弾丸 さん プロフィール

  •  
弾丸さん: ワンパンマンは君さ。
ハンドル名弾丸 さん
ブログタイトルワンパンマンは君さ。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/onepunchfun/
サイト紹介文最強webコミック「ワンパンマン」のファンサイト!
自由文 web漫画「ワンパンマン」のキャラクターデータや単行本情報、独自の考察や企画など。ONE先生の原作版・村田雄介先生作画のとなりのヤングジャンプ版を網羅。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/12/28 13:43

弾丸 さんのブログ記事

  • ウロコドン
  • PERSONAL DATA災害レベル 狼(捕獲時)鬼(本編登場時)身長 164cm(捕獲時)体重 100kg(捕獲時) 巨大なアルマジロのような怪人。ヒーロー協会のある人物によって、協会施設内の檻に監禁されていた。血液から医療技術発展の鍵になる成分が検出されたという話であったがそれは真っ赤な嘘で、本来の目的はウロコの高額での売却。栄養を与えるとウロコが再生するため飼い続けられていたが、過度のストレスや食事内容・環 [続きを読む]
  • ギッシュ局長
  •  ヒーロー協会Z支部局長。顔面が異様に脂ぎっておりテカテカしている。怪人ウロコドンを、ウロコを高値で売るという私利私欲のために、医療に役立てると偽って協会施設内の檻に監禁していた。しかしウロコドンは環境変化により狂暴化して脱走。事件後、メタルナイト(ボフォイ博士)の手回しによって追放処分を受ける。「そんなもん嘘に決まっとるだろう」 [続きを読む]
  • スメルマスター
  • PERSONAL DATAヒーローランキング B級39位 協会の施設から逃げ出した怪人を捕獲するため、招集されたヒーローの一人。その名の通り、匂いを使って戦うヒーロー。コートの裏には多数の試験官が装着されており、ターゲットの好む匂いを発しておびき寄せたり、匂いで神経を麻痺させたりする。因みに一人称はオイラ。「遊びじゃねぇんだよ」 [続きを読む]
  • 罠天狗
  • PERSONAL DATAヒーローランキング B級70位 協会の施設から逃げ出した怪人を捕獲するため、招集されたヒーローの一人。対怪人用トラップを得意とし、ニ重三重に仕掛けられた罠で怪人を拘束する。作中でもウロコドンを三重トラップに嵌めたが、ワイヤーロープで編んだ網を簡単に引きちぎられ、しっぽの一撃でやられてしまう。「掛かったな!!これが私の三重トラップだ」 [続きを読む]
  • ピンクホーネット
  • PERSONAL DATAヒーローランキング B級25位 協会の施設から逃げ出した怪人を捕獲するため、招集されたヒーローの一人。衣装や武器など、新体操選手のような風貌。多彩な技を持っているらしく、”技の商店街”というなんとも微妙な異名で呼ばれている。「ワイルドホーン 私が注意を引き付ける」 [続きを読む]
  • ワイルドホーン
  • PERSONAL DATAヒーローランキング B級6位 協会の施設から逃げ出した怪人を捕獲するため、招集されたヒーローの一人。この作戦ではリーダーを担当した。前職が土工であり、工事現場で使用していたマシンを改造した武器・戦闘用杭打ち機”パイルバイソン”は一撃で木を貫き倒す。作戦では積極的に指示を出しリーダーとしての役割を果たしていたが、対象となった怪人が予想外に強くなっていたため、自慢の武器も役に立たず丸呑み [続きを読む]
  • ケモノ戦隊ZOO-MEN(ズーメン)
