akifuyu102 さん プロフィール

  •  
akifuyu102さん: 音楽いろいろ鑑賞日記
ハンドル名akifuyu102 さん
ブログタイトル音楽いろいろ鑑賞日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/akifuyu102/
サイト紹介文クラシック音楽、オーディオ、地元の風景など、いろいろと綴っています。
自由文クラシック音楽、好きやねん
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/12/26 18:26

akifuyu102 さんのブログ記事

  • お得なアマゾンのプライム会員
  • amazonのプライム会員に入会して二ヶ月余り。当初は「無料お急ぎ便」を使って、30日間の無料体験が終わったら立ち去ろうと考えていました。ところがところが無料体験期間の大半を過ぎた頃、映画もTV番組も見放題の「プライム・ビデオ」を試してみたら、何とこれがコンテンツも豊富で楽しめるのです。そんな訳で、自動更新を経て有料会員に成りました。反対にTSUTAYAのレンタルサービスは不必要となり更新通知ハガキを放置。自然解 [続きを読む]
  • WiFiでつなぐ便利なSDカードリーダー
  • 最近、WiFi SDカードリーダーなるものを購入しました。私が知らないだけで製品としては3年前に発売が開始されていました。【Panasonic BN-SDWBP3】本製品は文字通りWiFiでつなぐことが出来るSDカードリーダーです。WiFiによる同時接続数は最大5台で、そばにいる複数の仲間に写真データを渡すのに便利です。私にとって本製品の一番の用途はスマホやiPadで撮り貯めた写真データを回収することです。特にiPadはSDカードなどの外部スト [続きを読む]
  • 西向く花托の不思議 - 花壇のある風景(161)
  • 葉も大きくなり、背丈もグーンと伸びて、ギュウギュウ詰め状態になった市場池公園のハスもいよいよ見頃を過ぎ、花托(かたく)だけになったものが目立って来ました。ハスは花が散った後の変化も面白いです。花托は最初、真上を向いていますが徐々に西を向くようになります。何とも不思議ですね。【撮影場所:摂津市_市場池公園】 [続きを読む]
  • 山崎伸子 with 小菅優 / チェロ・リサイタル Vol.8
  • 8月に入ってからは家の設備不調を改善すべく取り組んでおりました。網戸の張替え、台所水栓の交換、風呂と台所のコーキング処理など、材料は全てネットで注文し、WebやYouTubeの力を借りて、素人でも時間は掛かりましたが何とか出来ました。お陰で出費は抑えることが出来、達成感も得られました。さて、今日は山崎伸子さんのチェロを聴いています。2007年から10年間に渡り、チェロのために書かれた珠玉の作品を演奏し続けてこられ [続きを読む]
  • チョ・ソンジン / ショパン:ピアノ協奏曲第1番
  • 2015年、21歳でショパン国際コンクールに優勝し、翌年1月にはドイツ・グラモフォンと専属契約を結んだ人気絶頂のチョ・ソンジンの演奏を聴いてみました。ロマンティックな雰囲気で盛り上がる2楽章において、チョ・ソンジンというピアニストの本領が遺憾なく発揮されていると思いました。何とも切なく、ノクターンのような叙情的で美しい調べ。きらめくようなピアニッシモに癒やされました。CD:UCCG1755の録音風景----------------- [続きを読む]
  • ユニークなデザインのブルートゥース型スピーカー
  • ブルートゥースでつなぐ小型のスピーカーを購入しました。SoundPEATS(サウンドピーツ)という、初めて聞くメーカーのものでしたが7月11日のAmazon Prime Dayで何かと物色中、デザインに一目惚れし即決。600mlのペットボトルとほぼ同じサイズというのも良いですね。Model:SoundPEATS-P5横置きにして使用することも出来ます。バックに写っているのはiPad+専用キーボードiPadの横幅よりも約5cm小さいです。長い2本のゴム足で安定し [続きを読む]
