tato さん プロフィール

  •  
tatoさん: 幼児の通信教育・家庭学習教材比較
ハンドル名tato さん
ブログタイトル幼児の通信教育・家庭学習教材比較
ブログURLhttp://xn--vuqt8a920a4ugf20bblt.com/
サイト紹介文幼児向けの通信教育・英語教材・家庭学習教材などの情報サイトです。
自由文こどもちゃれんじ、Z会、ぷちドラゼミ、ポピっこ、すてっぷなど、楽しく学び子供の成長を助けてくれる通信教育、英語教材、各種教材でご家庭で良い学習環境を!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/12/20 17:04

tato さんのブログ記事

  • 『Z会幼児コース』の取り組み例
  • <『Z会幼児コース』の取り組み例>「あと伸び力」を育成していく『Z会幼児コース』。家庭によって合う合わないはあると思いますが、教材内容は幼児向け通信教育のなかでも非常に質の高いものとなっています。体験学習に力を入れており、体験すること・経験することでしか得られないものを大切にしているだけでなく、順を追って確かなカリキュラムで成長をしていくことができるおすすめの通信教育。様々な取り組み方があると思いま [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』のよくある質問・Q&Aなど
  • <『こどもちゃれんじ』のよくある質問・Q&Aなど>『こどもちゃれんじ』は非常に多くの幼児期の子供が取り組んでいる幼児向け教材の代表的な通信教育です。とても知名度が高い「しまじろう」という名キャラクターとともに、勉強面、生活面、身体面、情操面などを幅広く取り扱い、0歳児〜6歳児まで多くの子供に対応したコースがあります。DVDによる映像教材とエデュトイと呼ばれる知育系玩具が特に他の教材との大きな違いで、マル [続きを読む]
  • 『ポピっこ』のよくある質問・Q&Aなど
  • <『ポピっこ』のよくある質問・Q&Aなど>『ポピっこ』は受講コストも低く(月々980円)良質な教材で無理なく始めることができる学びのファーストステップにおすすめの通信教育のひとつ。誰でも取り組みやすい教材ですが、やはり受講前には不安になる部分や確かめておきたいことがあると思います。そこでいくつか「よくある質問」などのQ&Aを紹介したいと思います。楽しく親子のコミュニケーション・ふれあいを通した学びができ [続きを読む]
  • 学習の習慣化のために幼児期に身につけたいこと
  • <学習の習慣化のために幼児期に身につけたいこと>学習習慣を身につけることは学力を伸ばすうえでとても大切な要素となります。もちろん幼児期にしっかりとした習慣を身につける必要はありませんし、どちらかと言えば学ぶことの楽しさや面白さを体感するほうを重視していくべきだと思いますが、小学校以降の学習習慣定着に向けた誰でもできる取り組みもあります。小学校に入学して以降、スムーズに学習習慣を定着させていくための [続きを読む]
  • 2017年度「年長」おすすめ通信教育
  • <2017年度「年長」おすすめ通信教育>園生活でも最年長になりいよいよ次年度は小学校入学を迎える年長さん。2017年度は年齢でいえば5歳〜6歳になる2011年4月〜2012年3月生まれの子供たちです。自信や責任感がグンと伸び、小学校入学に向けた準備も進めていきたい年代ですね。楽しい取り組みを進めながら学ぶことへの意識を伸ばしたり、自立を促しながら段階を踏んでしっかりと成長ができるようにしていきましょう。年長向けのおす [続きを読む]
  • 勉強好きに育てるには?
