saiponics さん プロフィール

  •  
saiponicsさん: サイババが帰って来るよ
ハンドル名saiponics さん
ブログタイトルサイババが帰って来るよ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/saiponics/
サイト紹介文アクアポニックスという自然農法をしながら、サイババさんが帰って来るのを待っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供521回 / 365日(平均10.0回/週) - 参加 2013/12/27 16:33

saiponics さんのブログ記事

  • アートマの光よ出ておいで
  • 世間のものに心を奪われている限り、アートマの光が差すことはありません。ですから世間のものへの執着と憎しみを〜惹かれることと反発することを〜心から追い出してしまわなければなりません。それが出来ればアートマの知識が身につくでしょう。心にアートマの知識を抱くようになれば、平安な気持ちを味わうようになります。かぐわしい平安が周りに広がります。ところが悪い感情、悪い思い、悪い行動で溢れていると、心は汚れてし [続きを読む]
  • お色直しの準備が出来たよ
  • 私はいつも健康です。96才まで私は今日のように元気でいます。私は何でも自分の望むとおりのことができますが、この肉体だけを見ている人にはスワミは老いていっているようにみえるでしょう。 若さと年を取ることは肉体に関係することであり、私には関係していません。私はいつも同じで、何でもする事が出来ます。ヴィジャヤダシャミー祭/2003ポニョ:最近、サイババさんの通訳をされていたアニールクマールさんの動画を見たんやけ [続きを読む]
  • 焼き芋帰依者って誰?
  • 神のなさり方は正しく理解せねばなりません。神はただ一つの国や社会のために来られたわけではありません。神がこの世に来られたのは、すべての人類のためです。各自はそれぞれの欲望の程度に応じて神から得ることができます。各自の行為に応じて、行為の果実を得ることができます。それ故、何か事をなす前にそれが正しいか間違っているかを考えねばなりません。 その行為によって、誰かを傷つけることがないかどうかを検証しなく [続きを読む]
  • サイの本当の気持ち
  • 皆さんには見ることができないかもしれませんが、私の目にははっきりと見えています。日が経つにつれ、今はスワミの真実に気づくことができないでいる人も、悔恨の涙を浮かべて私のもとにやって来て、私の神聖さを体験することになるでしょう。近い将来、それは世界的な現象となるでしょう。スワミは今、そのようになることを抑えています。しかしひとたびそのようになる事を許せば、全世界はプラシャーンティ・ニラヤム〔平安の館 [続きを読む]
  • 神の愛と人の愛
  • 誰も神の愛の性質について述べることは出来ません。それは詩人でさえも表現できないものです。神の愛の中に頭の先まで浸かった者は、その体験を誰にも話すことが不可能になってしまいます。しかし首までしか浸かっていない者は、まだ何がしかの言葉を発することができるかもしれません。 神について話せる者がいても、それはその者のうわべだけの経験であり、真に神の祝福を受けた者はそれを言葉にして表すことが出来なくなるので [続きを読む]
  • 神の意志で満たされた世界
  • あなたの内には真の幸せがあり、神聖甘露の光の海が広がっているのです。 あなたは自分自身のうちにそれを見つけ出し、感じ、解き放ちなさい。あなたの真の自己はそれなのです。それは身体でも、心でも、知性や頭脳でもありません。それはまた、欲望でも無く、それを抱く事でもなく無く、また、欲望の対象でもありません。あなたはこれらを全て超越した所にいるのです。これらは単なる現れにすぎません。あなたは優しく咲く花々、 [続きを読む]
  • 内なる神の囁き
  • 身体も心も魂も健全な修行者は、内なる世界をじっと見ては内的歓喜に包まれて大喜びするのです。そしてすべての想念、言葉、行為は内的世界に関する知識を完全に意識して、そこから発するものでなければなりません。知性はさ迷う事なく、常に内なる世界に安住していなくてはなりません。それが、内なる目なのです。DVJp26ポニョ:以前、初めてサイババさんの所に行った帰り、バンガロールで夢を見た話をしてくれたやろ。あれは何度 [続きを読む]
  • 地球の奥深くで
