けやきピアノ教室 さん プロフィール

  •  
けやきピアノ教室さん: けやきピアノ教室〜音と共に人と共に〜
ハンドル名けやきピアノ教室 さん
ブログタイトルけやきピアノ教室〜音と共に人と共に〜
ブログURLhttp://keyakipiano.blog.fc2.com/
サイト紹介文世田谷区、千歳烏山 ・給田小学校近くのピアノ教室です。ピアノ、歌、音楽を学び心を育てる教室です。
自由文千歳烏山駅より徒歩15分のピアノ教室です。世田谷区立給田小学校、給田幼稚園そば。ピアノ、歌、合奏、音楽を楽しみ心を育てる音楽教室です。調布、三鷹、杉並エリアの生徒さんも通われています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/12/30 21:38

けやきピアノ教室 さんのブログ記事

  • 天草〜鹿児島の旅
  • この夏は九州で数日間のお盆休みを過ごしました。天草です。夕暮れ時ピンク色に染まる海。海の上に浮かんでいるような景色が客室から見られます。夕食は海の幸のごちそう。九州は鰻の産地です。この頃BSで朝ドラの「こころ」の再放送を観ていたら鰻がどうにも食べたくなり八代の「鰻新」へ。関東と違い蒸さずに焼くので皮はパリパリ、身はふっくらほどけます。脂っこくなく山椒など全く必要とせず浜松でいただいたひつまぶしより美 [続きを読む]
  • レッスン導入期 後々つまづく理由の一つ
  • 猛暑です!が今日は私自身のピアノレッスンのため意を決して往復してきました午後は生徒さんのために部屋を冷や〜しておきますね実は1ヶ月前に2階のエアコンが突然故障したのをきっかけに家中全てのエアコンを買い換えました新しい2階のエアコンは効き過ぎる位で28℃のおやすみモードで地下まで冷気が降りているのにレッスン室のエアコンがあまり効かないのです以前のエアコンがやはり28℃で冷えきっていたので同じ感覚の設定でし [続きを読む]
  • コンクール 順位より大切なこと
  • 昨日、児童合唱部のNHKコンクールが終わりました。審査を受けないフリー参加とはいえコンクールという場に出る という意識をどのように高めていくかどのように指導していくのか私自身試行錯誤しながら進んできました。今年も夏の大きな仕事が一つ終わったという充足感があります。昨日のコンクール小学校の部では全体講評の場で作曲家の相澤直人さんがこのようなことを話してくださいました。「今日の演奏をコンサートを聴くように [続きを読む]
  • 声の実験教室
  • 今年も!夏休みが始まりましたね。猛暑の昨日、小学校全校での丸一日掛かりのお祭りでした。コーラス部は「声の実験教室」と題したイベントを行いました。でんじろう先生の実験等々でおなじみの塩を使って声の波紋を見る実験を中心に風船を使い声の振動を感じる実験など。150個用意した風船は午前中のわずか1時間半で終了・・・。細々とした準備を重ねた甲斐ありでたくさんの親子さんに声の不思議を体験してもらいました。これを機 [続きを読む]
  • 私の初めてのピアノコンクール
  • 生徒さんたちのピアノコンクールが、いよいよ始まりました。それぞれコンクールが終わったら、作文を書いてもらうつもりでいます。レッスンでは見えなかった生徒さんたちの心の中が垣間見えまた生徒さん自身、振り返りが出来ればといいなと思っています。そんなことを思いながら私のピアノコンクールを綴ってみました。「私の初めてのピアノコンクール」私が初めてコンクールを受けたのは、記憶では恐らく小3か小4の頃です。母と先 [続きを読む]
  • 7月のレッスン室から
  • 夏はコンクールの季節ですね・・・。ピアノも児童合唱もいよいよ気持ちを作っていかなければ!先週末にはコンクールを受ける生徒さんたちで弾きあいをしました。コンクールの厳しさは変わらないでしょうけれど先生が練習を毎日毎回指導(特に小学生は)して仲間といつも一緒、初めてのコンクールも上級生たちから雰囲気と匂いを感じ取りながら練習している合唱部の子どもたちと違い、練習も一人、結果も一人で受け取めなければならな [続きを読む]
  • 発表会が終わりました。・・・生徒の気持ちで
  • 昨日は実家のピアノ教室の2年に一度の発表会でした。2年前もやはり発表会のことをブログにしました。長いようであっという間な2年間です。この2年間は出演する皆さんにとってどんな歩みだったでしょう。様々な道のりがあり、今があり、いつも音楽がある。いいですね(*^^*)地元で40年間ピアノ教室を開いている母の生徒さんは親子2代や、何十年というスタンスでずっと続けていらっしゃる方々で裏方から舞台まで出演者たちやダンナさ [続きを読む]
  • コンクールに思うこと
