masa717h さん プロフィール

  •  
masa717hさん: 野球好き塾講師のブログ
ハンドル名masa717h さん
ブログタイトル野球好き塾講師のブログ
ブログURLhttp://yoyuuha.exblog.jp/
サイト紹介文日々の雑感、ライオンズのこととかTOEICとか塾のことなどを書いています。
自由文不定期ではありますが更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2013/12/17 23:34

masa717h さんのブログ記事

  • ノートテイクについて
  • 自分はオンエアを見ていないのだが、先日アメトークのコーナーで勉強大好き芸人というコーナーをやっていたそうです。そのコーナーの中の1つに、勉強ができる芸人宇治原と、そうでない芸人が予備校に出向き、そこでノートをとってもらい、それ以後小テストを課すといった企画でしたが、結果は宇治原の圧勝。で、ノートを見るとその違いが一目瞭然で、ノートを見ると、宇治原は講師の話を聞くことに集中しており、色ペン... [続きを読む]
  • 週刊西武
  • 現地で昨日の試合を見ていましたが、昨日みたいな試合ができればAクラス入りは難しくなさそうです。クリーンアップが非常に好調で、現地で見ていてもきっと身体が軽いのだろうなと思います。開幕して低調なチームは貧打にあえいでいて、とにかく打てないために勝つことができないという状態(ハムやロッテ)になっていますが、今のところライオンズはその心配はなさそうです。源田もよく打っており、多少のミスはあるものの... [続きを読む]
  • 学校の先生が良いのは幸せなこと
  • 県立T高校に進んだハカセ君。塾の住人といってもいいぐらい積極的に自習に来る子である。最近ようやく英語の授業が始まったそうで、まず渡された教材を聞いて少し驚いた。使う単語帳はduoセレクト。構文、熟語、単語を一体で覚えてしまおうというちょっと欲張りな単語帳。さらに英熟語集も配布し、高校1年生からガンガン鍛えてやりたいというオーラを話を聞いていてびしびじ感じ取った。まず、学校の先生が積極的に... [続きを読む]
  • 学習意欲の低い子への指導 学力リセットについて
  • 学年トップを目指す一方で、学習意欲の低いカツオ君の指導について。春期講習で、be動詞と一般動詞の疑問文、否定文をひたすら作り続けるトレーニングを行い、やっとある程度免疫が回復したかと思いきや、こないだ本番形式のテスト問題を解かせたら,もう解き方を忘れている。仕方ないので、解説を入れて確認するのだが、目の前で混乱を起こしている状態に戻ってしまった。でこの「忘れる」という現象はなかなか厄介で... [続きを読む]
  • シリーズ 学年トップを目指して 考える力を与えたい
  • 学年トップを目指す、Sさんとの授業。まずは先週実施した小テストを実施。流石に先週1回やっているだけあってこういうところのカバーはよく出来ている。満点だった。ちなみにその際に伝えたこと…まずは、授業を受けるに当たって、この小テストをしっかり満点とれるように準備してきてごらん。ちなみに俺が教えた子のなかで、国語で13回連続小テスト満点っていう子がいたけど、その記録を超えてごらん。その子、... [続きを読む]
  • 再び集団授業2 RシートとTシート
  • 先日オーナーに保護者向けに社会の集団授業の案内文フォームを書いてほしいと要望されたので、埼玉県の学校選択の実施に伴い、おそらく保護者面談などで、数学と英語が大幅に難化されたことは十分に伝えられたのだろうが、今年から理科と社会の時間が10分延長されたことについてはそんなに触れられていないだろうと思い、そこに焦点を当てて、今まで力があった生徒も40分では時間切れを起こし、点数が取れない生徒もいた... [続きを読む]
  • 再び集団授業1 洗練された教材 結果を求めて
  • うちの塾において今年成績開示してくれた子たちの社会の結果全11名のうち、90点台1名。70点台4名。全体の平均点63点。淡々と言っているけど、記述が多く範囲も広い埼玉の入試でこの点数を取らせるのはなかなか大変なことだと思う。ちなみに参考までに言っておくと昨年の今の時点で北辰の社会偏差値50に達していた子がたった2人である。進学塾みたく、何の選抜テストを行ったわけではなく、ほとんごが北辰の... [続きを読む]
  • 困難を分割せよ