  • アバターは最近、将来の世界地図を物質化した。そして「地球表面にいくつか環境調整変動が起こるだろう。そしてそれに伴い人口が減少するだろう。」と言った。P259(サイババは地球の危機を救う)ポニョ:痛風の発作はどうですか?少しは治った?ヨシオ:お陰様で、左足は動かせるようになったけれど、右足首は象の足のように腫れたままやな。最近はアキレス腱まで腫れてきたので、杖が無ければ歩けないんや。もちろん夜は痛く [続きを読む]
  • サイババ復活の予言
  • 多くの人々は今日の状況が好転し、多くの人々が喜びにあふれて幸せに暮らす黄金の時代がやって来るということをなかなか信じようとしません。私は、このダルマの化身である神聖な身体が、取るに足らないことのためにこの地上にやってきたのでは無いことを保証します。私は人類に降り注ぐ危機を取り除くことに成功するでしょう。PN1968ポニョ:一年ほど前にイスラム教の創始者モハンマドさんが予言された来るべき救世主の特徴や、そ [続きを読む]
  • 全てを無くせば全てを得る
  • この世の人生で手にすることの出来る真の価値のあるただ一つで永遠のもの、それは神の愛です。SGc3ポニョ:毎日の生活に追われていると、神さんが自分たちの周りにいるって事をつい忘れてしまうぜよ。ヨシオ:全てに神を見るってそう簡単な事じゃないもんな。だって、神さんって愛そのものやけれど、この世で生きている限り、自分に反対する人や、自分を傷つけようとする人。また泥棒や強盗、ぺてん師や詐欺師などの被害に遭ったり [続きを読む]
  • 苦痛と太陽風と地軸
  • 私はこの一時的でつかの間の人間の姿にあと59年とどまり、このアバターの目的を必ず果たします。このことを疑ってはなりません。あなた方に関しては、私は私のペースで私の計画を遂行します。私はあなた方がせきたてるからといって急ぐことはできません。時として、いっぺんに十の事を成し遂げることが出来るまで、私は待つかもしれません。まるで一台分の貨車の荷物を運ぶためには、貨車のエンジンをかけず、馬力に見合った十分 [続きを読む]
  • 聖地巡礼と映画観賞
  • 十番目のアヴァターであるカルキアヴァターは、シルディサイ、サッチャサイ、プレマサイと三つに分けました。このことはこれまでのユガでは見る事はできず、カリユガにだけで見ることが出来ます。サイアヴァターは初期のカリユガでも将来のカリユガにでも現れることはありません。シルディババであったころ私は食事の準備をしていました。人々は、シルディババはよく怒るといいますが、もし子供たちが食事の邪魔をすれば怒らざるを [続きを読む]
  • ダイビングの思い出
  • 私はどんな難しい問題も解決する能力を持っていますが、それをあたかも持っていない振りをしているだけなのに、それを見て私が単に奇跡を行う人で、それ以上の存在ではないと見るのは大変愚かなことです。SSIB1974c32ポニョ:以前、サイババさんが写真から抜け出て来る話をしたけれど、確かサイババ物語の中にサイババさんがアシュラムを留守にしておられる間、帰依者たちが礼拝所でバジャンをしている時に、サイババさんが、自ら [続きを読む]
  • サイババの写真
  • たとえ誰かがあなたをののしったとしても、気にとめてはなりません。というのも、悪口を言う人は、あなたの真我をではなく、肉体をののしっているだけだからです。たとえば誰かがあなたを悪い人だと言ったとすれば、そう言われただけで、あなたが悪い人になるのでしょうか?  もし実際に、あなたの中に悪い点があるとすれば、それを無くすように努めなさい。このカリの時代には、自分の望みがかなえられないという理由で、神の悪 [続きを読む]
  • 夏休みの思い出
  • 今日の青年は、規律のない無益な人生を送っています。青年たちは、どのような規範にも従わず、尊敬と感謝の念に欠けています。犬でさえ深い感謝の念を持っているというのに、青年は年長者を敬わず、自分の親に感謝を示しません。そのような人間に教育は無駄です。そのような人間でも、生計を立てることはできるかもしれませんが、教育を受けていない道端の物乞いでさえ、生きていくための金銭を十分稼いでいます。単に生計を立てる [続きを読む]
  • 我慢強く待ちましょう
  • 未来については、あなた方にはよく分からないかもしれませんが、私には私の意図した計画が、実現するのがはっきりと見えています。今、私の神聖さを無視している連中も、私の元にひれ伏すようになるでしょう。間もなく、私の神聖さはすべてに知れ渡るようになるのです。私は意図的に私の神聖さが世界に広まるのを遅らせています。しかし、一度、私が私の真の姿を顕現すれば、すべての世界がプラシャンティニラヤムになることでしょう [続きを読む]
  • 今すぐ解脱したいな
