saiponics さん プロフィール

  •  
saiponicsさん: サイババが帰って来るよ
ハンドル名saiponics さん
ブログタイトルサイババが帰って来るよ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/saiponics/
サイト紹介文アクアポニックスという自然農法をしながら、サイババさんが帰って来るのを待っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供610回 / 365日(平均11.7回/週) - 参加 2013/12/27 16:33

saiponics さんのブログ記事

  • 晩節を穢すな
  • ある意味で人生は、朝、昼、夜という三つの時期に区分することが出来ます。朝は両手両足を地面につけて這って歩く四つ足の幼児期です。昼は二本の足で歩く二本足の青年期です。夜は弱った二本の足を補助する杖をついて歩く三本足の老年期です。禁欲生活{学生期}は三階建ての建物の土台であり、その上に家長期という一階、林住期という二階、遊行期という最上階が建てられます。このように屋敷の土台は学生期です。STPSp250ポニョ [続きを読む]
  • 悟った魂は死を恐れない
  • 世俗的な生活の中で、愛は、母と息子の間の愛、夫婦間の愛、肉親同士の愛など、さまざまな形で現れています。これらの愛は、利己的な動機や私利から生じる身体的な関係を基盤としています。けれども、神の愛には私利私欲の片鱗(へんりん)さえありません。それは愛のためのみの愛です。これはバクティ(信愛)と呼ばれます。 この愛の第一の特徴は、与えて受け取らないことです。第二に、恐れを知らないことです。第三に、利己 [続きを読む]
  • 神さんよりコンサート
  • 熱心な探求と深い内的経験によって神を理解しなさい。しかしあなたがこの物質世界に暮らし、世間的な義務を果たさねばならぬ限り、神との一体感を表現することは容易なことではありません。それを認識しなさい。生活の神聖化というものは徐々にすすむプロセスにより成就されます。27/5/92ポニョ:昨日はギータさんの子供の頃のエピソードをいくつか紹介しました。それにしても四十年前のちょっと言った冗談を実現させるって、神さ [続きを読む]
  • 四十年前のジョーク
  • 未来については、あなた方にはよく分からないかもしれませんが、私には私の意図した計画が、実現するのがはっきりと見えています。今、私の神聖さを無視している連中も、私の元にひれ伏すようになるでしょう。間もなく、私の神聖さはすべてに知れ渡るようになるのです。私は意図的に私の神聖さが世界に広まるのを遅らせています。しかし、一度、私が私の真の姿を顕現すれば、すべての世界がプラシャンティニラヤムになることでしょう [続きを読む]
  • 神様からの贈り物
  • あなたに神への強い信仰心があったなら、あなたがどこにいようとも神はあなたの面倒を見るでしょう。22/8/07ポニョ:昨日はギータさんの感動的な話を紹介しました。ヨシオ:ギータさんはアメリカの首都ワシントンDCに住んでおられるんや。そこのサイ組織で積極的に活動されていて、双子の息子さんもバジャンでオルガンとタブラを子供の頃から演奏されているぐらい熱心なんや。ポニョ:ワシントンのサイセンターって、多分アメリカ [続きを読む]
  • 言葉と時を超えた愛
  • 神の恩寵と神の意志は、あらゆるものを変えることが出来ます。神は愛です。神の限りない慈悲により、あなたの過去世での行為の結果を神は変えることが出来るのです。帰依者は、ハートという刑務所の中に神を捕らえることが出来ます。この世では信愛を持って達成出来ないことはありません。神の恩寵は、あなたのあらゆる過去世からの悪い影響やカルマをキャンセルすることが出来ます。どのような不幸もあなたに降りかかることはあり [続きを読む]
  • そろそろ足を洗いましょう
  • 罪への恐れは減少し、邪悪な行いが昨今の風潮になってしまった。神への信愛は消え失せてしまった。言語に絶する悪い行為が増え続けている。ああ、人間よ! 神の御名を唱えることだけが人に平安と幸福を授けられるということを理解せよ。2/4/2003ポニョ:日本は五月晴れと言いたいけれど、曇りの日が続いているな。そっちは冬やろ。ヨシオ:ここは内陸で寒暖の差が大きいんや。朝方は三度ぐらいまで気温が下がって来たな。昼間は二 [続きを読む]
  • 神さんは泥棒ですか?