  • 今年の中3生で国語を担当している子は3人いる。塾の国語というと講師はついつい準拠を離れて入試対策に時間をかけたくなるが、学校の教科書はけっこう教訓じみた話が多く、読んでいて面白かったり、アドバイスのためになることも多い。うちの地区は光村図書が採用されているため、おそらく次の中間で範囲になるのは小説の『握手』。この話、孤児院出身のわたしとルロイ修道士との間で繰り広げられる物語なのだが、そのなか... [続きを読む]
  • 週刊西武 対戦カード一巡総括
  • 日曜日のロッテとの試合で、これとのチームは1巡したわけですが、勝てない試合もいくつかありましたが何というか非常に安定した試合運びで、西部OBの東尾修氏から見ても『今年の西武は明らかに変わった』と言わせたそうです。これは結構期待できるかもしれません。いくつか変わったと思える点を箇条書きしてみます。エラーが少なくなった。去年のリーグダントツのエラー数は何だったのか?ここまでしでかしたエラー... [続きを読む]
  • 春の魔術
  • 春期講習期間は、学校の授業は進まない。だから、この期間に苦手科目があったら早急にテコ入れを図り、2年生からの内容につなげたいというのがたいていの塾の狙いなどではないだろうか。学生講師の入れ替わりの関係で、春期講習期間のみ受け持ったH君と、K君。2人ともこの春から中2なのだが、最後の英語の試験で思うような点数が取れず、クラスの平均点を割ってしまい、苦手意識出始めたというタイミングで受け持つ... [続きを読む]
  • 読み 書き 計算
  • 先日、塾のシステムに英単語の昇級・昇段試験を取り入れると書いたが、いろいろ膨らませていって英単語だけではなく、基礎的な計算(四則計算から因数分解まで)と漢字(漢検を基準としたもの)も追加で施し、3教科型の昇級・昇段テストだが、まだ取り組み方のシステムがわかっていない子が一部いるものの、反響は上々。特に計算の人気が高い気がする。本当はこれに理科・社会の一問一答なんかも加えて、5教科やりたいのだ... [続きを読む]
  • シリーズ 学年トップをめざして じっくりと実力を養成していく
  • 前回英作文教材のなかからbe動詞、一般動詞、進行形の並び替え〜英作文を宿題とし、英作文をごっちゃにして小テストにして出すことを伝え冒頭に実施した小テスト。のっけから日→英変換ですが、単元を横断しているので、どの知識を使えばよいのかという判断が必要になってくる。ちなみに俺が作った復習小テストの内容(1)私の兄は毎年沖縄を訪れます(2)彼はこの本を読みましたか(3)あなたはきのう図書館に... [続きを読む]
  • 県立高校の逆襲
  • 県立T高校に進学することになったハカセ君。最近は小4の妹も入塾したようで、一緒に塾で自習をしてる姿をよく見かけます。ちなみにハカセ君の進学先T高校。何だが随分と分厚い袋に教材を詰め込んでどこの私立?と思いたくなるぐらい五教科みっちり宿題や課題を出されたそうです。かつてT高校は定員割れをしてしまったのを機に進学に力を置きたいという意志が明確に感じとれます。受験生にとって、実は3月というのが... [続きを読む]
  • 授業の授業 国語編 2
  • 続きを書くとか言っておきながら、しばらく放置していた授業の授業シリーズ。塾ブログにおいて、国語のネタの記事を書くと通常より1、5倍位のアクセス数になるため、やはり多くの塾の先生も国語の指導法については気になっているのでしょうね。先日、時間配分を失敗し、国語で思うような偏差値を取れなかったT君。1か月後に再度同じ問題を解かせ、それでも時間配分が間に合いませんでした。うちの塾は北辰を受ける前に塾... [続きを読む]
  • 新たな試み 英単語をどう覚えさせるか
  • カツオ君との授業、春期講習ではbe動詞と一般動詞の使い分けをテーマに、書いてある文章に動詞を注目させ、be 動詞なら疑問文と否定文はどう作るのか、一般動詞なら疑問文、否定文をどう作るのかということを過去形、3単元まで混ぜてごちゃまぜにしてやってもやっと識別できるようになった。これで、教科書がしっかかり理解できる段階までは回復した。さて、カツオ君との授業で一番手を焼いたのは英単語の小テスト... [続きを読む]
  • 週刊西武:やはり課題は裏ローテ
  • 先週球場に行ってきた際の写真です。おそらく12球団の本拠地のなかで、最も席とフィールドが近い球場でしょうね。昨日の試合、ホークスに勝ち越したわけですが、懸念した通り裏ローテが勝ち越せませんでした。後もう1ついうなら、雄星はメジャーに行く云々言う前にホークスに勝ってからそういうことを言わないと現状では、エースとは呼べず、エース候補止まりですからね。それにしても昨日のウルフの投球は、力で抑... [続きを読む]
  • 社会の集団授業