  • お前たちは将来ダルシャンを得る機会が少なくなるだろう。〜悲しく思ってはいけない。遠く離れた場所からのダルシャンや、私の講話を印刷物で読む事はインタビューを得たことと同じくらい価値あることなのだ。私の責任は増し、私自身、新旧の信者から肉体的に距離を置かねばならないのだ。ANDIp270ポニョ:何ヶ月か前のあんたの話の中で、あんたがサイババさんに、どうして遠くから来た人達を無視してインタビューに呼んであげない [続きを読む]
  • ラーマが来るまでマタンガ
  • 良い行為だけが悪い性質を無くしてくれるのです。心を清めるために良いことだけをするようにギーターは教えています。しかしそれだけではありません。本当に心を清めるためには、すべての行為を神に捧げなければなりません。皆さんの行為をすべて神に捧げて下さい。その時はじめて本当に心は清められます。SGc33ポニョ:サイババさんは、お講話の時にいろんなエピソードを紹介されるけれど、シャバリーのエピソードが好きやったな [続きを読む]
  • 至福を体験するツアー
  • 人は、寝るため、食べるためにこの世に来たのではありません。人は、修養のプロセスによって自らの内なる神を顕現させるために来たのです。だからこそ、人は「ヴィヤクティ」〔人間〕と呼ばれているのです。「ヴィヤクティ」とは、人を動機づける神のエネルギーである内在の力(シャクティ)を明らかに(ヴィヤクタ)する者、という意味です。その目的のために、人は、体と、体を制御して役に立つ行為へと方向転換させるのに必 [続きを読む]
  • かんしゃくと愛
  • あなたの祈りが神に届くようにするには、「信仰」という切手と「愛」という住所を書き添えなければなりません。もし信仰と愛をもっていれば、距離にかかわらず、祈りは神に届きます。皆さんは、神に対する自分の愛が純粋で汚れのないものかどうかを見なければなりません。神のテストに身をさらす覚悟をしなければなりません。そうしたいくつかのテストに早く合格するほど、神のより近くに行くことができます。あなたは人生の中で、 [続きを読む]
  • 君の不合格科目は何ですか?
  • ポニョ:この前も言ったけれど、サイババ物語を途中で十回分スキップしたので、もう一度入れて、今、またサイババ物語を最初から読み直しているけれど、帰依者たちの帰依する心ってすごいなあと思うよな。http://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/5f464506f2ab14e01cba9ff0c518a4a3ヨシオ:帰依の心は貯金のように前世から引き継いで来ることが出来るので、前世でも神さんの事を思って生きてきた人たちがこうしてまた、神さんの近くに生 [続きを読む]
  • バリ島のサイババ
  • クリシュナはアルジュナに必要とされる忠告をすべて与え、アルジュナの捨てたエゴを受け取ったあと自らの意思のままに行為する自由を与えました。アルジュナの意思は完全にクリシュナのものとなったからです。このようなレベルに達した弟子には自由を与えなければなりません。VVc12ポニョ:ミサイル発射騒ぎで大変ですが、Jアラートはめちゃ迷惑ですね。新幹線を止めて人々に迷惑を掛け、どうしてミサイルが命中すると、大変な被害 [続きを読む]
  • 無知の知
  • 神だけが、あなたの進化において、あなたをより高い段階に連れて行くことができます。見つけなければいけないのは上に行く道であり、あなたを下に連れて行く道ではありません。人に多くの負の性質があるのは、エゴと執着のせいです。エゴを取り除き、あらゆる執着を切り落とし、正しい食べ物を選び、あなたの食習慣をコントロールし、人生で成功を収めなさい。サットウィック(浄性)な食べ物を食べなさい。そうすれば、あなたの神聖 [続きを読む]
  • パースのバス
  • 何よりも、気持ちが清らかであるように努めるべきです。愛をけがれの無いものにするのです。その為には許す心を持つことが大切です。許す心とは、どんなことがあっても静かに耐え忍び、自分を抑えられることです。そして誰に対しても{例え自分を傷つけようとする相手にさえ}良い事だけをします。許す心ほど偉大なものはありません。SGc5ポニョ:昔、あんたが気に入らないのでボツにした記事を、三日前に、もったいないから再び投 [続きを読む]
  • 悪魔が支配する世界からの脱却
  • 今、世界の抱える諸問題はより奇怪な姿をとり、より大規模になってきました。それはもはや個人的な問題でも無く、限られた地域の問題でもありません。規模は世界的であり、すべての人類に影響を及ぼします。人間は且つてないほど悪くなりました。彼らは、現在まで培って来た知性と技術を、残虐な行為に使っています。人は他の人に苦痛を与えるのを喜んでいます。 歴史の示すところによれば、過去5500年間の間に15000回の戦争が [続きを読む]