  • ラデク・バボラークの芸術 / シュトラウス親子のホルン作品集
  • ラデク・バボラークのホルンでシュトラウス親子の作品集を聴いています。CDのブックレットで初めて知ったのですが、リヒャルトの父、フランツはドイツでも屈指のホルンの名手だったそうです。そうと知ればリヒャルトの作品にホルンの見せ場が多いのも合点がいく。先日聴いた室内楽版のモーツァルトのホルン協奏曲同様、バボラークさんのホルン演奏の真価がこのCDでも遺憾無く発揮されています。ホルンを聴いているのに、一瞬「今、 [続きを読む]
  • 市場池のハスが見頃 - 花壇のある風景(160)
  • 大阪も7月に入ってからは気温が30℃を越える日が続いています。今朝もいっぱい汗をかいて来ました。定例散歩コースの市場池公園でもハスが見ごろを迎えました。今年は開花が少しゆっくりで心配しましたが蓋を開けてみれば、例年以上に花の数が多いです。蕾の姿も沢山見えています。8月に入っても十分楽しめそうな勢いです。【撮影場所:摂津市_市場池公園】 [続きを読む]
  • ラデク・バボラークの神業 / モーツァルト:ホルン協奏曲
  • ラデク・バボラークのホルンでモーツァルトのホルン協奏曲を室内楽版で聴きました。これは誠に素晴らしい演奏です。バボラークさんが世界トップクラスのホルン奏者だと認識はしていたものの、ここまで凄い演奏をなさる方とは想像もしていませんでした。最早、世界最高峰のホルン奏者ではないでしょうか。バボラークさんのホルンは全音域を通じて信じられないほど美しく、柔らかな音色です。そして豊かで精細な表現力、完璧な演奏で [続きを読む]
  • コリン・カー / J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)
  • イギリス、リヴァプール生れのコリン・カーのチェロでJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲を聴いてみました。コリン・カーの情報を求めてGoogleで検索をかけてみたがさしたる情報は得られない。このCD以外にコリン・カーが主力となって登場するCDも見当たらない。このCDに関する紹介記事がタワーレコードオンラインとローチケHMVに載っているのですが、どうやらコリン・カーに関してはこれが唯一詳しい情報になるらしい。よって粉飾せず [続きを読む]
  • 近隣で楽しむ蓮の花 - 花壇のある風景(159)
  • 今日も市場池公園のハスの開花状況を見て来ました。開花しているのは4、5輪といったところ。ラッキーなことに一輪だけ手摺り近くで綺麗に咲いていました。露出をマイナス補正にすると花にだけスポットライトが当たったよう。手摺り近くの蕾が次回の訪問を楽しませてくれそう。池の中の通路付近にも何本か蕾がありました。イャッホー、今年は撮影スポットが多いぞー。小さな花の集合体「ランタナ」、近隣では割りと見かけます。こ [続きを読む]
  • 自転車メンテナンス迷走記-5
  • 自転車で静かな所を走っていると、ベダルを漕ぐ度にカッタカッタと異音が聞こえます。それが気になって、少し前から整備も兼ねて原因探しをしていました。ボトムブラケットのグリスアップ、チェーンの交換、クランクギヤの交換、内装3段変速機を分解して内部を確認するなど、かなりの時間を費やして来ました。結果は、前回の「自転車メンテナンス迷走記-4」の通りで、労力の甲斐なく、カッタカッタと鳴り続けています。完全に敗退 [続きを読む]
  • ハス一輪、天竺斑蓮 - 花壇のある風景(158)
  • 梅雨に入ってから、漸く昨日まとまった雨が降りました。弊ブログ恒例の市場池公園の紫陽花とハスの状況を見て来ました。【摂津市_市場池公園】恵みの雨を身にまとった紫陽花も流石に2週間も強い日差しを浴び続けるとそのダメージから回復出来ずにいました。幸いにも、これから花咲かそうとしている生き生きとした雰囲気の紫陽花を見つけ、ホッと。一方、ハス池の方はと言うとやっと蕾が姿を現し始めたところ。今年は開花が遅れて [続きを読む]