  •  劇中に登場する特撮ヒーローで、キング曰くチーム系ヒーロー特撮では一番初心者向け。火薬の量が多すぎてたまに事故が起きたりしているらしい。赤いサル・緑のキツネ・黄色いハイエナ・黒いハゲタカ・ピンクのブタの五人で構成されており、それぞれケモノ化することでパワーアップ、更にキメラ合体により巨大化できる。正義の秘密組織”ZOO”のサポートのもと、ライバル怪人や敵組織との戦いを繰り広げる。 [続きを読む]
  • 百鬼
  •  各地から強豪妖怪が集まり結成された、妖怪集団。”妖怪大王”復活のため、人間の生命エネルギーを狙っている。調味市にある廃ビルを根城にしていた。妖怪大王がモブに倒されたことにより壊滅。残党たちは神樹の潜在エネルギーを奪おうと目論むが、返り討ちにされてしまった。 [続きを読む]
  • 妖怪ハンター
  •  人々の生活を脅かす、悪い妖怪を狩ることを生業とする者達の通称。周囲を巻き込まぬよう人間社会と関わらず、人里離れた場所で長年修業を重ね孤独に戦っている・・・らしいのだが、そう語る妖怪ハンターの天草晴明は普段インターネットに接続していたり、天草の先輩は妖怪との戦いで「肉離れを起こし引退した」など、話の信憑性にはやや疑問が残る。 [続きを読む]
  • 妖怪大王
  •  妖怪集団”百鬼”が復活させようとしている存在。8本の腕(タコ足含む)、体中にいくつも口があったりなどなかなかグロテスクな外見。作中では既に復活しており、百鬼が根城としている廃ビル内で百鬼四天魔王と共に姿を現した。戦闘シーンは描かれていないが、倒された直後のモブたちの様子を見るに、モブたちの敵ではなかった模様。そのデザインは、モブによってある場所で活かされることとなる・・・「たかが人間が・・・この [続きを読む]
  • 百鬼四天魔王
  •  妖怪集団”百鬼”の幹部と思しき4体。モブたちが天草晴明とともに訪れた廃ビル内で、復活した妖怪大王とともに現れた。しかしモブと芹沢の敵ではなく、一気に倒されてしまい退場。まともな戦闘シーンもなければ、セリフもなかった。 [続きを読む]
  • バクザン
  •  第22回スーパーファイト出場者で、大会2連覇中の猛者。”闇地獄殺人拳”を操り、これまでの試合は彼による一方的な蹂躙で、スーパーファイト史上最強とも目される。過去対戦した選手の中には選手生命を絶たれてしまったものもいるという。”冥躰拳”のスイリューを殺し現役最強を証明しようと殺気立つが、初戦でチャランコに扮したサイタマと当たってしまい、一瞬で場外にぶっ飛ばされ敗北。必殺技・鬼泣き下段蹴り・熊殺し中 [続きを読む]
  • ジャクメン
  •  第22回スーパーファイト出場者。”ギガプロレス”所属のレスラー。いかつい外見とは裏腹にメンタルが弱い。大会には興行の宣伝のために出場した。試合ではニガムシと対戦、絞め技に敗れる。 「殴りこみとか乱暴な言い方されると・・・うん・・・」 [続きを読む]
  • 天草晴明(あまくさはるあき)
  •  人々の生活を脅かす妖怪を退治することを生業とする、妖怪ハンター。妖怪大王の復活を目論む妖怪集団”百鬼”を追い、調味市を訪れた。見た目も言動も胡散臭いが一応妖怪に対抗する力は持っている模様・・・しかし作中でそれが発揮されることはなかった。妙な単語を意味深に区切って話す癖がある。「私は”暗闇の、に、潜む・・・えっと、邪気を狩る者”                ”妖怪ハンター”天草晴明・・・!!」 [続きを読む]
  • 依頼者(ハゲ)
  •  自分の身に起こっている不幸をなんでもかんでも悪霊のせいだと思い込んでいる男性。実際には悪霊の類はついていないが、本人から発せられる負のオーラは半端ではない。頭髪に関しても悪霊のせいだと言いはるが、若い頃からこの状態であった。霊幻のもとでいろいろ吐き出しマッサージを受けたあと、満足気に帰っていった。「ほとんどは悪霊のせいなのだが・・・」 [続きを読む]
  • 依頼者(置物)
