芳瑩 さん プロフィール

  •  
芳瑩さん: 神旅 仏旅 むすび旅
ハンドル名芳瑩 さん
ブログタイトル神旅 仏旅 むすび旅
ブログURLhttps://ameblo.jp/taishi6764/
サイト紹介文一の宮めぐり、西国三十三所、四国八十八カ所、新西国、聖徳太子ゆかりの神社仏閣などの神社仏閣巡り
自由文巡礼をつづけると歴史の忘却したものに出会うことがある。その忘却した記憶を拾い集めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供475回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2013/12/29 13:36

芳瑩 さんのブログ記事

  • 白山下山仏林西寺の「八坂神社」
  • ブログ?開山1300年 白山聖地を訪れる白山下山仏とは、古来より白山には神仏習合の信仰があり、山頂付近の堂舎には数多くの仏像、仏具が安置されていたが、神仏分離により大半が廃棄された。しかし、信仰の厚かった白山麓の人々によって一部が尾添白山社と林西寺に運ばれ、現在に至っている。仏像などは非公開で、毎年の正月三が日と地元の祭りのときのみ開帳される。?尾添白山下山仏社尾添白山下山仏社は、加賀禅定道の聖地 [続きを読む]
  • 白山の山頂の仏像「白山下山仏林西寺」
  • ブログ?開山1300年 白山聖地を訪れる白山下山仏とは、古来より白山には神仏習合の信仰があり、山頂付近の堂舎には数多くの仏像、仏具が安置されていたが、神仏分離により大半が廃棄された。しかし、信仰の厚かった白山麓の人々によって一部が尾添白山社と林西寺に運ばれ、現在に至っている。仏像などは非公開で、毎年の正月三が日と地元の祭りのときのみ開帳される。?尾添白山下山仏社尾添白山下山仏社は、加賀禅定道の聖地 [続きを読む]
  • 尾添地区にのこされた「白山牛王印(ごおういん)」
  • ブログ?開山1300年 白山聖地を訪れる白山下山仏とは、古来より白山には神仏習合の信仰があり、山頂付近の堂舎には数多くの仏像、仏具が安置されていたが、神仏分離により大半が廃棄された。しかし、信仰の厚かった白山麓の人々によって一部が尾添白山社と林西寺に運ばれ、現在に至っている。仏像などは非公開で、毎年の正月三が日と地元の祭りのときのみ開帳される。?尾添白山下山仏社尾添白山下山仏社は、加賀禅定道の聖地 [続きを読む]
  • 白山の山頂の仏像「尾添白山下山仏社」
  • ブログ?開山1300年 白山聖地を訪れる白山下山仏とは、古来より白山には神仏習合の信仰があり、山頂付近の堂舎には数多くの仏像、仏具が安置されていたが、神仏分離により大半が廃棄された。しかし、信仰の厚かった白山麓の人々によって一部が尾添白山社と林西寺に運ばれ、現在に至っている。仏像などは非公開で、毎年の正月三が日と地元の祭りのときのみ開帳される。?尾添白山下山仏社尾添白山下山仏社は、加賀禅定道の聖地 [続きを読む]
  • 磐衝別命の屋敷跡または羽咋神社の元宮「八幡神社」
  • ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋氏・三尾氏の祖「磐衝別命墓」羽咋神社(はくいじんじゃ)磐衝別命に関係する「羽咋七塚(はくいななつか)」磐衝別命の屋敷跡または羽咋神社の元宮八幡神社石川県羽咋市川原町御祭神は応神天皇、三足比咩命(ミタ [続きを読む]
  • 磐衝別命に関係する「羽咋七塚(はくいななつか)」
  • ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋氏・三尾氏の祖「磐衝別命墓」羽咋神社(はくいじんじゃ)磐衝別命に関係する「羽咋七塚(はくいななつか)」磐衝別命の屋敷跡または羽咋神社の元宮羽咋七塚(はくいななつか)は、石川県羽咋市にある7つの塚の総 [続きを読む]
  • 羽咋氏・三尾氏の祖「磐衝別命墓」羽咋神社(はくいじんじゃ)
  • ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋氏・三尾氏の祖「磐衝別命墓」羽咋神社(はくいじんじゃ)磐衝別命に関係する「羽咋七塚(はくいななつか)」磐衝別命の屋敷跡または羽咋神社の元宮羽咋神社(はくいじんじゃ)所在地 石川県羽咋市川原町エ164主 [続きを読む]
  • 難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」
  • ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋氏・三尾氏の祖「磐衝別命墓」羽咋神社(はくいじんじゃ)磐衝別命に関係する「羽咋七塚(はくいななつか)」磐衝別命の屋敷跡または羽咋神社の元宮泊まったホテルの近くの座摩巫5神を祀る「足羽神社(あすわじん [続きを読む]
  • 継体天皇〜難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」
  • ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋氏・三尾氏の祖「磐衝別命墓」羽咋神社(はくいじんじゃ)磐衝別命に関係する「羽咋七塚(はくいななつか)」磐衝別命の屋敷跡または羽咋神社の元宮足羽神社(あすわじんじゃ)所在地 福井県福井市足羽上町108主 [続きを読む]
  • 継体天皇伝承地「越国」訪れる
  • ブログ?継体天皇の伝承地をおとずれる継体天皇の父→【汙斯王(=彦主人王)】 三尾氏?三尾氏は、第11代垂仁天皇と、山背大国不遅(山代大国之淵)の娘・綺戸辺(かむはたとべ、弟苅羽田刀弁)との間に生まれた第十皇子である磐衝別命(いわつくわけのみこと)を祖とする。?『日本書紀』によると、近江国高島郡三尾の別業(なりどころ、別宅)に居た彦主人王は、振姫の美しさを噂に聞き、越前三国(福井県三国市)の坂中井まで [続きを読む]
  • ★継体天皇の伝承地をおとずれる
  • 継体天皇の時代ブログ?河内王朝 〜五世紀の「鉄と騎馬民族」〜?4世紀の中国は華北地方に騎馬民族を中心にした五胡の時代の侵入を受け分裂し、五胡十六国時代になり、高句麗は中国東北部で勢力を伸ばした。高句麗は北魏・鮮卑の民族から馬場の習俗を受け継いだという。(6世紀ごろの東アジア)?5〜6世紀の東アジアは南北対立を軸にした動乱の時代だった。その余波を受けて、朝鮮半島では北の強国・高句麗が南下政策を取り、南 [続きを読む]
  • 織田信長の氏神「劔神社」の謎
  • 御神体の「剣」 御神体となっている剣は垂仁天皇皇子の五十瓊敷入彦命が作らせた神剣?五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)『日本書紀』『古事記』によれば、第11代垂仁天皇と、後皇后の日葉酢媛命(ひばすひめのみこと、比婆須比売命/氷羽州比売命)との間に生まれた皇子である。垂仁天皇39年10月条五十瓊敷命は菟砥川上宮(うとのかわかみのみや:大阪府泉南郡阪南町の菟砥川流域)にて剣1千口を作り、石上神宮(奈良県 [続きを読む]
  • 織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 白山信者だった「織田信長」
  • 白山信者だった「織田信長」 織田信長は白山を信仰していた。岐阜県岐阜市にある標高329mの山。旧名稲葉山(いなばやま)金華山(きんかざん)は、1201年(建仁元年) 二階堂行政が山上に砦を設け、1567年(永禄10年) 織田信長の居城となった。古代中国で周王朝の文王が岐山によって天下を平定したのに因んで城と町の名を「岐阜」と改めた。この頃から信長は「天下布武」の朱印を用いるようになり、本格的に天下統一を目指すよう [続きを読む]
  • 越前国の戦国大名「朝倉氏」一乗谷遺跡
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 越前馬場〜白山平泉寺(へいせんじはくさんじんじゃ)〜
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 白山権現を守護神とする曹洞宗永平寺(えいへいじ)
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 永遠に平和を願う町から「永平寺大燈籠ながし」
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 美濃馬場〜郡上八幡を訪れる〜
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 美濃馬場〜長滝白山神社(ながたきはくさんじんじゃ)〜
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 美濃馬場〜白山中居神社(はくさんちゅうきょじんじゃ)〜
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 白山信者だった奥州藤原氏「中尊寺の鎮守白山権現」
  • 越前(現福井県)の平泉寺白山神社は、「へいせんじはくさんじんじゃ」と読む が私は「ひらいづみ」と呼んでいたが、案外こんな間違いが面白い歴史の断片を知ることになる。「ひらいづみ」といえば「世界遺産平泉」「中尊寺の金色堂」といったイメージがあります。ちょっと「平泉 ひらいづみ」にこだわってみます。平泉(ひらいずみ)?平泉平泉は、岩手県南西部にある地名で、現在の平泉町の中心部にあたります。平泉は最大規模 [続きを読む]
  • 那谷寺「若宮白山神社」
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 開創1300年 高野山真言宗「那谷寺(なたでら)」
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]
  • 松任金剱宮(きんけんぐう)
  • 翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により、820年(天長9年)には、それぞれの馬場に、白山寺、平泉寺、長滝寺の神宮寺が建立された。*白山三馬場とは、霊峰白山の山頂まで至る山道・禅定道の三つの起点のこと。明治維 [続きを読む]