baron さん プロフィール

  •  
baronさん: 総務部でもないのに社労士試験に挑む
ハンドル名baron さん
ブログタイトル総務部でもないのに社労士試験に挑む
ブログURLhttp://baron-sharo.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文総務・人事とは無関係な40代男子がつづる受験記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 179日(平均1.3回/週) - 参加 2013/12/26 17:48

baron さんのブログ記事

  • 今年の連休も勉強
  • 不合格後の社労士試験の本格的な再開は、いつもこの連休が本格再起動のタイミング、でした。さすがに今年はオール遊びで過ごせるかと思いきや、数年続いた連休の過ごし方は容易に変えることができず、最終日の今日7日だけは家族に頼んでオール勉強デーとさせてもらいました。もっとも、そもそも仕事で必要なのでこの休み中に知識を整理しておかなければならず・・・いまだにテキストを手放せません。それにしても、「さいちん」と [続きを読む]
  • 転職1か月、無事終了
  • 先輩社労士に連れられて、東京都の社労士会を訪問。御茶ノ水駅前の、かつて日立製作所の本社ビルがあったあたりが大改造されて、「ソラシティ」やら「ワテラスタワー」に生まれ変わっていたのは知っていましたが、まさかこの建物の中に社労士会があるとは夢にも思わず・・・受験案内も置いてありました。ここの記事で予想した通り、青色でしたね。受験案内のページが増えてるそれにしてもあっという間の4月でした。一番よく使った [続きを読む]
  • 【特報】ロハコでカカオ95%大容量サイズが販売再開
  • 今年1月20日にエントリーした記事、チョコレートで脳を若返らせる?でご紹介した「チョコレート効果95%」の「ロハコ限定パッケージ」。800グラムも入った大容量サイズで、周辺のスーパーよりグラムあたりの単価が最も安い。ところが、もともと3月末までの限定販売だったところ、あのロハコの倉庫の火災で販売中止になり、買えずじまいで4月になってしまいました。「もしかして販売再開してないかなぁ」と思ってのぞいてみたら、な [続きを読む]
  • 再び基本書を読み込む毎日
  • 顧問先というほどの関係ではないのですが、取引先から「育児介護休業規程を作ってくれ」という依頼を受けました。なんでも、近く出産予定の社員がいるんだが、育休規程がない。休業することにやぶさかではないんだが、ルールがないと対応のしようがない。「念のために」と、就業規則を見せてもらったところ、ずいぶん古めかしい冊子を出されました。「う〜ん、育介規程だけではなくて全般的に見直したほうがいいかもしれませんねぇ [続きを読む]
  • 受験案内のページが増えてる
  • ようやく今年の試験の実施概要が公示されました。私の長い受験歴の中でもダントツに遅い公示です。なぜそんなこと知っているのかって? 見てください。この受験案内のコレクション!写真一番上にあるのが、記念すべき初受験の「第42回(平成22年度)」の受験案内。これを見ると、受験案内のカラーは「黄→ピンク→緑→青」と来て、また「黄→ピンク→緑」と来ていましたから、今年は青色ですか? 社労士連合会のHPにアップされて [続きを読む]
  • 実務の世界へ
  • 総務部でもなかった私が、ちょっと社労士試験に受かってしまったばかりに、今までのキャリアをリセットして転職。ホントにここまで来てしまった。もう、あとには引けません。今週、社労士と名の付く方と10人にお会いしました。よくある個人事務所的な社労士先生ではなく、社労士法人でバリバリやっているような社労士の方々。おばさまだったり、にーちゃん、ねーちゃんだったり。外見だけで見たら、たぶん社労士試験に受かるような [続きを読む]
  • あぁ、退職
  • ホントに退職してしまった。会社からこんな書類をもらうと、実感。試験でさんざん学んだ「雇用保険被保険者離職証明書」も、リアルに実感。離職票は不要なんですが、「特に希望」してあえて入手。あぁ、これが本人記述欄ね。あぁ、確かに3枚つづりで3枚目が離職「票」になっているのね。もっと早くからこれを見ていれば、試験勉強も具体的に理解できていたのになぁ・・・退職時には、普段あまり行かない総務部へ出向いて手続きす [続きを読む]
  • 有給消化中
  • 20年勤めた会社を退職するにあたり、あらかたすることもなくなったので有給を消化しながら退職日を待つ日々。ずいぶん前に、「辞め際の有給休暇の取り方で退職理由が垣間見える」なんて記事を書きました。退職間際の有給休暇私の場合、けっして今の会社に恨みなどなく感謝しかないのですが、さすがに4月からの新しい体制を前にして居場所がなくなってきました。ただ、3月末までは売上部門の責任者であることに変わりはないので、 [続きを読む]
  • iDeCoセミナー行ってきた。なぜって?
