モパネワーム さん プロフィール

  •  
モパネワームさん: 浮世の微風
ハンドル名モパネワーム さん
ブログタイトル浮世の微風
ブログURLhttp://ukiyonosoyokaze.blog.fc2.com/
サイト紹介文限界集落で野菜を栽培しています。
自由文主に葉っぱを作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/12/30 19:46

モパネワーム さんのブログ記事

  • ダニ
  • こんにちわ。新しい家になって1年と少し、とうとう部屋にゴキブリが出ました…。丸々と太ったそれは天井を悠然と横切り、引戸の隙間に入ったのを最後に行方不明になりました…。なんてこったい…。さて、虫つながりの話になりますが、トイレで用を足していると股間に妙な違和感を感じました。よく見ると太腿の付け根も付け根の部分にダニがくっ付いているではありませんか。写真を撮るべきだったんでしょうが自分の股間を撮影する [続きを読む]
  • 栽培を振り返る(2017年 小玉スイカ編)
  • こんにちわ。昨日から今朝まで続いた雨に鬱憤が溜まったのか、昼過ぎのミツバチ達は盛大に時騒ぎをしていました。ぶんぶぶんぶと何を思って飛んでいるんでしょうね。さて、リハビリ代わりに栽培した結果、今年の小玉スイカはわずか1週間で終わりました…。物足りなさは残るけど、色々学ぶことも多かった栽培を振り返ろうと思います。品種選定・今年も例年通りの品種でした。播種・定植時期・これも例年通りです。気候と生育・収穫 [続きを読む]
  • 晴れて良かった
  • こんにちわ。先日に続いてカブトムシがまた2匹出てきました。ウェルカムフルーツを舐めたり早速喧嘩したり、賑やかです。卵から成虫になって地上に出るまで10か月と少し、地上に出てから2か月くらい生きるでしょうか。「ほぼ土の中じゃねーか」という感想なんですが、幼虫のマット交換は楽しい作業です。さて、この時期土の乾く間などない当地ですが、2日ほど晴れたのでマルチを除去して落花生の土寄せを行いました。晴れてくれて [続きを読む]
  • 出てきた
  • こんにちわ。気になる品種があって試作していた枝豆を収穫しました。左がいつもので、右が気になった品種です。いつもの方が美味しかったです。豆つながりで落花生の様子を見に行くと、開花していました。初めて落花生の花を見ましたが、山吹色で綺麗ですね。ただ、「開花が始まったらマルチを外して土寄せろ」とありました。雨降った後なのに…。さて、先日めでたく蛹になって静かになった幼虫ボトルが再びカリカリ音を立て始めま [続きを読む]
  • タイミングが悪いです
  • こんにちわ。出荷が再開して3日目、あっという間に身体がボロボロになりました。屋外の作業に比べてハードに動くわけでもなければ太陽に焼かれることもないのに、調整、出荷作業は何故こうも辛いのでしょうか。早く身体を慣らさないと…。さて、前回の試し切りで良い感じだったので小玉スイカの収穫を始めました。猛烈なスイカ日和が続いていたというのに明日からずっと雨マークですよ…。タイミングが悪いです。ますます汗をかか [続きを読む]
  • 復活
  • こんにちわ。今日も炎天下の下で作業していると、小玉スイカがチラチラチラチラ気になったので、「そんなに誘惑してくるのなら食ってやる!!」と、収穫まで日数にして4日ほど早いけど1玉持ち帰りました。雨が降らないので糖度も高めで美味しかったです。このまま雨が少なければ、同じように少雨だった2014年の小玉スイカぐらい美味しくなるかもしれません。でも今年は2014年よりずっと少雨なので、4日後にはどこまで糖度が上がって [続きを読む]
  • 美味しく感じました
  • こんにちわ。修理に出していた草刈り機が戻ってきたので中断していた草刈りを再開し、無事終わりました。アブラムシにまみれたセスバニアと違って、ソルゴーはいつだって元気です。ベッチの遺したものを吸収してツヤツヤです。「あー終わった」と帰宅し、修理ついでに注文していたモアの刃を、交換しました。これで草刈り関連とはしばらく手が切れます。やったね。さて、「やったね」なんて言いつつ雨マークの見当たらない天気予報 [続きを読む]
  • 白くなってきました
  • こんにちわ。農機のオイル交換や作業場の片付けをして、作業場を枝豆モードにするためマシンを移動したり、資材を準備したり、作業台の向きを変えたりしました。脱莢マシンや脱水機の動作確認を終えると気持ちがシャキッとしてきました。昨年の反省を踏まえて配置と向きを変更してみましたが、吉と出るか凶と出るか…やってみないと分かりませんね。さて、そんな枝豆はそろそろ試し採りをしようと思っていますが、その枝豆より気に [続きを読む]