  •  旅先の古物商店で置物を買ってから悪いことが起きていると相談に訪れた男性。三つ目の土偶のような置物は8万円もするが、どうして買ったのかの記憶もはっきりしないという。実際置物には怨念のようなものが渦巻いており、それが不幸の原因であった。怨念は芹沢の手によって取り除かれた。「この置物の存在が気になって           まともに眠れません・・・」 [続きを読む]
  • メンタイ
  •  第22回スーパーファイト出場者。香辛料を摺りこんだ拳で敵の目を狙って戦うという”香辛拳”を使う。そのせいか、拳は香辛料の色に染まっている。試合ではチョゼと対戦するが、一方的に傷めつけられ敗退。 「今日は赤トウガラシでかますぜっ」 [続きを読む]
  • チョゼ
  •  第22回スーパーファイト出場者。”選民血脈格闘術”の名前が示す通り強烈な選民思想を持っているようで、試合前のアンケートでは他の選手達を見下す趣旨の発言をしている。そのうえ残忍な性格で、試合であたったメンタイにギブアップの隙すら与えず、レフェリーに止められるまで一方的に痛めつけた。 「愚民ども・・・よく見ておけ・・・」 [続きを読む]
  • ロジー
  •  第22回スーパーファイト出場者。格闘家が集うこの大会において、唯一の文化系選手。”心理分析格闘戦術”で相手の心理を分析・誘導し試合を有利に運び勝利する・・・らしいのだが、実践では試合開始と同時に”巨漢流圧殺法”デーブのボディプレスを喰らい、心理を分析するまもなく瞬殺される。 「心理ロジックに従って        格闘界に革命を起こしてみせましょう」 [続きを読む]
  • デーブ
  •  第22回スーパーファイト出場者。他の出場者と比べて何倍もある巨体、今大会最重量の超肥満選手。足が異様に短い。その見た目に似合わぬ跳躍力と、そこから繰り出されるボディプレスを得意とする”巨漢流圧殺法”を使う。 「ふーっ ふーっ」 [続きを読む]
  • ハムキチ
  •  第22回スーパーファイト出場者。”ひまわり道場の優しい護身術”と銘打ち、女性や子供でも扱えるという護身術を指導している(因みに月謝2000円)。しかし当の本人は筋骨隆々、幾つもの古傷を持つ巨躯の持ち主であるため、説得力に欠ける。初戦で数撃当流術のガトリンと当たり、善戦するも敗れてしまう。 「月謝二千円です よろしくお願いします」 [続きを読む]
  • ガトリン
  •  第22回スーパーファイト出場者。名が表す通りガトリング砲のような連打を浴びせる”数撃当流術(すうげきとうりゅうじゅつ)”の使い手。初戦であたったハムキチに苦戦、大きなダメージを負いつつ辛くも勝利した。 「連打こそ最大の防御なり」 [続きを読む]
  • バズズ
  •  第22回スーパーファイト出場者。一撃の破壊力にこだわり抜いた”バズズ核爆拳”という拳法を使う。大会へは3回目の出場だったが、初戦であたったボルテーンの電気をまとった攻撃を受けて敗退。 「がははっ!     前大会までの俺と同じと思うなよ!」 [続きを読む]
  • ボルテーン
  •  第22回スーパーファイト出場者。幼少期の落雷事故により、超帯電体質となった男。打撃と電撃を融合した格闘技”雷々拳(らいらいけん)”を使う。スーパーファイトには4回目の出場。初戦であたったバズズを難なく破る。 「フンッ・・・」 [続きを読む]
  • スイリュー
  •  第22回スーパーファイト出場者。”冥躰拳(めいていけん)”を使う。過去に大会4連覇を果たした実力者で、今回は7大会ぶりの出場。地位と名誉に固執しない自由な性格のようで、行方知れずだった3年間は遊び歩いていた模様。今大会も賞金のみが目的で出場したと話すが、本人は前大会優勝者ウルフマン(ガロウ)と対戦できるのを期待していた。 「俺が強さを求めた理由は・・・      テキトーに楽して生きてくため [続きを読む]