アン さん プロフィール

  •  
アンさん: 隣家の嫁の激しいSEX
ハンドル名アン さん
ブログタイトル隣家の嫁の激しいSEX
ブログURLhttp://answay.blog.fc2.com/
サイト紹介文ローンで購入したマンションには、私の人生を翻弄するほどの思いもよらぬドラマが待っていました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/12/21 13:06

アン さんのブログ記事

  • 親友の顔を見ながらイッてしまいました
  • 親友の顔を見ながらオ○ニーを続けているうちに私の体はその背徳感からか異常に感じ始めてしまったのです。そしてついに体を激しく震わせてイってしまったのでした。しばらくしてゆっくりと目を開けるとS子さんが厭らしい笑みを浮かべながら私の姿を見つめていました。やだ、どうしよう。私本当に親友の前でイッちゃった。慌てて剥き出しの胸や秘部を隠そうとする私の腕をS子さんは握ると、「さあ早く散歩の続きを行きましょ」と [続きを読む]
  • 親友の顔を見ながらオ○ニーを続けました
  • S子さんは優しく微笑んでいましたが言っていることは完全に鬼でした。親友の私をどこまで辱めれば気が済むのお願い、私の気持ちを分かって。そう言いたかったのですが、すでに体がかなり火照っていた私は、彼女に言われるまま、目を開けてS子さんの顔を見ながらオ○ニーを続けたのです。深夜のマンションの駐輪場の壁に素っ裸でもたれながら親友の顔を見てオ○ニーする、それはまさにこの上ない羞恥地獄でした。それでもなぜか私 [続きを読む]
  • 早くイカなきゃ
  • 私は仕方なく駐輪場の壁に背を持たれ掛けS子さんの方を向いてオ○ニーを再開しました。右手で胸を揉みしだき、左手で秘部を弄ったのです。野外でこんなことするだけでも恥ずかしいのにまして親友の目の前でこんなことするなんて私は羞恥のあまり気を失いそうになりました。早くイカなきゃこの羞恥地獄は終わらなかったので私は目を閉じながら、一心不乱に自分の体を責め続けたのです。すると、それを目の前で見ていたS子さんから [続きを読む]
  • あなたのイクところ、せっかくだから見せて
  • 私は親友の前であまりに卑猥ないミッションを実行する屈辱を忘れるかのように一心不乱に秘部を弄り続けました。そして、体の奥から熱くなってきて、自分でも恥ずかしいくらいに感じ始めていた時でした。「どうせならこっち向いてやったら」とS子さんの声が聞こえたのです。えっ、どういうこと?私は思わず手を止めて彼女の方に振りかえるとS子さんは優しく微笑みながら「あなたのイクところ、せっかくだから見せて」と言ったので [続きを読む]
  • きっと私の事を変態だと思ってるんだわ
  • 駐輪場の壁に片手をついて、腰をすこし後ろに突き出した恰好で、私がもう片方の手で秘部を弄り始めると、S子さんの「きゃっ」という小さな悲鳴が聞こえました。お願い、見ないで・・・。心の中でそう叫んでみても、彼女は私の野外オ○ニーを間近で見ているのは紛れもない事実でした。いくら何者かに脅かされているとはいえあまりに恥ずかしい指令を実行するなんてきっと私の事を変態だと思ってるんだわ。私は淡い絶望感を抱きなが [続きを読む]
  • 親友の前でオ○ニーをはじめました
  • マンションの非常階段の踊り場でS子さんと合流すると、S子さんに見守られながら彼女に先導されて、素っ裸の私はマンションの外に出ました。彼女がいてくれるおかげで、どれだけ安心できるか私には彼女の親友としての優しさがとても嬉しかったのです。それでも今夜は、そんな優しい親友のことを裏切らなくてはいけないのです。マンションの外に出て、マンションの周りを半分ほど露出散歩して駐輪場の近くに来た頃でした。私はつい [続きを読む]
  • あまりに恥ずかしいミッション
  • その夜、私はいつも以上に脚を震わせながら玄関の外へと出ました。勿論、何も身に付けず素っ裸でした。廊下をゆっくりと進み、非常階段に続く扉を開けると階段をゆっくりと降りていきました。このあと、私が実行しなければならない事はあまりにも卑猥なことなのでした。何も知らない親友の前で、しかも野外でオ○ニーしなければいけないのです。階下へ降りると、いつものようにS子さんが待っていてくれました。私が何者かに脅かさ [続きを読む]
  • 外でオ○ニーしなければいけないなんて