  • どんぐ…
  • こんにちわ。数日前の大雨でようやく潤った枝豆は、膨らみが増してきました。1週間以内には収穫出来そうです。収穫が始まるまでに雑務を終わらせておこうと思ったけど、「まだまだ先だろう」とのんびりしていたので何も手つかずです。さて、新たにやって来た果樹苗は、ヘーゼルナッツです。恥ずかしながら「名前は聞いたことあるけどどんなナッツなのかは分からない」程度の認識しかなかったので、インタネットでヘーゼルナッツを [続きを読む]
  • 何か違う
  • こんにちわ。待ち焦がれた降雨は案の定大雨となり、土をいじる作業は2日ぐらいストップです。暇なので落花生の様子を見に行くと、また少し育っていました。数日前にマルチが緩んで葉を焼いてしまって泣きそうだったのですが、枯れなくて良かったです。一方同じマメ科のセスバニアは、乾燥が影響したのか播種から1か月経っても草丈10cm位で、おまけにもれなくアブラムシがびっしり付いています。野菜よりひ弱で害虫にも弱い緑肥 [続きを読む]
  • 最後の水
  • こんにちわ。まるでお盆頃のように乾ききった圃場では、雑草さえもこんな感じです。今日も砂埃で視界をゼロにされながらの草刈りでした。目と呼吸器系がやられてしまいます。さて、そんな雑草に「お前達にやる水はねえんだ」と、かれこれ20日ぐらいになるでしょうか、ずっと小さなポンプで枝豆に灌水を続けました。ようやく梅雨が訪れるそうで、今日が最後の水となりそうです。疲れました…。これでも莢付きが良い方で、播種が後 [続きを読む]
  • 前半の播種終わり
  • こんにちわ。「より美味しくなって下さい」と、雨が降らないのを良いことに干物にしていたアジが、2匹を残して神隠しに遭いました…。手がかりはこの穴です。とても悲しいです。世の中因果応報と言いますが、私が一体どんな悪事を働いたというのでしょうか。目立たぬようにはしゃがぬように控えめに生きてるだけじゃないか!!さて、梅雨の足音さえ聞こえないど乾燥の中、枝豆の播種が終わりました。これで今年前半の播種が終わり、 [続きを読む]
  • 静かになったと思ったら
  • こんにちわ。2週間ほど前、いつも携帯電話とカメラを入れているウエストバッグのファスナーが壊れ、それ以来ポケットにモノを入れるのが嫌いな私はカメラも電話も軽トラに置きっぱなしにして作業をすることにしました。「なんて自由なんだ!!」と思ったけど、野菜の写真を撮ろうと思っても「軽トラまで取りに戻るのか…」と不便さを感じ、おまけに社会と私を繋ぐたった2つのツールなので、ウエストバッグを上から下へ新調しました [続きを読む]
  • グレイト・ケイ
  • こんにちわ。午前の作業を終えて帰宅し、「少しは育っただろうか?」と落花生の様子を見に行くと、少し育っていました。発芽率も概ね良好で一安心です。さて、趣味の時間です。5品目目となる今回の果樹苗は、ケイアップルです。ケイアップルの「ケイ」は、アフリカだかどっかだかのグレイト・ケイとかいう名前の川の周りに生えている果樹だからだそうです。「アップル」と付くけどリンゴではなく、リンゴに似た味の果実がなるそう [続きを読む]
  • 割れてきた
  • こんにちわ。群れを頂いてから20日、今のところ幼虫を捨てる現象も見られないミツバチは、営巣も順調に進んでいるようです。そろそろ新バチも羽化する頃でしょうか。今は主に黄土色の花粉を持ち帰っていますが、何の花粉でしょうね。さて、ノーネットメロンに続き、ネット系品種の趣味メロンにも特徴が現れ始めました。昨年までもネットメロンを育てていましたが、今年は「モアネット!!」とネットが良く出そうな何とかアールスや [続きを読む]
  • 落ち着いていませんでした
  • こんにちわ。交配から10日ほど経過した小玉スイカは、だいぶ大きくなってきて夏を連想させてくれます。私が作る野菜の中で最も多くの人(3人ぐらい)から美味しいと評価を頂けるこの小玉スイカ、今年も美味しくなって欲しいです。さて、作業が随分と落ち着いたと思っていたのに、枝豆の圃場がまたしても乾ききってしまい、ひたすら灌水です。全然落ち着いていませんでした…。莢つきもイマイチです。今月多分50?ぐらいしか雨 [続きを読む]
  • 落ち着きました
