Christina さん プロフィール

  •  
Christinaさん: ドイツ兼業主婦の雑記帳
ハンドル名Christina さん
ブログタイトルドイツ兼業主婦の雑記帳
ブログURLhttp://dkueche-freizeit.blogspot.de/
サイト紹介文ドイツ在住10年目突入! ちょっとゆるロハスな食卓、そしてドイツの身近な話題を綴って参ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/12/26 23:44

Christina さんのブログ記事

  • 最高の思い出 in Willich
  • 引っ越し前に絶対に訪問をしたい場所がありました。最高気温が今年最高を記録した木曜日、バスに揺られて出発。車窓から見えるのは畑のみ…こちらで最初に仕事をした思い出の土地Willichへ2012年の9月から約半年間お世話になった大家さんのお宅へ伺いました。二部屋38平米キッチン付きで一カ月、光熱費込みで350ユーロという破格のお家賃で間借りしておりました。何といっても、50歳を過ぎてからのドイツ一人暮らしを経験した場所 [続きを読む]
  • 自家焙煎珈琲 Die Kaffee
  • 引っ越し秒読みの中、残り少ない日程でやり残しのないようにとあれこれ思案。長く体調が悪かったこともあり、出かけることも人に会うこともなかな至難でした。そこで、この度は悔いのないよう、時間を作っては友人と会うことに。同時に気になる場所も行ってやろうと決めたわけでございます。その第一号が自家焙煎のコーヒーのお店"Die Kaffee"Schwerinstraße 23, 4477 Düsseldorf地下鉄U78もしくはU79でNordstrasse駅下車、徒歩5 [続きを読む]
  • 引っ越し秒読み
  • さて、住み慣れたMeerbuschから古巣Göttingenへ戻ることになり、ずっと住居探しに明け暮れておりました。大学都市のゲッティンゲンは、数年前から住居探し困難な街となり、一つの物件に対し、何十人も応募があるという状況。我が家は幸い、以前に住んでいたアパートが、Wohnungsgenossenschaftという住宅協会のものでしたので、敷金(協会費)を預けたまま放っておいたのが幸いしました。協会員の特権として、この組織の物件を賃 [続きを読む]
  • SCHÜTZENFEST
  • 6月3日から我が地元で恒例SHÜTZENFEST(シュッツエンフェスト)が始まりました。別名HEIMATFEST(ハイマットフェスト)とも申します。日本語で射撃祭または故郷祭り?って言うのでしょうかね。何でもその昔、各町々を守る自警団が結成されたことが事の始まりだとか。我が地域Meerbusch Büderich の射撃会は1567年からの歴史がございます。そして、このように伝統行事となりまして、毎年パレードがございます。馬にまたがり颯爽 [続きを読む]
  • ミネラルで蘇る!?
  • 体調を崩して早や一年。具合が思わしくない時は、本当にどうなることかと不安ばかりが募りました。時にはお医者様を変わったほうがいいんじゃないかとか、不信や疑問を抱いたり、要らぬところで焦ったり。パッと症状が良くならないと、余計なことばかり考えてしまいます。ここに来て、やっと光が見え始め、薄紙をはぐように体調が向上。私の主治医は、あれこれ科学的な薬を処方するタイプではなく、なるべく自然治癒力を活かしなが [続きを読む]
  • 料理力=生きる力?
  • キッチンに立つのが楽しい毎日となりました。思うように食事ができなかったこの一年。食事をしても消化不良でゲロゲロ…というのがほとんどでしたから、料理を作ること自体、非常に苦痛でございました。ところが、ここのところ本当に調子が良く、食欲も少しずつ上昇。消化力も戻りつつあり、食事をしてから具合が悪いということがなくなりました。食事は野菜と魚、果物が中心。あとは時々ご飯も頂けるようになりました。きちんと食 [続きを読む]
  • 料理力復活!