  • 去年社会を受けた子の成績開示を改めて見てみると、90点台が1名、70点台後半が3名。全体平均は63点だった。今年の子達は、記述が増えるともう予め読めていたので、記述特訓を集中してやった結果だと思う。全部で8題あったうちの7題は的中している。ただ、問題はその記述問題を作成するための前段階とな基礎体力(北辰偏差値で言うなら52〜53)がないとその状況に達していない子たちの指導が肝となる。... [続きを読む]
  • 検証 塾講師7不思議その4 女の子は語学ができると言われる不思議
  • ここ最近新しく塾に入ってきて自分が英語を担当することになった男子2人。この2人実はちょっとした共通点があり、使う色ペンが極端に少ないのだ。で、最近不思議に思ったのは、もしかして語学が女の子が得意な理由って検証してみたくなった。自分はホワイトボードに基本黒、赤、青の3色を使うのだが女の子は本当その色の指定に従ってほぼ忠実にノートを取る。(高校生はこれにオレンジを加え4色使う。)男の子のノー... [続きを読む]
  • トップを目指す+目標と目的の違い
  • 学年トップを目指すSさんの最初の授業。初回は、授業らしいことはせず、学習計画の立案やモチベーションを高めるための一時間にしようと決めていたので、こんな質問から入った。目標と目的の違いってなんだと思う?しばし考えこむ様子。今年の目標を立てましょうという言葉はよく聞くけれども、今年の目的をたてましょうとは決していわないはずだ。しばらくした後ホワイトボードにこんなことを書き込んだ目標:... [続きを読む]
  • 始まりの季節
  • 月曜日から新たに、新学期授業が始まりました。繰り上がりで担当する子もいれば、諸事情により、他教科の担当替えを行った子もいます。さらに、新規で入ってきた子が何人か。現状では、大学生講師の子達の時間割が決まっていない時期なので、今後何人かは入れ替えを行うのでしょうが、決定すれば一年間面倒を見ていくことになります。4月は色々異動も多い時期ですので、どの塾であっても担当の先生が変わったなんていうの... [続きを読む]
  • 英文法ノート 大幅改訂 英会話と英文法は違う
  • 春期講習期間に主立ってやっていたことは、今年の学校選択の難易度を見据えて、英文法の教える内容を大幅に改訂しました。まだ作りかけですが、大学生講師だったころは、板書魔と化し、とにかくホワイトボードにポイントを書きなぐって、ノートにひたすらメモを取らせていた感じの講師スタイルだったので、今年はそれを復活させようかと思います。特に学校選択を受ける子には容赦なく叩き込みます。語彙レベルも高いので暗記... [続きを読む]
  • 体験授業が増えてきた
  • おそらくはどこの塾でもそうだと思うが、3月になり受験を終われば1つの区切りとして塾をやめていく子が多い。一方で4月になり、特に受験学年になるとそろそろ塾にいって勉強を始めないと…という気になるようで、4月からの問い合わせは一気に増えるものである。たいていは新中2か、新中3。中2の場合は例外なく、中1で成績を大きく凹ませたという子がしぶしぶ塾に問い合わせに来る。昨日も授業準備の傍らオーナーがそ... [続きを読む]
  • 週刊西武 エラーがなかったことが最大の収穫
  • 札幌での開幕3連戦、1試合負けはしましたが、辻監督からしたら上々の出来といったところでしょうか。もともと、この開幕試合で去年までの西武と違うと相手に思わせることができれば開幕試合は100点と書きましたが、開幕後の日経新聞、今日の朝日新聞とも、西武に関する見出しが『今年の西武は一味違う』というタイトルを打ち出してきたので、そのイメージを植え付けることができたという点で十分これから上位争いにはし... [続きを読む]
  • 学年一位の帝王学
  • 今日はテレビで野球観戦をする以外は専らネットサーフィンで塾ブロガーさんが書かれている学年一位に関連する記事を読み漁っていました。で、いくつか気づいた点1学年トップクラスの多くの子達が手帳を活用している実は去年右のフォーサイトという手帳予め買って最初のうちはコピーして使っていたんですが、目的が違っています。学力の低い子達に限って自己管理能力が低いので、長期の講習期間になると、授業を... [続きを読む]
  • 開幕1試合目は100点の出来
  • 昨日は途中から、テレビで試合を見ていましたが、終盤には既に試合の情勢は決まってましたね。この1試合で、今年の西武は昨年と違うと思わせることができれば開幕試合は100点の出来だと思います。後のリプレーで確認できましたが、随所に守備のよい面が出ていましたね。ピックアップされていませんでしたが中村の走塁によってもぎとった先制の1点が非常に大きかったと思います。前進守備を引いているのに点が... [続きを読む]