  • S子さんに見守られながら、深夜の露出散歩をして数日が経った頃でした。いつものように郵便受けに入っていた『指令』と書かれた紙に、また新たな羞恥の内容が加わっていたのです。それは、深夜に素っ裸でマンションの周りを散歩している途中で、立ったままオ○ニーをするようにというものでした。そんなことできるわけないじゃない・・・。そのあまりに卑猥な内容に私は体が震えました。ただでさえ、親友のS子さんに素っ裸で歩く [続きを読む]
  • S子さんに見守られながら素っ裸で散歩
  • それから定期的に郵便受けに『指令』と書かれた紙が入るようになり、私は毎晩のように露出散歩をさせられていたのです。そしてそれはさらにエスカレートしていき夜中に部屋を出る時から下着さえも身に付けてはいけない素っ裸で歩いていくことになったのでした。ただ、いつもS子さんが遠くから見ていてくれて誰かが来そうになったりしたらすぐに助けてくれるのでした。私は親友に露出散歩を観察される恥ずかしさと同時に私の事を見 [続きを読む]
  • S子さんに露出を勧められました
  • S子さんに優しい声で「あなた露出狂の趣味でもあるの?」と問われた私は、もう黙ってはいられなくなり「違うの。私好きであんなことしてたわけじゃないの」とこれまでの経緯について全てS子さんに話したのです。するとS子さんは最初はにわかには信じられないといった様子だったのですが、私の真剣さが伝わったのか「分かったわ。あなたのことを信じる。それじゃあ、一緒に犯人を探しましょ」と励ましてくれたのです。そしてS子 [続きを読む]
  • S子さんに露出狂だと思われました
  • S子を部屋の中に通すと、私はとりあえずお茶を出して、ソファで向かい合って座りました。明け方にパンティ一枚でマンションの外にいる姿を見られてしまった私は、あまりの恥ずかしさに彼女とまともに視線を合わせることができませんでした。すると、S子さんがそんな私の気持ちを察したのか優しい声で話しかけてきたのです。「今朝の事は絶対誰にも言わないから。だけど教えて、どうしてあんなことしてたの?もしかして露出狂の趣 [続きを読む]
  • 私の露出散歩を目撃したS子さん
  • 部屋に戻ると幸い夫は寝室でまだ寝ていました。私は急いで服を着ると、いつものように朝の準備をして夫が起きるのを待ったのです。そして、何事もなかったかのように家を出ていった夫。夫には結局気づかれることはなかったものの親友のS子さんには私の露出ミッションを見つかってしまったわけで一晩のミッションが思いがけない出来事によって私の日常を乱し始めていく予感を覚えました。これからどんな顔でS子さんに会えばいいの [続きを読む]
  • 恥ずかしすぎる・・・
  • 私が俯いたまま黙っているとS子さんは手に持っていたゴミ袋をとりあえずゴミ捨て場まで急いで捨てに行き私の元まで戻ってきました。「事情は後でゆっくり聞くから、とにかく早く中に入りましょ」そしてS子さんはパンティ一枚の私の手を引きながら、一緒にマンションの中へと入っていったのです。恥ずかしすぎる・・・。親友に下着一枚で徘徊する姿を見られただけでなく手を引っ張られて歩くなんて。心の友であるS子さんに自分の [続きを読む]
  • 絶対に変態だと思っているに違いない
  • S子さんは、早朝のマンションの外に立つパンティ一枚の私を見て絶句していました。「ごめんなさい」私は両手で胸を隠しながら謝りました。「どうしたの?」S子さんは俯く私に向かって、そっと尋ねてきたのです。絶対に変態だと思っているに違いない。早朝の野外にパンティ一枚でいる事を親友にどう弁解したらいいのか私には分かりませんでした。 [続きを読む]
  • 親友に見られてしまった痴態
  • 想定外の出来事によって、深夜に終えられるはずだった羞恥指令はまさかの早朝にまで及んでしまったのでした。早く部屋に戻らなくちゃ。パンティ一枚のまま早歩きでマンションの周りを歩き終えた私は、マンションの裏側にある出入り口の前まで歩いてきた時でした。いきなり、扉が内側から開いたかと思うとゴミ袋を持った住人の女性が出てきたのです。「いやっ」驚いた表情でパンティ一枚の姿の私を見ているその住人の女性は、なんと [続きを読む]
  • 早朝の露出散歩
  • 数時間ぶりにマンションまで戻って来た私は早く部屋に戻りたかったのですがマンションの周りを三周するという指令を思い出したのです。まだ二周しかしていなかった私は、このままだと恥ずかしい写真をマンション中に撒かれてしまうのです。早くマンションの周りをあと一周しないと。そして陽が昇り始めた空の下で、両手で胸を隠しながらパンティ一枚の恰好でマンションの周りを歩き始めたのでした。 [続きを読む]
  • パンティ一枚の姿で逃げました