  • 先日、東京の汐留で開催された「iDeCo」セミナーに行ってきました。最近よくある金融機関主催の「DCセミナー」とは異なり、国民年金基金連合会主催とあって、式次第を見ると「厚生労働大臣のご挨拶」なんてある・・・おっ、塩崎さん登場か?と思いきや、「公務多忙」とやらで、それでも橋本副大臣がお出まし。この人、私と同年代なんだよなぁ。そしてiDeCoのTVCMで出演中のカトパンも登場。セミナー会場での生写真撮影はNGだったた [続きを読む]
  • 年アド2級試験、おつかれさまでした
  • たいへん遅くなりましたが、年アド2級を受験されたみなさん、本試験たいへんおつかれさまでした。各種情報を総合すると、今年はずいぶんと試験の傾向を変えてきた様子。「過去問を何回か回しときゃいーんだよっ」という定説を覆すような内容だったとか。もし、私が社労士とか年金とかの仕事をしていれば、今回の年アド2級もちゃんと受験し、「受験者としての感想」を述べるべきところなんでしょうが、まったく本業とかかわりのな [続きを読む]
  • 【年アド2級対策】試験当日は悪あがきせよ
  • いよいよ試験が今週末に迫ってきました、年アド2級。あっという間ですね。普通、この手の試験は午前中から始まることが多いですが、年アド2級の試験開始時刻は13時30分。早起きしてアタマの回転を良くしておく、なんてこととは無縁。午前中の過ごし方次第で、今まで覚えてきたことがスッパリ忘れられてしまうことのないように注意してください。試験当日は開場と同時に着席するようにしてください。けっこう現場は混乱しています [続きを読む]
  • 【年アド2級対策】記述の型を覚えよう5(遺族給付)
  • 遺族給付の記述の型のうち、障害給付の記述の型の「初診日」を「死亡日」に置き換えれば済むもの以外ですと、主な記述の型はこんな感じです。【遺族厚生年金を受給できる理由】○夫さんの死亡は老齢厚生年金の受給権者の死亡であり、○夫さんの死亡の当時、○子さんは○夫さんによって生計を維持されていた配偶者であり遺族厚生年金を受給できる。○夫さんが「特別支給の」老齢厚生年金受給権者だったり、単に「受給資格期間を満た [続きを読む]
  • 【年アド2級対策】記述の型を覚えよう4(障害給付)
  • 【障害認定日の定義】障害の程度の認定を行うべき日をいい、初診日から起算して1年6月を経過した日または1年6月以内に治った場合は治った日(その症状が固定し治療の効果が期待できない状態に至った日を含む)をいう。ド定番の「型」です。具体的に障害認定日を書かせる場合もあります。1年6月経過日だけではダメで、「治った場合は治った日」「症状固定」のフレーズも忘れずに。なお、人工透析の障害認定日は「開始日の3月 [続きを読む]
  • 【年アド2級対策】記述の型を覚えよう2(老厚と基本手当)
  • 【老齢厚年と基本手当との併給調整】求職の申込みをした月の翌月(平成○年○月)から受給期間(1年or1年60日)が経過した日の属する月又は所定給付日数を受給し終わった日の属する月までの間、支給停止される。受給期間を「1年」とするか「1年60日」とするかは問題事例に合わせてください。「受給期間」と「所定給付日数」の両面を記すのがポイント。【有利受給】雇用保険の基本手当を受給中は、その間特別支給の老齢厚生年金 [続きを読む]
  • 【年アド2級対策】記述の型を覚えよう1(老基)
  • それでは最後の年アド2級対策、「記述の型」に行きます。ここからページを何回かに分けます。まずは老齢基礎年金関係。【60歳到達月からできる老齢基礎年金額の増額方法】65歳に達するまでの5年間、国民年金に任意加入して保険料を納付し、さらにこの間の付加保険料を納付する平成○年○月以後の免除された期間の保険料を追納する平成○年○月〜平成○年○月までの未納保険料を後納する「○」のところは事例に沿った数字を入れて [続きを読む]
  • 【年アド2級対策】短文・単語記述は先に解く
  • 前回の記事で、記述させる内容がざっくり3種類に分けられると述べました。事例に合わせた計算式と、その式によって導き出した数字(金額とか月数とか)を書かせるもの各種年金が受給できる理由、併給調整の方法、増額するため手段など、さまざまな知識を事例に沿って「簡潔に」説明するもの「穴埋め式」や「短文記述」の方法で知識を問うものこのうち、最も容易に取り組めるのが「3」の「穴埋め」や「短文」で書かせる記述問題で [続きを読む]
  • 【年アド2級対策】記述の種類は大きく分けて3種類
  • ひとくちに記述式といっても、いろんな記述内容があります。ざっくり、3つの種類に分けられると思います。事例に合わせた計算式と、その式によって導き出した数字(金額とか月数とか)を書かせるもの各種年金が受給できる理由、併給調整の方法、増額するため手段など、さまざまな知識を事例に沿って「簡潔に」説明するもの「穴埋め式」や「短文記述」の方法で知識を問うものおそらく、多くの受験生がアタマを抱えるのが「1」でし [続きを読む]
  • 【年アド2級対策】試験まであと2週間!
