黒丸 さん プロフィール

  •  
黒丸さん: 馬鹿は煙と高いところが好き
ハンドル名黒丸 さん
ブログタイトル馬鹿は煙と高いところが好き
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/manb
サイト紹介文国内はローカル私鉄を、海外は中国、インドなど現役蒸機を求めて旅しました。俯瞰写真中心にアップします。
自由文 中高時代は国内鉄でした。大学生になり、国内鉄には興味がなくなり、海外鉄になりました。仕事を始めてからは鉄から離れていたのですが、最近は少し復活気味です。
 行動力に写真の腕がまったくついていなかったので、写真はしょぼいです。
 蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真を中心にアップしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/12/27 17:50

黒丸 さんのブログ記事

  • 1994年 因美線 美作加茂駅でタブレット交換をする急行砂丘
  • 急行砂丘の時代、因美線では走行中のタブレット交換が行われていました。岡山から鳥取へ鈍行で向かう途中、そんなシーンを見ることができました。 まずは到着した普通列車からタブレットを受け取った駅員さん。木造の駅舎もいい雰囲気でした。1994年7月27日 因美線美作加茂駅 そして急行砂丘が通過します!走行中のタブレットキャッチですが、タイミングが悪い写真ですね…1994年7月27日 因美線美作加茂駅 キハ58 7211 砂丘 この後 [続きを読む]
  • 2017年 南武線で貨物列車を撮影
  • 仕事後のヒマなひと時、久しぶりに江ノ電に行こうかと思いましたが、午後は雨の予報なので、遠出は中止。職場近くの南武線内で貨物列車を撮影することにしました。 まずは尻手駅で米タンを。EF210牽引になってからはしばらくご無沙汰です。2017年7月18日 南武支線新鶴見〜尻手 EF210-134 8078レ 続いて川崎新町駅に移動です。ここは常連さんが多いんですね。まずは再び米タンを撮影です。2017年7月18日 南武支線八丁畷〜川崎新町 [続きを読む]
  • 1990年 板谷峠の撮影名所 松川橋梁を渡る485系つばさ
  • 山形新幹線開業まで、板谷峠は485系つばさが行き交う撮影名所でした。今回は板谷峠でも1、2の撮影名所、松川橋梁を渡る485系つばさです。 真夏の山奥の鉄橋を渡る原色485系。きっと暑かったんだろうなぁ…と思いますが覚えていません。1990年7月31日 奥羽本線赤岩〜庭坂 485系 つばさ 同じ場所を走る下りつばさも後追いで。この時は日が陰ってしまいました。1990年7月31日 奥羽本線赤岩〜庭坂 485系 つばさ 松川橋梁最寄りの赤岩駅 [続きを読む]
  • 2017年 小湊鉄道五井機関区の保存蒸機
  • 小湊鉄道の五井機関区には小型蒸機が3両も保存されています。小湊鉄道の撮影を終えた帰り際にちょっと見に行きました。 事務所に声かけをしてから、保存蒸機を見てみます。事務所のすぐ横に古い蒸機が3両並んでいて、なかなかの壮観です。2017年7月12日 小湊鉄道五井機関区 B104、2号、1号 それぞれのカマを見てみます。まずは1924年BALDWIN製造のCタンク、1号機関車。小湊鉄道開業時から活躍し、1956年廃車となりました。2017年7 [続きを読む]
  • 2017年 第一養老川橋梁を渡る小湊鉄道キハ200形
