芳瑩 さん プロフィール

  •  
芳瑩さん: 神旅 仏旅 むすび旅
ハンドル名芳瑩 さん
ブログタイトル神旅 仏旅 むすび旅
ブログURLhttp://ameblo.jp/taishi6764/
サイト紹介文一の宮めぐり、西国三十三所、四国八十八カ所、新西国、聖徳太子ゆかりの神社仏閣などの神社仏閣巡り
自由文巡礼をつづけると歴史の忘却したものに出会うことがある。その忘却した記憶を拾い集めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供544回 / 365日(平均10.4回/週) - 参加 2013/12/29 13:36

芳瑩 さんのブログ記事

  • ★三輪山を頂点とするレイライン
  • ブログ?三輪山を頂点とするレイライン「古事記」を編纂したことで知られる太安万侶らをはじめとする古代氏族多氏の 根拠地古くから稲作が栄えた“田原本”界隈は、古代の有力氏族・多氏や鏡作氏の拠点だった。『古事記』の撰録者とされる太安万侶は、その多氏の一員。当地は多氏の拠点であり、多氏の祖神である神八井耳命を祀ったものとみられる。太安万侶も祀られている。?小子部連螺蠃(ちいさこべのむらじすがる)「小子部連 [続きを読む]
  • ★奈良田原本「太安万侶」「鏡 織物 雅楽の聖地」訪れる
  • 唐古・鍵遺跡(からこ・かぎいせき)今からおよそ2000年前 弥生時代の前期に栄えた、奈良県磯城郡田原本町大字唐古及び大字鍵に立地する弥生時代の環濠集落遺跡 。 大型建物の跡地や青銅器鋳造炉など工房の跡地が発見された。銅鐸の鋳造に関しては、石製と土製の二種類の鋳型が発見されている。大阪府西部・滋賀県南部・三重県から愛知県西部・岡山県南部など各地の搬入土器が出土している。?唐古・鍵遺跡で木棺墓木棺墓2基 [続きを読む]
  • ★三輪山の信仰の変化
  • 三輪山の信仰は、〜まで時代により変化したという。 山林とともにある神【三輪山を仰ぎ見る地】神山を仰ぎ見る、あるいは伏し拝む。このような場所は「伏見」「伏拝」という地名が残っている。有名なのが京都の「伏見稲荷」、奈良では金剛山の中腹に「伏見」という地名があり、伏見峠がある。熊野本宮大社の近くに「伏拝王子」がある。このように山を遠くに仰ぎ見る、伏し拝むという行為が神社祭祀の源流の一つだった。三輪山の麓 [続きを読む]
  • 大神神社の末社 三輪成願稲荷社
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れる?「大神神社」を訪れる   *大神神社には40社以上の摂末社がある大和国一宮 大神神社(おおみわじんじゃ) 末社 祓戸神社 末社 天皇社 末社 神宝(かんだから)神社境内摂社 狭井神社 三輪の神様の荒御霊をまつる 摂社 磐座神社 摂社 活日神社 雑社 市杵嶋姫(いちきしまひめ)社(狭井神社境内)境内摂社 若宮社(大直禰子神社 おおたたねこじんじゃ) 雑社 琴平 [続きを読む]
  • 大神神社摂社 神坐日向神社 (みわにますひむかいじんじゃ)
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れる?「大神神社」を訪れる   *大神神社には40社以上の摂末社がある大和国一宮 大神神社(おおみわじんじゃ) 末社 祓戸神社 末社 天皇社 末社 神宝(かんだから)神社境内摂社 狭井神社 三輪の神様の荒御霊をまつる 摂社 磐座神社 摂社 活日神社 雑社 市杵嶋姫(いちきしまひめ)社(狭井神社境内)境内摂社 若宮社(大直禰子神社 おおたたねこじんじゃ) 雑社 琴平 [続きを読む]
  • 大神神社摂社 大行事社(だいぎょうじしゃ)