  • 約2週間後、3月5日(日曜日)は年金アドバイザーの試験日です。「せっかく申し込んだけど、テキスト見てやる気なくなっちゃったよ〜。う〜ん、でも受験料も払ったしテキストも買っちゃったし、もったいないなぁ」という後悔の気持ちでいっぱいの方が多くいらっしゃることでしょう。かくいう私もそうでした。社労士試験までの「知識のつなぎ」として申し込んだはいいが、やっぱり社労士試験とは内容が違う。社労士試験に関係ない共 [続きを読む]
  • 帰任命令
  • いろんな夢や希望を抱いて多くの人がひとつの会社に集ったのに、ポツリポツリと辞めていく。それも私より社歴の浅い若手が。そんな姿に胸を痛め、「社員が辞めない会社を作る」「何かの縁で集まった会社という集団を活気付けたい」と、長らく在籍していた制作部門からまったく畑違いの総務部門への異動を経営陣に申し出たのが2008年。結局、聞き入れられず、ならばと発言の「本気度」を示す証として社労士試験へ取り組み出したのが [続きを読む]
  • 意外と求人が多い社労士事務所
  • 「リクナビ」やら「マイナビ」を眺めていたら、社労士事務所の求人が思った以上に多いです。有資格者はもちろん「勉強中の方も歓迎」なんて書いてある。「無給でもいいから修行させてくださいっ」というのがフツーなのかぁと思っていたら、そうでもないようです。こんなサイトも見つけました。ヒビコレ。「社労士の求人転職サイト」と銘打つだけあって、これでもかってくらい社労士事務所の求人があります。社労士に特化するくらい [続きを読む]
  • 働き方改革に思う
  • 会社は誰のものか?この質問に、私は一も二もなく「お客様のもの」と答えてしまう人種です。「株主」とか「従業員」とかいう発想はまったく浮かんできません。なぜか。会社は、社会に存在する何らかの課題を解決するための存在。「あ~、腹が減った〜」という課題が存在するから食材を売るスーパーがあったり、食事を出してくれるレストランがあったり、「あそこに早く行きたい」と思う課題解決のために交通機関があり、「楽しく過 [続きを読む]
  • チョコレートで脳を若返らせる?
  • 昨日、こんな記事を目にしました。そうか、どおりでアタマが冴え渡ったわけだ。カカオを多く含むチョコ、毎日食べると脳が…内閣府のプロジェクトチームと食品メーカーの明治は18日、カカオを多く含むチョコレートを中高年の男女30人に4週間にわたり毎日食べてもらったところ、学習などにかかわる大脳皮質の量が6割の人で増えたと発表した。脳の機能が平均1〜2歳若返った可能性があるといい、今後は対象者を増やした長期的 [続きを読む]
  • 年アド受ける?
  • 3月になれば年金アドバイザーの試験があります。申込み期限は来週1月18日水曜日、23時30分。≪銀行業務検定協会ホームページ≫http://www.kenteishiken.gr.jp/社労士受験生にとっては年金各法の腕試し、あるいは知識をつけるための機会として位置づけられることが多いですが、はたしてどうでしょうか。受験料、テキスト代、当日の試験会場までの交通費等を考えると、おおむね1万円前後の費用がかかります。いくら社労士の勉強で [続きを読む]
  • 目標は紙に書き出す
  • 年が変わって、まずすることと言えば手帳の切り替え。3年前からコレを使っています。1日1ページ型の手帳は「ほぼ日」が有名ですが、あっちは作り手の意志が強過ぎてちょっとしんどい。こちらは余計な装飾はほとんどなし。1日1ページ型だとどうしてもページ数がかさばりますが、まぁ、許容範囲の重さ。分厚いながら、どのページを開いても戻ってしまうことのない製本。インクペンで書き込むと若干裏写りがする紙の薄さが玉にキズで [続きを読む]