  • 昨日は、Nコン抽選会でした。NHKふれあいホールでの抽選会が終わるとドシャ振りの雨になっており、雨宿りしながら部員の皆さんと指揮の先生に抽選結果のメールを打っていると後ろから「先生・・・」と声をかけられ。。。こんなところで教員でもない私に「先生」と声をかけるのは誰?驚いて振り向くと幼稚園のお母さんコーラスの方でした。小学生のお子さんが合唱部のため、保護者代表で先生と抽選にいらしたそうで。そうか〜と内心 [続きを読む]
  • レッスン空き情報
  • 2017年6月現在、月曜日にお月謝制の生徒さんお一人、水曜日にお二人空きがあります。他の曜日の空きを待ちながら土曜日に1レッスン制で通って頂くこともできます。お教えできるのは4歳以上のお子さんが対象です。ソルフェージュは毎回のレッスンで行いますがリトミックは行っておらず、幼い生徒さんであっても「ピアノを弾く」レッスンになります。ドレミの配列、鍵盤の配置、読譜を順を追って学んで頂き楽譜を使ってレッスンしま [続きを読む]
  • コンペを聴講・後悔したこと
  • 先日、ある地区のコンペを聴講した時のことです。とても小さい会場のため、客席が部門グループ毎の入れ替え制でした。前のグループを聴き終えて、一旦会場外へ出て並んでいると前に並んでいる方(仮にAさん)が、後から来たBさんに普通に周りに聞こえる声で話し始めました。Aさん「あら先生!」Bさん「あ、生徒さんが出られて?」Aさん「違う違う、今日は聴きにね。今日さ、全然良くないよね〜。先生、前半聴いた?あ、今来たの?」B [続きを読む]
  • 生徒さんにおすすめの本
  • 5月最終日レッスン休みの今日、明日からのレッスン室の模様替えとして待合スペースに、この本を飾りました。「マエストロ・プロフォンドのすてきにピアノ」プロフォンドさんというマエストロは本の中で音楽を色々と教えてくれる教授先生で、著者はピーター・コラッジォさんです。とても薄い本で中は漫画になっていますが解説は大変細かく読みごたえがあり、かつジョークが効いて笑えます。本は1〜5巻まであり、最初に4巻の「音楽の [続きを読む]
  • ヴァイオリン骨体操
  • ご紹介するのはこちらの書籍。ヤマハのショップや本屋さんで表紙を見て(仙川商店街の書源という本屋さんはクラシックの書籍が充実してます)気にはなっていましたが何せヴァイオリンに縁がないので素通りしてました。が、コーラスのメンバーにヴァイオリンを弾く方も入られたので読んでみると・・なかなか面白かったです。著者は桐朋で体育を教える矢野先生ですが、20年ほど前から音楽専攻の生徒の役に立つようにと(どうりでそれ以 [続きを読む]
  • 恩師へ20年ぶりのありがとう
  • 先日、建て替わったばかりの桐朋新校舎に中学生〜大学時代の10年間教えて頂いた恩師を実に20年ぶりに訪ねました。ガラケーしか持っていかなかったので全景撮れていませんが・・・。304室です。SHMなどの少人数授業が出来そうです。(分かるヒトは桐朋。(笑))今年開設されたばかりの大学院生のレッスンにお邪魔させて頂きました。先生は今年70歳になられますが・・・。ほんと変わらぬレッスンをされていて、手本を示されるそのお声が [続きを読む]
  • ピアノ教室の遠足
  • 5月になりました。待ちに待ったGWも着々と進んでいきます。昨日、ピアノ教室の遠足に向け下見をしてきました。豪華な装飾が施されたチェンバロ(右)やフォルテピアノや・・・自動演奏のオルゴール色んな楽器を間近に見て演奏も聴ける民音音楽博物館です。録画や写真は一切不可だったので画像はパンフレットから拝借しました。美しい楽器の数々を写真で持ち帰りたかったな。ちょっと残念!私が初めてここを訪れたのは一体何年前でし [続きを読む]
  • レッスン空き情報
  • 2017年4月23(日)現在けやきピアノ教室では水曜日にお月謝制の生徒さん2名、土曜日に1レッスン制の生徒さん1名をお引き受けすることができます。他の曜日の空きを待ちながら土曜日に1レッスン制で通って頂くこともできます。お教えできるのは4歳以上のお子さんが対象です。ソルフェージュは毎回のレッスンで行いますがリトミックは行っておらず、幼い生徒さんであっても「ピアノを弾く」レッスンになります。ドレミの配列、鍵盤の配 [続きを読む]
  • 4月のレッスン室から
  • 新学期から2週間、4月も後半を迎えました。生徒さんたちも新学期からの生活の目処が立ち始めレッスン時間の組み替えを始めています。お教室はすっかり5月飾りです。新しい挑戦を始める新学期。特に小学生から中学生、中学生から高校生になった生徒さん今年受験生になる生徒さん。新生活の中でどのようにピアノ練習と取り組むか、考えていかなければなりませんね。器用に両立してよく勉強しながらピアノの練習もできる生徒さんもい [続きを読む]
  • 私のピアノ発表会
