lang さん プロフィール

  •  
langさん: ゆるゆる行きましょうか
ハンドル名lang さん
ブログタイトルゆるゆる行きましょうか
ブログURLhttp://ameblo.jp/langtomaruotachi/
サイト紹介文2013年6月2日にファッション、グルメ、アートが好きなたった一人の大切な 弟が自死しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/12/28 23:50

lang さんのブログ記事

  • まるをとまさえの物語 シーズン2 Ⅰ
  • 2009年を無事に越え、2010年を迎えたまるをクリスマスの時より少し毛が生えてきました継続してコンスティ・ブレンドとバードック・プラス、カリカセラピ、プロポリスを与えて2009年10月の私の誕生日には「来年もね」とは言えなくてホワイトデーにねと約束した通り勇ましい顔でホワイトデーも乗り越えました♪前髪が伸びてきた〜そんな日々を送っていた時にまるをとまさえの子供、マボが亡くなりました続く [続きを読む]
  • モッピィが家族になって2年
  • 2015年の5月のブログに「この子は長生き出来ないかもしれない」と書いたモッピィも先月2歳になりました。こんなに小さかったモッピィお鼻の上の腫瘍が爆発したりして…アーコとチビっ子モッピィお布団をアーコちゃんがモッピィに譲って添い寝♪アーコちゃんが最初の発作で仰向けになった時は今まで聞いた事のない大きな声で鳴いて知らせてくれたねあーちゃんが亡くなった後もずっとそばで顔を舐めてたね今は体重も1180gお顔も丸型 [続きを読む]
  • ケージ
  • 今まで亡くなった子のケージは次に迎えた子が使っていたけれど、この二つは約1ヶ月もそのまま。まさるとくまたんチビッ子、王子若かりし頃のぱんちゃんたった4ヶ月しか過ごせなかった、最愛の子ポップコーン…新しい敷物の上を歩きたいあーちゃん。はるじアーコ、モリー、かっちゃんみんな居ないんだよな…掃除をしながら思い出したら切なくなってきた [続きを読む]
  • ぱんちゃんが逝って二週間
  • 相変わらず、ぱんじいと王子のケージはそのまま。仕事から帰宅して掃除をする前に、ぱんちゃんと王子、サブリーとモッピィ&さゆりのご飯の用意をするとき今までは4つのフードお皿にそれぞれの食事を用意していた。それが今は2つ。モッピィとさゆりは同じ器なので。寂しいです。でも今の子供たちは普通に過ごしてます。サブリーは相変わらず甘えん坊モッピィ草を欲しいために2本立ちを毎回披露そのあとは膝で横寝る小百合ちゃん [続きを読む]
  • 腰が痛いよー 羊毛
  • 二時間かけてやっとここまでこれを作りたい↓このポーズを…ワイヤー入れたのにすでに立たない顔が上手くいくかなーブログアップしなかったら失敗したと思って下さい今日はこれで終わりあくびしながらおっさんが掃除を待ってるから [続きを読む]
  • 草とタンポポ
  • 久しぶりに時間が出来たので モルズ達の大好きな草を取りに行ってきました。念入りに洗って風呂場で乾燥仕方ないから少しあげてみた今から ひっさしぶりに羊毛でもしましょうかね… [続きを読む]
  • Iさんへ
  • メッセージを下さった Iさん。メッセージの返信が送れないようなのでこちらから。心配して下さりありがとうございます。Iさんのお言葉どおり 王子は甘えたかったのだと思いました。多頭飼いの為、一人一人に長い時間をかけて接する事が出来なかったからぱんちゃんを見て最後は僕も甘えようって思ったのかもしれません。ぱんちゃん、王子 二人とも母ちゃんの帰りを待って長い時間世話をしてくれて少しは喜んだかな?と思います。私 [続きを読む]
  • ハムスターの王子 虹の橋へ渡りました
  • 我が家のやんちゃ長毛ハムスターの王子が先ほど虹の橋へ渡りました。ぱんちゃんと同じく仕事から帰宅して様子がおかしい事に気がつき仰向けになったままで動かないが呼吸はしている状態お腹が膨れている、身体が冷たい、暖めて身体をゆっくりさすって少しだけ呼吸が早くなりお湯に少しだけ砂糖を入れた水を飲ませるとゆっくりと喉を通り越して目を片方だけ開いて 手にも少し力が入るも自力では立てない状態すやすや寝ている時折 [続きを読む]
  • 我が家の長男 パンちゃん虹の橋へ
  • 先ほど、21時45分 パンじいちゃん大好物のカットビーフを持って虹の橋へ行かれました。思えば、このマンションで暮らしはじめて今月で3年。アーコとは5年7ヶ月過ごしたけれど、このマンションでは2年5ヶ月の暮らし。パンちゃんとは2年10ヶ月も暮らした。昨夜あげたご飯、カットビーフ2個とひまわりの種はきちんと完食してたじいちゃん、さすがだな。先に行ったハムスターのハルジ、くまたん、まさるモルモットのポップコーンお姉 [続きを読む]
  • パンダじいちゃん危篤
