といえるのではないでしょうか?今回ご参加の方 [続きを読む]
  • 月山はベストアウェー
  • 昨年につづきやって来ました月山。しかも今回は二回シリーズ。第一回初日はまさに月山日和。月山=ガス山と称されるほど濃霧率が高いようですが、今日は実に快適でありました。木島平以外では、白馬五竜、戸狩温泉、熊の湯、野沢温泉と出張講習会を重ねてきましたが、ロケーションは言うまでもなく、斜度構成、コブ形状ともにベリーベストと断言出来ます。選び放題の無数のライン、適度な斜度はレベルに合わせた選択が可能。抉れ過 [続きを読む]
  • 「先生」とは呼ばないでください(^^)
  • 能力や肩書きにやたらと恐縮するスキー界って変だと思いませんか?XXデモの後ろを滑らせてもらった△△先生のすべりを見させてもらったただ単にすべりを「チラ見」することになにを恐縮するのか?XXデモの後ろを滑ると邪魔にでもなるというのか?単に後ろをついていくことに何の遠慮があるのか?ワケ分りませんネ。大体、「見させてもらった」などという日本語自体がおかしいのですが。正しくは「見せてもらった」ですから念の [続きを読む]
  • 月山キャンプ 2017の集合場所等について
  • 昨年に続く月山キャンプ。第二回開催分は残席1名のみとなっております。さて、公共交通機関でご参加を予定されている方によくある質問です。何処から月山に入ればいいのか?東京方面からですと、山形まで新幹線、そこから路線バスで月山口へ移動するのが一般的方法ですが、ワタクシ中村は5月29日に木島平を出発し、同日鶴岡にて投宿予定です。ですので、鶴岡駅前のワシントンホテルにお泊りになるか、東京からの夜行バスで鶴岡下車 [続きを読む]
  • 権力を抑制するのが憲法。憲法の存在しない基礎スキー界(笑)
  • 先日車を運転しながら聴いていたNHKラジオ。日本式と欧米式の教育方法について論じているコーナーが非常に印象的でした。かなりのボリュームで多くのことが語られていましたが、おおむねこんな感じだったのではないかと記憶しています。日本上意下達質問は先生の説明が終わってから受け身欧米自由個性考えさせる説明の途中でも自由に質問させるなるほどと思いました。自由で民主的な社会をつくりあげるために、日本国憲法が作ら [続きを読む]
  • 「ハンデ」はやっぱり失礼にあたると思いますネ
  • ウチのコブ講習。シニア層の受講も少なくありません。いや、かなり多いです。そこでよく耳にするのが、何度もレッスンに入ったが、なかなかコブには連れて行ってもらえない。少しでもいいから教えて欲しいと頼むが、やんわり断られる。そんな声です。無理もありません。コブには大変な危険が伴います。一般レジャースキーヤーにとって、コブでターンすることほど難易度の高いすべりはありません。いつも言うように、コブがピンチの [続きを読む]
  • コブだらけの野沢温泉スキー場やまびこゲレンデ
  • 今週末は今季最後の近隣講習会。キャンセルが出たため、2名様での実施となりました。当初は熊の湯で実施予定でしたが、無料券が2枚あったので、皆さんとシェアすべく、の意を得て野沢温泉スキー場へ変更。コブと言えば熊の湯そんな公式が出来上がっていたワタクシでしたが、どっこい。野沢温泉やまびこにも、いたるところにコブ。コブ。コブ。端的に言えば、やまびこゲレンデのすべての斜面に大なり小なり、ラインコブが存在して [続きを読む]
  • フェルデンクライスメソッド
  • 拙者が管理するFBページ「コブが苦手なスキーヤーを救う」という大義名分の下、実に多くの識者が集うようになりました。おっかなびっくり(?)滑走動画に数多くのアドバイスを頂くのはもちろんですが、先日、人間の脳の働きにまで踏み込んだ運動論を詳細にアドバイスいただいた方がお見えでした。なるほど〜と、思わず唸ってしまいましたので、そのくだりを要約してご紹介したいと思います。コブをすべるようになったのはここ20 [続きを読む]
  • コブ練習心得78ヶ条
  • 昨日、タスマニアから戻りました。来期の予約受付も開始しました。本日の熊の湯講習会は、最小催行人数には達せず、いったん中止になりましたが、急きょプライベートマンツーマンにて開催となりました。来週は現在のところ4めいさま。残席は2名様です。ご希望のかた、お急ぎ下さい。ところで。不在中もFB の「コブ斜面が苦手なスキーヤーを救う会」へのメンバー申請は150名以上を数え、間もなく500人に達する勢いです。同サイトの [続きを読む]
  • 月山キャンプ 2017
  • 月山キャンプ第一回2017年5月30日(火)〜31日(水)第二回2017年6月1日(木)〜2日(金)参加費22000円(講習代、2食つき宿泊費*男女別相部屋)宿泊場所月山リゾートイン集合初日9:00 リゾートイン月山前列車でお越しの方は、鶴岡駅前に7:00または山形交通バス停月山口に8:20時間割第一日 9:30〜11:30 13:00〜15:00 *20:00〜ビデオミーティング第二日 9:00〜12:00 *午後解散列車でお越しの方は、鶴岡駅までお [続きを読む]
  • 来季スケジュール発表です
  • 気の早い話ですが、来期スケジュールをアップしました。今シーズンからの改善点としまして1.毎週水曜日以外にも不定休を設けています2.週末を中心にレベル、志向別に企画しています3.リフト代別にて参加料金を設定しています4.前日遅着プランの場合、個室利用のプランに限定いたします。5.早割にてお申込みいただきますと、一定の条件付きで先着二名様までリフト券を無料とさせていただきます。4月22日から早速申し込 [続きを読む]
  • 4月以降のプログラムお申込み受付について
  • 各地で次々とスキー場クローズとなりまして、当訓練所も二週間ほどお休みをいただきます。ですが、来年のスケジュールにつきましても早くも詳細スケジュール策定に入っておりまして、近日中に発表できるものと思います。どうぞご期待ください。さて、4月中旬以降のプログラムにつきまして、お知らせがあります。ワタクシ中村は4月9日よりオーストラリアタスマニアに遠征し、ロングトレイルルート「オーバーランドトラック」を歩 [続きを読む]