  • <勉強好きに育てるには?>幼児教育をはじめるにあたり「勉強が好きになってほしい」という願いがあることと思います。子供がそういった方向に向いていくためにどんなことに気を付けていけばいいのか、どのような取り組みがいいのかを考えてみましょう。もちろん個人差もあれば環境の違いもありますので一概に「これが正解1」というものはないかもしれませんが、幼児期の取り組みで大切な要素だと思いますので、各自実践していけ [続きを読む]
  • 2017年度「年中」おすすめ通信教育
  • <2017年度「年中」おすすめ通信教育>年中さんは何でも好奇心旺盛で「なんだろう?」「どうしてだろう?」がぐんぐん伸びる時期です。2017年度は年齢でいえば4歳〜5歳になる2012年4月〜2013年3月生まれの子供たちです。普段の生活でもできることが徐々に増えてきて、チャレンジしたい気持ちや「やりたい!」という自己主張も強くなります。そういった気持ちを汲み取り好奇心をぐんぐん伸ばしていくことができるような2017年おすす [続きを読む]
  • 2017年度「年少」おすすめ通信教育
  • <2017年度「年少」おすすめ通信教育>2017年度新しく園生活がはじまった年少さん。年齢でいえば3歳〜4歳になる2013年4月〜2014年3月生まれの子供たちです。年少さんは様々な事は大きく変わる年齢。社会性・生活習慣・興味・関心などがグンと伸び、一人でできることも徐々に増えてきます。2017年度おすすめの年少向け通信教育を紹介したいと思います。年少向けのおすすめ通信教育【2017年度版】各通信教育年少さん向けコースでは生 [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』はマルチアプローチ
  • <『こどもちゃれんじ』はマルチアプローチ>『こどもちゃれんじ』は幼児教育になかでも知名度が高い通信教育だと思います。TVCMでもよく目にしますし「しまじろう」のアニメも放映されていたり、子供にとってはかなり身近に感じて親近感のある教材です。周りのお友達がやっていたり、兄弟姉妹と一緒に受講したり、誰もが知っている教材だからこそのメリットもありますが、やはり『こどもちゃれんじ』の大きな魅力は各教具の連動性 [続きを読む]
  • 新年度スタート!まずは体調管理と生活習慣
  • <新年度スタート!まずは体調管理と生活習慣>2017年度がスタートしました。幼稚園・保育園に4月から通う子供たちは今までと全く違う生活サイクルになります。新年中さん・新年長さんもひとつお兄さん・お姉さんになり、教室が変わったり先生が変わったり新しい1年がスタートしますね。それぞれの春を迎えて今年度1年間を楽しみにしている時期だと思います。体調を崩しやすい4・5月新年度が始める4月や5月は体調管理に気を付けて [続きを読む]
  • 『ポピっこ』を受講してみて、こんな人におすすめ!
  • <『ポピっこ』を受講してみて、こんな人におすすめ!>『ポピっこ』はポピー教材の幼児版。運営歴は長く、1973年に小学生向けの教材を創刊。幼児向けの教材を「よいこのポピー」を1976年に発刊して以来、幼児・小学校・中学校の一貫したコンセプトで家庭学習をサポートするシステム。シンプル&適量の学習量で、初めての幼児教育にもピッタリの教材だと思います。『ポピっこ』はこんな人におすすめ!実際に『ポピっこ』の教材を受 [続きを読む]
  • 『ぷちドラゼミ』の「ドラえもんデスク&チェア」
  • <『ぷちドラゼミ』の「ドラえもんデスク&チェア」>『ぷちドラゼミ』では12ヶ月一括払いを選択した方限定で、段ボールでつくる「ドラえもんデスク&チェア」を無料プレゼントしています。安全設計の自分だけの勉強机と椅子のセットになっており、かわいらしいデザインで勉強のやる気を引き出してくれるでしょう。『ぷちドラゼミ』自体が「ドラえもん」「まめドラ」というキャラクター性を前面に出した教材。楽しいキャラクターた [続きを読む]
  • 『ぷちドラゼミ』を受講してみて、こんな人におすすめ!
  • <『ぷちドラゼミ』を受講してみて、こんな人におすすめ!>『ぷちドラゼミ』を2年間受講してみて、教材内容や教材のシステムを実際に体験し、『ぷちドラゼミ』の受講に向いている人やこんな人におすすめ!というタイプを紹介したいと思います。年中・年長と受講してみたからわかることは、どちらかと言えば学習面や勉強面の方向性に強い教材だということです。もちろん生活習慣や情操面などにも触れていますが、やはり主体は「ひ [続きを読む]
  • あふれるエネルギーを成長につなげよう!