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れる?「大神神社」を訪れる   *大神神社には40社以上の摂末社がある大和国一宮 大神神社(おおみわじんじゃ) 末社 祓戸神社 末社 天皇社 末社 神宝(かんだから)神社境内摂社 狭井神社 三輪の神様の荒御霊をまつる 摂社 磐座神社 摂社 活日神社 雑社 市杵嶋姫(いちきしまひめ)社(狭井神社境内)境内摂社 若宮社(大直禰子神社 おおたたねこじんじゃ) 雑社 琴平 [続きを読む]
  • 三輪明神(現・大神神社)の神宮寺「平等寺」
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れる?「大神神社」を訪れる   *大神神社には40社以上の摂末社がある大和国一宮 大神神社(おおみわじんじゃ) 末社 祓戸神社 末社 天皇社 末社 神宝(かんだから)神社境内摂社 狭井神社 三輪の神様の荒御霊をまつる 摂社 磐座神社 摂社 活日神社 雑社 市杵嶋姫(いちきしまひめ)社(狭井神社境内)境内摂社 若宮社(大直禰子神社 おおたたねこじんじゃ) 雑社 琴平 [続きを読む]
  • 山辺の道を訪れる〜志貴御縣坐神社
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れる志貴御縣坐神社 (しきのみあかたにますじんじゃ)鎮座地  奈良県桜井市金屋896 式内社  志貴御縣坐神社【御祭神】  大己貴神天津饒速日命 『神道大辭典』御縣の霊 『大和志料』大和には、幾つかの「御県に坐す神」が祀られている。延喜式では、高市、葛木、十市、志貴、山辺、曽布の六社。その中の一つ。?磯城県主?祭神は、神社明細帳では大己貴神になっているが、磯城県主 [続きを読む]
  • 山辺の道を訪れる〜金屋の石仏
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れるもとは大神神社近くの平等寺にあったが廃仏毀釈で寺と一緒に破壊されるところを村人が移し、今も守り続けているそうです。本堂夕日が山辺の道をさして来ました。けっこう、急ぎ足できましたが、ここまでくるとリュックを背負った観光の方と出会います。三輪は、夕日がうつくしいと勝手に思っているのですがなんだか なつかしい田舎の風景がマッチして野焼きの臭いや お年寄りの畑仕事や [続きを読む]
  • 大神神社末社 八坂神社(やさかじんじゃ)
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れる?「大神神社」を訪れる   *大神神社には40社以上の摂末社がある大和国一宮 大神神社(おおみわじんじゃ) 末社 祓戸神社 末社 天皇社 末社 神宝(かんだから)神社境内摂社 狭井神社 三輪の神様の荒御霊をまつる 摂社 磐座神社 摂社 活日神社 雑社 市杵嶋姫(いちきしまひめ)社(狭井神社境内)境内摂社 若宮社(大直禰子神社 おおたたねこじんじゃ) 雑社 琴平 [続きを読む]
  • 山辺の道を訪れる〜仏教伝来の地
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れる「磯城嶋」は「大和」の枕詞となり、このあたり一帯は日本文化の原点というべき土地だそうです。欽明天皇の宮の跡。仏教が欽明天皇の御代に公式に日本に入ったところで、当時の桜井は国際都市として栄えたといいます。しかしブログ?仏教の歴史は奈良からではない『日本書紀』によると、仏教が伝来したのは飛鳥時代、552年(欽明天皇13年)に百済の聖王(聖明王)により釈迦仏の金銅像と [続きを読む]
  • 三輪氏 大三輪氏 大神氏
  • 三輪氏 大三輪氏 大神氏大国主後裔である大田田根子を祖とし、大神神社(奈良県桜井市三輪)をまつる大和国磯城地方(のちの大和国城上郡・城下郡。現在の奈良県磯城郡の大部分と天理市南部及び桜井市西北部などを含む一帯)の氏族。七世紀後半には、朝廷を構成する豪族の中で高い地位をみとめられ、壬申の乱の功績により大神朝臣となった。大田田根子は、 ?大物主神(おおものぬしのかみ)の子。 ?三輪(みわ)氏の祖。 ?大神 [続きを読む]