  • 今回は時間がないので第一養老川橋梁でだけ撮影することにしました。ちぎれ雲で太陽が出たり隠れたり…ヤキモキしながら列車を待ちます。 まずは1本目、直前まで日が出てたのに…撃沈。2017年7月12日 小湊鉄道光風台〜上総山田 キハ210 続いて2本目、今度は日が出てくれました!1925年の小湊開業時からの橋梁を、1961年製造のキハ202が渡ります。2017年7月12日 小湊鉄道上総山田〜光風台 キハ202+208 さらに広角で。まだ梅雨の最 [続きを読む]
  • 2017年 小湊鉄道に乗って光風台へ
  • 今年は試験があるのに、家では勉強をろくにする気にならない…ということで電車に乗って出かけることにしました。昔っから電車の中だと勉強がはかどるんですよねwというわけで五井駅まで勉強することにして、小湊鉄道に行きました。 まずは五井駅ホームから小湊鉄道の車庫を。ホームのアジサイは残念ながらもう終わりかけでした。2017年7月12日 小湊鉄道五井駅 車庫を横目に五井駅に進入するキハ206。2017年7月12日 小湊鉄道五井駅 [続きを読む]
  • 2017年 笠間のC58 275
  • 昼休みのドライブがてら、笠間のC58 275を見に行ってきました。 笠間市民体育館に隣接する児童公園にC58 275はいます。フェンスに囲まれて下回りは見にくいですが…保存状態は悪くないのがうれしいです。2017年7月10日 石井児童公園 C58 275 C58 275は1941年製造で、その車歴のほとんどを東北で過ごしました。最後の1年弱を志布志で過ごして、1975年に廃車になりました。個人的にはC58は、C62のような重厚感も、C57のようなスマー [続きを読む]
  • 2011年 大船駅でスカ色+湘南色の113系遜色急行伊豆
  • 113系が東海道から引退したのは2006年。その頃は非鉄期だったので、まったく撮影していません。その後、2011年に幕張の113系を使ったイベント列車が運行されました。その名も「急行伊豆」号。113系遜色急行「伊豆」なんてのは存在しなかったようですが… 前日は「伊豆」を田町駅で撮影し、この日は大船駅で撮影しました。東海道の113系と言いながらも、スカ色+湘南色の8両編成でした。パッと見、東海道ではなく中央線を走った遜色 [続きを読む]
  • 2017年 つくばのナメクジ D51 70
  • 土浦の東急廃車体を見た後、つくばのD51 70はこの近くだと思い出し、まだ少し時間があったので、8年ぶりに見に行ってみました。 ナメクジドームの立派な車体が以前と同じ場所に鎮座していました。1937年製造で山陽、北海道で活躍、1976年廃車のカマです。2017年7月3日 さくら交通公園 D51 70 以前は緑色のナンバープレートでしたが、今回は普通でした。保存状態は8年前ほどピカピカではありませんが、悪くないです。2017年7月3日 [続きを読む]
  • 2017年 土浦に倉庫として残る東急デハ6201廃車体
  • 東急ステンレスは嫌いだと散々言っていますが、その一方で堅牢で長持ちするボディなのも確かです。そんな東急ステンレス車体が土浦市内で倉庫として使われています。 土浦市虫掛の国道6号のすぐ下、会社の駐車場に東急デハ6201はいます。車や不用品に囲まれて荒れた雰囲気でした…2017年7月3日 東急 デハ6201 東急ステンレスは嫌いなのですが、この顔は好きです。車体の裾がキュッとなっているのがいいです。1960年製造ですが、196 [続きを読む]
  • 2017年 飲み鉄 来福X 赤
  • 今日も仕事帰りのガラガラ東北本線で飲み鉄です。先週に続いて今週も来福、その名も「X 赤」。使用米などスペックが隠された「X」。純米酒らしいしっかりとした、そして旨みを感じるお酒です。素人なので米が何かなどは分かりませんが…アテはスーパーでカツオたたきを買ってみました♪仕事先ではアジサイが咲いていました。今年はアジサイを絡めた鉄写真を撮っていないな〜 [続きを読む]
  • 1993年 銚子電鉄 本銚子のアジサイと旧型電車