  • 心(マインド)を純粋に、清らかにして、神にあなたの心を所有したいと思わせるようにしなければいけません。神はハートを盗む泥棒(チョーラ)です。10/7/74ポニョ:最近驚いた事があるんや。それはサイババさんのいろんなエピソードを紹介しているYouTubeのサイトを見てたら、人気のあるエピソードでも世界中で一万人ぐらいの人しか見ていないんや。普通のエピソードやったら、一万人を切っているのでめちゃ驚いたぜよ。世界の人 [続きを読む]
  • 金の切れ目が縁の始まり
  • アナーシャクティヨガは、関心を持たぬ事、つまり個人的な関心を持たぬ事を意味します。それは、自分の行為によって生ずる利益に全く無関心でいる事、そしてその行為に結果が成功であるか、失敗であるかについても、全く関心を持たない事を意味します。行為を為す時、自己の能力の最善を尽くして仕事に没頭し、一切の行為を神への奉仕として捧げ、しかも常に神を意識の中心に憶念し続ける事が必要です。5/1987ポニョ:時々、もしサ [続きを読む]
  • 人の名前も言霊なの?
  • 多くの人々は、私の言葉を重視せず軽く取っています。これは正しいことではありません。私が話すことは、例え私が軽い調子で話し、冗談として話したとしても、全て真理であり真理のみなのです。しかし、人々はそのことに気付いていません。肉体的にスワミの近くにいる人でさえも、このことを正確には理解していません。その結果しばしばスワミの言うことを無視しています。私の言葉を真剣には受け取らず、スワミは軽い調子で話をし [続きを読む]
  • 未来の地図と健康センター
  • スワミは最近、40年以上先に起こる地球の変化の状況だ。と言われて将来の世界地図を物質化されました。(1973年)プッタパルティp19ポニョ:浄性人間ケキさんのエピソードを四回に分けて紹介しました。ヨシオ:妖怪人間ベムの知り合いやって言うなよ。ポニョ:五輪真弓の話なんてしてないズラ。ヨシオ:どこから五輪真弓が出て来るんや。そういや五輪真弓ってちょっと妖怪人間ベムに似てるよな。ところでこのケキさんは、サイバ [続きを読む]
  • 人が永遠に生きたら困るな
  • 飢餓、渇き、喜び、悲しみ、悲嘆、苦悩、食欲および怒りは、神の存在に到達すべく私たちを助けている衝動に過ぎません。人生はゲーム、プレイしなさいp、193ポニョ:ケーキさんのエピソードは面白かったな。サイババさんの部屋に自由に出入り出来て、サイババ食事の世話までされたんやろ。すごいよな。ヨシオ:どうしてもサイババさんに何かを食べてもらいたいケキさんに、サイババさんは「もし私が食べたくないと言えば、どうする [続きを読む]
  • 歯のチェックをして下さい
  • 何も心配することはありません。何を体験しようとも、そして何が起ころうとも、それはアヴァターが意図したことだと思いなさい。このアヴァターが地上に降臨し、そしてその使命を果たそうとするときに、それを遅らせるような力などこの世に存在しません。SS10/96Back Pageポニョ:昨日は自分達の事より神さんや社会の事を優先するケキさんの家族の話をしました。ヨシオ:実はケキさん一家はゾロアスター教を信仰されているんや。ポ [続きを読む]
  • 老女に構わないで下さい
  • 現代では、帰依者たちの間に身勝手さが蔓延しています。彼らは、神のためではなく、自分の身勝手な欲望を叶えるためだけに、神を愛します。身勝手さを優先する限り、神を理解することはできません。ナヴァラートリ祭は、自分自身の本質が人間であるのか、動物であるのか、悪魔であるのかを吟味し、動物的な性質を人間性に変容させようと努力し、人間的性質を神聖化するための機会として用いられるべきです。叡智は外界から得ること [続きを読む]
  • 浄性人間ケキ
  • 私の言葉は大きな価値を持っています。あなた方は知らないかもしれませんが、私は私の話す言葉の価値を知っています。私の一言の中にほんの少しでも利己的な要素はありません。私の為す、すべてのことはあなた方の為なのです。大きな心を持たず、自分の興味のあることにしか関心を持たない人に、どうして私が話しかけなければならないのでしょうか?自己中心の人間は神聖さを理解することすら出来ないのです。SS5/93p118ポニョ:最 [続きを読む]
  • 人情と神の愛
  • 神と友だちになりなさい。それはどのような種類の友情でしょう? この友情の基盤は富ではありません。勇気でもありません。愛のみが、神との友情の基盤となることができます。〜愛以外のものは神との友情の基盤とはなり得ません。愛があるからこそ、私たちは一体性を見出すことができるのです。愛ゆえにこそ、真の友情を手に入れることができるのです。憎しみをもって幸福を得ることは決してできません。愛があるなら、それ自体が [続きを読む]
  • サイババの副読本(下)
