アン さん プロフィール

  •  
アンさん: 隣家の嫁の激しいSEX
ハンドル名アン さん
ブログタイトル隣家の嫁の激しいSEX
ブログURLhttp://answay.blog.fc2.com/
サイト紹介文ローンで購入したマンションには、私の人生を翻弄するほどの思いもよらぬドラマが待っていました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/12/21 13:06

アン さんのブログ記事

  • 私を待ち伏せする男の子たち
  • 夜の住宅街は街灯の明かりだけが僅かに道を照らし出し、人の歩く気配もなく車も通る事はありませんでした。早くマンションに戻らなくちゃ。思いがけないハプニングのせいとはいえこんな深夜の住宅街の中をまさかパンティ一枚で歩くなんて思ってもいませんでした。そして、マンションまでようやく近づいてきた時でした。20メートルくらい先の場所にさっきの若い男の子たちが座りこんでいて何やら私が戻って来るのを待っているよう [続きを読む]
  • 完全に変態だと思われてしまいそうです
  • どれくらいの間、パンティ一枚のまま走ったのか分かりませんでしたが、息を切らして立ち止り後ろを振り返ると、もう若い男のたちの姿はありませんでした。どうにか逃げ切ったみたいでした。ただ、一心不乱に走ったせいか、気が付くとマンションから離れた住宅街の中にいたのです。どうしよう・・・。こんな場所でパンティ一枚の姿を誰かに見られたら完全に変態だと思われてしまう。私は両手で胸を隠しながら、とにかくマンションに [続きを読む]
  • パンティ一枚のまま走りました
  • 深夜にパンティ一枚で外を歩く私の姿を目撃した若い男の子たちは、私の方に近づいてきたのです。意味深な笑みを浮かべたその顔は獲物を見つけた肉食動物のようで私は恐くなり、マンションの周りを彼らとは逆方向に走りだしたのです。すると、若い男の子達も走って追い掛けてくるのが分かりました。お願いだから来ないで・・・。パンティ一枚のまま、胸も隠さずに私はとにかく走り続けたのです。 [続きを読む]
  • 若い男の子たちのグループに露出を見つかってしまいました
  • マンションの周りを歩く羞恥の徘徊の二週目も終えかけた頃でした。今度は、数人の男の人の声が聞こえてきたのです。しかもその声はかなり若い子達のようでした。深夜に遊んで帰って来たのか、ふざけ合っている様子で、もしも見つかってしまったらとんでもないことになる予感を感じ私は気が動転してしまいました。すると、その悪い予感は当たり、二十歳くらいの男の子たちのグループにパンティ一枚の姿で歩いているところを見つかっ [続きを読む]
  • 私の恥ずかしい姿を何処かで見ているに違いないのです
  • 深夜のマンションの自転車置き場でパンティ一枚の姿でしばらく身を隠しているとどうにかさっきの男の人はいなくなったみたいでした。辺りを見渡して誰もいない事を確認した私はもう一度パンティ一枚のままマンションの周りの徘徊を再開したのです。深夜とはいえ、人が歩いている可能性を恐ろしいまでに感じた私は、さっきよりもさらに慎重に歩き出しました。こうしている今も、私に指令を出した何物かは私のこの恥ずかしい姿を何処 [続きを読む]
  • パンティ一枚の姿で逃げました
  • 散歩中の男の人は、深夜にパンティ一枚の姿で佇む私を見つけると、一瞬目を疑うような素振りをした後私の方に近づいてきたのです。その顔を見ると、何処となく不敵な笑みを浮かべていて私は何かされてしまうと直感したのでした。そして、思わず裸の胸を隠すこともせずにパンティ一枚の姿で逃げるように走ったのです。どうにか自転車置き場へと逃げ込みそこで身を隠して、男の人が消えるのを待ちました。 [続きを読む]
  • パンティ一枚の姿を見つかってしまいました
  • 二週目を歩き始めてしばらくすると近くで人の歩く足音が聞こえたのです。やだ、また誰か来る・・・。その場に佇み様子をうかがうと深夜に散歩をしている男の人の姿が見えたのです。同じマンションの住人じゃなかったようですが見つかってしまったら何をされるか分からず私はパンティ一枚のままじっと立ち尽くすしかありませんでした。しかしその時、散歩中の男性が私の方に気がついたのです。 [続きを読む]
  • どうにかパンティ一枚のままマンションの周りを歩き終えた時