  • 旧型電車好きの少年時代、銚子電鉄には何度も行きました。今回は梅雨晴れの本銚子駅で撮影したアジサイと旧型電車です。 本銚子駅の陸橋から見たデハ301。1930年製造で鶴見臨港鉄道から1951年に銚子に来た車輌です。1993年7月4日 銚子電鉄本銚子 デハ301 デハ301に比べると近代的な車輌ですが、デハ701。とは言え元は1928年製造の近江鉄道の電動貨車で、1941年に鋼体化され1978年に銚子に来ました。1993年7月4日 銚子電鉄本銚子 [続きを読む]
  • 1978年 岡山駅で0系新幹線を見送る子供たち
  • 子供たち・・・って自分と妹です。この当時、自分は岡山に住んでいました。 おそらく単身赴任していた父を、妹と岡山駅に見送りに行ったようです。今時こんな服着ている子はいませんね。1978年6月 山陽新幹線岡山駅 0系 25-532という車番が見えます。1978年6月 山陽新幹線岡山駅 0系 今の自分よりも若い父。こんなに可愛かった(?)子供はおっさんになり…そして0系はいなくなってしまいました。一世代昔の写真でした。 [続きを読む]
  • 2010年 京急川崎駅で引退間際の1000形
  • 京急1000形が引退してもう7年になります。今回は1000形の引退間際の姿を。 本線の京急川崎駅で発車を待つ1000形。オデコライト1灯の顔ってなぜか知らないけれど好きです。締まった顔に見えるからかなぁ?似たような顔でも京成→北総7260形、これは格好悪いです。2010年6月25日 京急川崎駅 1345F 大師線の横で休む1000形のサイドビュー。2010年6月25日 京急川崎駅 1308 ちょっと苦しいポジションでの撮影ですが…2010年6月25日 [続きを読む]
  • 1994年 深名線 北母子里駅で駅寝
  • 日本一寒いことで有名な深名線の北母子里。どんなところか行ってみたくて、せっかくだし駅寝までしてしまいました。 夜、終列車の後で誰もいない木造駅舎ですが、光は灯っています。北母子里を最終列車が発車するのは19:33。1994年6月16日 深名線北母子里駅 朝になり、山深い深名線の撮影に行きました。駅に戻って、今度は表から駅舎を撮影。1994年6月17日 深名線北母子里駅 乗車する943Dが来ました。この当時、北母子里駅に停車 [続きを読む]
  • 2017年 飲み鉄 来福 純米吟醸生原酒 雄町
  • 毎週、茨城に仕事に行っているのですが、その帰りの電車はガラ空きです。1両貸し切りなんてこともしばしば。そんなわけで帰りの電車は居酒屋状態にしても、何の問題もなし!以前はビールを飲んでいた程度ですが、最近では日本酒を持ち込んで飲み鉄するようになってしまいました。本日の飲み鉄は茨城県筑西市の来福純米吟醸生原酒雄町。来福は茨城で1番好きな酒なのですが、中でも好きなのは雄町です。生原酒でフレッシュかつやや甘 [続きを読む]
  • 1994年 丸瀬布で静態保存されている西武532号機関車
  • 丸瀬布には雨宮だけでなく、西武山口線で活躍した西武532号もいます。532号機は1928年コッペル社製造で台湾の製糖会社で活躍後、1977年から1984年まで西武山口線で使用されました。後ろは井笠鉄道の1925年製造の木造客車で、西武山口線経由で丸瀬布に来ました。これも貴重なのですが写真はこれだけ…1994年6月12日 丸瀬布森林公園 西武532号 動態保存の雨宮21号と西武532号。パッと見、現役機の交換風景のようです。残念ながら、西 [続きを読む]
  • 2013年 東海道本線を走る幕張のあずさ色183系