  • 大神神社末社「金拆神社(かなさきじんじゃ)」
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れる?「大神神社」を訪れる   *大神神社には40社以上の摂末社がある大和国一宮 大神神社(おおみわじんじゃ) 末社 祓戸神社 末社 天皇社 末社 神宝(かんだから)神社境内摂社 狭井神社 三輪の神様の荒御霊をまつる 摂社 磐座神社 摂社 活日神社 雑社 市杵嶋姫(いちきしまひめ)社(狭井神社境内)境内摂社 若宮社(大直禰子神社 おおたたねこじんじゃ) 雑社 琴平 [続きを読む]
  • 大神神社の摂社「玉列神社(たまつらじんじゃ)」
  • ブログ?初期ヤマト政権〜山辺の道を訪れる?「大神神社」を訪れる   *大神神社には40社以上の摂末社がある大和国一宮 大神神社(おおみわじんじゃ) 末社 祓戸神社 末社 天皇社 末社 神宝(かんだから)神社境内摂社 狭井神社 三輪の神様の荒御霊をまつる 摂社 磐座神社 摂社 活日神社 雑社 市杵嶋姫(いちきしまひめ)社(狭井神社境内)境内摂社 若宮社(大直禰子神社 おおたたねこじんじゃ) 雑社 琴平 [続きを読む]
  • 初瀬〜天照大神が春日明神に契りを交わした〜
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる長谷寺は、藤原北家の祖である藤原房前朝臣の尽力によって建立された。天照大神が春日明神に契りを交わした?天照大神と十一面観音與喜天満神社の石段の途中を右に曲がると「化粧坂(けわい)」という峠があり、登っていくと与喜浦にでる。ここが初瀬から伊勢へ通じる一番古い街道。白洲正子は、「倭姫命(やまとひめのみこと)がこのあたりにあった斎宮「磯城厳樫本」に8年籠ったあと 、伊 [続きを読む]
  • 與喜天満 素盞雄神社( すさのおじんじゃ)
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる素盞雄神社( すさのおじんじゃ)鎮座地 奈良県桜井市大字初瀬字与喜下79 御祭神 素盞雄命合祀 式内社 大和國城上郡 堝倉神社 鍋倉神社 大倉比賣命天暦2年(948)に神殿大夫武麿が管公(菅原道真)の霊をむかえて與喜天満宮創建の時、與喜山(天神山)は天照大神降臨の山であり その弟神・素盞雄命の霊を鎮めねばならないとして、この所に社殿を構えたのが始まりという。嘉永6年(18 [続きを読む]
  • 長谷寺式十一面観音は「神と仏」「天と地」
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる長谷寺は徳道聖人の願いによって、藤原北家の祖である藤原房前朝臣が元正天皇に奉り、聖武天皇の詔勅によって建立された。徳道聖人は豊山に来て、この山が古仙修行の跡で吉祥の地であると悟った。徳道聖人はここに精舎を建てたいと思い、山内を見回ったところ、北峯から金色の光が現われた。奇妙に思って勤行をしながら日々その場所に通いつめた。このことを師である道明聖人に語り、「私はこ [続きを読む]
  • 與喜天満神社(よきてんまんじんじゃ)
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる長谷寺は、藤原北家の祖である藤原房前朝臣の尽力によって建立された瀧蔵権現が、菅原道真(天神)に譲る話?『長谷寺縁起文』は、菅原道真が長谷寺の縁起を執筆したという体裁をとっている。?初瀬出雲は菅原氏の発祥地の地菅原道真のご先祖・野見宿禰は、ここ初瀬の出雲の出身という。江戸時代の地理書『大和志』及び『大和名所図曾』によると「 磯城厳橿の本は白川(しらが)・出雲二村の [続きを読む]
  • 初瀬の出雲「十二柱神社(じゅうにはしらじんじゃ)」