  • 深夜のマンションの周りをパンティ一枚のまま歩き出した私は遠くで車の走る音が聞こえただけで物陰に隠れながら前へ前へと進みました。こんな時間に歩いている人はいないから大丈夫。自分にそう言い聞かせながら、マンションの周りをどうにかパンティ一枚のまま歩き終えた時でした。マンションのエントランスの方で足音が聞こえたのです。慌てて物陰に隠れると、住人と思われる男の人が帰って来たのが見えました。やだ、もう少しで [続きを読む]
  • こんな姿誰かに見られたら変態だと思われてしまう
  • パンティ一枚の恰好でマンションの廊下へ出た私は深夜とはいえ、住人の誰かと出会わないかと脚を震わせながら歩きました。エレベーターに乗ればカメラに映るため非常階段を使って一階まで降りた私はマンションの裏口から、ついにマンションの外へと出たのです。どうしよう、こんな姿住人の誰かにでも見られたら変態だと思われてしまう。それでもあの紙切れを入れた犯人は私の恥ずかしい姿を何処かで見ているに違いないのです。早く [続きを読む]
  • パンティ一枚のまま外へ
  • 深夜になり、隣のベッドにいる夫はすっかり眠りについているようでした。時計を見たら、深夜1時まであと15分くらいに迫っていました。どうしよう、やらなくちゃ・・・。寝室を出た私は、洗面所でパンティ一枚の姿になり、おそるおそる玄関の方へと歩いていったのです。もしも住人に見つかったら、もうここには住めなくなるかもしれないのです。震える手で、ゆっくりと玄関の扉を開けると廊下の外気が肌を撫でてきました。そして [続きを読む]
  • 羞恥極まりない指令
  • 一通の便せんに「指令」という文字とともに書かれていた内容はあまりにも羞恥極まりないものでした。毎晩深夜1時に、パンティ一枚だけの姿でマンションの周りを三周歩くようにと書かれていたのです。そんなの絶対に無理よ・・・。そう思いながらも、それを実行しなければ恥ずかしい写真をマンション中に撒かれてしまう、そう思うとやらざるを得ませんでした。それにしても一体誰がこんなことを。私は見えない相手に怯えました。 [続きを読む]
  • 突然届いた羞恥指令
  • 部屋の中に居る時に誰かに見られているような違和感がする事を親友のS子さんに打ち明けると、彼女は親身になって話を聞いてくれました。そして今まで以上に我が家にやって来ては私と一緒の時間を作ってくれたのです。そんなS子さんの優しさが本当に嬉しくて私はS子さんにますます精神的に依存していくようになったのです。そんな頃でした。我が家の郵便ポストに一通の差出人不明の封筒が入っていたのです。不審に思いながらも中 [続きを読む]
  • 家の中に誰か侵入したような気配
  • 日中出かけて自宅に帰って来ると家の中に誰か侵入したような気配を感じるのです。特に何かを盗まれたりはしていないのですがテーブルの上に置いてあるものが少し動かされているようなそんな些細な変化が感じ取れたのでした。やだ、気持ち悪い・・・。そして部屋に一人でいる時にも誰かに見られてるようなそんな感覚を覚えたのでした。 [続きを読む]
  • 隣家の嫁は引越していった
  • 隣家の嫁の姿を見なくなってから数カ月が過ぎたある日、平日の日中に隣の部屋に引っ越し業者がやって来て荷物を運び出していったのです。S子さんの話によると、隣家の嫁はどうやらマンションを売り払い引越していったとのことでした。これで終わったんだ、隣家の嫁とのこれまでの様々な出来事を思い出しながら私は感慨に浸りました。そして、S子さんとの関係はますます親密になっていったのです。そんな穏やかな日々が訪れた頃で [続きを読む]
  • 新たな恋の泥沼劇のはじまり
  • 階下に住むS子さんの自宅に私たち夫婦が訪れたのはそれから数日後のことでした。S子さんと私たち夫婦の三人はS子さんの気さくな性格もあって和やかな雰囲気のもと楽しい時間を過ごしました。しかし、この時、私の知らないところで想像を絶する新たな恋の泥沼劇がはじまっていたのです。 [続きを読む]
  • 見かけなくなった隣家の嫁
  • 隣家の嫁が退院して戻ってきたという情報がS子さんから伝えられたあともマンションの中でその姿を見かけることはほとんどなくなりました。ご主人が単身赴任していて一人暮らしの彼女の面倒を見るためか隣家の嫁の妹さんみたいな女性が出入りしているのを目撃しただけでした。「あなたは何も心配しなくていいのよ」S子さんに励まされた私は夫との夫婦関係を安定させていくことだけを考えることにしました。そんな時、S子さんから [続きを読む]
  • 隣家の嫁が退院しました