  • <あふれるエネルギーを成長につなげよう!>幼児期は日々成長をします。日常の生活の中から、親や家族の行動や言動から、遊びや絵本などから、様々なものからたくさんの事を学びながら成長をしていきます。園生活がはじまれば先生・お友達や集団生活の中から学ぶこともたくさんあります。「できた!」という成功体験を積み重ねて「やりたい!」という意欲を引き出していくことが幼児教育では大事にしていきたいこと。押しつけや無 [続きを読む]
  • 『Z会幼児コース』4月号の内容をみてみよう
  • <『Z会幼児コース』4月号の内容をみてみよう>『Z会幼児コース』の2017年度4月号の内容を確認してみたいと思います。2017年度も『Z会』『こどもちゃれんじ』『ぷちドラゼミ』『ポピっこ』といった教材が通信教育の中心になると思います。4月号はどの通信教育も新年度版の講座のスタート。年度の区切り月なので、新しく通信教育をはじめるのに最も適した時期です。このチャンスに幼児教育をはじめたい家庭、環境をつくっていきたい [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』の新年度4月号の特典
  • <『こどもちゃれんじ』の新年度4月号の特典>各通信教育4月号より新年度版の講座がスタートします。『こどもちゃれんじ』では4月を開講号として特典付きでスタート。幼児向けの通信教育でも非常に人気の高い教材なので、区切りの開講号から新しい学びをスタートさせていきたいご家庭はこの機会に教材内容の確認をしておきましょう。2017年度4月開講号の入会特典について2017年度の4月号に入会した人限定で特別教材や特典教材が用 [続きを読む]
  • 1年のスタートに学ぶ環境をつくってみよう
  • <1年のスタートに学ぶ環境をつくってみよう>もうすぐ新年度がスタートします。保育園・幼稚園に通っていればひとつお兄さん・お姉さんのクラスになり、集団生活のなかでも責任感のある立場になったり先頭に立って行動することが求められるようになる場面も出てくるでしょう。この春から新しく園生活がスタートする子供は、期待と不安のなかで準備を進めている頃だと思います。一歩新しい歩みを始めた子供の姿を想像しながら、こ [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』の「表現する力」の領域
  • <『こどもちゃれんじ』の「表現する力」の領域>『こどもちゃれんじ』では6つの領域の力をバランスよく育成していくことを目的とした幼児向けの通信教育。「表現する力」の領域は幼児教育でも比較的重視されている力だと思います。自分の考えや思いを伝える力、自由な発想で表現する力、造形・描写・音楽・リズム・文字などで表現をする楽しさを知ることで力を育成していきます。相手に伝わるような表現を身につけていきましょう [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』の「習慣づくり」の領域
  • <『こどもちゃれんじ』の「習慣づくり」の領域>『こどもちゃれんじ』では6つの領域の力をバランスよく育成していくことを目的とした幼児向けの通信教育。今回は「習慣づくり」の領域について。自分でできることをどんどん増やし、自立を促したり生活習慣を定着させていくことは幼児期でしっかりと伸ばしていきたい領域です。「できた!」を体感して自信を身につけ、自発的な姿勢を引き出しながら大切な習慣づくりを進めていくこ [続きを読む]
  • 『Z会幼児コース』の2017年度受講費と教材構成
  • <『Z会幼児コース』の2017年度受講費と教材構成>各通信教育で2017年度の講座が4月号よりスタートします。新年度のスタートに合わせて教材内容を見直したり最新情報に更新したリ、各通信教育ごとにそれぞれのスタイルで新講座がスタート!そのなかで、人気の高い通信教育『Z会幼児コース』では2017年度はそれほど変化なく質の高い学びができるようになっています。元々幼児期に身につけたい「あと伸び力」を教材の軸として考え、 [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』の「人との関わり」の領域
  • <『こどもちゃれんじ』の「人との関わり」の領域>『こどもちゃれんじ』では6つの領域の力をバランスよく育成していくことを目的とした幼児向けの通信教育。今回は「人との関わり」の領域について。親子のコミュニケーション、相手の気持ちを考えて行動をする、社会のルールやマナーなどを知る、人との関わり方は情操的な教育にも通じる大切な要素。等身大のキャラクター「しまじろう」と一緒にお友達・先生などとのかかわりや、 [続きを読む]
  • 4月の新年度に合わせた学びの環境づくり
  • <4月の新年度に合わせた学びの環境づくり>今年度も残り1ヶ月です。幼児期はあまり年度を気にしない年代ではありますが、保育園・幼稚園に通っていれば自然と年度の区切りを意識すると思います。新年度の4月になれば園生活でも一つ上のクラスになります。お兄さん・お姉さんになる子供もいれば、春から新しく園生活をスタートする子供もいます。それぞれの生活サイクルや家庭環境に合わせて、年度の切り替えである4月を一つの区切 [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』の「科学する力」の領域
  • <『こどもちゃれんじ』の「科学する力」の領域>『こどもちゃれんじ』では6つの領域において年齢に合わせたステップで能力を伸ばしていきます。今回は「科学する力」の領域について詳しくみてみましょう。自然、生き物、植物、現象などの分野に相当する領域で、自然や化学現象に興味を持つこと、「なぜ?」の疑問に対して自分なりの答えを見つけていく姿勢などを大切に育てていきます。幼児期の子供が最も好奇心・興味のあるジャ [続きを読む]
  • プラスの言葉で子供を伸ばす
  • <プラスの言葉で子供を伸ばす>子供と日々ふれあい、親の愛情を感じて子供は育っていきます。言葉を理解してお話をするようになれば毎日いろんなことを親に話してくれますし、親子のコミュニケーションにも言葉は不可欠。だからこそ言葉の影響力はとても大きく、子供の将来を左右するといっても大げさではないと思います。子供を健やかに育てていくために声掛けを大切にしている家庭もあると思いますが、マイナス要素の言葉を書け [続きを読む]