  • 野菜と魚中心の毎日ですが、少しずつ元気を取り戻しております。体重も2?増え、少し力が戻ったのを実感する毎日。まだまだ油断はできませんが、元気になるとキッチンに立つのが楽しい。今朝は冷蔵庫のリンゴを整理すべく、博士にケーキを焼きました。生クリームカラメルをかけたリンゴケーキ 甘さは超控えめですが、カラメルソースでカバー。コーヒーにも紅茶にも合いまする。そして、発酵食品を積極的に…ということで、ズ [続きを読む]
  • クロワッサンにハマる
  • 時間はかかっておりますが、少しずつ胃の調子が上向きです。お医者様からは、年内いっぱいかけてゆっくり治療を…と言われ、とにかく焦らず、日々食事に気を使いながら過ごしております。調子が良くなってきたので、仕事に行こうかしら…と、思いまして相談いたしましたら、ドクターストップでございました。今の目標はとにかく健康体に戻ることでございます。さて、消化器官の調子が良くなると同時に、パンを食べても大丈夫になり [続きを読む]
  • サプライズ小包
  • 食事に気を付けている毎日ですが、ここにきてまた問題が。ものすごく気を使って食事を摂っているにも関わらず、昨日から胃の調子が悪い。(-_-;)内臓の不調は関節と口の中でわかるのですが、どうも胃がちょっともたれ気味。舌苔をチェックしましたら、真っ白!?免疫力が下がっているのか…いやはや参ります。そんなところにサプライズがございました。日本から小包到着!東京の友人から、こんなゴージャスな贈り物が!!築地の鰹節 [続きを読む]
  • ピロリ2週間除菌終了
  • 二度目のピロリ菌、2週間にわたる除菌が終了致しました。9月に人生初の胃カメラ検査をし、10月に除菌。本来は、この時に無理をしなければよかったのです。まあ、過ぎたことなので言っても仕方なしでございます。アレルギーだと言われ、食べるものを制限されておりましたが、どういうわけか、今になって粥と野菜で食事をするようにと。お米アレルギーって診断があったはずなのに。それから、ヨーグルトも果物も摂ってはいけない [続きを読む]
  • 春のハンガリー旅行⑥ ベーケーシュチャバ
  • セゲドの6泊を終えて、次なる目的地は博士の生まれ故郷へ。セゲドがあるチョーングラード県のとなりベーケシュ県へ列車で移動。のどかな風景がチラホラ ハンガリー大平原の葡萄畑 途中、映画で有名なHódmezővásárhely Nepkert 駅を通過1955年制作のドイツ映画"Ich denke oft an Piroschka "の舞台となったところらしい。博士がこの映画のDVDを持っており、私も数回鑑賞致しました。夏の休暇を過ごすためハンガリーを [続きを読む]
  • ピロリ菌との格闘
  • ピロリ菌の除菌を開始してから一週間が経過致しました。しかしながら、胃の不快は続いており、更に一週間除菌することになりました。こちら除菌三点セット抗生物質2種と胃薬抗生物質を飲む前に必ず胃薬をの服用しなければなりません。かなり胃に負担をかけるのがその理由。胃に負担…って、胃炎なのにいいのか!?この2週間除菌をして、かえって胃が悪くなったら洒落にならない。また胃潰瘍なんてまっぴらごめんでございます。日 [続きを読む]
  • 春のハンガリー旅行⑤ セゲド 文化行事(文学編)
  • セゲド滞在中の4月11日のこと。朝のニュースで『4月11日は詩の日』という情報を入手。何でもこの日は、ハンガリー各地で詩についての行事が色々あるらしい。例えば、ある町のカフェでは、詩を一編朗読するとコーヒーを無料で飲めるとか。あちこちでお互いに詩を朗読しあったりと、一日中、詩に触れる日なのでございます。特にハンガリーは優れた詩人を多く輩出している国。きっと街で何かあるかもしれない…と、博士も気にな [続きを読む]
  • 春のハンガリー旅行④ セゲド市 文化行事(異文化編)
  • 今日も寒いドイツです。ブルブル・・・暖房のスイッチを入れております。さて、ハンガリー旅行のお話の続きです。今回もセゲドの話題。この度は、友人に誘われ、文化プログラムを鑑賞ハンガリーに住む少数民族のプログラムがあるという。ハンガリー少数民族とは、ジプシーは皆さんご存知かと思いますが、他にウクライナ、ロシア、ポーランド、チェコ、ドイツ、ギリシア、ルーマニア、ブルガリアなど、国に少数民族として認められて [続きを読む]
  • フリマ、そして再発のピロリ
  • ハンガリー旅行から帰ってから、週末も冷えるドイツ。どちらもライラックの花が咲いているのですが、ハンガリーは暖かさで花を開き、ドイツは寒い中咲くという違い。冬のセーターをクローゼットから引っ張り出し、博士と日曜のフリマへ参りました。地元Meerbuschのフリマは食器、小物、お洋服と掘り出し物が多いのが特徴。足を運ぶ女性たちの狙いは、結構お洋服だったりするわけです。私のこの度の戦利品をご紹介。ボルドーカラー [続きを読む]
  • 春のハンガリー旅行③ セゲド市 お気に入りカフェなど