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる長谷寺は、藤原北家の祖である藤原房前朝臣の尽力によって建立された?『長谷寺縁起文』は、菅原道真が長谷寺の縁起を執筆したという体裁をとっている。?初瀬出雲は菅原氏の発祥地の地菅原道真のご先祖・野見宿禰は、ここ初瀬の出雲の出身という。江戸時代の地理書『大和志』及び『大和名所図曾』によると「 磯城厳橿の本は白川(しらが)・出雲二村の旧号なり」とあり、出雲は垂仁天皇の時 [続きを読む]
  • 初瀬の猿田彦を祀る「白鬚神社」
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる霊木を三尾大明神と豊山の守護童子たちがその霊木を守っている?長谷寺の本尊十一面観音は、近江国高島郡三尾の霊木によって彫られた大和国の長谷寺の縁起絵巻にも長谷観音の御依木運搬を守護する「三尾明神」が老翁の姿で描かれている。長谷寺十一面観音像を造った霊木の地「近江長谷寺」第45代聖務天皇のころ、高島郡音羽庄三尾山の岳観世音付近に楠の大樹があった。ある年大雨出水により [続きを読む]
  • 與喜天満神社 菅原道真公の影向(ようごう)
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる長谷山口坐神社 遥拝所のちかく長谷寺門前にある946年九月二十日、道真公の霊が泊瀬の地に影向(ようごう)のこととあり、大泊瀬山(與喜山)にとどまって、ことしなえに守護神となられた。その頃までは、観音堂に詣るには、大杉坂 二本の杉の辺りから登っていたが、道真公の霊が影向の後は、その跡を追って観音堂に向って正面より真っすぐにのぼる小路をおもて参道に改めたという。まっすぐ [続きを読む]
  • 長谷山口坐神社(はせやまぐちにいますじんじゃ)
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる長谷山口坐神社(はせやまぐちにいますじんじゃ)所在地 奈良県桜井市初瀬字手力雄4593式内社 大和國城上郡 長谷山口神社 大 月次新嘗御祭神 大山祇大神 天手力雄神 合祀  豊受姫命当神社本殿の建築につき慶長十八年(西歴 千六百十三年)の棟札が残っている。近世になり、明治四十二年初瀬平田にあっ た豊受神社の豊受姫神(保食の神)を合祀し ている。当神社の鎮座は遠く古代に [続きを読む]
  • 長谷山口坐神社 遥拝所
  • 長谷寺へは、西国33観音霊場のバスツアーで何回かおとずれています。それで長谷寺へ行った気になっていました。というか、この初瀬を詳しく訪れたいと思ったのは、近江を訪れてからです。それから初瀬には、電車を利用し参拝しました。長谷寺駅をおりると、すぐに長谷寺の領地です。長谷寺駅は坂の上にあるので、健脚なら、「歓迎」と書かれた参道を下っていくといい足が辛いようならば、駅の前にタクシーがあるので利用されると [続きを読む]
  • 天落神六社権現(あまのおちがみろくしゃごんげん)
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる高?神社から下ったところに鎮座されている。ダムの近く天落神六社権現(あまのおちがみろくしゃごんげん)鎮座地 奈良県桜井市 大字和田字落神萱森口(初瀬ダム)祭神  味鉏高彦根命(落神権現)味鉏高彦根命は『古事記』に、大国主命が駒形の多紀理比売にめあいて生まれた子で、「今、迦毛大御神」とあるが、『長谷寺密奏記』に「賀茂明神河中ノ大石ニ坐シ御ス」とある賀茂明神であった [続きを読む]
  • 高?神社(九頭大明神)桜井市和田
  • ブログ?隠国(こもりく)の泊瀬を訪れる瀧蔵神社から下ったところに鎮座されている。ここらへんの地図を見ていて、この地には「高?神社」がやたらに多いな〜〜などと思って調べてみた高?神社鎮座地  桜井市和田164祭神   九頭大明神桜井市宮垣内 清水山鎮座 高?(たかおかみ)神社。祭神は高龗神とされているが、そもそもが高龗神を祀っているのではなく、長谷寺鎮守の為に信州戸隠神社九頭龍社から九頭大明神を勧請したこ [続きを読む]