光我 さん プロフィール

  •  
光我さん: 光我のココロとカラダのヨガ研究室
ハンドル名光我 さん
ブログタイトル光我のココロとカラダのヨガ研究室
ブログURLhttp://kougastyleyoga.seesaa.net/
サイト紹介文ココロとカラダの幸福度を上げます!
自由文ココロの痛みや不快感から解放され、幸福な状態へ気づいていくにはどうすればよいかを、ヨガを通して伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/12/29 00:14

光我 さんのブログ記事

  • ニューカレドニア・メトレ島でのヨガ太陽礼拝
  • 朝は、ゆっくりと始まります。出来る限り、毎日YOGAはしてます。自分でやるヨガと習いながらやるYOGAは、違った気づきをもたらしてくれるでしょう。レッスンでは、自分に合わない事もやると思います。その時に、自分の思考の動き方に観察を向けるとより自己を知る事につながるでしょう。自分は、何を恐れていたのか...その恐れは、どこから出てきたのか...自己の作り出した幻影に、惑わされていると、物事のありようを見失う [続きを読む]
  • シバ神がなぜ、ダンスとヨガの神様なのか?
  • 先ほど、光我ダンスブログを書いてて、これは伝わるかなと思い載せる。結論から言うと、「YOGAで得られる感覚とダンスで得られる感覚が同じなんだと思った。」ダンスは、自分のカラダと思考と感覚があればいい。音は、それを増幅してくれるものだと思う。外から聞こえる音だけでなく、内から来る音もあるはず。全てをゆだね踊り始めるためには、カラダを開放しなければならない。解放するためには、カラダが自由に動く方がよりいい [続きを読む]
  • 今日は陰ヨガに身とココロをゆだねた。
  • 今日は、久しぶりのフルの陰ヨガ。各ポーズ5分ちょっと!タイマーは、5分という事。陰ヨガは、寒くなりやすいので、暖房つけてない光我の部屋では、冬にはフルバージョンはあまりやってなかった。ここで、フルバージョンと言うのは陰ヨガ用語では無くて、光我が勝手に決めた脊柱の動きに対してのポーズ。夏は、何度も寝てしまったが、冬は寝てしまうと危険だ。笑陰ヨガは、筋肉の働きを出来るだけ無くして、筋膜や靭帯にかけてい [続きを読む]
  • 痩せる、柔らかくなる、強くなる!!ヨガの中では?
  • まず痩せるには、体温を上げる事をした方が良い。ホットヨガでは無くて、自らの体温を上げる事。外の温度が高くなれば、カラダは体温を上げる必要がなくなる。自分が熱くなっているのではなく、外の温度によるものなので、錯覚なんだ。汗は、体温を下げる為に出す。ホメオスタシス。自らの機能により体温を上げる事によって、細胞内のミトコンドリアが活性化する。免疫系も、体温が上がることによって活性化する。癌になりやすい方 [続きを読む]
  • 継続の力。
  • 自分に力が無力だと思うことは、何度もある。その時に、こう言い聞かせる。『今の事を続けられるなら、得られるものはある。』もし続けられないなら、他の方がやるだろう。そして、追いつけなくなる。継続は、ただの繰り返しを行う事により、さまざまな障壁や考えが生まれてくる。それを丁寧に扱うことによって、さまざまな力を得ることが出来る。その様に行う事によって、継続は力となる。まずは、やらないと何もわからない。誰か [続きを読む]
  • 訂正 「ヨガ&フィットネス」でした。
  • Yoga&Fitness (Fight&Life2017年4月号増刊)新品価格¥1,000から(2017/2/28 19:37時点)土曜日にのゴールドジムでのレッスンの帰りにフロントで見かけた雑誌は、ヨガジャーナルではなく、新刊の「Yoga&Fitness」でした。Fight&Lifeの2017年4月号増刊でした。吉川ひなのさん、ヨガジャーナルでも表紙なってたこともあったのでってっきり...m(_ _)m吉川ひなのさんの兄が、マッチョマンでゴールドジムつながりなのかな...雑.. [続きを読む]
  • ヨギニー(yogini)が、よくやるヨガポーズやってみた。笑
  • 苦しそう?笑光我がヨガ教えてるゴールドジムでも、ヨガジャーナル販売し始めた。表紙が、吉川ひなのさんだった。立ったカポタアーサナやってるの観て、帰ってやってみようと少しばかりヨガやってからチャレンジポーズ。このポーズは、まずヴィラアーサナ(英雄座)が出来ないと難しい。ヴィラアーサナは、日本だと女の子座り。正座で脚が横にでてお尻が下に降りてる座り方。光我は、小さい頃から苦手。もちろんお尻は、下につかない [続きを読む]
  • YOGAでのリラクゼーションとパワー
  • ヨガレッスン参加に、何を求めてきているか?メディアの多量のヨガ情報により、なんとなく来られる方から、友人や医師に勧められて来ましたまで様々。ヨガポーズによるリラクゼーションは、基本的には重力に従ってカラダの力を抜いていく事が多い。反対にパワーをつけるのは、重力からの反発だ。人間活動するためには、重力に対応できなければならない。抗重力筋と呼ばれたりするが、簡単に述べると活動できるカラダが無いと、人生 [続きを読む]