  • 今日はお世話になっている先生のところの発表会です。大人の部の集合は15時頃ですが、昼にブライダルのお仕事が入ったので朝からブライダル用の衣装&発表会用のドレスと靴を抱えて人でごった返す原宿を抜け今は京王線に揺られはるばる南大沢へと向かっています。発表会当日の今日バタバタして本番を迎えるのもちょっと・・・ですが自分の教室の発表会の予行練習だと思わなければ!これから遅いランチをして、リハに向かい私の出番 [続きを読む]
  • 旅のことなど
  • 今日は地域の小学校の入学式で今年も卒・入学式に参列させて頂きました。 今年度は170人の元気な1年生!気のせいかもしれませんが、1年生たちの姿が数年前に見た頃よりも少し大きくなっている気がします。 どんな風に成長して、卒業していくのかな〜 いよいよ新年度!新学期の始まりです。わたしの春休みは今日迄で、お教室のミニ発表会後めいっぱい休んだあっという間の一週間でした。 初めて旅先を房総に、宿を口コミ人気の高 [続きを読む]
  • ミニ発表会が終わりました。
  • うららかな春を感じる今日、お教室の小さな音楽会、「春音会」が世田谷は松本記念音楽迎賓館にて終わりました。平日だったためか、レセプションルームも使わせて貰えました。ラッキー!発表会より気楽な小さな音楽会・・・でもやはりご家族含め何十人と集まる会ですので、時間管理などのシュミレーションを当日までずっとしていました。無事に終わり、、、良かった木に囲まれステンドグラス越しに陽が注ぐホールのベーゼンドルファ [続きを読む]
  • ミニ発表会のプログラムが出来ました。
  • 今日は、朝10時からのコンペ課題曲セミナー角野美智子先生のC級を受講に表参道カワイへ。午後のレッスンに時間がちょっと忙しくなりますが12時〜の金子勝子先生のA級もそのまま受講したいと思いつつ長引いている風邪からかC級を聴いただけで限界を感じてしまい、後ろ髪を引かれつつ夫に頼まれた楽譜を買って・・・ついでにこんなものや・・・お掃除ミトンもう色々持っているのに、違う音符柄のレターセットなども買って帰ってしま [続きを読む]
  • ずっと大好き。ずっと応援。
  • 今日は幼稚園のお母さんコーラスの卒園を祝う会での本番でした。朝10時前に練習のため幼稚園入り。年長さんが音楽会と学芸会で歌った「365日の紙飛行機」と、幼稚園の思い出をお母さんたちが愛情いっぱいの手作りの歌詞で綴った替え歌を「パッヘルベルのカノン」の伴奏に乗せて涙をこらえて精一杯笑顔を作って歌うお母さんたちと始まる前から号泣気味な先生方・・・うむ・・・良い本番でした卒園の会の最後は職員の先生方の劇でし [続きを読む]
  • ピアノはマスクを外して弾きましょう
  • 昨日は青島広志先生の「ピアノのための楽式論」講座を受講してきました。楽式論・・・という本を昔読んだような気はしますが中身は何でしたっけ、というような遠い記憶に今回のセミナーは青島先生の著書に基づき未だにあまり普及していない知識であると思われる曲の形式について例えば2部形式、3部形式、ソナタ形式といった基礎楽式からワルツ、マズルカ、ポロネーズ・・・どれも3拍子だけど、どう違うの?といった知っておきたい [続きを読む]
  • 2月のレッスン室から
  • 春一番が吹き荒れ、気温急上昇だった昨日から一転、曇天で寒かった今日。でも一日一日春が近づいている予感。例年通り小さなお雛様を飾っています。チューリップも大きく開きました。お教室では来月末に3年ぶりとなる春の音楽会を催します。ホールにベーゼンドルファー&チェンバロ&小型ですが本物のパイプオルガンのある、世田谷は岡本の松本記念音楽迎賓館にて。今回は希望する生徒さんにパイプオルガンを体験してもらうことに [続きを読む]
  • 休日
  • 連休初日の今日、眼が覚めると同時に不調・・・を感じましたがほぼ予定通りの1日を過ごしました。午前中はお母さんコーラスを指導させて頂いている幼稚園の作品展覧会へ。初めて伺いましたが、小さな子どもたちの作品の数々に年少さんから年長さんへの成長の跡と指導された先生方のご努力を観にいらしているご家族にお子さんへの愛を感じ、感慨深いひと時でした。卒園を祝う会に向けての練習で、既に泣かれるお母さんたちの気持ち [続きを読む]
  • 「題名のない音楽会」2500回記念放送
  • 本日の「題名のない音楽会」は2500回記念の第1回で、ゲストはピアニストのランランでした。ランランといえば、ピアノというより濃い〜顔芸が気になって・・・でしたが学生時代の先生が「ランランはCDで音だけ聴くと意外とイイよ」と仰ったので予約録画の上リアルタイムで楽しみに視聴(笑)今日はホールでのコンサートではなく、スタジオで五嶋龍くんらとのトーク&演奏という内容でした。ランランがピアノを始めた最初のきっかけは「 [続きを読む]