  • 夜が明け始めた頃、ようやく道端でしゃべっていた若い男の子たちは何処かへといなくなりました。これでやっとマンションに戻れる・・・。パンティ一枚の姿で住宅街の片隅に隠れていた私は小走りでマンションの方へと駆けていったのです。すると、新聞配達のバイクが突然私の右側の道から走って来たのでした。次の週間、明るくなっていく空の下でその配達員の男性と私は目が合ってしまったのです。見られてしまった。その男性はビッ [続きを読む]
  • 朝が来る前に戻らないと
  • 空が少しづつ明るくなり出すと自分がいかに恥ずかしい姿でいるかが自分でもはっきりと分かり、恥ずかしさが一気にこみ上げてきたのです。早くマンションの部屋に戻らないと・・・。このまま朝が来れば、道を歩く人やマンションの住人の人達も動き出すに違いないのです。そして、寝室で寝ている夫も起きてしまうかも知れないのでした。その時でした。ずっと何時間も道端でしゃがみこんで話をしていた若い男の子たちがついに何処かへ [続きを読む]
  • 住宅街の中で放置プレイ
  • 深夜の住宅街の片隅でどれだけ時間を潰していても若い男の子たちがいなくなることはありませんでした。もしかしたら朝までずっとあそこにいるつもりなのかもと思えました。時計を持っていなかった私は、今何時頃なのか分からなかったのですが、空が少しづつ明るくなってきていたのです。こんなパンティ一枚の恰好のまま夜が明けてしまったらどうしようとだんだん気持ちが焦って来るのでした。 [続きを読む]
  • パンティ一枚で行き場を失いました
  • せっかくマンションに戻って来たのに若い男の子たちが、私を待ち伏せでもするかのように道端に座り込んでいて、このままではパンティ一枚の私はマンションの中に入ることができませんでした。どうしよう・・・。マンションの中に入るには彼らの横を通るしかないのです。でもそんなことをしたら、半裸の私に彼らが何をして来るか分かりませんでした。どうすることもできない私はしばらく深夜の住宅街の片隅に隠れて彼らがいなくなる [続きを読む]
  • 私を待ち伏せする男の子たち
  • 夜の住宅街は街灯の明かりだけが僅かに道を照らし出し、人の歩く気配もなく車も通る事はありませんでした。早くマンションに戻らなくちゃ。思いがけないハプニングのせいとはいえこんな深夜の住宅街の中をまさかパンティ一枚で歩くなんて思ってもいませんでした。そして、マンションまでようやく近づいてきた時でした。20メートルくらい先の場所にさっきの若い男の子たちが座りこんでいて何やら私が戻って来るのを待っているよう [続きを読む]
  • 完全に変態だと思われてしまいそうです
  • どれくらいの間、パンティ一枚のまま走ったのか分かりませんでしたが、息を切らして立ち止り後ろを振り返ると、もう若い男のたちの姿はありませんでした。どうにか逃げ切ったみたいでした。ただ、一心不乱に走ったせいか、気が付くとマンションから離れた住宅街の中にいたのです。どうしよう・・・。こんな場所でパンティ一枚の姿を誰かに見られたら完全に変態だと思われてしまう。私は両手で胸を隠しながら、とにかくマンションに [続きを読む]
  • パンティ一枚のまま走りました
  • 深夜にパンティ一枚で外を歩く私の姿を目撃した若い男の子たちは、私の方に近づいてきたのです。意味深な笑みを浮かべたその顔は獲物を見つけた肉食動物のようで私は恐くなり、マンションの周りを彼らとは逆方向に走りだしたのです。すると、若い男の子達も走って追い掛けてくるのが分かりました。お願いだから来ないで・・・。パンティ一枚のまま、胸も隠さずに私はとにかく走り続けたのです。 [続きを読む]
  • 若い男の子たちのグループに露出を見つかってしまいました
  • マンションの周りを歩く羞恥の徘徊の二週目も終えかけた頃でした。今度は、数人の男の人の声が聞こえてきたのです。しかもその声はかなり若い子達のようでした。深夜に遊んで帰って来たのか、ふざけ合っている様子で、もしも見つかってしまったらとんでもないことになる予感を感じ私は気が動転してしまいました。すると、その悪い予感は当たり、二十歳くらいの男の子たちのグループにパンティ一枚の姿で歩いているところを見つかっ [続きを読む]
  • 私の恥ずかしい姿を何処かで見ているに違いないのです
  • 深夜のマンションの自転車置き場でパンティ一枚の姿でしばらく身を隠しているとどうにかさっきの男の人はいなくなったみたいでした。辺りを見渡して誰もいない事を確認した私はもう一度パンティ一枚のままマンションの周りの徘徊を再開したのです。深夜とはいえ、人が歩いている可能性を恐ろしいまでに感じた私は、さっきよりもさらに慎重に歩き出しました。こうしている今も、私に指令を出した何物かは私のこの恥ずかしい姿を何処 [続きを読む]