  • 先ほど仕事から帰宅したらいつもの場所にパンちゃんがいなかった。下の部屋も見たけどいない。エサ入れの横で倒れてました。身体はほとんど冷たいですが小さな心臓はゆっくりと動いています。スポイドで水を口に少し入れるとほんの少し飲んでくれます。だけど立てない。足を触ると少し動くけれど今夜が山かな…どうしたら良いかわからないけど帰宅するまで待っててくれたんだね。このまま苦しまず眠るように…でも頑張ってほしい [続きを読む]
  • 平井堅 僕の心をつくってよ
  • 先日、深夜のスーパーで耳にした平井堅の新曲「僕の心をつくってよ」普段 車の中で聞いてるのと違って大きく流れてる曲にハッとした。歌詞にある「ねぇ」と言う声に力がこもっていてBメロの少し寂しげな曲調に心を奪われサビの最後の「つくるんだー」の叫びは平井堅らしく堪らない気持ちになった。弟の事を思い出す事もあるけれど今まで飼っていた子供たちの事も重なり。 最近は使わなくなっていた まさるがくれたこれに転送して [続きを読む]
  • ぱんちゃん、2才9ヶ月
  • 飼い主、二週間前に食道潰瘍+逆流性食道炎と診断されてなかなかブログを書けず、読者にならせて頂いてるブロガーさんの記事も読み逃げで申し訳ないです長男、パンダマウスのパンじいちゃん今月で2才9ヶ月になりました。相変わらず、ヨボヨボしてますが大好きなカットビーフは毎日2つ完食してます実家のネザー、ラングは太りすぎそしてピッコラ ピッコラと元気が良すぎるさゆり ちゃんも順調♪この背中から尻にかけてのベッカム立 [続きを読む]
  • 皆で年を越す
  • 今 我が家にいる子はみんな無事に年を越せました。まさかのパンツマウスのぱんじいちゃんまでも。毎日帰宅してから餌を食べたかの確認と本人の生存確認をしてホッとする。このケージのトンネルが足腰を強くしてるのか?寝るときは上で、下に降りないと餌も水もないからヨタヨタしながらもスムーズに移動相変わらず、カットビーフ大好き。レタスを入れてみても知らん顔2014年の5月に迎えて、現在2才7ヶ月。もしかしたら4月に生まれ [続きを読む]
  • 砂時計〜☆
  • クリスマスイブに素敵な絵葉書が届きました。「いろは塾」さんの絵葉書です。ある方のブログでこのサンタクロースの絵葉書を見て、私も手元に欲しくなり注文しました。絵を見るのは好きです。このサンタさん、弟の後ろ姿のようにも見えますし、まるをのような気もします。木の枝やサンタさんの袋、足元の陰影、舞い散る雪の大きさ等 見ていて吸い込まれるような優しい温もりのある絵です。こちらの絵葉書も好きです。亡くなったペ [続きを読む]
  • まるをとまさえの物語 Ⅵ
  • 病気が発覚してからも仲良し掲載の写真は分厚いまるをのアルバムからそのままスマホで撮っています毎日のように写真を撮ってたこんなになっても皮膚に関しては病院ではわからないと言われ、自力で色々と調べた日々アメンバーだった姫ママという方のワンちゃんが似たような症状でアカラスかもしれないと思い情報を交換したりしていた。まるをは本当におとなしい子でずーっと横寝で腕枕をさせてくれたこの頃やっと見つけた、ホリス [続きを読む]
  • まるをとまさえの物語 Ⅴ
  • 仲良しの二人を別々にしている時間が長いのは見ていて辛いので2006年の12月にまるをは去勢しました。※今回ブログがなかなかアップ出来ず出来たと思ったら写真が横になってしまいご免なさい。親子3人で仲良く♪時には4人(笑)左のうさぎはまさるの希望で太宰府まで行き、里親になった「うさみ」です。この頃はまさると結婚していたので。この写真は2009年5月まるをの首の下にしこりがあります。そして体も皮膚の状態が悪く、病気で [続きを読む]
  • まるをとまさえの物語 Ⅳ
  • 無事に出産したあと、仲良しのまるをとまさえは私が仕事で家を空ける時はケージを別にしていました。本当に仲の良い二人そして出産から3ヶ月、目を離した隙に…まさえの妊娠11月6日に無事3匹の子供を産みました。色の淡いまるをに似た子は佐賀県の里親さんの元へ。そしてソックリな二人は右がカズヲ(ネーミングからわかるように、まさるの実家へ)後にカッチャンとして戻ってきます!左はうちの家にそのまま、まるをとまさえの [続きを読む]
  • まるをとまさえの物語 Ⅲ
  • 2006年4月、まさをのお腹が大きいので病院に連れて行きました。まさをはまさえに改名しました♪女の子だったなんて大きなお腹のまさえ仕事から帰宅するとまさえは子供を4匹産んでいて初めての経験だった私は病院に連絡したが「大丈夫ですよ。そのまま見守っていて」とかなんとか言われた記憶が。まるを、ムンクの叫び一番左の顔の白い仔はまさるの実家へ一番右の仔は弟の元へこの仔は院長宅へそしてこの子は福院長の家へまさえち [続きを読む]
  • まるをとまさえの物語 Ⅰ
  • 今から10年前の2006年2月18日、私の家族としてモルモットのまるを君とまさえちゃんがやってきました。2005年8月にマキオを亡くして落ち込んでいるときにデパートの地下で移動動物園があり、休憩休みに行ってしまった。柵の中に沢山のモルモットと人間の子供たち。私も入りました。そして泣きました。飼育員のおじさんが話しかけてくれ何を話したかは覚えてないけれどたぶんマキオが亡くなった事やモルモットの事を語ったと思いま [続きを読む]