  • こんにちわ。「さぁどうなったでしょうか?」と先日播種した落花生の様子を見に行くと、発芽しかかっていました。落花生の芽を見たことが無いのでアレですが、この芽は落花生で合っていると信じたいです。もっと枝豆っぽい芽を想像していたけど、エンドウやベッチ、セスバニアっぽい芽ですね。果たして発芽率はどの程度のモノなのでしょうか。さて、果菜類の作業が一段落つき、サッと降雨もあったおかげで作業が随分と落ち着きまし [続きを読む]
  • 小さな芽
  • こんにちわ。今月の草刈りに小玉スイカの交配、趣味メロンの摘果など、「早くしなければ」と思っていたことが今日いっぺんに終わり、ホッとしたのも束の間、やっぱり雨が降らないので今日も枝豆の灌水を行いました。場所によっては葉が裏返っているようなところもあり、そんな惨状を目の当たりにすると「どうにか動けるようになった体で必死に播種したり草取ったりした日々は何だったんだ…」とひどく落ち込んでしまいます。さて、 [続きを読む]
  • 枯れてしまう
  • こんにちわ。趣味メロンの摘果を始めました。ノーネットの方は品種ごとの特徴が現れ始め、「メロンのくせにドット抜け模様なんて素敵じゃねーか」という理由のみで栽培を決定したこの品種は、その特性通りドット抜け模様になりました。金魚や鯉の模様と同じような楽しみ方をしたいと思います。さて、ついこの前まで雨に悩まされていたのに、今度は日照りに悩まされています。カラッカラになって10日ぐらい経ち、割りとザルな圃場 [続きを読む]
  • 早めに言ってくれれば
  • こんにちわ。結局2週間近くかかって、ようやく趣味メロンの交配が終わりそうです。棒の下ではそれぞれのメロンがそれぞれの生き方をしていますが、その半分以上が摘果されるかと思うと何とも言えない気持ちです。私が食べたり人にあげるんだから姿形なんてどうでも良いようなものの、どうせなら少しでも美しいものを収穫したいです。そして、入れ替わるように交配が始まった小玉スイカは、あっという間に全体の半分ほど開花しまし [続きを読む]
  • 何というか…
  • こんにちわ。「今日はこの畝も咲いたねぇ」という具合に、播種した順に枝豆が開花していく中、最初に開花した所では花が幼い莢に変化しつつあります。「いっそ全部の圃場で豆作ってしまえ」の勢いで播種していますが、収穫が怖いです…。さて、アーティチョークが気になってたまらないと家内が言うので、1つほど収穫してみました。この形状がそうさせるのか、かつてのお昼の顔であったタ●リさんが連想されてなりません。塩茹でを [続きを読む]
  • 次の苗
  • こんにちわ。枝豆の播種に枝豆の除草に枝豆のトンネル除去と、枝豆に手がかかるようになりました。「今日の仕事は辛かった」と、夕方に圃場のオアシスでもある趣味メロンを観察しに行くと、最初に交配を終えたものは肥大が始まったようです。今まで栽培していた品種でも、期待を寄せていた品種でもなく、何となく選んだこの品種が一番開花が早かったです。「雨で開花しねぇ」と愚痴をこぼしたせいかここ2日間は花盛りで、予定の6 [続きを読む]
  • ヘルニア 検診(術後3か月半)
  • こんにちわ。趣味メロンの交配を始めて1週間、晴れの日が3日しかなく、未だ予定の3割ぐらいしか開花していません。雨が厄介なのは花粉が濡れるのもさることながら、気温が下がるせいか日照不足になるせいか、雨の後2日ぐらいは雄花の開花数が明らかに少なくなります。10日位で交配は終わると考えていたんですけど、最悪の場合孫づるを出し直さないといけません。あぁ…。さて、今日は検診日でした。術後1か月半〜2か月半の [続きを読む]
  • 今度こそ
  • こんにちわ。趣味メロンの開花が始まって3日目、開花数が急激に増える時期になったけど雨です。「何でいっつもこうなんだ…」と今日も落ち込み、雨に打たれながら交配を行いました。帰りがけにアーティ畑へ立ち寄ると、蕾の茎が少し伸びて、子分みたいな蕾が出来ていました。従えてやがります。さて、今年も春先に全滅し、「蜜源にも」と植えていたベッチも用を成さぬまま細断してしまったミツバチ飼育は、先日ハチ知人から「分封 [続きを読む]
  • 咲き始めました
  • こんにちわ。ここ数日で枝豆の草丈がぐっと伸びたような気がして株を覗き込むと、開花が始まっていました。例年より1か月遅れて始まった今年の枝豆栽培ですが、開花は2週間遅れぐらいに縮まりました。収穫はいつ頃になるのか…それだけが気がかりです。さて、開花が始まったと言えば、趣味メロンです。「恐らく今日からだろう」と思っていたら、やっぱり咲き始めました。枝豆と違ってこちらは例年より10日ほど早く定植したとこ [続きを読む]