  • 今回もハンガリー東南の学園都市セゲドについてご紹介。ブタペストでもそうですが、博士は相変わらず古本探しに明け暮れておりました。地元の友人に聞いて、老舗の古本屋へ。 古本はブタペストより安価。本の種類も豊富で、博士には誘惑が大きい。家にある大量の本のことなど忘れて、ここでも何冊も買っておりました。ドイツと違い、日中はポカポカ陽気のセゲド。散歩をしていても気持ちがいいです。ティサ川を超えた先 [続きを読む]
  • 春のハンガリー旅行② セゲド市
  • ブタペスト2泊(実質は1日と数時間)滞在をして、ハンガリー東南へ移動です。前日の朝10時過ぎに市内交通1日乗車券を買いましたので、有効時間内に活用し、9時20分発の列車に乗車致しました。(1日乗車券は購入してから24時間有効でございます)ハンガリーKeleti駅から大学都市Szeged(セゲド)へ出発!セゲドは博士が学生時代を過ごしたところ。現在はインターナショナルな大学で、医学部などの講義は英語でございます。 [続きを読む]
  • 春のハンガリー旅行①
  • すっかりご無沙でございます。桜前線が過ぎようとしているドイツですが、相変わらず寒いです。今日も厚着をしてフリマへ行って参りました。さて、ここでフリマのお話を…と行きたいところですが、4月5日から二週間、ハンガリーを旅行してきたお話を書きたいと存じます。旅立ちの日は幸いお天気にも恵まれました。今回も飛行機ではなく列車での長丁場。毎回、ドイツ鉄道の遅延で乗り継ぎに間に合うか、ハラハラしながらの移動でご [続きを読む]
  • ゲッティンゲン、桜の季節
  • 日本も桜前線が北上し、関東周辺は満開の時期になるのでしょうか。デュッセルドルフは開花が終わり、今は八重桜のつぼみが開き始めております。さて、先週ですが3日間滞在で古巣ゲッティンゲンへ参りました。高気圧のおかげで、心地よい小春日和となりました。青空ばっちり ちょうど桜が満開の時期この町で桜と言えば、ゲッティンゲン大学でございます。昼時、学生たちが賑わう図書館周辺の桜並木並木…小さいですが、きれい [続きを読む]
  • 低温調理法とパイナップル
  • お休みだというのに、平日同様、5時に起きてしまいました。二度寝するという手もあるのでしょうが、早起きは三文の徳でございますし、ちょっとやりたいこともあるので、ささっと起床いたしました。実は、YouTubeで偶然見つけた調理法あり。以前から気になって、どうしても試したいと思っていた『低温調理法』なるもの。なんでも、お肉を柔らかく、美味しく頂けるらしい。知ってしまうとどうしても試したくなるのが人情。この料理 [続きを読む]
  • サクラ 咲く
  • ひばりが鳴き、木々も芽吹く季節となりました。久々に出勤致しますと、駐車場の桜も満開という。ランチルームには太陽の日差しが燦々。満開の桜を眺めつつ、お昼ご飯を頂くぜいたくさ。会社のランチタイムは、12時から15時までの間の一時間フレックス制。この時間帯内で個々の都合に合わせて取ればヨロシイ。就業規則にもきっちり記載されているのでございます。日本との大きな違いでございますね。またドイツでは、職場に出勤 [続きを読む]
  • 禁断の…
  • 告白しますが、2週間ダウンしておりました。(-_-;)仕事中、とにかく消化器官がめちゃめちゃ不調になり、帰ろうか…いや、最後まで頑張ってみようか…などと迷いつつも、結局終業時間まで頑張ったのが裏目にでました。帰宅して、横になろうが、縦になろうがゲロゲロ。何も口にできなくなり、夜中も寝汗びっしょり。翌日になっても食欲は全くなし。むしろ消化不良でお腹がパンパンに張ってしまい、恐ろしく苦しい状態に陥りました。 [続きを読む]
  • 趣味を楽しむ…イラスト
  • 体調を崩していた時から、再び始めた趣味がございます。イラストなんでございますが…博士と私の趣味の一つは絵を描くこと。これは本当に偶然。私は子供の頃から漫画を描いたり、油絵を描いたり。若かりし頃は、画家になりたいと真剣に考えたこともあるのです。でも画家として食べていくのは至難と気づき、即、断念。一方博士は、最初の大学で美術を専攻。なんと、美術教師の資格を持っているのでございます。哲学博士でありながら [続きを読む]
  • 趣味を楽しむ…読書
  • 三月になりました。陽も少しずつ長くなり、春がそこまでやって来たのを感じます。早朝に聞こえてくる鳥の声が春の鳥たちになり、桜の花のつぼみも膨らみ始めております。まだ空気はひんやりとはしておりますが、やっぱり春の到来は嬉しい。気分もなんとなく軽やかになるものです。さて、最近の楽しみの一つに『読書』がございます。もちろん、日本語での読書でございますが、やっぱり本を読むのは母国語が楽。ドイツ来たての [続きを読む]
  • 今年もカーニバル
  • 23日の木曜日あたりから、町中大騒ぎのカーニバルの季節がやって参りました。職場でも気分はすっかりカーニバル。この時期に残業するのは日本人くらいかもしれない。とにかく、昼間から飲んだくれる輩多し。市内の交通機関も大混雑で、電車やバス路線のダイヤも乱れ放題。個人的に、街の中心部への外出が嫌になる時期でもあります。博士と私、カーニバルとは無縁のゲッティンゲンで長く暮らしたこともあり、どうも苦手なこ [続きを読む]