  • 今回は東海道本線を走る幕張のあずさ色183系です。 まずは六郷川橋梁を渡るあずさ色183系です。数年前まで関東の修学旅行臨と言えば183・189系ばかりでした。2013年6月9日 東海道本線川崎〜品川 183系 M31 引いてもう1枚。このM31編成はこの年末、2013年12月に引退しました。2013年6月9日 東海道本線川崎〜品川 183系 M31 この日は下り183系団臨も走るので、場所を変えて新子安駅に行きました。このM32もM31と同様にこの年末に引退 [続きを読む]
  • 1994年 丸瀬布の動態保存蒸機 雨宮21号
  • 丸瀬布は今でも雨宮21号が動態保存されていることで有名です。1980年に動態復元されたとのことで、復活後もずいぶん長い活躍です。今回は1994年に丸瀬布を訪問した時の記録を上げてみます。 雨宮21号が遊覧客車と丸太を乗せた運材台車を牽引します。1994年6月12日 丸瀬布森林公園 雨宮21号機 公園内には鉄橋もあります。1994年6月12日 丸瀬布森林公園 雨宮21号機 正面から見た雨宮21号。まるで現役の森林鉄道を見るようです。1994 [続きを読む]
  • 2017年 筑波鉄道跡を車で巡る 番外編 筑波山頂から筑波鉄道跡を見る
  • 先月まで、岩瀬から土浦へ筑波鉄道の廃線跡を車で巡ってみました。今回は番外編。筑波鉄道の車窓の華とも言える筑波山頂から筑波鉄道跡を見てみます。 まずは筑波山の裏の登山口、筑波YH跡まで車で行きます。梅雨入り直前の青空の下、緑の筑波山が映えます。 登山口から30分強で筑波山頂に着きます。筑波山と言えば双耳峰で知られていますが、女体山頂から見た男体山。 さて女体山頂から筑波山観光の起点となる筑波駅跡を見下ろし [続きを読む]
  • 1990年 梅雨の晴れ間を走る関東鉄道常総線
  • 梅雨の晴れ間に関東鉄道の撮影に行きました。どうしてこの場所にしたかは今となっては分かりませんが、水海道の辺りで撮影しました。 キハ20の下回りに、車体新造のキハ004。今ではこれが来たら喜びますが、当時はガッカリでした。1990年6月17日 関東鉄道常総線水海道〜小絹 キハ004 右手にうっすらと筑波山を見ながら走るキハ002。1990年6月17日 関東鉄道常総線水海道〜小絹 キハ002 当時の本命、キハ80 [続きを読む]
  • 2017年 かまたえんから東急蒲田駅を俯瞰
  • ことあるごとに言っているのですが、東急のステンレス車は大嫌いです。少年時代、こいつらが全国の釣り掛け電車を置き換えていったからです。 ただ毎日の通勤で蒲田駅を通っているのに撮影していないのも何なので、東急プラザ蒲田のかまたえんから駅を発着する電車を俯瞰してみました。 せっかくだから古参の7700系を狙います。蒲田駅に入線する7912F。2017年6月9日 東急多摩川線蒲田駅 7912F 池上線が発車して、多 [続きを読む]
  • 1993年 中国遼寧省 瓦房店駅に停車中の建設型
  • 赤峰から大連に向かう夜行列車の車中、大連まであと100km強の瓦房店駅で停車中の建設型蒸機が見えました。急いでカメラを取り出し車内から撮影です。 1993年6月17日 瀋大線瓦房店駅建設6048 建設型は1E1の前進型に比べると地味ですが、それでも標準軌の蒸機で、日本の蒸機に比べるとはるかに巨大に感じたものでした。 [続きを読む]
  • 2017年 根利森林鉄道まつり② 木曽森林鉄道のDLたち
  • 根利森林鉄道まつりの目玉はもちろんBALDWINですが、他にも木曽森林鉄道で使用されたDLなどが展示されていました。 1926年製造のホイットカムの4t機。1963年まで長野営林局の王滝、松本営林署で活躍しました。動態保存されているそうですが、到着が遅かったせいか、残念ながら走行シーンは見られませんでした。2017年6月4日 林業機械化センター 木曽森林鉄道 7号機 ホイットカムのサイドビュー。小柄でなんともかわ [続きを読む]