  • 我が家の夫婦関係が落ち着き始めてからも、階下に住むS子さんは毎日のように日中、我が家にやって来ては私に楽しい話などをして支えてくれていました。こんな素敵な人がすぐ近くに住んでいたなんて隣家の嫁とのおぞましい出来事に精神的に追い詰められていた私でしたがS子さんの存在によって救われたのです。本当にありがとう、S子さんに私は何度も伝えました。その度にS子さんはただニッコリとほほ笑むだけでした。そんな折、 [続きを読む]
  • 帰宅が遅くなってきた夫
  • 夫が我が家に真っすぐに帰るようになってから私もだんだん明るい気持ちで夫と接することができるようになってきました。悪い夢でも見ていたんだわと前の管理人さんとの出来事や隣家の嫁とのいざこざを思い返せるようにもなったのです。ところが、最近になってまた夫の帰りがすこし遅くなり出したのです。とはいえ、入院中の隣家の嫁とどうこうということではなく仕事が忙しいようなので安心はしています。 [続きを読む]
  • 隣家の嫁は精神的な痛手を負っていた
  • 隣家の嫁が入院したという情報が階下に住むS子さんから伝えられました。マンションに怪文書が撒かれ前の管理人さんが辞めていき夫とも別れた彼女は精神的な痛手を負ったに違いありませんでした。そして、彼女の入院を機に夫がもしかしたらお見舞いにでも行って二人の関係が戻るかもしれないと心配したのですが、幸い夫はお見舞いに行った様子もなく普段通り我が家に直帰してくれていたのです。 [続きを読む]
  • 夫と隣家の嫁の間に何があったのか
  • S子さんに言われた日から夫が隣家の嫁の元に帰ることはありませんでした。夫と隣家の嫁の間に何があったのか。S子さんはいったい何をしたのか。夫が隣家の嫁と切れてくれたなら嬉しい半面、突然の夫の変異に、信じられない気持ちが強かったのです。それでもS子さんは毎日我が家に来てはそんな私を慰め、励ましてくれて次第に私も夫の変化を前向きに受け止められるようになった頃隣家の嫁が入院したという情報が入ってきたのでし [続きを読む]
  • 隣家の嫁の元に寄らずに直帰した夫
  • S子さんに励まされた日の夕方いつものように玄関の前でドアスコープから通路を覗いていると夫が突然帰ってきたのです。我が家の前を通り過ぎて隣家に寄ることなくいきなり我が家の玄関を鍵で開けて中に入ってきたのでした。「おかえりなさい」予想外の出来事に慌てる私を見た夫は淡々とした様子で「ただいま」と言うとそのまま家の中に入っていったのです。本当にS子さんの言った通り夫が隣家の嫁に会いに行かずに我が家に直帰し [続きを読む]
  • S子さんの謎の微笑み
  • 夫と隣家の嫁が密会する現場にご近所仲間のS子さんが突撃してくれた次の日の午後、S子さんはいつものように我が家にやって来ました。「昨日はどうだった?」私が心配そうに聞くとS子さんは微笑みながら「大丈夫よ、もうご主人も隣の家には寄らずに真っすぐに帰って来ると思うわよ」と言うのです。まさか、夫が隣家に寄らずに我が家に直行するなんてすぐには信じられませんでした。それでもS子さんは微笑みながらなにも詳しい事 [続きを読む]
  • 大丈夫だから心配しないで
  • S子さんが、夫と隣家の嫁がいけないことをしている現場へ突撃した夜、夫はなぜかいつもよりご機嫌な様子で帰宅してきました。そしてそのあとS子さんからもメールで『大丈夫だから心配しないで』とメッセージが届いたのです。いったい隣家で何があったのか、何も詳しい事は分かりませんでした。ただ、私が想像していた修羅場にはならなかったことだけは確かなようでした。S子さんは夫と隣家の嫁の仲を引き離してくれたのかしら、 [続きを読む]
  • 珍しくご機嫌な夫の帰宅
  • 隣家での修羅場を想像して不安を抱いていた時突然玄関の扉が開く音が聞こえS子さんが戻ってきたと思った私は慌てて玄関の方に駆けていきました。すると、玄関から入ってきたのは夫だったのです。「おかえりなさい」S子さんだとばかり思っていた私はすこし動揺しながら声を掛けると夫は珍しくすこしご機嫌な様子で返事をかえしてきてくれたのです。なにがあったのかしら。てっきり修羅場を想像していた私には予想外の夫の様子でし [続きを読む]
  • 隣家は修羅場になってるかも
  • 夫と隣家の嫁がいる部屋へと押し掛けていったS子さんを私は期待と不安の入り混じるなか見送りました。そして、隣家で起きていることに色んな想像を膨らませていたのです。S子さんが隣家に突撃してから30分、1時間と過ぎていきました。なかなか戻って来ないS子さん。もしかしたら隣家は修羅場になっているんじゃないか。そんな不安が過ぎりました。夫と隣家の嫁とS子さんは言い争いでもしておかしなことになってなきゃいいけ [続きを読む]