grunerwald さん プロフィール

  •  
grunerwaldさん: grunerwaldのブログ
ハンドル名grunerwald さん
ブログタイトルgrunerwaldのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ritsuo530
サイト紹介文クラシックとオペラが趣味のgrunerwaldのブログです。ワーグナーやベートーヴェンなど。
自由文クラシック音楽、主にドイツのオーケストラとオペラの鑑賞が趣味のgrunerwaldのブログです。特にワーグナー、R・シュトラウス、モーツァルト、ベートーヴェン、マーラー、ブルックナー等。他にドイツのこと諸々、旅行、CD、ステレオ、ドイツ・オーストリア・ウィーンに関する記事等。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/12/31 00:14

grunerwald さんのブログ記事

  • 6/25パレルモ・マッシモ劇場「トスカ」大阪公演
  • パレルモ・マッシモ劇場来日公演の最終日となった大阪・フェスティバルホールでの「トスカ」の公演を鑑賞してきた(2017年6月25日午後3時開演)。ここ数年はワーグナーやR.シュトラウス、モーツァルトなどドイツ系のオペラや楽劇を鑑賞する機会が多く、イタリアもののオペラの来日公演を聴きに行くの久しぶりだ。そんな自分でも、かつて10年以上前はイタリアもののオペラの来日公演にも足繁く通っていたのを思い出す。スカラ座は [続きを読む]
  • 6/1・新国立劇場「ジークフリート」飯守泰次郎指揮
  • 新国立劇場の「ニーベルンクの指環」第二夜、「ジークフリート」初日(6月1日)を鑑賞して来た。この日は平日のためか開演は午後4時と遅く、45分の休憩二回をはさみ終演は午後9時40分過ぎだった。そのため、行きは余裕をもって会場へ向かうことができたが、さすがに関西への日帰りは無理なので都内で一泊し、翌日の帰宅となった。そう言えば去年の同じ頃には、同じ飯守泰次郎指揮、クラウス・フローリアン・フォークトらの演奏 [続きを読む]
  • 4/1・東京文化会館・NHK春音楽祭「神々の黄昏」
  • 4月1日(土)東京文化会館、NHK春祭「神々の黄昏」初日に行ってきた。ジークフリートとブリュンヒルデの主役ふたりが変更になったという主催者からのメールの案内が届いたのは、公演三日前の夜のことで、驚いた。結果論で言うと、レベッカ・ティームのブルンヒュルデは大変強靭な声と声量、圧倒的な歌唱力で、お釣りがくるくらいの儲けもので素晴らしかった!ジークフリートのアーノルド・ベズイエンは、声質は悪くはないが声量 [続きを読む]
  • 3/26大阪いずみホール/「ヨハネ受難曲」/京都バッハ・ゾリステン
  • 昨年の「マタイ受難曲」に続いて、今年は「ヨハネ受難曲」を京都・バッハ・ゾリステンと京都フィグラールコールの演奏で鑑賞して来た(指揮・福永吉宏、3/26大阪いずみホール、14時開演)。何度も繰り返し聴いて来て耳に馴染んでいる「マタイ受難曲」に比べると、「ヨハネ受難曲」はバッハによる同じテーマの受難曲だけれども、はるかに聴く機会と頻度は少なかった。CDで聴いていても、やはり「マタイ」のほうが音楽の起伏に富ん [続きを読む]
  • 3/26大阪いずみホール/「ヨハネ受難曲」/京都バッハ・ゾリステン
  • 昨年の「マタイ受難曲」に続いて、今年は「ヨハネ受難曲」を京都・バッハ・ゾリステンと京都フィグラールコールの演奏で鑑賞して来た(指揮・福永吉宏、3/26大阪いずみホール、14時開演)。何度も繰り返し聴いて来て耳に馴染んでいる「マタイ受難曲」に比べると、「ヨハネ受難曲」はバッハによる同じテーマの受難曲だけれども、はるかに聴く機会と頻度は少なかった。CDで聴いていても、やはり「マタイ」のほうが音楽の起伏に富ん [続きを読む]
  • 今回の「旅するドイツ語」はアイゼンシュタットへの小旅行
  • 毎週月曜の夜にNHK教育TVでドイツ語講座の番組が放送されている。現在放送されている最新のシリーズは「旅するドイツ語」と題して、従来のスタジオ収録型ではなく、ウィーンでのロケ収録映像をメインにした、半分はミニ旅番組のようなスタイルになっていて、ウィーン好きにはなかなかの好企画番組だ。なぜドイツ語講座なのにドイツの都市でなく、訛りのあるウィーンでと言うのが不思議なところだが、確かにウィーンには絵になる名 [続きを読む]
  • 今回の「旅するドイツ語」はアイゼンシュタットへの小旅行
  • 毎週月曜の夜にNHK教育TVでドイツ語講座の番組が放送されている。現在放送されている最新のシリーズは「旅するドイツ語」と題して、従来のスタジオ収録型ではなく、ウィーンでのロケ収録映像をメインにした、半分はミニ旅番組のようなスタイルになっていて、ウィーン好きにはなかなかの好企画番組だ。なぜドイツ語講座なのにドイツの都市でなく、訛りのあるウィーンでと言うのが不思議なところだが、確かにウィーンには絵になる名 [続きを読む]
  • 金正男事件で浮かび上がる半島情勢
  • マレーシア・クアラルンプール空港での金正男氏暗殺事件は近隣で影響の大きい日本や韓国では連日大きく報道されていて当然だが、アジア圏以外の国ではどのように報道されているのだろう。ウェブ版のみで確認すると、NYタイムズや Frankfurter Allgemeine, Salzburger Nachrichten などでも外国政治欄で詳細に報道されていて重要視されているのがわかる。なかでも Frankfurter Allgemeine ではクアラルンプール空港の防犯カメ [続きを読む]
  • 金正男事件で浮かび上がる半島情勢
  • マレーシア・クアラルンプール空港での金正男氏暗殺事件は近隣で影響の大きい日本や韓国では連日大きく報道されていて当然だが、アジア圏以外の国ではどのように報道されているのだろう。ウェブ版のみで確認すると、NYタイムズや Frankfurter Allgemeine, Salzburger Nachrichten などでも外国政治欄で詳細に報道されていて重要視されているのがわかる。なかでも Frankfurter Allgemeine ではクアラルンプール空港の防犯カメラ映 [続きを読む]