h_msk さん プロフィール

  •  
h_mskさん: 大学コミュニケーターBLOG
ハンドル名h_msk さん
ブログタイトル大学コミュニケーターBLOG
ブログURLhttp://daigaku-commu.blogspot.jp
サイト紹介文“大学コミュニケーター”として活動する花岡正樹が、大学の地域貢献や入試広報の取り組みを紹介します。
自由文大学の面白そうな取り組みを社会に伝える“大学コミュニケーター”として活動する花岡正樹が、大学関連のネタをまとめたブログです。主に大学の地域貢献と入試広報について取り上げています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/12/19 23:24

h_msk さんのブログ記事

  • インターンで学ぶのは仕事だけじゃない(昭和女子大・津田女子大)
  • インターンシップは、就職への前準備として多くの学生たちが利用しています。HR総研の調査だと、2016年卒の学生(文系)のうち、なんと約7割が参加しているという結果が出ており、インターンシップにいかない方が逆にめずらしいくらいの状況になっているようです。数が増えると、当然ユニークなものも増えてくるというのが世の情理(?)。今回見つけた昭和女子大学と津田女子大学のインターンシップも、その一つで女子大ならではの [続きを読む]
  • ウェブではじめる大学の新たな地域貢献(東大)
  • MOOCsを筆頭に、大学のウェブサイトを使ったオープン・エデュケーションの取り組みは、近年かなり広がってきました。今回、見つけた東大のウェブサイトも、そんな中のひとつ。かなりマニアックではありますが、ちょっと面白そうなサイトです。以下、リセマムより。東大、研究者向け無料オンライン講座「English Academia」開講 東京大学の大学総合教育研究センターは、無料で学べる研究者向けの英語オンライン講座「English A [続きを読む]
  • 軍事研究に大学はどう関わるべきなのか?
  • 大学が軍事研究を受け入れるべきか否かについて、ここ最近、大学で活発に議論されています。研究費獲得という意味では魅力的ではあるものの、いろいろな方面に懸念があるのも事実。関大や法政大では防衛省補助金への申請を大学として認めないという声明も発しています。以下、朝日新聞デジタルより。軍事研究、大学はどう向き合うか 学術会議が4月結論 大学などの学術界は、軍事研究とどう向き合うべきか――。日本学術会議 [続きを読む]
  • 沈黙は金なり? 大学ムービーの新たなアプローチ(東京大)
  • 私が大学広報の仕事をはじめたころは、大学のムービーというと説明的でごてごてしていて、まさに“資料”といった感じでした。しかし、現在は洗練され、どこかのバンドのミュージックビデオのように美しいものが増えています。今回、見つけた東京大学の大学紹介ビデオ「UTokyo/Society」は、まさにそんなイケテル大学ムービーのひとつです。さらにそれだけじゃなく、このビデオはすごくチャレンジングな試みでもあるんです。以下、 [続きを読む]
  • ただ売るだけじゃない! 大学発商品の活用法!!(近大)
  • 今日はセンター試験1日目でしたね。ものすごい寒波がきているようで、わたしの住むエリアは雪こそ降らなかったものの、びっくりするほどの寒さでした。受験生のみなさんはもちろん、試験監督をする大学職員のみなさんも、ほんとうにおつかれさまでした。さて今回、取り上げるのは、このブログで何度となく取り上げてきた「近大マグロ」について。このマグロを、ユニークな企業が、ユニークに活用しようとする動きがあるようです。 [続きを読む]
  • 探して取り上げよう、大学の生き証人(近大)
  • 大学の営みを支える人として、まず頭に浮かぶのは、学生や教職員、それに卒業生らへんでしょうか。でも、よくよく考えると、大学はもっといろんな人に支えられているんですね。近畿大学のほっこりとした記事を見つけて、それをしみじみ感じました。以下、朝日新聞デジタルより。近大生の髪切り続けた理容師の「おばちゃん」引退 63年にわたり近畿大学(東大阪市)の理容室に勤めてきた店主の沢村良子さん(89)が12月、退職し [続きを読む]
  • “外の視点”で研究施設を掘り起こす(京大)
  • あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。さて、早速ですが、今年最初の更新です。今回、取り上げるのは、年末に取り上げようと思って、結局、書けなかった京都大学の研究施設の記事について。京大に限らず、今後、国立大学ではこういったことが増えていきそうです。以下、朝日新聞デジタルより。京大が芦生の森保護へ、寄付募る バッグ進呈も 国内有数の天然林が広がる「芦生の森」として知 [続きを読む]
  • コミュニケーションとは“技術”か“姿勢”か(近大)
  • 国際学部の創設時に英会話スクールのベルリッツと提携するなど、近畿大学の取り組みには合理的で思い切ったものが多く見受けられます。今回、見つけた就職活動支援のイベントも、そんな近大らしさが色濃く反映されたもの。他ではあまりやらなさそうな内容です。以下、大学プレスセンターより。月亭方正氏の「すべらん話」の創り方講座開催 吉本興業×近畿大学の包括連携協定に基づく就活支援イベント第一弾! 近畿大学(大阪 [続きを読む]
