ひぷ さん プロフィール

  •  
ひぷさん: 断捨離ズム
ハンドル名ひぷ さん
ブログタイトル断捨離ズム
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/euc-jp/
サイト紹介文投資で1000万円を超える大損を追った経験を振り返ることで、誰かの役に立ちたいのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/12/25 22:39

ひぷ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 保険に入りすぎの人は権藤になれない
  •  久しぶりにマルサの女を見ていたら、有名なあのシーンが。脱税の容疑者である権藤のセリフです。 「あんた、今、ポタポタ落ちてくる水の下にコップを置いて、水貯めてるとするわね。あんた、喉が渇いたからってまだ半分しか溜まっていないのに飲んじゃうだろ?これ、最低だね。なみなみ一杯になるのを待って、それでも飲んじゃだめだよ。いっぱいになって、溢れて、垂れてくるやつ。これを舐めて我慢するの。そうすりゃコップ [続きを読む]
  • 元旦に思う
  •  明けましておめでとうございます。 世の中は、年が開けたら早速セール情報で溢れています。この一年で雨後の筍のように増えた情報メディアの中には本当にいい加減なものが少なからず混じっているというのが実感です。 その一つが福袋に関するもの。「書き入れ時であるからお得」、といったものが散見されます。中身が云々といった情報は買うことが前提であるため、現状で欲しいものが無い人にとってはそもそも情報に接するこ [続きを読む]
  • 断捨離の日に思う
  •  昨日は一年で一番断捨離される日ではないでしょうか。我が家では日頃から整理しているのですが、それでも処分品がいくつかは出ました。 モノが捨てられない人の心理は、「いつか役に立つ」、「買えばお金がかかる」であり、「使えるもの=資産」という考えが頭にあるようです。 ところが日頃使わないモノというのは資産ではありません。資産というからには換金性がなければダメですが、よほどの高級品で、しかも保存状態も良 [続きを読む]
  • 姑息なネット広告
  • ネット広告が姑息さを増しています。ネット広告とは、webページを閲覧中にコンテンツとともに表示される広告のことです。 ネット広告がメインコンテンツより目立つようなものはまだ可愛い方で、紛らわしいもの、表示位置を不自然に操作することで誤 を誘うものが非常に多くなりました。 また、違法性の是非を議論する際に、法律に抵触するかどうかだけに焦点が絞られ、ユーザーの利益など完全に置き去りです。モラルな [続きを読む]
  • クラウドソーシングの正体
  •  クラウドソーシングについて、過去にはこんな記事が。 これが本質です。仕事を出す側、受ける側。質を担保するようなものに使えるわけがありません。 仕事の値段には相応の理由があり、「無理を通せば道理引っ込む」なのです。モノ買いならいざしらず、開発ものや創作もので、値段を下げるとは質を下げることに他なりません。 [続きを読む]
  • トランプ円高&円安?