  • あなたはいつの日か、チトラヴァティの川床のみが、世界中からここへ来た人々の座れる場所で、空のみが、彼らが座っている場所の天井となりえるのを見ることでしょう。多くの人々は、彼らの人生が好転し、幸せで喜びに満ちたゴールデンエイジがやってくることを信じるのを躊躇しています。私はこのサイババが口先だけで言っているのではないと保証します。この人類に降りかかるであろう危機を回避することに私は成功することでしょ [続きを読む]
  • サイババの副読本(上)
  • もしあなたが大きな仕事が出来るような才能を持っていたなら、それを神の栄光を讃え、人類を高める為に使いなさい。vol4p, 190ポニョ:娘さんの本がオーストラリアのニューサウスウェールズ州の教科書の副読本に指定されたそうやね。あの本は新人女流作家大賞やらノンフィクション大賞を受賞しているから、結構読まれているもんな。そんな才能の事をサイ脳って言うんやぜよ。ヨシオ:サイ脳か。うまく当て字をしたやないか。ポニョ [続きを読む]
  • ブラックマジックの聖者
  • 何が起こってもそれはあなたの為だ、という事を信じなさい。神だけが、何を、いつ、どのように、なぜ、誰に行えば良いかを知っています。スワミの行動の一つひとつはすべてあなたのためです。スワミは、ある人にはすぐに話しかけ、ある人には長い間話しかけないかもしれません。このことはあなた達の観点から見ると時間に関わることです。けれども、スワミは時間と空間を超越していますSTPS2p272ポニョ:神さんって元々姿かたちは [続きを読む]
  • インタビュー特集(50)神から来て神に戻るの巻
  • ポニョ:今回のインタビュー記事がシリーズの最後の記事やけれど、インタビュー記事を読んでいると実際にサイババさんが一緒におられるようや気持ちになるから不思議やぜよ。ヨシオ:イメージの力、想念の力やな。自然と神の関係についての質問が出されているけれど、以前マレーシアのジャガさんがインド洋大津波の後にサイババさんに次のような質問をしたんや。ジャガ; 地震や津波などによってもたらされる大規模な窮状と苦しみ [続きを読む]
  • 肉体意識と二羽の鳥
  • 人間の肉体は、人生のどこかの時点で必ず病気に悩まされ、苦しむものです。人はそのことに関して過度に心配すべきではありません。実際、肉体は様々な困難を通して生まれ、成長します。肉体は困難の数々をまぬがれませんが、それらを気にするべきではありません。人間の肉体にとって困難と苦痛は自然なことです。アートマにとって歓喜は自然なことです。肉体の性質にではなく、アートマの性質に従いなさい。肉体意識を放棄しなさい [続きを読む]
  • インタビュー特集(49)ヴィヴェカナンダは誰なんだの巻
  • ポニョ:さっき、何回か前のインタビュー記事を読み返していたんやぜよ。その記事には、サイババさんがゴールデンエイジが来るって書いてあるんやけれど、それを何度も読み返しても、その度に嬉しカルカルの気持ちになるんや。でもちょっと疑問に思ったのは、サイババさんがある質問に対して次の様におっしゃっている事なんや。なぜ、今、黄金時代を宣言なさらないのですか?サイ:その前に、過去世において厳格なサーダナ(霊性修 [続きを読む]
  • 心を罰する
  • 自己探求と自己反省は、自己実現のために重要です。もし悪い想念が湧き起こってきたら、次のように考えれば良いのです。「間違った食物を摂ってしまったからこんな想念が浮かんできたのだ。今日から断食してこれらの思いを取り除こう。」と。これが心を罰する最良な方法なのです。これが自己改善であり、こうして人は、心をコントロール下におかねばならないのです。Thought of the Day 8/12/1987ポニョ:昨日は次女さんが交通事故 [続きを読む]
  • インタビュー特集(48)人間と宇宙の巻
  • ポニョ:今日のインタビュー記事で宇宙における神さんの役割の様な話題が出て来るけれど、もう少し詳しくその事を内閣に例えて述べておられるので、そこのところを紹介してみますね。「私には自分自身の内閣があります。私は様々な大臣に、それぞれの仕事を任せています。大臣たちの仕事に口出しはしません。もし私が『スワミ、どうか雨を降らせてください』という祈りの手紙を受け取ったとしたら、私はその手紙を雨の神であるヴァ [続きを読む]
  • 神の愛とチョコレート
  • 私は、自分自身を私に全託する人々を救うために降臨しました。人々が『私はあなたのものです。それゆえ、あなたは私を救ってくださらなければなりません』と一度でも心の底から祈るなら、私はその人を受け入れ、行為と結果、生死の輪廻、という悪循環からその人を救い出します。実際、私の愛を理解していない人々は、なぜ私が悪事を働く人々を保護するのか不思議に思っています。もし私が罪びとを受け入れず、罪びとを変容させない [続きを読む]