  • ミスコン、それは教育と広報の金の卵である
  • ミスコンというと、学祭時期によく開催される大学ならではのイベントです。今年は慶應義塾大学のミスコンが、主催する学生団体の不祥事で中止となったのがニュースでよく取り上げられたので、例年より話題になったように思います。この不祥事もあってでしょうか、ミスコンはどこかチャラいイメージで見られがちです。しかし、なかにはまちおこしのコンテンツとして上手に活用しているところもあるようです。以下、朝日新聞デジタル [続きを読む]
  • 大学発“おとなのための修学旅行”を広めよう(帝京大)
  • 大学がもつアカデミックさは、一般の人にとって興味よりも苦手意識や敷居の高さを感じさせることの方が多いように思います。しかし、うまくコーディネートすることで、このアカデミックさは、観光施設や名所にはない大学ならではの魅力として打ち出すことだってできるはずです。帝京大学が、このたび募集をはじめた一般の人も参加できる体験ツアーは、そんな大学のアカデミックさを上手くレジャーに結びつけた取り組みのように感じ [続きを読む]
  • 学外向け講座という財産をどう活かすか(東大)
  • YouTubeを使うことで簡単に動画をアップロードできることもあり、動画を扱う大学のウェブサイトがだいぶ増えてきたように思います。そんな動画系大学ウェブサイトの老舗ともいえる東京大学の「東大TV」がYouTubeチャンネルを開設したようです。以下、リセマムより。東大TVがYouTubeチャンネル開設、講演や入試説明会を配信 東京大学は11月4日、YouTubeに東大TVを開設したと発表した。東京大学で開催した公開講座や講演会を動 [続きを読む]
  • 近大マグロで考える、他とは違う!? 近大の研究成果の伝え方(近大)
  • 常に大学業界の話題の真ん中にいるといっても過言ではない近畿大学。この大学のすごいのは思い切った大学改革や広報活動というのもありますが、一般の人からしたらそれよりも近大マグロをはじめとした魅力的な商品の数々がまず頭に浮かぶのではないでしょうか。そんな近大がつい先日、新たに近大マグロを使った商品を発表しました。この魅力的な新商品を見て、近大マグロには、他にはない商品展開の面白さがあり、それがなぜ起こる [続きを読む]
  • NIKKEIプラス1にコメントが載りました
  • 10月29日(土)発行のNIKKEIプラス1の「何でもランキング」というコーナーに、ランキングの選者の一人として参加させてもらいました。ランキングの内容は「一度は訪ねたい! 大学の名建築」。大学には歴史的な建造物や時代の先端をいく施設がたくさんあり、実際に見学できるものも少なくありません。この記事をきっかけに、足を運んでくれる人が増えたらとてもうれしいです。なお、この記事はNIKKEI STYLEでも読めますので、こちら [続きを読む]
  • 大学祭を地域活性のキーイベントにしよう(千葉大)
  • 大学祭シーズンに本格的に突入してきました。恐らく、この土日に開催する大学も多いのではないでしょうか。大学祭のプログラムを見ていると、ユニークなものを実施しているところがいっぱいあります。私の家の近くだと、近大農学部の学祭で近大マグロの解体ショーが開催されるそう。おそらく、ものすごく人が来るんだと思います。これら学祭のプログラムは基本、学生ないし大学がホストとなって開催されます。でも今回、見つけたも [続きを読む]
  • 話題性のある大学サイトは、自校のカラーをよく知ることから(東大)
  • 以前、京都大学発のかなりエキセントリックなウェブサイトを本ブログの記事で紹介しました。それで、西の雄がブイブイいわせているなら東の雄だって負けてはられない!……なんて思ったのかどうかはわかりませんが、東京大学からもこれまたユニークなサイトが誕生したようです。以下、リセマムより。18-35歳に挑戦、東大発のクイズ形式メディア「QuizKnock」 現役東大生のチームが運営する、クイズを使いながらさまざまなジャ [続きを読む]
  • “大学が地域をもてなす日”をどう活用するか(札幌学院大)
  • 10月に入り、そろそろ本格的に学祭シーズン到来です。学祭の中には東京農大のダイコンアートや東京外大の専攻語料理店など、独自の名物企画があるところもあり、これら企画を目当てに学祭を巡るというのも、ちょっとマニアックな学祭の楽しみ方です。今回、見つけた札幌学院大学の取り組みも、間違いなくそんな名物企画の一つに入りそうです。はじめ記事を読んだとき、おっ! と声が出るほどのインパクトを感じました。以下、大学プ [続きを読む]
  • クセあるサークルで伝える、大学の真の楽しさ(九州大)
  • 大学の文化系クラブをテーマにして、つい最近「文化系クラブ活動は、知らない世界に続く扉」なんていう記事を書きましたが、大学をよくよく調べてみると文化系や体育会系といった枠に収まらない、ひとクセもふたクセもあるクラブやサークルがけっこうどの大学にもあるんですね。今回、見つけた九州大学のクラブも、まさにその一つ。こういった活動は、実は大学にとってとても大事な財産なように思います。以下、朝日新聞デジタルよ [続きを読む]