  • ヨガ後屈、後ろに反る快適さ
  • ヨガのレッスンで、苦手とされやすい後屈。原因は、腰痛か...筋力が伴ってないか...歳と共に、背中は丸くなっても、反れる方は少ないだろう。歳を重ねるにしたがって、動きが単調になり、いつの間にか固まってる...それが、カラダの老化の一つにつながるのでは無いか...ヨガの様々なポーズは、関節に刺激を与える。1番重視されてるのは、脊柱と考える。それは、脳から末梢神経へとつながる大事な部分だからだ。末梢神経が損傷を受 [続きを読む]
  • 毎日、柳生心眼流の素振りしてます。
  • 2017年2月19日、柳生心眼流の伝承会に、新小岩のシーザージムに行ってた。柳生心眼流武術の基本中の基本の素振りと言う動作を2015年2月に 吉田 郎良師範と 平 直行先生から学んで以来毎日続けている。何度か、その後も学ぶ機会があり、知識も付いてきた。柳生心眼流兵法術の 島津兼浩先生からは、柳生心眼流 活法之術初伝の許しを去年に授かった。この事は、またに記す。格闘技系のジムは、ボクシングやってた頃以来だ...今の医療 [続きを読む]
  • ヨガのアーサナをダンスに生かすには?
  • yogaのasanaのエーカパーダカウンディヌヤアーサナ2は、breakin'のFreezeに似てるが、外見だけだ。ここでは、わざとヨガの方にもっていった。dancer 光我 on Twitterbreakin'のように早い動きで、ヨガの要素を強めるのは、カラダにかかる負担が高くなるので、真似しないように...breakin'には、breakin'のやり方がある...っというより、ヨガのようにポーズに深い意味は無く目指してるものは、カッコイイかどうか。ヨガでは、その [続きを読む]
  • 陰ヨガが久しぶり。笑
  • 今日は、休日。久しぶりに家で陰ヨガ(Yin Yoga)。最近、パワー系ヨガがメインだったけど、ふつふつと湧いてくるものですね。 陰ヨガは、中医学とヨガが合わさった様なスタイル。ポーズをして、5分から10分ほど観察してる。中医学は、気について知らないと難しい。気について、30年くらい興味を持ち続けているが、その練りあげる事はどう言う狙いがあるのか少しづつわかってきた。(気のワークは、毎日やってる。)これは、わか [続きを読む]
  • ヨガの倒立(Adho Mukha Vrksasana)
  • Handstand of YogaYOGAの中級から、ハンドスタンド系のアーサナ(ポーズ)が出てきます。このアーサナの下地は、初級から身につくように構成されています。ヨガのハンドスタンド系の多くは、力だけでなくカラダの操作法と可動域がカギとなってきます。そのためにただ倒立をするよりも、いろいろ制限を設けます。出来るようになれば、そこからさらに制限を設けて、行くようにも感じてます。例えば、ただの倒立なら手と手の幅は、肩 [続きを読む]
  • 鶴のポーズ(バカアーサナ)の基礎力アップ動画。
  • 日本では、鶴のポーズ。YOGA界では、BAKASANA(バカアーサナ)。ヨガのポーズで、初級から中級くらいに出てくる基礎的なポーズではありますが、まともにやると難易度はぐっと上がります。まずは、腕を曲げて脚をのせるだけでもいいでしょう。しっかりマットを見て、顔面から倒れないように肩を顔から離すことが大事。youtubeでは、より具体的に即実践向きな動画を載せました。まだ、この動画のように基礎力が足りないと思われる方 [続きを読む]
  • うっかり、行く気満々だったぜ!(笑)
  • 最近、主にスタンディング系の割合が高いヨガを毎日してる。昼間の肉体労働系の仕事をしなくなったため、カラダに余裕が出てきた。そして、継続することにより細かなことに気づくようになる。難しいポーズの時に、何が障害になっているのか?ヒントはカラダが教えてくれる。頭で、筋肉が無いから!やカラダが硬いから!っとか、決めつけてはカラダの声を聞き逃す。やり方が違えばできる事もある。そして、ヨガを継続することにより [続きを読む]
  • ヨガと他の運動との違いとは?例1
  • 何を持ってヨガなのか?ん〜(このblog書くために、ポーズ決めてみました。笑)これは、ある程度ヨガをしてヨーガスートラなど教典や聖典を読んでる方なら、おぼろげながらでも答えらるだろう。しかし、教典や聖典を持ちだして一般の方に説明するとなると、それは理解促そうとしても、それはあなたの答えでは無いので伝言ゲームのようになりやすい。 では、ヨガの一側面ではあるが、光我の今日レッスンで言った事を述べてみよう [続きを読む]
  • inversion(逆転)を味わう。
  • カラダにいろいろな体験をさせることは、カラダの能力向上にも良いと考える。その逆が寝たきり状態だ。体力がより衰えて、思考も悪くなる。日常的には、逆さの状態はなかなか起きないであろう。ヨガでは、ふんだんに盛り込まれている。ヨガポーズの王様と言われているのは、ヘッドスタンド。アーサナ名は、シールシャアーサナ(Sirsasana)。しかし、これが出来ないからと言って、別に苦にすることもないし無理に挑む必要もない。し [続きを読む]
  • 冬は、退化もしくは老化しやすいと思うんだよね〜...