  •  ドナルド・トランプが大統領選で買った瞬間、1ドルは100円台まで下落しました。 その翌日から、毎日のようにドルが上がっていき、いまでは1ドル110円ほどまで来ました。 BREXITの時のそうでしたが、悲観から来る恐怖は「雪の降る屋外」へおっぽり出されるが如く、一気に押し寄せます。 対して、期待はぬるい風呂に沸かしながらは入るようにじわじわ押し寄せます。 その期待もどこかで裏切られた(と人々が感じた)時、「雪の [続きを読む]
  • JR九州上場
  •  本日、JR九州が上場しました。公開価格2600円に対し、終値は390円↑の2990円。 人口減に各種自然災害と逆境の吹く九州ですが、収益の柱は旅客事業ではなく不動産。駅ナカなど駅前商業施設が収益の柱だとか。 JR東日本なども駅ナカや駅シタなどが大きな収益源となっていて、税金で線路引いてもらったのにズルい!と思うか、巨額負債を引き受けて見事黒字化を果たしてエラい!と思うか、人によって意見が割れそうです。 [続きを読む]
  • トランプ大統領
  •  暴言ばかりが目立つ、米・トランプ大統領候補。10数年前のスキャンダルは、人間性を浮き彫りにしたのか、或いは過去は過去なのか。遠い日本でも評価は真っ二つ。 米国内でも同様で、トランプが大統領になったらカナダへ移住すると息巻く(実行しそう)な人は、2ケタ3ケタでは済みそうもありません。 まったく見えて来ないトランプの大統領としての素養と政策。「トランプ暴落」はあると言われていますが、民主党のクリントンな [続きを読む]
  • お金の流れ
  •  スマホゲーム全盛です。暇つぶしにもってこいという印象で気軽に初め、ハマってしまうのでしょうか。 ゲーム内課金について思うのは、お金の流れです。 ?日本中どこへ行っても通用する円をゲーム内のみ通用するアイテムへ交換 ?ゲームで得たアイテムや成長アカウントをRMTで現金へ交換 ?は多くの場合はゲーム内で規制されており行うことが出来ませんが、私ならゲーム画面内でしか着られない洋服アイテムより、日本のどこで [続きを読む]
  • 断捨離?
  •  捨てられない人からすると、捨てるということ自体が凄い事なのですが、なんだか見ていて辛くなる内容が多い気がします。 長く愛用していた器や服などを捨てるのですが、最後に「スペースが空いてスッキリ」というコメントが多いからです。その空いたスペースに新しいモノを置く気満々に見るからです。 「断捨離」とは、物への執着を捨て、生活をミニマイズすることであり、物の入れ替えを行うわけではないのですが、それでも [続きを読む]
  • トランプ vs サンダース
  •  米国の大統領選、共和党はトランプが指定獲得で決まりそうです。一方の民主党は、目下サンダースがクリントンをリードする格好。 トランプが大統領になった場合、米国の孤立と中国との対立激化(中国だけではないですが..)など、外交関係がめちゃくちゃに。 一方、サンダースは民主党らしく反富裕層ということで、ダウ暴落などがありそうです。 一つ言えることは、いずれの候補が大統領になっても、米国は凋落するということ [続きを読む]
  • ヘッジの方で稼ぐ
  •  大損投資家は、塩漬け株を持っていてなんぼです。キャピタルゲイン狙いだったくせに、配当が出るからなどと言い訳しながら塩漬けのままです。 それでは面白く無いので、資金に余裕ができたら入金して空売りで利益を出そうとします。それでも怖いので、信用買いと空売りの両建てです。 信用買いを利用する理由は、現物だと買値がナンピンされてしまうからです。少し下がったら買い、少し上がったら空売りします。 信用だけで [続きを読む]
  • はてブロは面倒
  •  はてブロでも同じブログ作ってみたのですが、別々に記事アップしないといけないのですね。編集もはてなダイアリーより面倒なので放置しちゃってます。 再び円高が進んでますね。1ドル111円台です。3月決算も見据えるなら、円高で連れ安している内需株は、上方修正の可能性があるので、底値を拾いたいところです。 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  •  明けましておめでとうございます。 2016年はしょっぱなから波乱です。サウジアラビアとイランは断交する、中国経済はやっぱりボロボロで市場もサーキットブレーカー発動、東証も500円超のマイナススタートと不安材料てんこ盛り。すぐカタが付くような話ではない事も懸念材料です。 一番心配なのは我が日本です。消費増税を争点としない同時選挙が行われる可能性が出てきました。いずれにしても、漂流する一年にならない事を [続きを読む]
  • バズーカ、暴発
  •  日銀のバズーカ3が不発、いえ暴発しました。緩和だか何だか分からず市場参加者が右往左往した模様です。 それはいいのですが、これだけ緩和に飢えていると、引き締めなど夢のまた夢という印象です。よほど景気拡大規模が大きいか、期間が長く盤石か、人口でも増加し始めるかでもしない限り、利上げなど出来ないのではないでしょうか。 2017年には消費増税が行われ、今度こそデフレ氷河に氷漬けとなりそうな日本。嘘でもいい [続きを読む]
  • ロッテ上場?