  • 自転車メンテナンス迷走記-4
  • もうかれこれ半年以上も前からだろうか。自転車のベダルを漕いでいると、カッタカッタと異音がする。自転車のスタンドを立てた状態ではペダルを回しても異音はせず、原因と考えられる箇所がずっと特定出来ずにいる。そこで、異音が発生する原因調査とメンテナンスを兼ねて、ボトムブラケット〜後輪までの回転系を分解掃除して行くことにしました。以下のように作業を進めておりましたが、異音は一向に無くなる気配なし。1)ボトム [続きを読む]
  • 中木健二 / J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)
  • アマゾンの「無料お急ぎ便」が使いたくて、とうとうプライム会員に入会。現在は無料体験中で、聴き放題サービスの「Prime Music」を中心に試しています。無料体験できる30日間はたっぷりと試して、使い心地を確認したいと考えています。聴きたい曲を色々と集めているとチェリストの中木健二さんの素晴らしい演奏に巡り会いました。曲はバッハの無伴奏チェロ組曲です。音楽を聴く時って、その時時で体調や心の状態が違っていると思 [続きを読む]
  • 本日、梅雨入り宣言 - 花壇のある風景(157)
  • 本日、近畿地方でも梅雨入りしたと気象台から発表がありました。待ってましたとばかりに雨の中、濡れてかまわぬボロカメラ手に。【定番の市場池公園】久しぶりの長雨に紫陽花たちもキラキラと。う〜美しい!やっぱり、来てよかった。滴る雨粒もいいね。(^^)花より葉っぱが生き生きと。市場池公園の紫陽花もボチボチ見頃に。足元にはたくさんの水たまり。靴の中もズブ濡れ状態。それを知ってか人一人居ぬ。何だか空気まで清々しい。 [続きを読む]
  • 城北菖蒲園(しろきたしょうぶえん)
  • 回遊式の花菖蒲園として人気の城北菖蒲園に初めて行ってきました。現地へはJR大阪駅から大阪市営バスに乗って約20分、下車した城北公園前停から5分で城北菖蒲園に着きました。都会のバスだから渋滞を覚悟していたのですが思いの外順調。【城北公園_大池】園内に入ると既に沢山のお客さんで賑わっておりました。【城北菖蒲園】約1.3haの敷地に約250品種、約13,000株の花菖蒲が植えられています。昭和39年5月に開園以来、半世紀を超 [続きを読む]
  • 江崎昌子 / ショパン:夜想曲集
  • ショパンの夜想曲といえば、ルービンシュタインやアシュケナージの演奏が有名ですね。私も最近までアシュケナージの演奏を愛聴しておりました。昨日、いつものようにナクソス・ミュージック・ライブラリーで色んな奏者の演奏を比較試聴していたところ、江崎昌子さんの演奏に痛く心を打たれ、投稿することに。江崎さんの演奏はとても気品のある演奏で、音楽の流れが本当に自然なのです。その上、情感あふれる美しさ。一度で好きにな [続きを読む]
  • ジンマン&トーンハレ管 / シューベルト:交響曲第8番
  • シューベルトの交響曲「ザ・グレート」は8番だったり9番だったりと録音年代によって表記が異なるのですが、ここではCDジャケットでの表記通り8番としています。演奏はデイヴィッド・ジンマン指揮のチューリヒ・トーンハレ管弦楽団です。このCD、少し前に図書館で借りてきたのですが、初めて見るジャケットじゃないなぁ〜。と思っていたら、約2年前にきっちりパソコンにリッピングしたデータが残っていました。最近こういうシーンが [続きを読む]
  • 市民の花として47年 - 花壇のある風景(156)
  • 昨日の夕方、図書館帰りに自転車でぶらぶらと近隣を走っていると目に入ったのがサツキ。吹田市のホームページで調べてみると昭和45年に公募で市民の花に選定されたと。市民の花として47年、今では街のあちこちに吹田市民のシンボル的存在として美しい姿を楽しむことが出来ます。どこのマンションの植栽にもほぼ100%ありそう。そんなわけで5月は街中がサツキ色になります。一戸建て住宅は円形にお手入れされているお家が多いです。 [続きを読む]