  • 人間も自然の一部と思います。アンチエイジングなんて、自然の流れに逆らっていると思います...って、受け入れられる方は、ある意味煩悩が一つ減っているので、悩みからは一つ解放されていると思いますよ...(笑)まず、現実的な話からして、老化を止めることはできません。しかし、その速度を遅くすることは出来ます。まず、何を目的にするか?美容のためか?健康のためか?健康であるなら、美容にも良いと言えますが、その逆は成 [続きを読む]
  • 陰ヨガのシールポーズ10分やってる?
  • 筋肉と言う概念は、東洋では新しい知識らしい。詳しくは、いつか述べよう。この知識は、ヨガでは無く武術の方なので話が長くなるから、誰も読んでくれないし...笑さて、陰ヨガの話にしよう。今年の春に陰ヨガ(Yin Yoga)のSarah Powers 先生によるインストラクター向けのティーチャートレーニングを受けた時に、Sarah先生はシールポーズ(アシカ)を10分やっているとの事が印象的だった。光我は、去年の夏にJo Phee先生の陰ヨガTTを受 [続きを読む]
  • カラダ反れますか〜?(ヨガ後屈について書きました)
  • カラダを後ろに反る。ここでは背中の事。後屈と言ったりバックベンドと言ったりヨガでは表現されます。光我が教えているところの参加者の年齢層は、幅広く目的もさまざま。歳と共に後屈は、苦手になってきやすくなる。赤ちゃんは、ハイハイをする前に、カラダをうつぶせ状態から状態を起こす反らす動きをする。これは、次なる準備につながる。ハイハイ、そして立ち上がる。自然と筋肉を養っている。何かしらの重力に対してカラダを [続きを読む]
  • ココロのざわざわ...
  • ココロがざわざわしてきたら、自分のココロに意識を向ける。きっと、ざわざわの原因は、外の世界だ。池に起きる波紋を、止める事は出来ない。しかし、見守る事は出来る。ココロとは、抽象的な概念だと思う。ココロと考えは、影響しあってる。考えは、脳だ。脳の休息にいいのは、ココロのざわめきに意識を向け観察するのが、今知ってる最上の方法かもしれない。 [続きを読む]
  • 夢を希望に変え、叶える為に必要な力
  • 夢を掴む、根本的に重要な事は、やり続ける力、やらないでいられる力、望み続ける力...意志の力が無いといけない。それは、脳の前頭前野が関係している。1日5分の瞑想でも軽い運動でも、機能はアップする。ヨガは、なんて贅沢なんだ!テクニックは、いくらか必要だが、正しく学べば、実り多きい。俺は、レッスンではそうなる様に教えてるが、実は自分の為なんだ!簡単な事過ぎて、いつの間にか、わかった気にならない様にね...あな [続きを読む]
  • 本題は、倒立時間計ることだったのだけどね^^;
  • kingkouga / dancer 光我逆立ち1分から、2分に行けないなぁ〜その為の練習は、特に今はしてないけど、ヨガやってると土台作りが出来てるので、ある程度は出来る。まあ、その様に教えてくれる先生のレッスンは、キツイかも知れないが、それは宝を頂いてるのですよ^_^ https://t.co/288UTiL2em at 06/25 17:02私を真実でない事から、真実へと導いて下さい。何かで覆い被されたこの隠された世界から、私を光の元へ導いて下さ [続きを読む]