  •  郵政三社に続くビッグニュース、になるかも知れません。 ロッテがコーポレート・ガバナンスの透明性向上を目的として、上場を検討しているそうです。 今年起きたお家騒動のおかげで「上場していない意外な企業」ランキングのトップに踊りでたロッテ。内幕が知られるにつれ、収益も悪化しているとか。韓国との仲が悪くなった事も影響しているのかも知れませんが。  上場しても、上場ゴールや粉飾連発の昨今。それに加えて信 [続きを読む]
  • 偽装と価値観
  •  また建物の偽装問題で日本が揺れています。規制をどう変えようとも繰り返される偽装問題。 その根底には、日本人の価値観の変容があるように思えます。利益のためには他社の利益がどうなろうと構わない、納期のためには住人がどうなろうと構わない。「自己愛の偏重」と言い換えて良いでしょう。 個人でも、自分の時間を割くのが嫌で結婚や恋愛しない、他人と関与するのが嫌で正社員にならない、など枚挙に暇がありません。犯 [続きを読む]
  • 景気と金利と米国利上げ
  •  世界が注目の米FOMC。9月は利上げをしませんでした。早速ドルが売られており、1〜2円ほどの円高になっています。 利上げ=金融引き締め。利上げされればお金を借りたい人には逆風です。一方、お金を貸す銀行にとっては貸すインセンティブが働きます。 米国が利上げした場合、恐らく0.25%引き上げとなったかと思います。1億ドルの0.25%は25万ドル。融資期間は1年てことはないでしょうから複利で掛かるでしょうが、今の米国企業 [続きを読む]
  • チャイナショック、じゃない
  •  日経平均が下げに下げています。上がってもダレる展開です。 これを中国や米国に原因があると考えている方が殆どですが、「東証・東芝ショック」ではないかと思うのです。「チャレンジ・ショック」と言ってもよいかも知れません。防衛装備品を納めている東芝を救えとばかりに監督官庁が東証に圧力をかけたのかも知れません。 いずれにせよ、デタラメな決算でも上場維持OKとなれば、現在上場している企業も、将来上場する企業 [続きを読む]
  • トヨタの発行した種類株
  •  いつのまにか、トヨタの株価が8000円台を回復してました。前人未到の領域に突入してるのですから、当然なのでしょう。他の企業もこの種類株による資金調達に追随するか、注目です。 5年縛りの新型株(AA型種類株)発行は同数の自社株買いによる希薄化防止策が講じられました。トヨタは紙切れが5000億円に化け、新規株主は30%近いプレミアムを得られ、既存株主は5000億円資本増強されたトヨタに期待をかけることができる、という [続きを読む]
  • 中国の株バブル崩壊
  •  中国は、今年3月以降株バブルでした。そして7月にバブルは崩壊しました。 「バブル崩壊」なんて聞くととんでもない出来事が起きたように感じますが、実態に見合わない価値=バブルですから、適正水準へ戻ろうとしているだけです。 別に、株バブルが崩壊したために中国経済がドン底へ落ちるのではなく、それ以前から既にドン底でした。バブルによって生き永らえていただけです。 中国政府はバブルの演出なんてしてないで、 [続きを読む]
  • ドイツってば。
  •  ユーロ諸国は、単一通貨でありながら経常収支はバラバラです。ドイツなどはEU諸国に物を売れるようになってウハウハ。ユーロの恩恵を一身に受けています。 一方、ギリシャなどはひーひー言っているわけですが、ユーロにしちゃったお陰で身動き取れません。 ここは一つ、儲けてる国はそうでない国を自動的に支援して、全体で丸く収まるような仕組みを導入すればよいのでは、と思います。さらにはEUへの出入りも割と自由で良い [続きを読む]
  • 過去の記事 …